泥酔した女上司とセックス

突然だが、会社を辞めることにした。といってもリストラに遭ったわけじゃなく、ある資格が取れたんで、もう少し待遇の良い別会社へ移籍することにしたわけ。

このご時世、いくら正社員でも身分が保証されてるわけじゃないしな。入社から4年間、あまり高くない給料でさんざこき使われたとはいえ、会社自体に恨みがあるわけじゃない。いや、少しあるか。いきなり辞表を叩きつけるのも格好良いかな、と思ったが、そこは社会人。

まずは直属の上司に当たる課長に話しておくことにした。「えっ!?もう…決めちゃったの?」「はい、だいたいは…」

課長は驚いた様子の後、少し悲しそうな、恨みがましいような目を向けた。もっとドライに対応するかと思ってたから予想外。何だか申し訳ない気がした。課長は女性で、俺にとっては大学の先輩でもある。

俺より十何年か上だから学生時代は面識がなかったが、同門が少なかったせいか、入社当時から何かと目をかけてくれた。現場部門に配属された俺を2年前、企画部門に引き抜いてくれたのも彼女だ。若手時代から抜群に仕事ができたらしい。社内結婚して娘もいるが、出産と育休のブランクをものともせず、同期で最初に管理職に昇進。

仕事と育児を両立するスーパーウーマンってやつだ。下で働いてみると、確かに能力面では群を抜いてるし、頭も切れる。その分というか部下への要求も厳しくて、俺もついて行くのがやっとだった。

さすがに脱落して辞めた部下はいなかったが、他部署に異動した奴は何人もいる。言動が辛辣だったのもあって、尊敬される半面、怖がられてもいた。俺に人事評価する能力はないが、組織にはできる奴もできない奴もいるわけで、それを束ねる管理職としてはどうなんだろ、と思わないでもなかったな。

まあ、その辺は上層部が判断するわけで、結果さえ出せりゃいいのかもしれない。ちなみに、旦那は課長と同期。俺が最初に配属された部署の先輩でもあった。「上司」じゃなく「先輩」ってのがミソ。つまり、まだ管理職じゃない。

いかにもキモオタな外見はともかく、仕事はできないし人間関係も作れない。それほど高いコミュ能力が必要な職場でもなかったが、あれじゃ出世は無理だ。その旦那、俺が新人の頃からなぜか目の敵にしてて、何かと嫌がらせされた。

いろんな意味で正反対だから気に入らなかったんじゃない?…と同僚の女子社員は言うけど、正直仕事に支障が出る嫌がらせもあったしな。結果的にだが、旦那に辟易してた俺を奥さんが拾い上げる格好になった。両方と仕事した俺から見ても、絵に描いたような「月とスッポン」夫婦。

社内じゃ陰で「あの課長、仕事ができても男を見る目はないね」と言われてた。まあ、一緒に働くのが大変という点じゃ夫婦共通してるか。もっとも旦那は顔も見たくないが、課長は嫌いじゃない。むしろ好感を持ってた。

確かに要求水準は厳しいが、言ってることは筋が通ってるし、アドバイスも的確。口調が厳しくてダメ出しも容赦ないから部下や周囲から誤解されてるけど、結果を出せば評価してくれる。部下が喜ぶようなほめ方じゃないけどな。旦那は女性からの評判が最悪だったが、課長も決してモテるタイプじゃない。

キツめに結った髪に度の強そうなメガネ。化粧は少し怖い感じだし、服も高級そうだがセンスが皆無。「色気のかけらもない女」と見られてた。とはいえ、よく見ると結構整った顔立ちだし、スタイルもそれほど悪くない。基本的に自分の見せ方が分かってないんだと思う。

まあ、アラフォーのオバさんをまじまじと観察する男もいないだろうけどな。実は以前「もしかしたら若い頃は可愛かったりして…」と思って、昔の社内報をあさって課長の新人当時の写真を見たんだが、今よりずんぐりした感じで、やっぱり男受けしなさそうだった。さて、退職の意思を伝えて3日くらい後、課長に「仕事が終わったら、ちょっと付き合いなさい」と誘われた。

配属されて2年間、課長が部下とサシで飲みに行くのを見たことはない。忘年会とか部署の飲み会でも、たいてい最初だけ顔を出して引き揚げる。課長がいると宴席でも萎縮する奴が多いから、配慮してたのかもしれない。

連れて行かれたのは、小さなバーだった。「××君、どうしても辞めちゃうの?」「は、はい…まあ…」

「残念だな。大学の後輩ってのを抜きにしても、頼りにしてたのに…」「…すんません」声が幾分柔らかで、いつものように射るような鋭い視線でもない。

ちょっと寂しそうにも見える。普段と違う雰囲気に俺の方が戸惑った。「来春とは言わないけど、秋くらいまで残るのは…無理かな?」「ええと…それはちょっと…」

「大きな案件もあるし、この時期に辞められると補充が難しいのよ」移籍先の会社とはまだ具体的な入社時期を詰めてなかったが、担当者から口頭でなるべく早く来てほしい、とは言われてた。今まで世話になった会社と、これから世話になる会社。

どっちとの義理を優先させるかと言えば、やっぱり後者だよな。そうは思っても、課長の困り顔を見ると悪いことしたな、という気持ちになる。強めのロックだったが、課長はかなり早いペースでグラスを空けた。

俺はこれまでの感謝を伝えつつ、当面の計画や将来の展望について話した。自分でも地に足が付いてねえな、と思う夢みたいな話だったが、課長はいつもみたいにダメ出しせず、神妙な面持ちで耳を傾けてくれた。「さあ、もう1軒くらい付き合いなさい!」

「はいっ!」2人とも結構な量を飲んだし、言いたいことを言ってしまったせいか、1軒目の途中から和んだというか砕けた雰囲気になった。分かりやすく言えば「酔っ払い」。課長のこんな姿は見たことない。

次に連れて行かれたのは、とてもイメージと合わない高架下の赤提灯だった。「えーっ?課長もこんな所に来るんすか?」「そーよ、悪い?まあ最近はご無沙汰だけどね」

課長は店に入ると、ホルモンをつまみながら冷や酒をグイグイ飲み干す。「でも××君、ちゃんと準備せず夢みたいなことばかりでもダメよお」「もーっ、夢くらい語らせてくださいよぉ。課長と違って若いんだしw」

「ふ〜ん、次のボーナス査定覚えときなさーい」「いいっすよ。俺どーせ辞めるんだし」「だ・か・らぁ〜、辞めてほしくないって言ってんのにぃ」

誰が聞いても、あの課長と部下との会話とは信じてくれないと思う。俺も相当酔ってたが、緊張もせずこんな話ができるのが嬉しかった。やがて課長はロレツが怪しくなり、メガネの奥の目も焦点が合わなくなってきた。

「××君のことねぇ、うちの旦那がボロカスに言ってたんだよねぇ〜」「えーっ、マジっすか?」「仕事もできない女たらしってさぁ…。女はともかく仕事は満足してるけどねぇ」

「あのオッサン、辞める前に一発殴ってやるw」「自分だって仕事できないくせにさぁ。仕事も…夜の仕事も…」課長は自分が何を言ってるか分かってないらしい。

俺も正直、かなり正気を失って暴言を連発してた。「課長、なんであんなのと一緒になったんすか?」「う〜ん…最初はねぇ、マジメで誠実だと思ったんだよねぇ〜」

「あのブタ男のどこが誠実っすか」「ふ〜っ、ほんとは悪いことする度胸も気力もなかっただけなのよねぇ…」今度は俺が飲み代を払った。1軒目の何分の一かだったけどな。

課長は泥酔状態。足に来てるらしく、抱えるようにしてようやく立たせた。「××ク〜ン、辞めちゃ嫌だ…」「課長…」

課長が俺にしがみついた。香水と化粧品といろんな酒の臭いが鼻をつく。腕の中には柔らかな体。行き場のない劣情が体の奥底から湧き上がってくる。ふと目を上げると、ラブホテルの看板が光ってた。

課長のジャケットを脱がせ、ベッドに横たえる。意識は朦朧としてるみたい。こんなことしていいのか、という思いが頭をよぎったが、慌てて振り払った。上品なアイボリーのブラウスのボタンを外す手が震える。

ベージュの高級そうなブラジャーに包まれた乳房は、想像より大きかった。背中に手を回してホックを外す。こぼれ出る白くて艶めかしい両乳房。俺は恐る恐る柔らかな膨らみを握り、濃いピンクの乳首を指先で摘んだ。

「ううっ…うぅ〜ん」夢中で乳房を舐め回すと、課長が吐息とも喘ぎ声ともつかない音を漏らす。シワにならないよう注意してブラウスとスカート、ストッキングも脱がせる。

夏前だからそれほど重装備でもない。パンティーはブラと同じベージュだった。下着姿で横たわる課長を眺め、俺は改めて唾を飲み込んだ。全体的に肉付きはいい方だが、弛んだ感じじゃなくてバランスが取れてる。

日ごろ課長の色気を消し去ってきたセンスのない服の中に、こんな扇情的な肢体が隠れていたなんて、思ってもみなかった。俺はFはありそうな2つの膨らみに顔を埋め、乳首を吸い立てた。「はぁ…はぁ…」

意識朦朧でも感じてるんだろうか、息が荒くなってる。パンティーを脱がせ、濃い陰毛をかき分けるように割れ目に指を這わせた。クリトリスを探り当て刺激を加えると、ジュクジュクと湿り気を帯び始める。

思いきって指2本を膣に挿し込んでみた。中はトロリとした粘液で溢れてた。「いや…あ…あぁ〜〜ん」俺は股間に口を押し当てた。課長にどの程度の意識が残ってたか分からないが、むっちりした両脚を広げ下腹部にむしゃぶりつくと、切なそうに体をよじる。

シャワーも浴びてない女性器はツンとした刺激臭を発してた。俺は急いで服を脱ぐ。あれだけ酔ってたのに股間はギンギンだ。体を重ねてキスすると、応じるわけでも拒むわけでもない中途半端な反応。

目は半開きだが、どう見ても焦点が合ってない。俺はヨダレを垂らしたチンコを割れ目にあてがい、ゆっくりと腰を進めた。「ぐっ…うぐっ…」

課長が小さく呻いた。濡れ方が十分でないのか、少し抵抗感がある。構わずに突き出すと、ズルッという感じでチンコ全体が滑り込んだ。「あううぅぅ…」

子供を産んでるってのに、この締まりの良さは何だ…?キツいというより、膣の内壁全体がチンコに絡みつく感じ。とにかく半端ない気持ち良さ。俺は夢中になって腰を前後に動かした。「…えっ…誰…?」

焦点が定まらない目で課長が俺を見る。俺は黙って唇で課長の口をふさいだ。「うそっ…××君…?」課長が目を見開いた。俺は豊かな乳房をつかみ、勃起した乳首をひねり上げる。

「な、何して…あっ…だめっ」押し返そうとするが腕に力が入ってない。俺は構わず腰を突き出す。亀頭が壁に擦れるたび、気の狂いそうな快感。いや実際に狂ってたと思う。

「やめなさいっ…こんなことして、どうなると…ああぁぁっっ!!」さらにリズミカルに腰を打ちつけると、俺をつかむ手に力が入った。嫌々するように顔を振りながら、下半身は肉棒をさらに深く受け入れる動き。

「いやっ…だめよっ…あああぁ〜〜っ!!」ピストンの速度が上がる。酔ってるせいかこらえが効かない。「うううぅぅぁぁぁああああぁぁぁ〜〜〜〜っっ!!!」

課長が獣のような声を漏らした瞬間、チンコを締め付ける力がグッと強まり、白い体がガクガクっと震えた。同時にチンコの先端から粘液放出。ドクドクッという感じで膣内にザーメンが吐き出された。しばらくベッドの上で抱き合ってた。2人とも息が荒い。

深く挿し込んだチンコを時おり、課長の膣がビクッと締め上げる。気を取り直したように課長が上体を起こし、今さらのようにシーツで体を隠した。「××君、何でこんな…。自分が何したか分かってんの?」

「だって、課長が誘ったんですよ」「うそっ、私が…?」「ええ〜っ!課長、覚えてないんですか?」

汚いやり方だとは分かってたが、ほかに思いつかなかった。課長は何か言いたそうに口をパクパクさせたが、言葉が出てこない。「課長に言われたから俺、頑張ったのに…」

「と…とにかく、ここを出ましょう」課長はベッド脇の服を引き寄せ立ち上がると、服を体の前で抱え体を隠すようにおぼつかない足取りでシャワーに歩いて行った。シャワーに入る瞬間、丸くて大きな尻がチラリとベッドから見えた。

チンコは全く硬さを失わず天を向いてる。俺は課長に続いてシャワー室に入った。「ち…ちょっと、出てって!」「課長、俺まだ頑張れますよ」

打ち付ける湯を浴びながら、白く丸みを帯びた体の背後から抱きつく。顔を無理やりこっちに向けさせて唇を重ねると、抵抗が少し弱まった。「お願い…出てって…」

「…課長…」後ろから片手で大きな乳房を揉みながら、もう片手を股間に這わせる。精液の残りか、また愛液が湧いてきたのか、指先にトロリとした感触。

クチュクチュ動かすと、俺の手首をつかむ手から力が抜けた。課長の両手をバスタブに突かせ、豊かなヒップを抱える。亀頭を膣口に当てて背後からズブリ。太い肉棒が再び課長の体内にのみ込まれた。

「あああううぅぅっっ…」たまらない締め付け。チンコが割れ目に突き刺さってるのが見える。ゆっくりピストンを始めると、課長の抵抗の素振りは完全に消え去った。

「あああぁ…すごいぃ…」俺は腰を激しく振りながら、脇の下から手を差し込み大きな乳房をつかむ。さっきよりさらに硬く張った乳首をいじると、課長の喘ぎ声が大きくなった。

「あああぁ!!もうダメ!!いくっ!」歯止めの利かない気持ち良さ。俺は気がふれたように腰を打ち付ける。課長が膝をガクガクと痙攣させ、バスタブに突っ伏すように倒れこんだ。

同時にチンコの先から再び生暖かい粘液が飛び散った。全身から力の抜けた課長を抱きかかえベッドに戻る。少し重かった。俺は荒々しく両乳房を揉みながら唇を押し付けた。

課長も吹っ切れたのか、抵抗どころか俺の頭をつかんでキスを返してくる。「獣のように」という陳腐な表現がぴったり来る野生的な口づけだった。「課長…すごい気持ちいいです」

「××君…素敵よ」課長はうずくまると、硬いままのチンコを熱心に舐め始めた。髪を解き、メガネも外して上目遣いされると、今さらだがドキっとする。

白い肢体を再びベッドに横たえ、正常位で3回目の挿入。腕の中で課長が悶え、艶かしい両脚を俺の腰に巻きつける。「うあああぁぁ…すごおおおぉいいいぃぃ…」

課長の口癖だろうけど「すごい」と言われると、単純な俺はハッスルする。1回目と2回目はかなり焦ってハメたが、今度は力強いストロークを心掛けた。温かい膣がそこだけ別の生き物のように、俺のチンコを優しく強く締め付ける。

「すてき…××君…すごい…またイッちゃううぅぅ〜〜!」「俺も…もうダメっす…」たっぷりとイカせてから、課長の中に3発目の精を放った。

ベッドの中できつく抱き合いながら、何度も何度も濃いキスを交わした。転職先と何とか交渉して、その年の秋まで入社を待ってもらうことにした。課長との「上司と部下」という関係は、予定より数カ月延びることになる。

別に取引したわけじゃない。惚れた弱みってのとも少し違う気がする。もちろん、上司と部下としての肉体関係もそれだけ続くことになった。最初のうちは俺が誘っても「もうやめましょう、こんなこと」

「私には家庭があるの」と拒む素振りを見せるが、結局は待ち合わせ場所に来る。ホテルでは人が変わったような乱れ姿だ。仕事中はドSなのにベッドじゃドM。俺、自分にS属性はないと思ってたが、後ろから貫かれた課長が泣きながら「ああぁ〜〜、もう許して…」と懇願してくると、異様なくらい興奮する。

調子に乗って攻めたら、課長は半失神して少し漏らすまでイキまくる。自己申告だが課長は旦那が2人目の男で、結婚後は浮気経験なし。俺と寝て「セックスでイクってどういうことか、初めて分かった」と言ってた。

オナニーとセックスじゃ、エクスタシーの種類が違うそうだ。その後はまあ、ありがちな不倫愛憎劇だ。俺の退職と前後して課長は旦那と別居し、離婚に向けた調停に入った。

旦那はかなり抵抗したが、奥さんも娘も愛想を尽かしてたんだな。別居していきなり俺と同棲ってのも子供に与える影響が大きいと考えたのか、とりあえず2人で同じマンションの隣同士の部屋に引っ越した。もちろん旦那には秘密の関係だったが、別居後に勘づいたらしい。

半同棲して1カ月くらい後、新居のマンション近くで待ち伏せされ襲われた。まあ、旦那の体重は俺の5割増しくらいだが、幸い運動神経が未発達だったらしく、こっちは軽傷で済んだが。もちろん取り押さえてピーポ君に引き渡した。旦那には最終的に執行猶予がついたが、暴走してくれたおかげで離婚手続きがスムーズに進んだ面もある。

俺に慰謝料を請求すると息巻いてたらしいが、これはもともと望み薄だったし。刑事事件を起こしたわけだから、会社をクビになったのは自業自得だが、懲戒処分の過程で課長が何か働き掛けたんじゃ…という気がしないでもない。どちらにせよ「夫」「父親」「正社員」のどの面でも不適格な奴だったわけで、十数年も分不相応な経験ができたんだから、それだけでも幸せだったんじゃないか…というのも随分な言い方だが、旦那というか元旦那に構ってる暇はないんだな。

いきなりできた小学生の娘は、今までの「父親不在」の鬱憤を晴らすかのように俺に愛情を求めてくる。まだ父親というより友達感覚だけどな。夕食はいつも課長宅で3人で取って、それから俺は隣の自宅に戻る。課長がうちに来るのは娘が床に就いてから。それまでに風呂も済ませるわけだが、軽く化粧してから来るのがまた可愛らしい。あとはまあ「愛の時間」だ。

年食ってから目覚めたせいか、今までの不毛な時間を取り戻すような激しさ。とはいえ課長はM属性だから、攻めるのはもっぱら俺の方だけどな。泣きながらチンコを懇願する姿、とても今の部下には見せられないだろう。

かつての同僚に聞くと、課長は職場じゃ相変わらず仕事に妥協しないものの、化粧や服装が前より女っぽくなり、人当たりも少しだけ柔らかくなったそうだ。