誰だって巨乳見たらパイズリしたくなる

中学校から高校にかけて、俺は超デブだったので、常人の女以上におっぱいがあった。小学生の妹がよく「おっぱい♪おっぱい♪」と言って揉みに来た。

ただ無邪気に面白がってやってただけで、エロい気持ちなど妹には毛頭ない。そのうち俺は乳毛が気になりだしたので、見せたり、直に揉ませたりするのは恥ずかしくなった。と同時に妹のおっぱいもふくらみ始めてくると、妹は兄のおっぱいをもてあそぶのはイクナイことだと感じ始めたようだった。

俺が社会人になってしばらくした頃、妹は高校生だった。そして巨乳だった。俺に似なくてスタイルは良かった。学校で彼氏が出来たようで、うきうきした表情を見せるようになったがその内、毎日いらいらした顔で過ごしているようになった。

どうしたのかと聞いてみると、「結局、私の価値はおっぱいだけかあ」とひとり言のようにつぶやいて、ふてくされて部屋にこもってしまった。胸が大きいのを気にしてるのは知ってたし、多分おっぱいのことで彼氏とけんかでもしたんだろうと想像した。思うに、おっぱい目当ての彼氏が「おっぱい♪おっぱい♪」しか言わないので、「私とおっぱいどっちが大事なの!」「そりゃあおっぱいだよ」

こんな会話でけんかにでもなったんだろ。貧乳女子からしたら贅沢な悩みかも知れないが、意外とお堅い妹は、エロを前面に押し出す彼氏がいやになったんだろうと俺は考えていた。さて、俺は超デブから普通のデブになりかけていたが、まだおっぱいは十分あった。

しばらくして部屋から出てきた妹がつぶやいた。「兄ちゃんは、やせてからは、おっぱい小さくなったよね」「私も小さくなりたい。でも私はやせてもおっぱい小さくならないだろうな」

黙って聞いてると、妹はぶつぶつと、おっぱいばかり注目される悩みを話し続けた。大体俺が想像してたことに近かった。「でもお前だって小さい頃、おっぱい♪おっぱい♪って嬉しそうに俺の揉んでたよな」

「あれはー!子供がふざけてただけじゃん、ごめん、謝るからもう言わないでよ恥ずかしい」「じゃあ、あの頃のお返しってことで、お前の揉ませろ」「えー!うそお、やだ恥ずかしい…んっ、お兄ちゃんやめっ、あっ…!」

…という展開はウソでして、妹はかわいいが性的興奮対象ではなかった。そんなのお互いわかってるから、妹も俺に平気でおっぱいの話ができたのだ。妹の悩み、続き。

「私は『ぱいずり』だってさ。初めて聞いたよ、気持ち悪い」彼氏が男子達に「お前の彼女パイズリ出来るだろ」とか言われてるのを聞いてしまって、パイズリのことを知ったらしい。「おっぱい大きいだけでそんなこと想像されるってサイテー」

俺は言ってやったさ。「まあそれは、いろいろ経験したらわかるようになるんだよ、男なんてそんなもんよ、誰だって巨乳見たらパイズリしたくなるもんだよ」妹「うえー、まさか兄ちゃんもぱいずり好きなの。でも彼女いたことないくせに、あっ風俗か」

「俺は風俗は行ったことないな」「じゃあ誰にパイズリしてもらったの」「…俺はするほうだ!」

続く。