看護学生と夢のような介助浴

予定通り11時40分くらいに風呂のところへ行くと看護学生A「え、と、○○さんですよね?」俺「そうっすよ」と言いながら緩いスロープをあがって脱衣所へ。

脱衣所から浴室に看護学生Bがいることがわかった。俺はどうせもう一人浴室に指導係のおばはん看護婦がいるんだろうと思っていた。脱衣所でおもむろに服を脱ぎながら俺「見ないでね」とお茶目に言ってみた。

看護学生A「見てませんから着替えてください」俺「え?着替えるの?何に?」看護学生A「すいません、すいません、間違えました。

裸になってください。」俺「裸になってくださいって、ずいぶん直球勝負で来るなぁ」看護学生A「すいません、脱いだら入りましょうか」

なんかもう初々しくってたまりませんわ。浴室に入ると居ると思っていたおばはん看護婦が居ない。俺「あれぇ、きみら二人だけ?」看護学生B「はい、□□さんは“あとは手のかからない人達だから”って30分ほど前に出て行かれました。」

看護学生A「手のかからないって、そんなの言っちゃいけないんじゃ」と小声でBに言った。そう言いながらシャワーを準備していた。俺「じゃ、実習の成果を見せてもらうとするかな!」と言うと二人は無邪気に「ハイッ!」と応えた。看護学生B(以下B)「じゃ、シャワーかけますね、お湯は熱くないですか?」

俺「ん、いい感じだよ」看護学生A(以下A)「○○さんは手の怪我でしたよね、大丈夫ですか?頭からいきますか、身体からいきますか?」B「○○さんはシャンプーだけじゃなかったけ?」

俺「もう、二人ともさっきから全部聞こえてるよ。確かにシャンプーだけなんだけど今日は実習を重ねる意味でも身体もお願いしてもいいかい?」A「…」B「…」

俺「ま、とにかくさ、頭からいっちゃてよ、じきお昼になっちゃうよ」A・B「わかりました」シャンプーはAがすることとなった。痒いところはないですかなどと聞きながら無難にこなしていく。Bがシャンプーを流しながら「リンスはされますか?」と聞いてきた。

するから持ってきてんジャンよと思いながらも「お願いできるかな?」と丁寧に返した。A・B「ハイ」実習生だからなのか、指導の賜物なのかやたらと返事がいい。Aがリンスをしてくれている間に二人の歳を聞いた。二人とも二十歳だと言う。

いやぁ〜二十歳の女の子二人と三人でお風呂なんてありえない。ただし、二人ともジャージの上に魚屋さんのエプロンをもっと長くしたようなものを着用してはいるが。A「身体を洗います。背中からいきますね。前のほうとお下(しも)はご自分で…」俺はその言葉をさえぎるようにして「実習なんだから全部やっといたほうがいいよ、全部やって」

二人は一瞬の沈黙のあと「わかりました」と受け入れてくれた。言ってみるもんだなと独りで悦にいっていた。Aは俺のタオルにボディーシャンプーをつけると背中を擦りだした。

俺「ん〜、そんなんじゃ、キレイにならないよ、もっと力を入れなきゃ」A「すいません」と言いながらさっきより力を込めて擦りだした。とその時、Aが「アレッ」と言いながら、タオルがなんというか丸まるというかちゃんと擦れない形になってしまった。

A「すいません」と言い、また擦りだすと、同じようになってしまう。俺は思い出した。酒屋かなんかの粗品でもらったタオルだったと思うが自分で洗うときも丸まったようになって使いづらかった。あぁ、あのタオルかと独りで合点がいき、すぐに次のアクションを起こした。

俺「そんなんじゃ、全然駄目だから手でやっちゃって」A「手でですか?」俺「なんか問題でもあるの?」

A「問題なんてありませんけど…」俺「じゃあ、ちゃっちゃとやって終わらせちゃおうよ」Aは少しパニクッているようにも見えたが素直に手で洗い始めた。

俺はわざと「お、全然こっちの方が洗ってるって感じがするよ」と言うとA「そうですか」と割と明るく返事をした。A「次は手を洗いますね」と言いながら俺の右手を彼女の右手で持ち左手で擦り洗いをはじめた。俺「どうせ手でやるんだから、こっちもやっちゃって」と当然のように左手をBの前に突き出した。

その流れからか、Bも同じように手で洗い始めた。やがて両脇、胸、腹と二人でかいがいしく洗ってくれている。二人の表情は真面目そのものだ。ただ、二人の手が胸から腹に降りてきたあたりで、俺のジュニアは少し成長しはじめていた。そこで俺「じゃあ、イスから立つからさ、Aさん足をお願い。で、Bさんは…口に出して言わなくてもわかるよね」

Aは自分が足で良かったと思ったのか、さっさと洗い始めた。俺「ほら、脚ってのはちゃんと根元から、そんな腿からじゃなくて、お願いするね。」Aの手の甲が俺の竿や袋にわずかに触れ、グングン成長していく。

Bは下腹部から洗い始めたが、なかなか竿を洗おうとしない。それもそのはず、俺のジュニアは完全にいきり勃っていた。それでも意を決したかのように袋から洗い始めた。なんだか微妙な力加減がたまらない。他の部分を洗っていたときと違って触るか触らないかという程度で洗ってくるからだ。俺「別にしごいてって言ってる訳じゃないんだから早く洗って欲しいな」

Bは手のひらから指先までを伸ばしきったままで洗い始めた。俺は強引に握る形を作らせた。Bの顔を見ると湯気で熱いのか恥ずかしいのか頬が紅くなっていた。視線はジュニアを見たり外したりと忙しく動く。B「こんなこと学校ではやってなかったから…」Aがほぼ両足を洗い終えたのでイスに座って足の裏や指を洗いやすいような体勢をとった。ついでにAやBがもう少し前に入れるようにイスを後ろへ下げた。

俺「でも、きちんと洗うってことが大事なことは知っているよね。とくにこの、そうこのあたりね、かりっていうんだけど、その周りには垢がたまりやすいんだよ」B「え〜、そうなんですか」たぶんBは気もそぞろといったところで機械的に応えただけだと思う。

俺「もう少し、力強く洗ってくれる?」といいながらBの手に添えて前後の動きを激しくするように促した。B「え、もう、洗えてる気がするんですけど…、…キャッ」A「キャッ」Aの長エプロンの端に液体がへばりついた。

俺「ごめんごめん、そんなつもりはなかったんだけど、つい、出ちゃった」二人は意外にもそれ以上驚くこともなく「もぉ〜、○○さんたら〜」と言いながら泡を洗い流してくれた。幸いにも、ちょうどその直後、指導役のおばはん看護婦がやってきた。

おばはん看護婦「○○さん、終わった?」俺「終わりましたぁ〜(いろんな意味で)」A・B「後は身体拭いて着衣で終わりです」

おばはん「もうじきお昼だから早めに上がってね」俺は湯船には浸かっていなかったが、十分すぎるくらい満足だった。二人には「すごく上手だったよ、機会があったら、また頼むね」と言いながら身体を拭いてもらい着替えて夢のような介助浴を終えた。<完>長文お付き合いありがとうございました。 m(__)m