俺の肉奴隷は妹

俺が高3で妹が高1だったとき。 俺は居間で、当時流行っていた竹内あいのAVを観ながら、こんにゃくでオナニーしていた。 そこに、 「お兄ちゃん、帰ってきて…、あっ!」 と、学校から帰宅したばかりの妹が帰ってきた。 妹はこんにゃくでチンコをこすっている俺を見ると硬直した。 「おい!亜美!どうしてノックもせずに入るんだ!?」 俺は怒鳴って、こんにゃくを投げつけた。 「だ、だって…」 「だってじゃない!」 俺は立ち上がって、妹の胸倉をつかんだ。

「ごめんなさい!」 妹は逃げようとしたが、俺が胸倉をつかんだまま許さなかった。 「お前、俺のこんな姿を見て、無事でいられると思うなよ」 「な、なにが?」 俺の形相に、妹は怯え始めていた。 「お前にも、誰にもいえないような秘密を作ってやる」 俺は妹に首相撲から膝を入れた。 「きゃっ!」 本気の膝蹴りをくらい、妹は崩れ落ちた。 膝が鼻先に入ったのか、鼻血が頬に赤い軌跡を描いている。 俺は倒れた妹のボタンを外し始めた。 妹のブラは白だった。 「おいおい、もっと色気のある下着つけろよ」 妹はなにも答えず、ただ泣いていた。 実の兄にこんな目に会わされるとは思っていなかったんだろう。

俺は妹の白いブラを引きちぎる。 「ほう」 胸は姉よりも大きかった。 「なかなかじゃねーか。真紀よりもでかいぜ」 俺は妹の乳房を弄び始めた。 妹はショックで、茫然自失している。目の焦点があっていない。 しかし、なにも反応がないというのもつまらない。 俺はさっきまで使っていたこんにゃくを手にして、 「おら、食えよ!俺がチンコこすっていたこんにゃくだ!」 と、妹の口にねじ込んだ。 「い、いや!」 さすがに妹はリアクションを取った。 「食えよ!」 かまわずムリヤリねじ込む。 口に押し込まれたこんにゃくを吐き出した。 「なに吐いてんだよ、てめぇ!」 俺は妹の頬を殴打した。 妹は悲鳴も上げなかった。

ただ嗚咽し、涙を流している。 「おい、こんにゃくが食えないんだったら、俺のチンコを食え!」 俺は妹の鼻をつまみ、口に亀頭を押し付ける。 もちろん妹は口をあけなかったが、俺が鼻をねじり上げたら、観念して口を開いた。 「ほら舌を使え」 妹は舌を使い始めた。 「ほら、最初っから素直になればいいんだよ」 処女の妹にフェラテクなんてない。ただ舐めているだけだ。 「へたくそだな」 俺は妹の頭をつかんで前後に揺り動かした。 チンコが摩擦され、射精感が高まる。

勢い余って妹の喉をついてしまい、咳き込む。 しかしかまわずに頭を動かし続けた。 妹の涙と唾液で、俺のチンコはびしゃびしゃにテカっている。 「おい、出るぜ」 俺は予告して、妹の口の中に神々しい液体を放出した。 虚ろになっていた妹の瞳孔が開く。 さすがに口の中に出されるとは思っていなかったんだろう。 俺のチンポから口を離し、精子を吐き出そうとした。 しかし俺は許さずに、妹の口を押さえ、上に上げさせて、頬っぺたをつかんだ。

体勢的に吐き出せなくなった妹は、咳き込みながら精液を嚥下した。 俺はそれを確認すると、手を離して開放したやった。 「このことを誰かに言ったら殺すぞ。まあ、言ってもお前が傷つくだけだと思うがな。俺は懲役なんてなんとも思ってないぜ。どうせ未成年だしな」 そのときの俺の笑みは、妹からしたら鬼畜そのものに見えただろう。 その後俺は、帰宅した実姉を縛り上げ、その目の前で実妹を何度も犯した。 姉と妹を4つんばいにして並べて、交互に貫いたりもした。姉妹丼って言うやつだ。

今では二人とも俺の肉奴隷となっている。 まあ、飽きたから、今度、川にでも捨ててこようかと思っている。 ――俺の名は、山田修司。俺にタブーはない。