同級生と…教室でしたり多目的室でしたり…

私の家の近所には同学年のU君が住んでいました。 お互いの家でたわいもない遊びをする同学年の仲良し友達。2人とも兄弟はいませんでした。 小2の頃。いつもの様に駄菓子とテレビゲームのカセットを持って遊びに来るU君。私の部屋に入るなりテレビゲームへ一直線。ゲームクリアのためでしょうか、目を見開きもの凄い意気込みです。 「よっしゃー!やっとクリアできたぜー!」 何日もかけてゲームクリアを達成したU君は 自信に満ち溢れた表情をしていました。 ふと時計を見るとお昼の時間。母親が呼ぶ声に元気に応え、茶の間へ向かいました。 

その日のメニューは炒飯。 「みっちゃんのおばさんは料理が上手いね〜!」 U君はそう言いながらあっという間に1人前をペロリ。私も負けまいと急いで炒飯を掻き込み、1人前をたいらげました。 「おかわりー」 二人声を揃え、2杯目に突入。競い合う様にお互い完食しました。 食事の競争が落ち着くと、終えたばかりのゲームの自慢話が始まりました。 「凄いねぇ!おばさんゲームとか分からないなあ。」 「じゃあ今度教えてあげるよ!」 と得意気なU君。嬉しそうなその表情は無邪気でした。 昼食が済み部屋にもどると、もう遊ぶゲームがない事に気付きます。 「ゲームはクリアしたし、何しよっか?」 「んーどうしよう。あ!あれやろう」 そう言うとU君はベッドへ飛込みました。

「ベッド壊れちゃうよお!」 「いいからいいから!トランポリンみたいで楽しいじゃん!」 「お母さんに怒られるから止めようよ。」 少し困った顔でお願いすると、U君は大の字に寝転びながら 「じゃあ違うのやろ」 とむすっとした顔つきで言いました。 「じゃー何すんのー?」 とすねながら聞くとU君は 「あれ知ってる?おとことおんな。」 と言い私の顔を見ました。 「うちのお父さんとお母さんもやってるよ。」 まだ低学年で純粋無垢と言ってもいい程に無知な私は「じゃあそれやってみよっか?」 と話に乗ってみました。 「一緒に布団入るんだよ。」 とU君。私は既に布団に入っているU君の隣に潜りこみました。 顔をぴょこっと出すと、U君の顔がすぐ近くにあります。 

途端に緊張してきました。うつむいて目を閉じた私にU君は 「おしりとか、こういう所触るんだよ」 そう言うと、私の胸を触りました。 「こういうのって大人の人がやる事だよね?いいの?」「いいの。2人だけの秘密だよ?」「うん。」 私が頷くと、今度はスカートの中に手が入ってきました。そしてパンツの中へ。 「どお?恥ずかしいね‥?エッチだね…」とU君。「恥ずかしいけど‥心臓の奥がきゅーっとするよ。いいのかなあ?」「いいんだよ。前も触ってみよっか。」 そう言うとU君の手はゆっくり太ももをなでながら前へ移動してきました。 「前は嫌だよ」 恥ずかしさのあまり背をむけて寝返りをすると、U君は後ろからぎゅっと抱き締めてきました。 見苦しい文章ですみません。誰も見ていないとおもいますが書かせて下さい 「物凄くドキドキしてる。もうやめよっか。こっち向いて?」 私はU君の方へ向き直しました。

そして私のおでこに自分のおでこをあて 「またしようね。」 と囁きました。私はU君の腕に無言で抱きつき眠りにつきました。 ありがとうございます。では続けます 日が経つにつれて異性を意識し始める様になるとお互い会う事はなくなり、話すらしない様になりました。 数年後、高校生になった私は学校生活を楽しく過ごしていました。 ある日の朝、全体朝礼が終わり教室へ戻る途中に友人が 「5組の前通って帰ろうよ!」 と言い出しました。 「なに〜かっこいい人でも居る?」 ダルさを全面にアピールをし、仕方なく友人に付き合い5組の教室を覗いてみました。 「あ、見て!後ろから2番目の席の人!」 驚きました。ふとそこに目をやると男らしく成長したU君の姿がありました。 (何あいつかっこよくなってんの!) 本当に驚きました。私と同じだった身長も遥かに伸び、色気付いています。 

ブレザーの中にジャージを着込むという我校では洒落気がある着こなしも完璧です。 「ね!かっこいいっしょ?タイプど真ん中でしょ。」 「そうかもねぇでも違うな。」 友人には言えませんでした。かつて仲良し同士のご近所付き合いがあった友達だっただなんて。ましてや一緒の布団で寝た事があったからには。 「あ今こっち見た見た?目合ったかもー!」 (U君…いっぱい話たい事あるよ。いっぱい聞きたい事もあるよ。) 「もうチャイム鳴っちゃうから帰るよー」 教室を戻る間もはしゃぐ友人。それを見た私はなるべく冷静を装おうと思いました。 放課後、駐輪場に向かうと誰かから肩をポンと叩かれました。 「お前2組だったんだな」 U君でした。何故こんなに緊張するんだろう。どうしてこんなに胸が痛いんだろう。 「さっき覗きに来てたね。変わらないな〜みつは。」 「呼び捨て?みっちゃんて呼んでたのに?」 U君に呼び捨てされるなんて。緊張が止まりませんでした。

「覚えてたんだ。アレ。またしよう。じゃーね」 と言い私のおしりを叩いて去りました。 「なんで叩‥あ、ねー!引っ越してないよね?番号聞いていい?」 一気にあの頃の想い出が蘇りました。懐かしい気持ちが後押ししたのか、積極的になれました。 こんな駄文でいいんですかね‥文才なくてスマソorz 続けますね 「学校同じだったなんて知らなかったよ」「そう?俺知ってた」 そうU君は言うと私の携帯を取り番号を登録し始めました。 「ねぇ、‥スカート長い!なんか地味目だね。暇な時メールしてね。じゃ!」 確かに地味です。ショックでした。U君に笑われた。意地を張ってその場でスカートを2回折り返し、帰宅しました。 帰宅後、自分の姿を鏡に写してみました。 地味な女子です。U君のあの変わり様にショックを隠せませんでした。彼女でも出来たのかと思うと尚更落ち込みました。 こうしちゃいられない。少しでも可愛くなろうと薄塗りの化粧をして登校しようと決意しました。 

翌日、いつもより丈の短いスカートにジャージを着込んだブレザー、薄化粧で登校しました。 教室に着きいざクラスの女の子を見渡すと、化粧にミニスカートは当たり前でした。 なんだかちょっとだけ大人びた自分が頼もしく思えました。 早くU君に見て欲しい。U君と話したい。頭の中は彼の事でいっぱいでした。 そうだった。メールしてみよう。携帯を取り出すとメールの受信が1件。U君からでした。 『授業つまんない!』簡単なメールでした。『それだけかい!』 短文返しをすると即返事がきました。 『みっちゃん、今日マックね』 U君からのお誘いです。私は心が弾みました。 放課後、駐輪場で待っているとU君がやってきました。 「スカートどうしたの?今日感じ違うじゃん」 U君はちゃんと気付いてくれました。U君の為に頑張ったんだもの。 「地味って言われて凹まされたからね〜」 「はいはい奢りますから。行きましょうか。」 U君の笑った顔があの頃ままでした。 マックに着き注文をすると、持ち帰り注文をしている様でした。

「みつの家で食べようよ」「うん。‥別にいいけど」「何にもしないからー」「本当かよー?」 断らなかったけど、どうしよ‥まさかアレされたりしないよね 不安と緊張感でガチガチになってる私とは逆に、ポテトやナゲットを頬張るのうてんきなU君でした。 「お邪魔しまーす。あぁ懐かしー。匂いとかみっちゃん家のだわあ」 忘れず覚えてくれていました。部屋に入ると「うわあ全然変わってないし。ベッドも同じなの?」 そう聞くや否やU君はベッドに飛び込み大の字で寝転び、部屋をくまなく観察していました。 「あーお腹好いた。私は床で食べよう。床で」 「襲いませんから。ってか俺もう食い終わった。ナゲットちょうだい」 「食いしん坊だけは変わってないんだなぁU君は。」 下らない会話をしばらすると「今日寒いよね。こっちきなよ」 とU君。布団をかぶっていました。

「嫌だよ〜ん」 「いいから。」 私の腕を引っ張るU君。「覚えてるでしょ?」と私の唇を指でなぞりました。 「みつ‥可愛くなったな」 そう言うと軽くキスをしました。 U君とのキス。初めての事でした。 「ブレザー脱がしてあげるよ」 そう言うと後ろからボタンに手をかけ、耳元に息を吹きかけました。「恥ずかしいよ‥」「いいから。ね。」 優しく話しかけるU君に私はとろけそうでした。そしてジャージのジッパーをゆっくり下ろし、上半身下着姿にされてしまいました。 「苦しいから取ってあげるね」ゆっくりブラのホックを外し、胸が露になりまました。 「大きくなって。綺麗な体だね」そういうと胸を優しく揉み始めました。「‥っ」 少し声が出てしまいました。「あの頃は声でてなかったのに。」 そういうと私の乳首をいやらしく舐めました。「やっ‥」 U君は私の手をロックし、仰向けになっている胸に舌を這わせました。 「これつけてみよっか。」取り出したのはナゲットのソースでした。

「何でソース付けるの?嫌ぁ」しかし私はU君の言われるがままでした。 胸と腹部に垂らしたソースを舐めとられる度に私はビクンと体を反らしました。 「もうこっちは触っていいよね。」 そういうとスカートの中に手を入れ、パンツに指をあてました。 「いやらしい体だなぁ‥」 そういうとパンツの中に指を滑り込ませました。 「ん…エッチ。止めて‥?」 「エッチじゃないでしょ?ここ、濡れてるよ」 U君の指が擦れる度に、声を漏らしてしまいました。 「体舐めて。」 言われるがまま体じゅうを舐めました。あの頃とは違う興奮、私にはいやらし過ぎて気がおかしくなりそうでした。 「ここも舐めてごらん?」 U君のモノを見るのは初めてでした。これを舐めるだなんて。抵抗がありました。 「舐めて‥?ゆっくりでいいから」 私はゆっくり舐めてみました。男の人のモノを舐めるだなんて信じられませんでした。 しかしU君はとても気持良さそうでした。声が漏れる程気持ち良いんだ‥ 「気持ち良いの?」 「うん‥凄いよ。気持ちいよ」 「こう?」 「うんそう‥ゆっくり。いっぱい舐めて。」「うん」 「あぁヤバい出そう‥はぁ…ック!」 口の中に一気に注ぎこまれました。飲み込む物なのか吐き出す物なのか分かりませんでしたかとりあえず飲んでみました。 「‥はあ気持ちよかった。飲んだのおいしい?」「苦いね‥」 U君は笑いながらまたキスをしてくれました。 以降U君とは数ヶ月の付合がありました。教室でしたり多目的室でしたりとありましたが、自然消滅で終わってしまいました。 支援していただいてありがとうございましたm(_ _)m