会社の歓迎会以降会社の道具となりました・・・

会社の歓迎会以降会社の道具となりました・・・

会社の歓迎会で女性の新入社員は私を含めて二人しかったので、
次から次へ と上司や先輩からお酌をされ、一時間くらいで、記憶が無くなりまし。

目が 覚めたときは、目の前に部長の顔があり、信じられないことに私の中に部長 のペニスがいれられていました。
驚いて、突き飛ばそうとしても、手をベッ ドに縛られ動けませんでした。
酔いもあってまともに叫べない私に部長は毎 年、初めにいただいているが君のは実に具合がいいよと、乱暴に腰を突き上 げました。
ふと横を見ると隣のベッドで意識の無い同僚が裸で縛られ、その 周りに男性社員が携帯やビデオをまわしながら、裸で取り囲んでいました。
私は自分の状況が信じられず、部長のされるがままになっていましたが、や がて部長のいいぞいきそうだと言う言葉にわれに返り、いや、中はやめてと 叫びましたが、
部長の精液を子宮に感じ、絶望しました。
いやいや良かった よと、部長が私の体から離れると、うわ出てるよと私の中から溢れる部長の 精液を撮影していた課長が、
次は私だなといきなり、自分のペニスを突き入 れてきました。部長はもう一人の同僚に早くも挿入し、私たちは何人もの男 性社員に犯されました。

翌朝はもちろん会社は定休日で、二日に渡り、好き 放題にされ、途中で気が付いたもう一人の子は目もうつろで、呆然と人形の ようにされるがままでした。
開放されたときに写真やビデオを見せられ、も ちろん分かってるよねと、部長のいやらしい笑顔に私たちはただ泣くだけで した。

次の日から、場所や時を選ばずに男性社員の求めに応じ好き放題にさ れ、取引先の相手もするように命じられました。
歓迎会に他の女性社員が来 ていなかったのも毎年こんな酷い事が繰り返されているからでした。
私の会社の女性社員は男たちの道具でしかないのです。