生意気で嫌われ者の女店長をぷち調教

昔バイトしてた雑貨屋の店長が女で、超生意気で皆から嫌われていた。確かに美人でスタイルは良いのだがそれを鼻にかける所があり、バブル時代に散々遊んで高飛車になってしまった、行き遅れの30代って感じだ。でも俺はバイトと割り切ってたんで、店長に腹を立てても顔にはあらわさないでいた。

そんな俺だから店長もどんどん調子に乗ってゆき、他のバイトのミスも俺のせいにするようになってきた。いい加減に辞めてやると思っていたある日、店長は俺を食事に誘ってきた。辞める事を切り出すのには丁度いいチャンスと思い付いていったらとんでもない。居酒屋で一人ガンガン飲み始め、散々愚痴を聞かされ、その後カラオケで暴れまくり。

しまいには終電はなくなり、道端にひっくり返る始末。このまま道端に転がしておくわけにも行かないので、近くのラブホテルに連れ込んだ。店長はまだ酔っ払ってるのか「どこ連れ込んでんだよこの変態〜」と俺のチンポを蹴っ飛ばした。これには俺も頭にきて「いつまでも調子にのってんじゃんないよ?」と声を荒げると 「なんか辛くてさ、酔っ払っちゃった、ゴメンね、ゴメンね」と急にしおらしくなってきた。

心の中で何かがはじけた、急いでズボンを下ろすと店長の顔を強引にチンコに近づけた。「あんまりうまくなよ私」というと、ゆっくり俺のものを口に沈めていった。あの生意気な店長が俺のを一生懸命にくわえている、そう思うと急に射精感に襲われた。

「全部飲めよ」俺はそう言うと、店長は軽くうなずき精液を飲み干した。店長はここで完全にグロッキー、そして寝てしまった。俺は無反応になった店長を四つんばいにさせ、アソコを指で開き一気に突き刺した。寝ていながらも時々「あっ」と小さな声を漏らす店長、どうやら感じてるみたいだ。俺は妙に興奮した、尻を軽くペシペシ叩きながら乱暴にピストンを続けた。「どうなの?店長、気持ち良いか?気持ちいいのか?ぁあ?」 俺は情けない声を出した後、たまらずドクドクと射精した。

朝が来た、どうやら俺もその後寝てしまったみたいだ… 「ごめんね、私酔っ払っちゃったみたいで・・・」店長は何事も無かったように言う 「あんた今日早番でしょ?ちゃんと遅刻しないでいきなさいよ」相変わらず生意気な事を言いやがる。黙々とブラジャーを付け、パンストを履く店長、また興奮してきてしまった。正直もういっかい朝にしたかったのだが、全然そんな雰囲気じゃない。

俺はシャワーを浴びながら昨日の店長のフェラチオを思い浮かべながらオナニーをした。いつもと同じような日常がまた始まった、店長はあの夜の事を忘れているようだ。いや忘れてる振りをしているだけなのかもしれない、相変わらず俺に仕事を押し付けてくるし、他のバイトのミスも俺のせいにする、今度は自分から食事に誘ってみようかな…