Fカップあった私は先生に襲われちゃいました!

高1のときの話です。先生と関係を持ってました。

私はそのころ既にFカップあって、性的な対象に見えてしまったのかもしれません。先生は当時20代後半で大学院を卒業したばかりでした。きっかけは、私が体育のバスケで思いっきり頭から転んで保健室に連れてもらったことでした。

先生をMとしますね。Mは私の担任で数学教師でした。それで、頭から転んでフラフラになった私はうずくまって座っていました。友達がMを呼んできてくれました。

その日はたまたま保健の先生がいなかったんです。Mは保健室の鍵を持って私を肩に背負いながら、保健室の鍵を開けベッドに寝かせてくれました。「頭以外に打ったところあるか?」

「胸と肩を打ちました」私は正直に答えました。「病院行くか?俺乗せてってやるぞ」「病院キライ笑」

「命にかかわるかもしれないんだぞ?」「だってぇ〜」「ちょっと見せてみろ」

「やーだーよー」私は笑いながら答えました。Mは冗談で言ってると思ってたから。そしたら、いきなりMが怖い顔してジャージのチャックを開け始めたんです。

私はびっくりして固まってました。やだ!って言おうとしたのに声でなくて・・・。Mはそのまま、Tシャツを捲り上げてブラだけの私をじっとみつめて「あざはないな」

先生は単純に私の体に怪我がないか見てくれただけなんだって思って安心してたら先生はいきなり背中に手を回してブラのホックをはずして「一応ね、ブラジャーで隠れてるところも見るよ」ってはにかみながらいいました。私はこのときも声がでませんでした。先生はブラをはずすと、ゆっくりと私の胸に手をかけました。

「胸でかいね」って冗談ぽくいいながら・・・。そしてそのままエッチしました。卒業して2年くらいたつけど、今では大好きな彼氏です。

“Fカップあった私は先生に襲われちゃいました!” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。