夏の日のボイン

間もなく夏休みがやってくる暑い日の授業中の出来事だった。それはあまりにも突然の出来事。

奈津先生は襟の大きく開いたTシャツを着ていたため前かがみになった時、胸が見えたのだ。いつも奈津先生の胸は気になっていたがこんなに間近で見ることができるとは思わなかった。算数の時間に問題を解いている間、奈津先生は僕の前の席の子に質問され前屈みになったのだ。奈津先生の白い肌に真っ白のブラジャー。

花柄が印象的だ。そのブラジャーが苦しくてたまらないと言う感じで乳房が押し込まれていた。さり気なく周囲を見たがみんなは問題に集中している。前の席の浩二は気がついたであろうか?(こいつは真面目だからな)何度も起きあがっては「違う!違う!」と言って前屈みになる。

何度も僕の目に奈津先生の胸が映った。体が妙に震えてきた。しばらくして奈津先生はその場を離れ教壇に戻った。

それからはずっと奈津先生の胸ばかり見てしまった。しかし、残念なことにこの日はそれ以上胸を見る機会はなかった。下校時間となり、いつものように浩二が一緒に帰ろうと言ってきた。

「おい!一郎…今日、僕、見たよ…奈津先生の…」まさかと思ったが、わざと聞いてみた。「えっ?何を?」

「奈津先生のボイン…」(やっぱり)「ええー!ほんとかよ?うそだー」奈津先生の胸に気がついたのは自分だけだと思っていただけに少し悔しかった。浩二が話を続けた。

「今日さー奈津先生に質問したとき、僕の前に来ただろ?あのとき、ここが開いて見えちゃったんだよ」胸元を指さしながら浩二は話した。「おい!一郎だから教えてるんだから内緒だぞ!お前、奈津先生好きだろ?」

急に好きだろ?と言われて妙に照れてしまい「好きっていうか…ほら、ボインだろ?って話だろ?で、大きかったのか?」「ああ、もう驚いたよ!母ちゃんのなんてちょろいもんだよ。花柄のブラジャーしてたよ。もうぎゅんぎゅんにオッパイがつまってたよ。」浩二は、自分より更に近くで見たのでより迫力があったに違いない。真面目と思っていたがさすがにあの迫力には驚いたのであろう。

「いいなー気がつかなかったよ。見たいなー。今度、俺も質問しようかな?」少し動転しながらも答えた。「一郎って質問なんかしたことないじゃん」痛いとこをつく。

2人は、笑った。「今日みたいにTシャツみたいな服の時が見れるよ…」えらく詳しい…気になって聞いた。

「何でわかるのさ?」しまったという顔を浩二はした。「へへへ。実は、奈津先生のボイン見たのは今日が初めてじゃないんだよ」完全に嫉妬感が沸いた。自分は、奈津先生と2年間教わっていたが気がつかなかった。

「なんで教えてくれないんだよ!親友だろ!」本気で怒ってしまった。「奈津先生が好きな一郎のことだからもうとっくに見てると思ったよ」気になって、気になって仕方がなくなり聞いた。

「今日見た以外で他はどんな時、見たんだよ?」「聞きたい?」じらす浩二。しかし、迷わず答えた。

「聞きたい!お願い!」「一郎はスケベだなー」と言うと走りだした。顔面が熱くなった。急に全てを見透かされた気分になった。

「待て!浩二!馬鹿野郎!」浩二を追いかけた。しかし、奈津先生の胸を見たうらやましさから早く話を聞きたかった。次の日から奈津先生を今までと違う見方になった。

奈津先生は、2年前、先生になりたてでやってきて僕の担任となった。ショートヘアーで目が大きくていつも明るい表情だ。背は、そんなに高くはないがきゃしゃな感じなのだが胸は目立つ。

いつもその胸を隠すように大きめの服を着ている。それは何となくわかっていた。しかし、その胸を見ることなど絶対不可能と思い続けて、時々ノートに奈津先生の胸を想像して落書きしていたりした。それを偶然に浩二に見つかって奈津先生の胸が気になることを話した。偶然、昨日、奈津先生のブラジャーに押し込められた場面に遭遇し決して不可能ではないことがわかった。浩二は幸運にも数回目撃していた。奈津先生が胸を隠すためにわざわざ大きめの服を着ていたがそれはかえって仇となっていたのだ。大きめの服の胸元は当然大きくなり前屈みになったりすると容易に見えるのだ。昨日、浩二に教わった奈津先生の胸の見方にチャレンジすることにした。

「初めて見たのは、教室で時々奈津先生が学級新聞書いてるだろ?あの時、横から立つと奈津先生の胸のところが開いているからびっくりするぞ!」今日の奈津先生の服は白いブラウスだった。昨日のようなTシャツではない。少しがっかりした。しかしよく見るとブラジャーが透けて見える。

(す、凄い)今まで意識していなかった。何度もこんな光景があったはずなのに気がつかなかった。奈津先生が授業中、胸を張ったときはブラジャーの形が浮き出てくる。どきっとした。僕は、一番後ろの席だがみんなは…とくに自分と同じ男子はどう思っているのか気になった。浩二も気がついたみたいでブラジャーが浮き出るたびに振り返った。元々、ガリ勉のため決して笑ってはいないが無表情ながらも目は…(見た?)と言っている。

授業も何がなんだかわからない状態だった。とにかく奈津先生のブラジャーの形をブラウス越しに見る感動にひたっていた。休み時間に浩二とこそこそ話をした。「ブラジャー大きいだろ?」

「うん。見たよ!見たよ!気がつかなかったよ。浩二、お前すごいな…今日昼休みの時、奈津先生、学級新聞を教室で書くかな?」浩二が何か答えようとしたらチャイムが鳴った。浩二は、チャイムが鳴るとガリ勉君に戻ってしまう。何を言うかはわからなかった。昼休みになった。

給食をとると奈津先生はそのまま教室に残り学級新聞を書き始めた。チャンスだ。すぐにでも行きたいが女子が奈津先生を取り囲んで行くタイミングを逃してしまった。どこの位置に立てば見えるのだろうか?そればかりが気になっていた。よく見ると浩二はすでに奈津先生の横に立っていた。その視線は完全に奈津先生の胸元だった。よく考えれば浩二はいつもあの位置にいたことに気がついた。

(なるほど…)浩二いつもああやって見ていたのか…全く頭の良い奴は何を考えてるんだ!と妙な怒りとうらやましさがまぜこぜとなった。ふと気がつくと奈津先生の周りには浩二だけになっていた。一瞬、浩二と目があった。(チャンスだぞ!)平静を装いながら奈津先生が座っている机に向かった。足が震えた。浩二と反対に立った。すぐに胸元を見た。息が止まった。

昨日見た感じとは違って大きな果実にブラジャーが被さっている状態だった。乳房と乳房の間の谷間もくっきりと見えた。時々、奈津先生が胸元を押さえて見えなくなるがすぐにそこは広がって丸見え状態になる。浩二に感謝したいが今はこの目に焼き付けたかった。「そういえば一郎君…」いきなり奈津先生の声がしてあせった。

「あれ?どうしたの顔が真っ赤よ。熱でもあるんじゃない?」あせって声が出なかった。「えっ?あの別に…」

浩二がにやけながらその場を去った。「一郎君、この前の作文の宿題まだ出てないよ!早く出してね」少しきつい口調だったが笑顔だった。僕は、よくわからない返事をしてその場を去った。自分の席に戻る間、心臓がどきどきしていた。昨日も見て今日も見れた興奮で爆発しそうであった。席に戻った時浩二が小声で言った。

「今日帰り一緒に帰ろうな!」自分は大きく頷いた。午後の授業も奈津先生のブラジャーの形を堪能した。

「一郎!まだ作文出してないのかよ…」そんなことはどうでもよかった。「浩二!見えたぞ!見えた!すんごいな!ボインとボインの間の…」

浩二は真剣な目でこっちを見て言った。「もっと凄いことを教えてやろうか?」何だか怖かったが恐る恐る頷いた。

「いや、やめとくよ…」「何だよ!気になるよー教えてくれよー」「一郎は、俺からいいこと教えてもらって何も俺にはしてくれないじゃん…」

確かにそうだった。「奈津先生のボインのことだよな…?」「もちろん…」

益々気になった。一体どんなことを知っているのだろうか?もうこうなったら奥の手だ!「よし、じゃあ浩二に良い場所教えてやるよ」「どこだよ?」「浩二から言えよ…」

浩二は少し渋ったが教えてくれた。「奈津先生って水泳の時間のあとブラジャーしてないんだぜ!」驚いた!息が止まりそうだった。そういえば奈津先生は水泳の時、水着になってるにはなっていたが泳ぐことはほとんどなかった。

しかし、プールに入る前は必ずシャワーを通過するので水着でなくてはいけないが奈津先生はすぐにジャージ姿になっていた。さすが浩二…しかし、そのあとブラジャーをしてないということは…「浩二、もしかして奈津先生のボインを見たことあるの?」浩二はにやけながら頷いた。

「ボインのさきっぽを見たよ。でも1回しかないんだ。でもよく見るといつも以上にボインは揺れてるし…さきっぽがとんがっているのがわかるよ…」凄い話だった。浩二が憎くなった。うらやましいからである。「おい、一郎!良い場所を教えろよ!」

本当は教えたくなかったが海外のポルノ雑誌が大量に捨ててある場所を浩二に教えた。浩二が興奮したのはいうまでもない。むしろ浩二は奈津先生の胸…を全て見ているのだ。まだ未知の場所があったのだ。奈津先生のさきっぽってどんな形なんだろう…。プール開きとなった。ほとんど遊びなのである。奈津先生はジャージ姿だが髪は濡れていたしTシャツも濡れて紺色の水着が透けて見えた。今まで奈津先生をそんな風に見たことがなかったが今は全然違う。妙な興奮を覚える。せっかくのプールの日にもかかわらず浩二は風邪で今日は学校を休んでいた。本当に水泳の時間の後はブラジャーをしていないのであろうか?どんな方法で見ることができるのであろうか?全く想像できなかった。とにもかくにも浩二を尊敬したが、先日、海外のポルノ雑誌捨て場を教えて毎日行くようになっていた。金髪外人のヌードを見ても宇宙人にしか感じなかったが浩二が時々写真に指差して「奈津先生こんな感じだぞ!」

といって教えてくれた。これを本当にみることなどできるのであろうか…?水泳の時間も終わり短い休み時間の間に着替えた。授業は始まったが奈津先生は少し遅れていた。(着替えてるのかな?)奈津先生の着替えを想像した。学校で奈津先生が一瞬でも裸になっていると思うとどきどきした。10分遅れで奈津先生が来た。教室に小走りに入ってきた時、浩二の言うことがわかった。異常な程、胸が揺れているのだ。(もしかして…)奈津先生は赤色のタオル地のようなTシャツを着ていた。生地が分厚い感じだ。これはとてもとんがりは期待できない。(浩二はよく見えたなー)苦手な国語の授業だった。先日やっと作文を提出した。「遅い!」と言って軽く拳骨を笑顔でもらったばかりだ。ある女子に文を読ませてながら奈津先生は教室内を巡回するように歩いた。

奈津先生が近づく度に胸をみたが腕組みをした感じにしているため胸の様子がわからなかった。数人に読ませた後、感じの書き取りをすることになった。苦手な感じを必死になって書いていたその時である。「この前の作文なかなか上手に書けてたよ…今度はちゃんと早く出そうね…」と小声で笑顔いっぱいで奈津先生が言ったのだが僕は胸元が開いた状態の中を見て言葉を失った。浩二の言ったことは本当であった。

僕の目に映ったのは大人の女性の大きな乳房であった。初めて見たときはブラジャーに押し込められていたが今日は違う。大きな丸い物体がぶらーんブラーんと揺れる状態で動いていた。

軽い目眩がした。前屈みで目の前にいる奈津先生。慌てて奈津先生の顔を見て軽く頷いた。奈津先生も笑顔で頷いた。残念ながら先っぽは見えなかった。今日なら見えるんだ…奈津先生はまた巡回をした。あることに気がついた。奈津先生が手を後ろに組むとさきっぽのとんがりが出ているのだ。

おそらく乳首がタオル地の生地にこすれて乳首が立ってきていたのである。なかなか自分の近くでは手を後ろには組んでくれない。しかし、遠い位置でもそれがわかるのだ。

奈津先生は気がついていないのであろうか?興奮して漢字がなかなか書けなかった。浩二にこのことを教えたかった。授業はこのまま書き取りでチャイムが鳴ってしまった。

奈津先生はいつの間にか持参していたジャージの上着を着てしまっていた…その後、暑い日なのにかかわらず奈津先生はジャージを着たままだった。学校が終わると一目散に海外ポルノ雑誌捨て場に向かった。浩二が以前言っていた奈津先生のボインと同じ形という金髪女性を見つける為であった。あちらこちらにちらばってどこにあるのかわからず諦めかけたときやっと見つけた。その金髪白人女性は四つんばいになり挑発的な視線を送っていたが、僕には全く関心がなかった。関心があるのは奈津先生と同じ形の乳房かどうかである。(同じだ…)その乳房はまるで風船に水を入れぶら下げているように…木に成る果実がぶらさがっているような…大きいため、かなり重いことが写真から伝わる。

浩二の言っていたように水泳の時間の後の授業では奈津先生はブラジャーをしていないのだ。着替えの時間も短く体もそんなに早くは乾かない…。きっとそのためブラジャーをしないのでは…。いろんなことが僕の頭の中で駆けめぐる。

少なくとも本物のボイン…乳房をこの目で見たのだ。しかも以前から気になっていた奈津先生の…。偶然にも自分に話かけた際に前屈みの姿勢になった為、大きく開いた胸元から大きく実った果実をこの目で短い時間であったが目にすることができたのだ。

(奈津先生のボインの先っぽはどうなっているんだろう?)写真の乳房の上にある乳輪は異常なほど大きく肥大し乳首もビー玉サイズはあることが見て受け取れる。なんとなく怖い感じだ。実際に奈津先生がこんな形なら…やはり怖い感じがした。やたらと乳輪や乳首が気になりはじめた。もしかしたら浩二は見たことがあるかもしれない。気になって仕方がなかった。それを見る方法は可能なのであろうか?考えれば考える程、どきどきする。

このポルノ雑誌捨て場に来て裸を見るとと必ず下半身が肥大するが、奈津先生のボインを思いだしただけでそうなっていることに気がついた。何とも抑えようがない感情が込み上がった。奈津先生のボインに似ている写真を丁寧に切り取りポケットに入れた。

夏の日差しで暑すぎて汗だくとなっていたが走ってその場を去った。数日、奈津先生の服装は胸元が狭いものばかりかブラジャーの線すら見えないものばかりでがっかりしていた。今日は久しぶりに浩二が学校に来た。数日前の出来事を話をした。「どうしても奈津先生のボインの先っぽが見たいんだよ…浩二は本当は見たことがあるんじゃないのか?」

浩二は、黙っていた。僕は話を続けた。「外人さんみたいにこんなに大きなものがついてたりして…」と言うと浩二の顔色が変わり吐き出すように言った。

「奈津先生はもっと綺麗な形だぜ…」その言葉に驚きとやはりかと確信した。「一郎とは親友だがそれだけは聞くなよ…見たければ奈津先生に頼むなりもっと覗き込んで見ればいいだろ…」不機嫌に答えられてそのまま去っていった。その日を境にあまり浩二が僕と話をしなくなった。僕も浩二とは喧嘩をしたくはなかったし…もしかしたら奈津先生のボインを見たことを言いふらされても困る。しかし、浩二が奈津先生のボインの先っぽを見たということは間違いがなかった。浩二が言ったみたいに奈津先生に見せてとお願いなど当然できないし、思い切って覗き込むにも最近は奈津先生は胸元が狭いものばかりで不可能だし…水泳の時間になっても奈津先生は他のクラスの男先生に頼んでプールには姿を現さないしでとにかく落ち込んでいた。

時々、この前、雑誌から取った写真を見ればみるほど気になって仕方がなかった。夏休みに入った。奈津先生の本物の乳房を見て以来、学校は嫌いであったが奈津先生の胸を今日は見れるかもしれないという楽しみがあっただけに残念である。

夏が終わってしまえば奈津先生も薄着ではなくなってしまう。気が滅入っていたとき、浩二から電話がかかってきた。「ごめんな…なんか奈津先生を取られる感じがして…その…」

僕は快く許した。気をよくした浩二が話を続けた。「明日、学校のプール開放日だろ?しかも監視当番は奈津先生が午前中なんだよ…」でも奈津先生は水着にはならないだろうし…最近は男先生が水泳時間を担当していたことを告げたが浩二が話の間に入り込むように言った。

「だからチャンスなんだよ。何かあったら奈津先生もプールに入らなきゃいけないから絶対水着になる!午後からは職員室にいるから…」そうか!そうだったのか!僕はあまり水泳が好きではなかったので夏休み中のプール開放日に行ったことがなかった為、そのことは知らなかった。さすが浩二。

早速、明日、学校に行くことを約束し電話を切った。来てよかった。本当によかった。午前でもとても暑く、プールにはもってこいの天気だった。しかし、僕が来てよかったと思ったのはそんなことではなかった。

奈津先生が眩しすぎるぐらいのワンピースの水着姿だった。初めて見るわけではない。しかし、奈津先生の乳房を見て以来、今まで持っていなかった感情が芽生えた為、とても眩しかった。プールには浩二と自分以外に3人ほどの下級生の女子がいた。バスタオルを腰に巻いてジャージの上着を着ていたが、この暑さではさすがに観念したようで上着を脱いだのだ。赤い水着に無理矢理乳房を押し込んだ感じになっていてこれは初めてブラジャーに押し込まれている乳房を見たとき以上の興奮がそこにはあった。あまり凝視しては奈津先生に気がつかれてはまずいと思いさりげに見ていた。しかし、奈津先生は背があまり高くない上、華奢な感じなのに胸だけが異常に膨らんでいて誰がどう見ても驚くはずである。

「奈津先生…凄いな」浩二が横にきて小声で言った。「去年もあの水着?」浩二は首を横に振った。「なんか去年は紺色の…ほらあの子が着てるみたいなやつだったよ」下級生の女子に目線を投げた。これは相当ラッキーなことになっている実感が沸いた。

「みんな集まって!集合!準備体操します!」奈津先生が腰に巻いていたバスタオルを取りながら言った。自然に視線は股間へ向いた。

ほとんど水着だけの姿にならない奈津先生が完全に水着だけの姿は感動だった…。奈津先生が何故いつも水着姿にならないか容易にわかった。小顔から細い首…小さな肩からいきなり違う体のように大きな胸が腹部あたりまできていたのだ。そして小さめな腰に細い足…その胸はやはり沢山の教え子の前では披露するには苦しいものがある…先生とはいえ、男先生も男だし…奈津先生は下級生の女子にプールに入る前に準備体操をすることを説明していた。

「じゃあ、ラジオ体操第一ね」奈津先生を囲むようにして輪になった。僕は奈津先生の正面の位置に来た。奈津先生は両手を上げ始め体操をはじめた。

いち、にい、さん、しい。僕の視線は当然その赤い水着に押し込まれている乳房。様々な形になるのが気になって仕方がなかった。

(こんなにボインって形がかわるんだな…)特に目を引いたのが跳躍だった。上下に奈津先生が飛ぶと乳房もぶるんぶるんと揺れる。奈津先生がまるで違う人に見えた。(あっ!)乳房の先端になにか丸いもが突き出るように浮かびあがっていた。

(あっあれは…)授業中に初めてブラジャーをはずした状態の乳房を見たとき、奈津先生が手を後ろに組んだ状態で胸を張ったとき出たものだ。僕は、鼻息が荒くなってきた。跳躍しながら浩二が近寄って小声で言った。

「凄いな。奈津先生のボインのさきっぽが突き出てるの見える?パットしてないなんて去年とちがうぜ…よかったな!一郎!」浩二も興奮していた。僕は、大きく頷いた。自分の受け持つクラスの教え子がそんな大胆な場面を見て何とも思わないわけがないのに…しまったと思っているのであろうか?それとも…。

興奮の中、体操が終わり皆がそれぞれプールに飛び込んだ。しばらく浩二とプールでじゃれあった。奈津先生は、下級生の女子の方でプールサイドから監視していた。

(いいなー間近で見れて)奈津先生は、しゃがんだ状態で下級生の女子に何か話をしていた。ふくらはぎが邪魔になって胸が見えない。残念である。奈津先生のボインを見ることができなくて退屈してプカプカと浮かんでいたら奈津先生が僕らを呼ぶ声がした。

奈津先生が手招きをしている。いつの間にか立ち上がっていた。手招きする度にボインが揺れていた。泳ぎながらみんなの方に向かった。奈津先生から下級生の女子に泳ぎを教えてほしいと頼まれた。浩二が引き受けた。

浩二は、勉強もさることながらスポーツも万能であった。しかも、奈津先生は僕にも泳ぐ練習をするように言った。泳ぐのが苦手なので落ち込んでしまった。

しかし、それはすぐに喜びに変わった。浩二は下級生の女子に水泳を教えて、奈津先生は僕に水泳を教えてくれるのだ。プールの水上から奈津先生を見上げた。2つの大きな果実が邪魔で奈津先生の顔が見えなかった。

浩二は少し不機嫌になっていたが、「先生!練習が終わったら去年みたいに鬼ごっこやろうよ!」何のことだかわからなかったが、どうやら去年もやったみたいだ。奈津先生が指でOKサインを出した途端、浩二は上機嫌になり下級生の女子を誘導して僕がいる反対側へ泳ぎながら向かった。

それに必死でついていく下級生の女子…まるでアヒルの親子みたいだ。ザブーンと大きな水音。奈津先生が水に飛び込んだのだ。

足から飛び込んだので顔は濡れていなかった。驚いた。水の中でぴょんぴょん飛ぶため、ほんの目と鼻の先でボインが上下に大きく揺れるのだ。しかも、もっと驚いたのが水着に水分が含まれてボインの先っぽが生地を突き破るように形を表していたのだ。(す、凄い…奈津先生…凄いよ)呆然と見ていたら、奈津先生が言った。

「こら!ぼけっとしない!みっちりしごくわよ…」その時、奈津先生が泳いでいるところを見たことがなかったことに気がついた。小声で奈津先生が続けた。

「実はね…先生ね…泳ぐのは苦手なのよ…だから浩二君に頼んだのよ」と言うと浩二達の方を振り返って聞かれていないことを確認し笑顔でこっちを向いた。とてもやさしい笑顔だった。僕は、奈津先生が自分の秘密を教えてくれて浩二の知らないことを知った。

奈津先生との2人の約束に妙な優越感とどきどきした感覚になった。「でも、ちゃんと練習するわよ」僕は、頷いた。はじめはバタ足からであった。

奈津先生が5メートル程先へ行き待っているので、そこまで泳ぐように言われた。必死になって泳いだ。目も開けられない。呼吸をするために顔をあげても何も見えなかった。轟々と耳に泡の音がして混乱していた、その時である。手に何かが当たる感触がした。

濡れた布?しかし妙な弾力がある…前に進まない…。その時、両手首をつかまれ上に上げられる力を感じ泳ぐのをやめ立ち上がった。両手首を掴んだのは奈津先生だった。凄い!凄い!と褒めてくれる声がした。

しばらく混乱していたが、さっきの感触は…まさか…そ、そんな!(奈津先生のボインに触ったのか?)思わず奈津先生の胸を見た。相変わらずボインが水面あたりで上下にぶるんぶるんと揺れていた。「すごいじゃない!前は3メートルぐらいで立ち上がっていたのに…」

興奮する奈津先生の声はほとんど聞こえず、手に残った奈津先生のボインの感触を思いだしていた。まさかこんな形で奈津先生のボインに触れるとは…。奈津先生は、全く気がついていなかった。「じゃあ、もう1回トライしようよ!」

泳ぐ自信はなかったが、もしかしたら、もう1回奈津先生が胸で泳ぎきった僕を受け止めてくれるかもしれないと思いトライした。1回目の泳ぎで妙な自信が沸いた。先程と同じ位置に奈津先生がいる。笑顔で僕を見ながらボインを大揺れさせているのだった。

さっきと同じようにがむしゃらに泳いだ。ただ手の先は混乱しながらも意識しながら…。濡れた布が手に当たった!今度は両手の掌にその感触だった。

掌いっぱいに柔らかくも弾力のある感触が広がった。(奈津先生のボインだ!)思わず立ち上がった。奈津先生は胸で僕を受け止めたのだ!びっくりした。声がでなかった…何か奈津先生に言われることの恐怖心が沸いたがそれは違った。

「ほんとうに凄いよ!できるじゃない!」再び興奮する奈津先生の声。浩二は、下級生の女子とわきあいあいとミニスイミングスクールを展開中だった。浩二もまんざらではなさそうでこちらには全く気がついていなかった。

奈津先生は、僕が泳げることを喜ぶことを体で表現してくれた。頭を撫でてくれたり、肩を叩いてくれたり…。僕は、奈津先生の胸が揺れたり様々な形になるのを堪能した。

目の前でしかも、考えようによってはほとんど裸に近い…。その後も泳ぎの練習は続いた。気がつけば20メートル程泳げるまでになっていた。実は、泳ぎが苦手な奈津先生はそれでも自分の指導でここまで僕を泳げるようにしたことを本当に喜んでいた。偶然なのかどうかわからなかったが足をつかずに泳ぎきると必ず奈津先生はその胸で僕を受け止めた。

とうとう25メートルに挑戦までになった。プールを端から端まで泳ぐのだ。もうへとへとだったが遠くからでも奈津先生の赤い水着から膨らんだそのボインがはっきりとわかる。こうなったら泳ぎきってあのボインを掴もうという野望が沸いた。

きっと泳ぎきった暁には、奈津先生は今まで以上に喜んでくれるはず。(よし!)正直くたくたに疲れていた。偶然に奈津先生の胸を1回ならずも何回も触れた上、目の前で普段の生活では見られないぐらいのボインを間近で見ていて僕自身も興奮していた。最後の力を振り絞って泳ぎ始めた。かなり無様な格好で泳いでいたに違いないが奈津先生の胸を今度は掴むという目標だけで必死になって泳いだ。

何度も泳ぐのを辞めそうになった。苦しい…今どれぐらい泳いだのだろうか?頭がくらくらしてきた。もう充分だ…もういい…諦めかけたとき奈津先生の声がした。「がんばって!ほら!がんばって!ここよ!ここよ!」一瞬、奈津先生がボインを持ち上げてこちらに向かって言っているような姿が見えた…(え?)そうなのだ!あのボインをむぎゅっと掴むのだ。

もうこんなチャンスは2度とないかもしれない。ゴボゴボと耳から聞こえる。もう足にも手にも力が入らない。‥‥‥‥掌に無遠慮に柔らかくそして大きな…とても自分の手では包みきれないものが…(ボ、ボインだ!)ぐにゅぐにゅ…苦しくなって立ち上がった。水中から出たとき奈津先生の胸に何物かの手が掴んでいるのが見えた。その手は紛れもない自分だと気がつく。

右手の人差し指と中指の間に今にも突き出しそうな物体を挟んでいた。胸の柔らかさとは違いそこは少し固いのだ。(な、奈津先生の…)もうどうなってもいいという気分だった。

奈津先生のボインを鷲づかみ状態になっていたが僕は離さなかった。完全に僕の下半身は変化した。はあ、はあ、はあ…泳いで力を使い果たした疲れと奈津先生の胸を立ち上がっても掴んでいる興奮で息が乱れた。

奈津先生の左側のボインは完全に僕に捕まえられているが、とても片手では無理だ。右側のボインはゆさゆさと揺れている。一瞬、奈津先生と目が合ったが、さりげなく、奈津先生は僕の手をとり言った。「すごいよ!本当にすごかったよ!よくやった!がんばったね!」

今まで以上に大きな声で喜ぶ奈津先生の声がプールの空間に響いた。浩二達も途中から気がついたようでこっちを見ていた。下級生の女子達と笑顔で拍手している。

「浩二君!一郎君やったよ!25メートル泳いだよ!」奈津先生は、僕の両肩に手をのせ背中にびったりと張り付いた。小刻みに飛ぶので背中でボインが上下になぞられる。

先端の尖ったものが妙なくすぐったさを伝える。奈津先生に押されるように水の中を歩き、浩二達のエリアに行った。僕は、泳いだ喜びよりも右手に残る奈津先生のボインの感触と今まさに自分の背中にそのボインを押し当てられている感触がたまらなかった。

「よかったな!一郎!さすが奈津先生!すごい!こんな金槌を…」と言うと僕の顔を見て「一郎、大丈夫か?顔が真っ赤だぞ!」僕は、奈津先生の胸を意識するがあまり顔が熱くなっていた。

次の瞬間、奈津先生は僕の背中から離れた。「じゃあ、一度みんなプールから上がって10分休憩してください」奈津先生は元気な声で言った。

僕は、プールから上がっても体が震えていた。寒いからではない。奈津先生のボインを間近でみたり、ついには触ったりもしたから興奮していたのである。疲れ果てて一人で座っていると浩二が近寄ってきた。

「お前がうらやましかったよ。奈津先生のボインを独り占めして…」浩二が冷やかした。また、以前のように臍をまげて口をきかなくなられては、もともこもなかったので僕は言った。「とんでもないよ!もう何度も泳がされてそれどころじゃないってば…」

嘘を言った。浩二は、予想どおり機嫌がよくなった。(危ない、危ない)「俺ならばっちり見るけどな…ついでに触ったりして…」ドキッとして浩二と目が合った。これがガリ勉優等生の言うことか?「今からが、お楽しみなんだぜ!」

浩二は、下級生の女子達と座って話をしている方向を見ながら言った。気になって浩二に聞いた。「お楽しみ…?」

浩二は、にやっと笑い奈津先生の所へ行った。奈津先生は、水着姿のままの格好が慣れたのかもうバスタオルを腰に巻いたり、暑いにもかかわらず、ジャージを着たりしなかった。水着から今にもはみ出そうな乳房を大きく揺らしてもお構いなしな状態だった。

痩せているのにそこだけはまるで別の所から取ってつけた感じが好奇心をくすぐる。奈津先生が、大きく笑うと大きく実った果実も大きく揺れ、みんなと話をしているとき頷いたりすると頷くたびに果実も大きく頷く…。先程よりもボインの先っぽはあまり飛び出した感じではなくなっていたのが少し残念であった。

浩二が何やら奈津先生に言っている。奈津先生が泳ぎの練習をする前に浩二と約束していたように指でOKサインを出していた。(何を言っているのかな?)しばらくすると、奈津先生が僕を手招きして呼んでいるのに気がついた。

何となく先程まで散々、胸を凝視したり、さりげなく触ったり、最後はどう考えても思いっきり鷲づかみをしたりして…。気まずい気分もあったが…。手招きされるたびに揺れるものに引き寄せられていった。

「え?騎馬戦?」なんと去年もやったらしい。奈津先生が馬になって背中に浩二を背負って相手の水泳帽子を奪うのだ。

僕は、当然、下級生の女子の一人をおぶって…。何となく浩二の作戦が読めた。先程まで自分だけが奈津先生のボインを独り占め状態だっただけに少し悔しい気分にもなった。それに、下級生の女子では浩二に負けるのは一目瞭然。

さらに、その下級生の女子は浩二におぶってもらいたいとだだをこねるし…。「後で交代するからね!」奈津先生が諭した。

浩二はもうすでに奈津先生の体…胸ばかり見ていた。更に、悔しくてたまらない気分をよそに浩二は奈津先生の後ろから奈津先生に飛び乗った。「わー去年より浩二君、重―い…」

浩二は、しがみつくようにして奈津先生に密着していた。さりげに奈津先生の片方のボインを触れるのを見逃さなかった。奈津先生はそんなことお構いなしといった感じで笑顔だ。

あんなにべったりと張り付く浩二をどう思っているのだろうか?僕なら下半身が固くなって奈津先生に気がつかれるのが怖いが…しぶしぶ下級生の女子が僕の背中に乗った。先程の奈津先生の感触とは雲泥の差だ…。男を背負っている感じ…。

「じゃあいくわよ!顔に当たらないように浩二君は気をつけてね。」そういうと奈津先生騎馬がこっちに向かってきた。僕は何よりもその奈津先生の胸が驚いた。

完全に手は浩二を支えるために後ろにやられ、その分、巨大な胸が強調される状態だ。歩く度にぶるん、ぶるんと揺れる。浩二は時々、バランスをとるふりをしながら奈津先生のボインをさりげに触れているのも見逃さなかった。

奈津先生は、こっちに向かうことに気をとられて浩二に胸を触られていても笑顔のままだった。(浩二め…)下級生の女子が怒った声で言った。「早く逃げてよ!」

とんでもなかった。このままいけば絶対に奈津先生のボインに顔面が当たるのだ。こんな幸運はない。わあああああああああプールに奈津先生と僕たちの声が響いた。もうあと1歩で奈津先生のボインに激突のときよけられた。諦めずに突進した。

なかなかうまくいかない。形だけは僕もよけなければならない。目の前で奈津先生のボインが左右に揺れる。

水しぶきで目がみえなくなるが必死になって目を開く。僕も左右に揺れるようにしていたが頬に柔らかい塊の感触が来た。(ボインがほっぺに当たった!)すぐに離れたが、またすぐに頬に…。

奈津先生は、浩二に気をとられていた。僕は、必死なふりをして頬に奈津先生のボインを堪能した。(ああ、奈津先生、奈津先生…)とうとうそのボインに密着した。

押し合いへしあい…完全に奈津先生のボインに頬が当たっている。ぎゅううううううううう。目の前に奈津先生のボインの先っぽの尖りがあった。

もう少しで僕の口に当たりそうだった。頭上では浩二が下級生の女子の水泳帽子を取ろうと必死になっていた。「それ!それ!一郎君の馬崩れろ!」

奈津先生は、大胆にも胸を僕に押しつけてきて倒そうとしたのだ。奈津先生は、2つの大きな果実を僕にぶつけてくるのだ。僕の頬や鼻や肩にボインが時にやんわりと、時に石のようにガツンと様々な形となってぶつかってくる。

さすがにこの迫力に押されて僕は態勢を崩して水中へ沈んでしまった。水上に出てきたときは、浩二達が歓喜の声を上げていた。勝負はついたが浩二はなかなか奈津先生の背中から降りようとはしなかった。さすがに奈津先生も困っていた。

「浩二君、勝ったよ!一旦降りてえー…もう、浩二君ってばあー」「やだ!奈津先生におんぶしてもらったままがいい!このままがいい!」めずらしく浩二がだだをこねていた。すこし滑稽だった。

「もう、どうすんのよ!赤ちゃんみたいよ!」奈津先生も少しあきれていたが、僕は浩二の行動に驚かされることになる。奈津先生は、浩二を振り落とそうと左右に体を振っているが大胆にも浩二はずっと奈津先生のボインを触ったままであった。

完全に揉んでいた。浩二の小さな手が奈津先生の胸から離れない。「ほら!もう先生重いんだよ!降りて!ほら…あっこら、降りて…」完全に奈津先生は浩二に胸を揉まれていることに気がついた。

僕は、浩二の大胆な行動にただ呆然と見ていた。下級生の女子も何故か浩二を応援していた。「離して、離しなさいってばあー…あーん、こら、こら…」

浩二が揉む手を早く動かしている。(浩二!やばいぞ!)浩二の両手は完全に奈津先生の両方の乳房を揉んでいた。浩二の小さな手でも奈津先生の乳房はいろんな表情をして楽しかったが奈津先生が僕に助けを求めて叫んだ。

「一郎君!この大きな赤ちゃんをなんとかして!あっこら!やめて!」僕は、慌てて浩二を奈津先生から引き離す為に近寄った。なんと浩二は大胆にも水着の胸元から手を入れていた。

しかし、奈津先生がなんとが途中で食い止めていた。僕は、浩二の後ろにまわってつかまえて全体重を後ろにかけた。さすがに浩二はバランスを崩して水中へどぼんと落ちた。

「もう、赤ちゃんみたいなことしない!」少し怒った表情をしながら胸を手で隠すようにしながらプールを出た。「お前、何やってんだよ!やりすぎだぞ!」僕は怒った。

浩二は何とも思わないのか平然としていた。「いいんだよ。冗談なんだから…去年もやったんだぜ。去年は水着を脱がしそうになったんだけど…」

なんとなく浩二が嫌な感じに思えてきた。奈津先生は、プールから上がるとジャージを着て腰にバスタオルを巻いてしまった。下級生の女子たちと遊び始めた浩二をよそになんとなく奈津先生が心配になった。

「先生…大丈夫ですか?なんか浩二…」奈津先生はいつもの笑顔で僕に言った。「大丈夫よ!もう浩二君は赤ちゃんね…」少し安心した。

それどころか奈津先生は、僕が泳げるようになったことをとにかく褒めてくれた。しばらく奈津先生とそのことばかり話をしていた。しかし、浩二の責任で奈津先生の水着姿は今日はここまでだった。午前中のプール開放は終了した。

浩二は、何の悪びれもなく奈津先生に挨拶をして下級生達と更衣室へ向かった。奈津先生も、職員室にある更衣室へ向かった。浩二は、下級生の女子と本当に意気投合したようで一緒に帰ると言った。

僕もなんとなく浩二が気にいらなくて、かえって安心した。「また今度、奈津先生のボインに触るからな!奈津先生、気にしてないって!じゃね!バイバイ!」大胆不敵な笑顔で着替え中の僕の肩を叩いて下級生の女子の待つ校門へそそくさと出ていった。

僕は、心境が複雑であった。僕も、偶然に触ってしまったこととはいえ、途中からは浩二と何らかわらない行為をしてしまったことを妙に反省した。僕は、奈津先生が気になって職員室に向かった。

謝りたい気分になっていた。しかし、謝ると言っても奈津先生、おっぱいわざと触ってすいません…とても言えない。気がつくと職員室の前に来たとき電話のベルの音が響いていた。職員室には誰もいないのか?中に入ろうとした時、隣にある教員専用の更衣室から奈津先生が飛び出してきた。

僕は、驚いた。奈津先生に驚いたのではない。奈津先生の胸に驚いたのだ。白の半袖のブラウス姿に下はジーンズだったが、奈津先生が走るたびにこてんぱんに胸が揺れるのだ。(ブラジャーしていない!)しかも、しかもである…。ブラウスから完全に透けていたのだ。

瞬間であったが、奈津先生が上半身裸に見えた。奈津先生は、僕に気がついて手を振りながら職員室に電話に出るために入っていった。呆然としていた。

廊下には、奈津先生が電話の応対する声が響く。恐る、恐る、職員室を覗いた。奈津先生が電話で話をしている後ろ姿が見えた。

背中がべたべたで肌が透けて見える。(やっぱりブラジャーしてない)電話が鳴った為、奈津先生は着替えも中途半端に更衣室から飛び出してきたのである。他の先生もいるかと思ったら、奈津先生と僕だけしか学校にいないのだった。

「はい、はい、わかりました。よろしくお願いします。」はきはきと奈津先生が応対し電話を切った。何やらメモ用紙に記入して、僕の方を振り返った。

僕は、今までにない衝撃で倒れそうになった。奈津先生の半袖の白いブラウスは汗なのか、それともプールで濡れた為なのかわからなかったが背中同様に前も濡れて完全に透けていた。奈津先生のボインがその姿をあらわしたのだ。

以前、ポルノ雑誌置き場から拾った外人ヌードなんかとは比べものにならないぐらい綺麗な胸だった。そして、本当に大きかった。いつも見てみたいと思っていたボインの先っぽ…。

乳輪は、そんなに広がっていない。薄いピンク色なのか?とんがり部分は…乳首はこちらに向かって突き出していた。僕の小指の第一関節ほどの大きさか…?「どうしたの?一郎君?」奈津先生に声をかけられて異常に驚いてしまった。

「入ってきていいわよ」そういいながら、窓を閉め切っていた職員室の窓を開けはじめた。歩く度に奈津先生の胸が大揺れしている。

水着姿以上にだ。暑い、暑いといいながら奈津先生は窓を開ける。目の前で裸でいるみたいだ。

体が震えて声が出ない。先程まで閉め切られていた職員室は異常に暑い。しかし、ずっと以前から感じていた奈津先生の独特の臭い…香りがそこには漂っていた。

甘い感じというか、柑橘系というか…やさしくも少し大人の女性というか…「もう、みんなは帰ったの?」僕は、頷きながら奈津先生の胸を見た。休み時間になると浩二がいつも持って誘いにくる大嫌いなドッジボールのような大きさ…いや、それ以上の大きなボールを奈津先生は2つかかえているようにも見える。

頭の中で、浩二が奈津先生の胸元に手を入れている行為や大胆に胸を揉んでいた場面を思いだしていたとき奈津先生が言った。「もう、浩二君は勉強もスポーツも優秀だけど時々あんな赤ちゃんみたいな事するのよ!びっくりするよ…」僕の頭の中を読まれているみたいで驚いた。僕は言葉に詰まった。

時々…?浩二は奈津先生に一体何をしているのか気になったが奈津先生は話を続けた。「でも、ほんとに今日はよくがんばったよね。先生本当に凄いって思ってるよ。それにしても暑いわね…あっそうだ…」そう言うと奈津先生は突然どこかへ行ってしまった。

蒸す暑さで、汗が噴き出るように出ているため完全にブラウスが体に密着した状態になっている奈津先生…水をかぶったようになって遠くから見ると裸に見えるぐらいだ。奈津先生は一体どこへ行ったのだろうか?もしかしたらブラウスが透けて僕に裸が見えているのに気がついて着替えに行ったのかも…しかし、それは間違いだと気がつく。奈津先生は、僕に缶ジュースを差し出した。

「はい。今日のがんばったご褒美…浩二君達に内緒だよ…」奈津先生は、僕にジュースを持ってきてくれたのだ。僕は、また奈津先生と秘密を持てたことが嬉しかった。

僕は、奈津先生に促されて職員室にある応接セットの長椅子に座った。奈津先生は、僕の横に座った。(ボインが見えない…)奈津先生が、ゴクゴクとジュースを飲む姿が妙な気分にさせた。

なんとなくポルノ雑誌の写真のポーズを思いだす。僕も一気に飲んだ。冷たくて気持ちが良かった。なんとなく気分も爽快になり、つい浩二のことを聞いた。

「浩二の奴は、奈津先生に何をしたの?」えっ?と言う感じで奈津先生は僕を見た。聞いてはまずかったのだろうか?「…何って?」少し慌てた感じに見えた。「いつも赤ちゃんみたいなことをするって奈津先生が言うから…」

奈津先生は少し思いだしたかのように含み笑いをした。その後、何げに自分の胸元を見て、はっとなっていることがわかった。(しまった!気がついちゃった)奈津先生は、自分の姿に驚きを隠せなかったみたいだがなんとか平静を装いながら、さりげなく腕組をしたが何となく落ち着かない。やはり、僕にボインを見られていたことがショックのようだ。

「じゃあ、浩二に聞いていい?」「えっーだめだめ!」奈津先生は慌てて答えた。「僕、今日がんばったよね!ね!…」

「うん。が、がんばったよ。凄かった…」かなり動揺している。奈津先生が着替えにいくのを止めたかった。しばらく間があったが、意を決した感じで奈津先生が話を始めた。

「別にそんなに対したことじゃないけど…浩二君にも秘密だけど、誰にも言っちゃだめよ…」凄い話を聞ける予感がして少し怖かったが笑顔で頷いた。奈津先生も相変わらず無駄な抵抗にもかかわらず腕組みをして胸を隠しているが笑顔で頷いた。

「…今日、気がついたかもしれないけど、浩二君はいっつも先生の胸を触りたがるのよ…」笑顔で話が始まった。しかし、突然の内容にドキッとした。「一郎君も気がついてるかもしれないけど、先生はオッパイ大きい方だからつい触りたくなっちゃうみたいで…赤ちゃんじゃあるまいし…」

触りたくなるのは、僕も同じだ…僕だけじゃないはず…「廊下ですれ違いざまに触ったり…職員室でも他の先生がいないと質問聞く振りして触ってくるし…今日もそうだったけど、教室でもみんながいないとここに手を入れてオッパイ触ろうとしてくるし…」浩二の凄さに驚いた。道理であいつは奈津先生のボインについて詳しいはずだった。「ああ見えて浩二君は甘えん坊なのかもね…困ったものね…一郎君からも…」

そういうと何か思いだしたかのように僕を見た。妙にニヤッとした顔をした。「一郎君って、先生のオッパイの絵を描いて浩二君に見せたって?」

恥ずかしさのあまり顔が熱くなった。ただでさえ暑い空間が更に暑く感じる。「か、書いてないですよ!書いて…」(ばれてる!)とっさにいい訳をしてしまった。同時に浩二を恨んだ。「いいよ。先生怒ってないよ。男の子だもんね。でも、一郎君は浩二君と仲がいいから、いつか触ってくるかなー?なんて思ってたけど…」

「ぼ、僕…」今日のプールの出来事を思いだした。そんなことしないです。とはさすがに言えなかった。「浩二君も先生にじゃれてるだけだと思ってるから怒ってないしね…」

妙に安心したが、奈津先生はボインを触られることには怒ってないという言葉がやたら気になった。偶然に1学期の終わりに奈津先生のブラジャーからはみ出た乳房を見て以来、不思議な感情にとらわれていた。そして、プールの後の授業ではブラをしていない状態を目にした。

更に、今日はプールで水泳を習いながらも何回もその膨らみに触れて興奮状態にさらにほとんど裸状態のブラウスが透けた状態の上半身を見た上、浩二から胸を何回も触られていても怒っていないと笑顔で答える奈津先生。僕も、僕も触っても怒られないだろうか…?目の前で腕組みをして胸を隠す姿の奈津先生がたまらなく好きになった。とても身近に感じてきた。

母親とは違うその感情は…今の僕には解らなかった。しかし、僕も触りたい。触らせて欲しいと強く思う。浩二は、勉強ができるから怒らないのか?それともスポーツが得意だからか?いつか書いた奈津先生のボインの絵。

もう絵を描く必要はない。本物は今目の前にある。頭の中が暑さもあって朦朧としてきた。いつの間にか蝉の声が聞こえてきた。

少しだけ、心地いい風が吹いた。僕は、いつも怒られている。慣れている。そうだ!怒られるのはへっちゃらである。

奈津先生に聞いて怒られたら…それはそれで仕方がない。頑張れば苦手な水泳も泳げるようになった。挑戦してみようという気になった。

「奈津先生…僕も触りたい…」しばらく口を開かなかった為にすこしモゴモゴした感じになった。「えっ?何?」奈津先生も聞こえなかったみたいだ。

「僕も触りたいです!」迷わずはっきりと言った。雷が落ちると目をつぶった。しばらく沈黙が続く。蝉の声が更に大きく聞こえた。

「いいよ…」僕は目を開けた。拳骨の一つもくるかと思ったのに…奈津先生が笑顔を僕に向けていた。「いいの?ほんとに…?」信じられなくてもう一度確認した。

奈津先生は頷いた。「先生のでよければね…でも絶対に秘密よ…誰にもね…」沢山、奈津先生と秘密を持った。

多分、奈津先生も僕が浩二と同じようにじゃれていると思ったかもしれない。奈津先生は周囲を見渡して言った。「ここじゃ他の先生が来るかもしれないから…」

そう言うと立ち上がった。どうしていいかわからずに僕も一緒に立ち上がった。奈津先生は今も腕組みをした状態で歩く。

僕が、その後ろについて歩いた。まだブラウスの背中は汗で濡れて透けていた。奈津先生は更衣室へ僕を連れてきた。ここは先生達しか入れない場所だ。

女の先生専用だ。灰色の綺麗なロッカーが並んでいたが一つだけ無造作に開いていた。奈津先生のロッカーだった。

その足元付近は濡れた状態の赤い水着やバスタオルやいつか見たことがる大きな白いブラジャーが落ちていた。先程、職員室に電話がかかってきて慌てて着替えの途中に飛び出してきたのだから無理もない。奈津先生はその光景をみるやいなや慌てて片づけ始めた。

ロッカーの扉の内側にクラスのみんなの集合写真が貼ってあった。もちろん僕もいた。この撮影をしたときまさか奈津先生のボインを見て…ついには触ろうとする自分を想像できなかった…。浩二が真面目そうな顔でこっちを見ていた。

片づけが終わると奈津先生は気がついたように更衣室の鍵を閉めた。なぜかどきどきして怖くなった。どこからともなく奈津先生は丸椅子を出し座った。「いいよ…」

座ると足を揃え膝に手を置いた姿の奈津先生がいた。僕は、頭の中が真っ白になって足をがくがくしながら近寄った。何げに奈津先生は胸を少し突き出しているように見えるが、胸はそれでなくとも突き出ていた。

更衣室も異常に暑く僕は汗が噴き出ていた。奈津先生も同じである。ボインが透けて見える。さすがにここの窓を開けようとはしない。

あければすぐに車の多い通りだった。閉め切られた更衣室は耳を塞がれたかのように静かだ。蝉の声はここには届かなかった。

遠い世界へ来た感じがした。夢なのか?夢でも何でもよかった。間違いなく奈津先生は僕にその異常なまでに大きいボインを触らせてくれようとして構えているのだ。

奈津先生が座った目の前に立った。呆然と立ちつくしていたが奈津先生は僕の両手を取って胸に当てた。しばらくこの状態が続いた。

何をしていいのか全くわからなくなった。いつもなら揉んでみたいとか、撫で回したいとかあれやこれやと想像していたが…意識が掌に来た。ブラウスが濡れていた。プールの時よりもより柔らかく感じる。

奈津先生はずっと僕の目を見ていた。僕は、奈津先生の胸や目を交互に見ていた。「濡れてる…」思わず僕は口にした。

「ベタベタして気持ち悪い?」僕は首を横に振った。奈津先生が自分の胸から僕の手を離した。(あー終わった…言うんじゃなかった…)するとブラウスのボタンをはずし始めた。

これには驚いた。ゆっくり、ゆっくりと1つ1つ丁寧にはずしていた。濡れていたのでなかなかはずしにくい箇所もあった。全てボタンをはずして奈津先生のボインが全開になった。

濡れたブラウスを奈津先生は脱いでしまった。あまりの大きさに…驚きと白い肌に言葉を失っていた。「あんまりじっと見ない!」

いつもの奈津先生に注意される口調になった。でも笑顔だ。再び奈津先生は僕の手を取って胸に当ててくれた。「浩二君にだってこんなことしてないからね…」

奈津先生は笑った。僕は、笑えずにただ頷いた。しばらくすると奈津先生は僕の手から離れた。僕の手だけが奈津先生の胸に乗ったままであった。

「いいよ…好きに触っても…」先程とは違い、とてもやさしく甘い声がした。僕は、唾を飲み込んだ。少しむせた。

「いいんだよ。ゆっくり触っても…大丈夫よ…」いつも以上の笑顔がそこにはあった。僕は少し落ち着いた。

そして、ゆっくりと奈津先生のボインを撫ではじめた。奈津先生は完全に上半身裸なのだ。小顔にショートヘアー。その瞳は大きくいつも輝いている。

微笑むととてもやさしく女神様のようだ。そして細い首から華奢な体付き。肩もそんなに張ってはいないが白く綺麗な肌の胸元から思いっきり大きく広がるような曲線美を描きロケットにも似た突き出し方をした果実が2つ実っている。それは腹部まできている。まるでここだけは別の人の部分のように思える。

暑い更衣室のため、汗が噴き出て2つの果実は瑞々しく見える。その果実を更に引き立たせる乳輪…僕はここを先っぽと呼んでいる。薄いピンク色の円は僕の小さな掌より少し小さいぐらいの大きさでその円の中心には、僕の小指ほどのとんがった塔が立っている。

ゆっくり、ゆっくり果実を撫でるように全体を触る。とても僕の小さな手では被いきれない。僕の関心はピンク色をした円にきた。

その円を掌で被いゆっくり回した。掌の真ん中で塔がぐにゃぐにゃと倒れては起きあがりを繰り返す。なんとなくくすぐったい…。しかし、繰り返していくうちに塔はちょっとした力では倒れなくなり固くしっかりとそびえ立った。固くなった塔…奈津先生の乳首である。

僕の方にむかって自己主張している。親指と人差し指の間にはさんでネジを締めるようにくるくると回す。2つの果実ともである。更に固くなって更に塔は高くなった。

それには驚きを隠せない。思わず奈津先生を見た。奈津先生の顔が紅潮していた。目は僕が触れている塔に向けていた。

僕は、少し強く塔のネジを回してみた。「あん、痛いよ…やさしくよ…」今までに聞いたことがないぐらいの奈津先生の甘い声がした。

「ご、ごめんなさい…」思わず謝ったが、すぐに優しく回しはじめた。「う、うん…そうよ…そう…」プールの時のような大きな声ではなかったが同じ口調で僕に言った。

再び果実を撫ではじめた。上からしたへボインの形をなぞるように…なんだかはじめに触ったときよりも少し固くなっている感じがした。気になって揉んでみることにした。といっても僕の小さな手ではとても包みこめないがやさしく揉んでみた。

奈津先生の呼吸する声が耳にきた。少し呼吸が荒くなっていて気になったが、それは決して苦しいものではないことは、僕にもわかった。気がつくと僕は、前屈みで奈津先生のボインを揉んでいた。

それに気がついたかのように奈津先生が言った。「先生のお膝に座って…」甘い声だ。僕は、なぜかボインからは手を離さずに奈津先生の膝にまたがるようにして座らせて貰った。

目の前に広がる奈津先生のボインの世界。今、こうして目の前にある現実をしっかりと受け止めた。は、ボインを下から持ち上げてみた…(お、重い…)いつもあんなに揺れているがこんなに重いのかと驚いた。

思わず手を離した。するとボインはズトンという感じて落下した。ぶるるんと大きく震えた。正直面白かった…。

「あん…」今まで聞いたことがないぐらいの甘い声を聞いた。奈津先生は、痛いとは言わなかったため、もう一度やってみた。「う…ん…」またまた持ち上げようとボインの下を持った時奈津先生の声がした。

「お、重いでしょ…?」問いかける表情もとてもやさしかった。僕は、頷いた。

「いつも揺れてるよね…」僕は、思わず口にしてしまった。「見てたの?エッチ!…」

僕は、なんだか恥ずかしくなってボインを揉むのを再開した。浩二がプールで揉んでいたような動きを思いだし自分も真似てみた。とても包みこめないができるだけ手をいっぱいに広げてボインをつかみ、揉めば揉むほど、どんどんその動きを早くさせた。

掌の真ん中で塔がほとんど倒れなくなって僕をくすぐった。奈津先生を見た。相変わらず顔は紅潮していたが目を閉じていた。頬に汗をたくさんかいていた。その汗は首へそして肩へ…そしてボインへ…僕の手は奈津先生の汗でべたべたとした感触となった。

その濡れた感触もあってボインが揉みやすくなっていたのも事実だった。つるつるの果実を無我夢中で揉んだ…「う…うっ…うっ…」奈津先生の声がした。僕の肩に奈津先生の手があったのに気がついた。

それは添えられるぐらいの力だったが、徐々に力が入った為に気がついたのだ。再び塔に関心が向いた。さっきはねじを回すようにしたがそのネジを今度は強引に引っ張った。何度も、何度も繰り返した。汗ですべってしまうがなんとなく心地いい。

「あっ…あっ…あっ…あっ…」引っ張って離す度に奈津先生の甘い声がした。この声で僕の下半身も塔になっていたが奈津先生に気かつかれないようにしなければならないという気分だった。

僕も汗だくの状態だった。奈津先生の手が僕の背中にきて何か確認する。「一郎君…汗でベタベタ…風邪ひくよ…もうこのへんにしようか…」目は閉じたままだった…僕は、まだまだ触りたかった。もっともっと…「いやだ!もう少し…ね、もう少し…」僕は懇願した。

奈津先生は、僕の来ていたTシャツを脱がした。一瞬、驚いたがすぐに手がボインに吸い付いた。僕は、奈津先生の赤ちゃんになりたくなった。

赤ちゃんはボインを吸ってもいいからだった。奈津先生に聞こうと思ったがきっと許してくれると思った。ボインを揉みながら少しずつ顔を近づけた。

ピンク色の円の中心に立つ塔をめがけて口にくわえた。「えっ?あん…」奈津先生も気がつかなかったようだった。奈津先生は、一瞬体をビクンと動かし自分が乳首をくわえられたことに気がついておどろいたのだった。

口の中に奈津先生の乳首の感触が広がった。棒付きキャンディーのような感覚で舌で舐めた。「あっ…あっ…い、一郎く…ん…」

奈津先生は、ほんの一瞬だけ僕の肩に添えた手が僕を突き放そうとしてが僕の名前を呼んだあたりでやめた。僕は一生懸命に奈津先生の乳首を舐めた。段々と僕も奈津先生の赤ちゃんのような気分になってきた。

奈津先生のミルクを飲みたくなった。口の中で広がる乳首を今度はゆっくりと吸い始めた。チュッ、チュッ、チュッ、チュッ…吸う度に音がした。

「一郎君も赤ちゃんね…」そう言うと僕の頭を撫でた。勿論、奈津先生からは母乳は出ないが、僕の中では唾液がたくさん口の中であふれ出し、ミルクを飲んでいる気分には充分なっていた。片方の手も自分の口のように作り乳首…塔をつついた。

「あん…あん…あん…あっ…あっ…あっ…」塔をつつくと「あん」乳首を吸うと「あっ」という声を奈津先生は出すことに気がついた。

この声を出されると僕は異常に興奮して呼吸が荒くなった。もっと、もっと、その声が聞きたいと思い吸って、吸って、つついて、つついてを繰り返した。「あん…あん…あん…」

「あっ…あっ…あっ…」いつの間にか奈津先生は僕の頭を抱えるようにして自分の胸に引き寄せた。「い、一郎くん…先生気持ちいいよ…いいよ…」

嬉しくなって今度は今まで吸っていた乳首をつつき、つついていた塔を吸い始めた。更衣室に奈津先生の声がこもった感じに止まることなく響く。「あっ、あっ、あっ、あっ…」

「ああっー」今までで一番大きな甘い声が出た。勿論、秘密の出来事である。そんな大きな声ではなかった。僕の頭を撫でるように、そして抱きしめたりと様々な力が僕の頭に加わる。僕もその力に答えるかのように力強く、優しくを交互に繰り返し吸ったりつついたりした。

「あっあっあっあっ…あん、あん、あん…」奈津先生が気持ちいいということがよくわかる甘い声の合図だった。奈津先生の乳首を吸いながら僕は奈津先生に抱きついた。

奈津先生も僕を抱きしめてくれた。2人共、汗だくでつるつる、ぬるぬるする…冷静になると2人とも上半身裸だし…さすがに抱きしめられると苦しくなったが奈津先生の乳首を離すまいと一生懸命に吸った。「あああっー」

奈津先生の甘い声が大きく響いたかと思うと今まで抱きしめてくれていた力が急に緩くなった。それでも僕は乳首を吸い続けていたが奈津先生の甘い声はそこまでだった。僕もさすがに苦しくなって乳首から口を離した。はあ、はあ、はあ、はあ…2人の呼吸が更衣室に響いた。

「それじゃ、気をつけて帰りなさいよ!」いつもの奈津先生が校門まで見送ってくれた。暑いのにジャージをしっかり来ている。しっかりブラジャーもしていた。

「奈津先生、今度も先生の当番の日に来てもっと泳げるように練習するよ!」(またボインを触らしてね!)心で言った。そういうと奈津先生は笑顔で手を振って頷いた。

しかし、これが実は僕にとって最後の奈津先生の姿になったのだ。この数日後、急に親の転勤が決まってしまい僕は引越をすることになった。かなりの遠方だった。

奈津先生が学校に来る当番の日にはほど遠く残念であった。それっきりだった…今もこのことは誰にも秘密にしている。今もこれ以上のボインは見たことがない。奈津先生…夏の日の思い出、それは、奈津の日の思い出…。