小さな可愛い従妹に愛されてムラムラ

おれ小5の従妹に会う度に「オニイめっちゃ好き!恋人になってよ〜!」って迫られてたよ。

年の割に結構大人びてる上に微妙に色気づいてて、可愛く迫られるとかなりなやば気だったけど、何とかごまかして逃げてきてた。でも正月に親戚の家に集まった時、布団が足りなくなって、その従妹の母親に「悪いんだけど一緒に寝てあげてくれる?」と頼まれて自分と従妹が一緒の布団で寝ることになった。

一日の夜は親戚から酒を結構な量飲まされて、酒盛りをしてる中を抜け出してかなり酔った状態で布団に入ったんだけど、先に布団の中にいた従妹の細くて柔らかい体がスゲー気持ち良くて、軽く抱いて髪の匂いをクンクン嗅いでたら「うあーッダメだよ〜」とかいって身をよじって悶えだした。その動きと声がくそ可愛すぎて、あーおれ今酔ってるしいいかなーとか思って、後ろから強く抱きしめて「おれがいつもカノジョにしてる事おまえにもしてやろうか?」って囁いたら、「してほしいかもノ」といたずらっぽく呟いておれの手をぎゅっと握ってきた。多分従妹はキスかなんかぐらいのつもりだったんだと思う。

でもおれはもう酔った勢いに乗って従妹のパジャマをはぎ取って、狂ったように愛撫しまくった。背中から脇の下から胸から全部しゃぶり尽くして、乳首やアソコやお尻の穴もいじり倒した。妹も最初はびっくりして逃げようとしてたけど、無理矢理押さえ込んで貪りまくった。

すぐにアソコがもう洪水といっていいくらい濡れてきて、パジャマのズボンまでびっしょり濡れてえらいことになってた。「はあ?こいつ処女じゃないのか?」と思って舌を差し入れようとしたら本気で痛がってたから、多分処女なんだろうな。時たま大広間から親戚たちの笑い声が聞こえてくる暗い部屋の中、呼吸が荒くなりそうなのを必死に抑えて、涙ぐんだ目がキラキラ潤んでるのがすごく印象的だった。愛撫を30分ぐらい続けてると、従妹の身体が痙攣みたいにピクピクしだして、さすがにそろそろやばいかなと思って切り上げる事にした。

従妹は全身汗と愛液でびっしょりで髪の毛が全部肌にぺったり張り付いてるような状態だったから、着替えとタオルを出してやって風呂場で身体を拭いて着替えさせてやった。その間従妹はずっとフラフラの放心状態みたいな感じで、おれが声かけても全然反応してくれなくてちょっとあせった。その日はそのまま同じ布団でおれが従妹を抱いてやるかたちで寝て、着替えについては寝汗がひどかったからと親達に説明したけどかなり怪しまれたような気がする。

従妹はもうずっとおれにベッタリで、怪しさはかなり加速してた。後から従妹に感想を聞いたら、「頭が沸騰して死んじゃいそうになってこわかった」だと。小学生がそんなに感じるのってちょっと信じられないんだけど。

一応昨日まで親戚の家にいて、ずっと従妹と一緒に寝てたけどその日以来はキスして胸とアソコをちょっとくすぐる位しかしてない。ていうか、従妹の事好きになっちゃった。小学生だよ小学生。同じ大学のカノジョいるのに。やべーどうしようていうか、おれ21歳未満だった。まだお年玉もらってます。まじですみません