全自動オナホールだ〜

彼女と付き合うまでは、振られながらも3回も告白して、最後は「お試し」みたいな形でやっと付き合ってもらうことができました。初めてHした時は、感動と緊張で上手くいかなかったけど、彼女が協力してくれて、一つになれた時は情けなくも泣いてしまいました。

あれから丸3年が過ぎ、あれほど猿みたいにやりたかったSEXも回数がへり、会っても3回に1回くらいしかしなくなりました。というか、彼女は求めてくるんだけど、正直いって完全に飽きてしまいました。あまりやらないと彼女も可愛そうなので、時々頑張ってやるんだけど、油断しているとチンコが小さくなってしまいます。

だから、Hの最中に、職場の後輩とやることを想像してたり、エロDVDや漫画を想像しながらやってます。なんか、彼女とのSEXは完全にオナニー状態で、あれほど憧れた彼女の体ですが、今や完全にダッチワイフ状態です。なかなかイケない時は心の中で「俺は今、かなりリアルに作られた最高級ダッチワイフで最高のオナニーをしているんだ!」と、彼女には申し訳ないけどひどいことを考えて自分を盛り上げています。

ちなみに、彼女がチンポを立たせようと必死で喉まで使ってフェラしてくれている時は「全自動オナホールだ〜」と思いながら他のエロい事を考えています。人の心って変わるものですね。。。