お前と一回やりたかったのにな

可愛がってる会社の後輩が、彼氏の子供ができたと言ってきた。 「お前と一回やりたかったのにな」なんて笑いながら話してたら、「それ、結構本気でしょ?」なんて見透かされてた。 「…うん」と答え、しばしの沈黙。 「こないだの飲み会の時だったら、ラブホ行っても良かったのに」なんて、笑いながら言ってくる。 冗談なのか本気なのか女はわかんねえな、と困惑してる俺。 話題を変え、式は挙げるのか?病院は何処に決めた?と先輩らしくアドバイスに徹する俺。 

突然、思い出したように 「ホントに、しても良かったんですよ」と言ってくる。 目が点になり「妊婦と、できるわけないだろ」と動揺を悟られないように、その場を取り繕う俺。 続き 「あの時は、まだ妊娠わかってなかったのにね」なんて、笑ってるが微かに残念そうな表情だなと、都合良く解釈する俺。 既婚者の俺。妊娠の後輩。お互いの立場から師弟愛へと抑えてた感情が溢れだす。 理性を働かせ「飯でも食いに行くか?祝いに奢ってやるよ」とファミレスへ。 

「お祝いなのに安上がりですね」なんて、笑いながら拗ねたふりをする後輩。 向かい合わせに座ってたせいか、普段より見つめ合う時間が多い。 お互いに意識しているせいか、紙ナプキンを折ってみたりと落ち着かない。次第にお互いの指先が触れだし、絡ませはじめる。 店を出て、海辺に車を止める。タバコを吸おうとする後輩に「お前、妊婦なんだからタバコ辞めろよ」と言う。「わかってるけど、急には難しいですよ」と後輩。

「吸いたい時は彼氏とチュウでもしとけ」と馬鹿な事を言ってしまう俺。 「今、吸いたいの」「今は俺とチュウしとけ」「…うん」 続き どう答えようか考えながらも、後輩のタバコを持つ手をつかみ、唇を奪っていた。 「チュウしちゃいましたね?」微笑みながら言う後輩に、「おう」ファーストキスを思い出すほどの気分のたかまり。 タバコを消したのがサインかの様に、お互い抱き締めあい、唇を重ね続ける。 「ハァ」強く抱き締めすぎたのか、後輩の声が漏れる。

「腹は大丈夫か?」「お腹は大丈夫。鈍感ですね」なんて笑われる俺。 後輩の腹部に気を配りながら、ブラウスを捲り上げ、胸元、脇腹へキス。 「……ハァ」さっきよりも深い吐息に、俺の唇はブラをずらしながら、胸へと移っていく。 「そこはダメ。我慢できなくなっちゃうから」デリケートな時期なだけに「そうだな」と顔を上げる俺。 続き 「ごめんなさい」「俺こそ、大事な時期にごめんな」そんなやり取りしながらも、お互いに抱き締めあいながら、互いの背中や肩を擦り続ける。 次第に後輩の手が、俺の腰から臀部に下がってくる。 

そして、互いの体を離れさせ「先輩だけでも、イカせてあげる」と言い、ズボンの上から陰部を擦りだす。 「悪いな」なんて、少しも洒落た台詞も言えず、後輩の手の動きに合わせて腰を浮かせ、ズボンを下げてもらう。 格好悪いな、なんて思っても、俺の下半身は既に臨戦態勢。 後輩は、俺の物を深く頬張り、ッポと一気に口から抜く。「ウゥッ」「フフフ」そして亀頭を舌先でチロチロと舐めだす。 嫁でさえ感じない感覚に、鼻から「フゥ」と息が漏れる。そして陰径に下を這わせる後輩。俺は、後輩の背中を撫でながら、片方の手で後輩の髪をかきあげる。 

この最初で最後の夢のような現実を少しでも記憶に留めたい衝動からか、俺の物を口にしている後輩の顔を少しでも見ていたかったからだと思われる。 続き 一通りチロチロと俺の物を舐めた後、再び深く頬張り始める。 時には亀頭だけを上下し、時には深く大きく上下させる。その動きに合わせて、後輩の背中を強弱をつけて、揉みしだく俺。 俺の感じる舌遣いが、俺の手の動きでわかるのか、舌と上顎で亀頭を圧迫させ、次第にスピードを上げていく後輩。 俺は、浅く速い息遣いになる。 「ウゥッ」逝ってしまった。 口の中の精子を処分し、俺の胸に顔を埋め「幸せになりますね」「うん」一言しか言えず、後輩を抱き締めることしかできなかった俺の思い出です。 お付き合い、ありがとうございました。