叔母さんは筆下ろしのプロ?

俺がオナニーを覚えたのは、中学1年の時だった。叔母さんに教えてもらった。俺の両親は共働きで帰りが遅くなるときは、近所に住む母の妹の叔母さんの家に行って食事をしていた。叔父さんは運転手で出張が多く、あまり家にはいなかった。家には俺より一つ年上の従兄弟がいて一緒に遊んでいた。ある日、いつもは従兄弟と一緒に風呂に入っていたが、俺が腕を骨折し一人で体を洗えない為、叔母さんが一緒に入り洗ってくれた。最初は服を着ていたが「これじゃ私も濡れちゃうわね」と言って、上半身はブラだけになり洗ってくれた。俺は母親以外の女性の下着姿を初めて見て興奮していた。叔母さんの乳房は白く大きく、また腕の付け根からは真っ黒な腋毛が見えていた。

叔母さんは「何見てるのよ」と笑っていたが、「オッパイ見たいの」と言ってブラを外してくれた。俺は完全に勃起し、それを叔母さんは見つめていた。あまり恥ずかしいとは思わなかったが、叔母さんが握って来たときはビックリした。叔母さんは「もう、自分でやってるの」と聞いてきたが、俺はよくわからず黙っていた。叔母さんが「アキラ(従兄弟)が中1の時には、自分でしてたわよ」と言って、石鹸のついた手でこすってくれた。俺は叔母さんの指の中ですぐに射精した。

それから、体の石鹸を落とし、風呂に入った。叔母さんも「私も洗おうかしら」と言って、下を脱ぎ、体を洗い始めた。叔母さんの下半身はおへその辺りまで毛が生えてかなり濃かった。叔母さんが「ねぇ、見たことある」と言って股を広げてくれた。それから、自由の利く右手を取り、股間へ導いてくれた。「ちょっとした出っ張りがあるでしょう、それをこすって」と言われこすり始め、そのうち、指を穴に入れられ、「出し入れして」と言われたのでそのとおりにやった。

しばらくすると、叔母さんがもういいわと言ったので止めたが、叔母さんの体が硬くなるのがわかった。その日はそれで終わり、家に帰った。2週間ほどして叔母さんに会った時に叔母さんから「自分でしてるの」と聞かれたので、時々と答えたら、叔母さんが「嘘つき。お母さんが言ってたわよ、としや(俺)がせん摺りを覚えて毎日やってる。アキラの時もそうだったの」って、それにあんた気づいてないでしょうけどお母さんにばっちり見られてるわよ、と言って笑っていた。この叔母さんには、この1年後に、初フェラ、1年半後に筆おろしをさせてもらい、3年後に初アナルも経験させてもらった。叔母さんとの関係は高校卒業まで続いたが、その間に叔母さんは実の子のアキラの筆おろしと俺の友達2人の筆おろしをしてくれた。