妻の母の巨乳を揉みしだき…

嫁の母は40代後半、小柄でぽっちゃりだが胸は異常に大きく、今の時期セーターなど着ると、むしゃぶりつきたくなるくらい、エロい体つきだ。嫁が痩せているせいか義母の胸には、ある種の憧れを抱きながらも婿として、家族交際をしてきた。ところがある時、嫁実家のリフォームを巡り業者とトラブル、訴訟を起こす騒動となった。

義父は面倒な手続きなど全て義母に任せてしまい、温室育ちの義母は免許もなく一人奔走を・・・見かねた嫁に頼まれ、仕事が夜勤の俺が昼間運転手としてお供をしてた。弁護士事務所や、役所など廻る車内で会話が弾む事もなく、重苦しい雰囲気のお供だが、義母の豊満なバストと、香水の匂いに、役得感に浸りながらの運転だった。数ヶ月の間何度かお供をしてきたのだがある日、業者が和解に応じるとの連絡が入り、無償改修するとの事で全て決着した。義母達は歓喜し、俺も少なからずお役に立てて安堵したのだが、義父が世話になったお礼にスーツを新着してくれるとの事。お言葉に甘えて義母と一緒に買い物に出かけた。義母は何度も連れまわした俺に、罪悪感があったらしくて、かなり高価なスーツを買ってくれた。仕立てが終わり、持って帰ろうとすると義母が「せっかく新調したのだから、そのスーツで食事に行きましょうよ」と言われたので、そのまま食事に。

この日の義母はぱっと見、30代?でも通用するようなファッションで、巨大な胸がより強調された、赤いセーターであった。俺は 内心、スーツより体でお礼をして欲しい(笑)と、思いながら義母の胸を凝視していたら、視線に 気づいた義母に「いやぁねぇ〜、こんなおばあちゃんの胸をじっと見て」と笑われた。俺は社交 辞令のつもりで「○○(嫁)も、お母さんくらい胸があればいいんですけどね。凄くセクシーで すよ」と切り返すと、義母は顔を赤らめ無言になってしまった。沈黙に耐えかねた俺は、そそくさと食事を済まして、足早に店を出て義母を送り届けるべく帰路に。

車内も無言の状態が続き、暖房に汗ばむ俺を見かねた義母が「喉が渇いたなら喫茶店にでも行く?」と誘ってくれたが、この気まずい雰囲?%B