バイセクシャルな私…会社の同僚の子とレズプレイ+その彼とも

会社の同僚のTちゃんが彼にフラれそうになっていたときのこと。もともとバイセクシャルな私は、若干の期待を持ちつつ、相談に乗ってあげました。

私のマンションでお酒を飲んで話を聞いていると、彼がTちゃんに飽きたのと、他に好きな女ができたらしい。「私、もう死にたい!!」とまで言うので、もう大変。

がんばって慰めてあげた。「大丈夫??絶対死んじゃだめだよ。死ぬなんて言っちゃダメ!!」

とTちゃんを抱きしめてあげる私。そのままやさしく首筋にキス・・・。Tちゃんの下腹部に指を這わせる私。

生暖かく、もうTちゃんのアソコは、ほんのり湿っていました。「香織ちゃん、だめ・・・わたし・・・」「Tちゃんのことずっと前から好きだったよ。

彼氏ができたって言ってた時も私、正直嫉妬したもん。」「あ、あぁん、でも友達同士でこんなことするのって変だよ・・・」Tちゃんのクリーム色っぽいチノパンを脱がすとグレーのパンティ・・・黒い点々の柄付きパンティ・・・

薄い灰色のパンティなので愛液で染みて、その部分だけが色が濃くなっていました。バックみたいな体勢になってもらってパンティをお尻の下まで下げて、Tちゃんのお尻をじっくり鑑賞。鑑賞だけじゃ物足りず、持ち歩いているデジカメで撮影。

「すごいTちゃん、お尻おっきいね〜」両手でTちゃんのお尻の肉を拡げて「わぁ、Tちゃん、お尻の穴まで丸見えだよ。」