栄養士を目指す23歳のフェラ

栄養士を目指す23歳のフェラ

猛吹雪で極寒の中、仕事の関係で保険屋さんに焼肉をご馳走になった後、いつものバー
に顔を出すことにしました。
このバーはかなり前から通っているので、マスターともお客さんとも仲良く常連です。
時間も23時を回っていたし「さすがにこの狂ったような吹雪では誰もいないだろう…」と
ドアの前に立つと、意外にも女性客の大きな笑い声がして、会話が弾んでいる様子だっ
た。

店内に入るとマスターは、「よー!こんな吹雪いている中よく来たね!なんかの帰りか
~?」とかなり酔っ払っている口調だった。
カウンターには、KちゃんとYちゃんの女性2人が座っていて、僕は初対面だったが、
この時すでにいい具合に酔って盛り上がっていました。
このKちゃんとYちゃんは共に23歳で、学校に通い栄養士を目指しているクラスメー
ト。

マスターはとにかく下ネタが大好きで、酔った勢いでパンツを脱ぎ、スッポンポンな姿
は何度も見たことはあるが、まったくいやらしさはなく、男女関係なく客を楽しませる
のが得意な人だ。

3人で得意の下ネタ話をしていたところに僕も加わり、さらに下ネタ話で盛り上がってき
た。
完全に4人とも酔っ払い状態になると、マスターは突然「おっぱいゲームをしよう!」と
言い出す。

「なんじゃそれ??」と思いつつ、マスターはKちゃんとYちゃんのおっぱいをセーター
の上から軽く揉みながら、「これで目をつぶって、どちらのおっぱいか当てよう!」とい
うゲームのようだ。
それでもKちゃんとYちゃんは「なにそれ~」と言いながらも、おっぱいを触られている
ことに嫌な素振りはせず、むしろ笑って変なゲームにウケていた。

僕もマスターに続きセーターの上から2人のおっぱいを同時に優しく揉むと、ブラの感
触もあり、柔らかくとても気持ちが良い。
当然のことだが、片方の手でそれぞれKちゃんとYちゃんのおっぱいを触ると、大きさ
も柔らかさもはっきりと違いが分かりました。

マスターは「これではさっぱり分からん!」と、今度はセーターの下から腕を入れて、ブ
ラの上から揉み始めた。
すると「キャーッ」とKちゃんが叫ぶと、ブラの下から乳首を触ったようだ。
直接おっぱいを触られたKちゃんとYちゃんですが、酔っているせいもあり、「やめて~」
と言いながらも笑っていました。

「お前達、いい乳首してるな。見せてみろよ」といつもの軽~いノリで言うと、もうゲー
ムなんかそっちのけで、マスターは隣のKちゃんのセーターをめくると、ピンク色に黒
の水玉模様のブラが現れました。
そして僕はマスターに続いて、隣のYちゃんを同じようにセーターをめくると、黒でレ
ースの大人っぽいブラでした。
KちゃんとYちゃんが「えっー!ホントに!?」と言いながらも、「いっせーのーせ」でブ
ラをめくり上げると、かわいいおっぱいが出てきた。

KちゃんのおっぱいはYちゃんより大きく、乳輪は大きめの茶色で乳首は小さい。
Yちゃんはピンクに近い乳輪に、乳首はツンと、とんがるように突き出し、小振りなが
らも僕好みの美乳でした。
2人のおっぱいを揉んだり、乳首を指で転がしたりしていると、Yちゃんが「もしかして
勃っているでしょう!」と言い出した。
すかさずマスターは「ほ~ら勃ってねぇぞ」とパンツを脱ぎチ〇コを丸出しに。
「オレだったまだまだ!!」とパンツを脱ぎ、チ〇コを出すが、「あれ~ 半勃ちになっち
ゃったよ」と自分でも少々大きくなっているのに気付きました。
「マスターのを大きくさせちゃおう」とKちゃんは先っぽを突いたりいじり始め、「すご
い!固くなった!」とビンビン状態なのが見えた。

「どっちが先に大きくなるかゲームだ!」と4人でカウンターからボックス席へ移動して、
一旦小さく元に戻ったチ〇コを出し、Kちゃんはマスターの、Yちゃんは僕のを握りま
した。
2人ともあまりにも早く勃ってしまったのでゲームにはならず「どっちが先にイクかゲー
ム」に変更した。
「えー!ここで出しちゃうの!?」とKちゃんYちゃんは驚いていたが、「ちゃんとティッ
シュがあるから大丈夫」と、スッポンポン姿でカウンターから持ってきた。
「はいスタート!!」とKちゃんYちゃんはそれぞれのチ〇コを手コキし始め、僕はYち
ゃんのおっぱいを揉んだ。
手コキ途中でお酒がなくなったので、マスターと僕で取りに行き、戻ると今度はKちゃ
んとYちゃんが交代して、それぞれのチ〇コを手コキしてもらった。
Kちゃんの手コキはYちゃんより握り方が強く、全体よりも先っぽを動かすので、Kち
ゃんの方が気持ちよく思いました。

手コキ中はまったく無言ではなく、エロ話で笑い盛り上がりながら、まだまだお酒を飲
んでいる状態です。

「手でシコシコも気持ちいいけど、フェラもいいんだよな~」とマスターの言葉に、Yち
ゃんが先にマスターのチ〇コを咥えフェラし始めた。
僕は「おっ!いいね!」とYちゃんを見ながら言うと、Kちゃんも「する?」、「うん」と手
コキで勃って固いチ〇コを咥えフェラをしてくれました。

フェラも手コキと同じように途中で交代し、マスターはKちゃんで、僕がYちゃんにな
った。
Kちゃんのフェラは上下運動の連続だったが、Yちゃんは逆に、先の亀頭部分を舌を使
って舐め回すのでKちゃんよりも遙かに気持ちよく、「Yちゃんのフェラもすごくいいね
~」と褒めると「でしょう!」と可愛くピースサインをした。

大量のお酒を飲んでいるせいで、なかなかイカないが、フェラと手コキを交互にしても
らいながらおっぱいを触っていると、さすがにイキそうになった。
「そろそろイキそうだから手でして」と言うと、マスターがティッシュをホイッとこちら
に投げ、Kちゃんがフェラを止めてマスターと見に来ました。
「こっちに出しちゃえ」とマスターは足でテーブルをどかし、「イクよーっ!!」大量の精
液がドピュ!!っと勢いよく発射した。
「すっごーい!いっぱい出たね!!」とYちゃんは驚きの顔をし、一緒にティッシュで拭
いた。

マスターは「オレもそろそろかな」とKちゃんがフェラを再開していました。
僕とYちゃんはお酒を飲みながら、マスターの隣に座り観戦することにし、マスターは
KちゃんとYちゃんの両方のおっぱいを触り始めた。
間もなくマスターも、どかしたテーブルの方向へ勢いよく発射。

発射後も、しぼんだチ〇コ丸出しのまましばらく飲んだが、それぞれ帰宅した。

その後もKちゃんYちゃんとはこのバーでもよく会うし、街中でも会うが、今までと何
も変わらずエロ話して盛り上がっています。