妹の看病

「ホントにあんたが帰ってて良かったわ。お母さん、今日の会議はどうしても休めないの。おかゆは作ってあるから、頼むわね」「わかったよ、母さん。佑香のことはまかせて」

玄関先で、隆史は答えた。冬休みがあけて、中学校が始業式の日、妹の佑香が風邪をひいて寝込んでしまったのだった。帰省中の隆史は下宿に帰るのを遅らせて、妹の看病兼留守番を引き受けることにした。「佑香も、がらじゃないのに長風呂なんかしてるから、風邪をひくんだわ」

「まあ、あいつも年頃になってきたんじゃないかな。今日から学校だからきれいにしたかったんだろう」「うーん、あの子も色気づいてきたのかしらね。じゃあ母さん行ってくるわ、お兄ちゃんなんだから、ちゃんと妹のこと看病してね。遊びに行ったりしちゃダメよ」「わかってるって、いってらっしゃい」

バタン!ドアが閉まり、母が出ていく。「さてと……」隆史は本を抱えて、妹の部屋に向かった。

「うーん、うーん」佑香は自分の布団で、うなっていた。「大丈夫か?」

隆史がそっと声をかけ、頭の上のタオルを水でしぼる。「あ……おにいちゃん、ありがと……」「兄妹じゃないか、気にするなよ」

「ごめんね……ほんとは今日帰るんだったんでしょ……」すまなそうに佑香がつぶやいた。「いいから寝てろって。せっかく帰ってきたのに、お前の顔ゆっくり見てなかったからな。今日はおにいちゃん、ずっとそばにいてやるから」

「うん……」佑香が弱々しく、それでも精いっぱい微笑んで目をつむった。布団をかけ直してやると、こもっていた少女の匂いが、ふわっと漂った。背中まで伸ばした栗色の髪が、汗で顔にまとわりついている。隆史は前髪を指でそっとよけると、まじまじと妹の顔を見つめた。

(やっぱり、佑香、かわいいよなあ……)大きな目、細い眉、小さい鼻、すべすべの頬、柔らかく、愛らしい唇。まるで、キスを待っている眠り姫のよう。寝顔を見つめているうちに、隆史の顔はだんだんと吸い寄せられ、思わず唇が触れそうになった。(いかん、いかん……風邪ひいてる妹に、こんなことをしちゃ)隆史はあわてて離れると、持ってきた本を読み始めた。

「おにいちゃん……」「ん?」しばらくして、佑香のかすかな声が聞こえた。

のぞき込むと、唇が乾いて、大きな瞳がうるんでいる。少し熱があがったのかもしれない。隆史は妹に体温計を渡した。「大丈夫か?なんかして欲しいことあるか?」「あたま痛いし、苦しくって、眠れないの……なんとかして」

「うーむ……」赤い顔をして、息づかいも荒い。体温計を見るとと三十九度もある。隆史は濡れタオルを絞りながら、自分が風邪をひいた時のことを一生懸命に思い出していた。俺が苦しんでた時、母さんは何をしてくれたっけ……「そうだ、佑香、熱冷ましの座薬入れてやろうか?」

「……うん」思いつきを口にして、妹が素直にうなずいたので、かえって隆史は心配になった。「で、でも、いいのか……その、座薬入れるって言うのは、その……」

「……それで、らくに……なるんなら……」あえぎながら妹がささやいた。佑香はそれだけつらいということなのだ。へんな気分になった自分を隆史は反省した。恥ずかしがってる場合じゃない。「よし、わかった、待ってろ」

隆史は薬を取りに行った。「今から、座薬入れてやるからな。昔、俺が熱でうなされてた時、母さんがしてくれたんだ。すごくよく効くんだから」苦しそうな妹を楽にしてやるため、とはいえ、座薬を入れると言うのは、すごくえっちな行為だ。佑香の方としては、下着を脱がされるばかりか、おしりの穴まで兄の目にさらすことになる。隆史は罪悪感を感じていたが、少し興奮もしていた。

上半身は布団をかぶせたままで、下の方だけまくり上げる。ピンク色のパジャマをはいた細い足が出てくる。隆史は、佑香の腰に手をやると、パジャマを膝の下までずり下ろした。フリルとリボンのついたちょっぴりおしゃれな下着が目に飛び込んでくる。なんとなく湿っているみたいだ。

今から変なことをする訳じゃない、正当な医療行為だ。けれど、女の子の下着を脱がすというのは、やっぱりどきどきしてしまう。隆史がショーツをつかむと、脱がされやすいように、佑香がふっと腰を浮かせた。動きに合わせて膝下までずるっと下ろす。隠されていた女の子の部分があらわになる。

(佑香、まだ生えてないんだ……)丘のところは赤ちゃんのようにすべすべで、産毛も生えていない。股間には、すっと入った縦線が見える。隆史は妹の足をかかえると、でんぐり返しのように、上の方へ持ち上げた。ちょうど、おしめを替える時のようなポーズだ。「はあ……ん……」

佑香がうめく。「つらいか?もう、ちょっとだから、がまんして……」そっと佑香の股間をのぞき込んで、隆史は息をのんだ。

閉じていると縦線一本にしか見えないのに、こうして足を開かせると、内側にある女の子の秘密まで見えてしまう。始まりのところには、包皮にくるまれたかわいらしい肉粒がある。(これがクリトリスかな……)その下にはピンク色の小さな唇。確か小陰唇と言うはずだ。

初めてじっくりと見る少女の性器。なんと愛らしく、エロティックなのだろうか。真ん中には、身体の奥深くに導かれる神秘の入り口がある。子宮へとつながっている膣口。かすかに濡れて光っている。(佑香もオンナなんだ……)その幼い身体の中に、すでに男性を受け入れるための器官が備わっている。

あたりまえのことなのだけど、すごく興奮してしまう。(ちがう、ちがう……)こっちを観察しててはいけない。その下に目を移す。少しだけ色付いたアヌスは、細かいしわが集まって小さな菊模様に見える。まわりのおしりも昨日のお風呂上がりのまま、とてもつややかできれいだった。

(座薬って、そのままずぶずぶって挿れちゃっていいのかなあ?)隆史は悩んだ。自分の時はどうだったか覚えていない。もしかすると、ワセリンとか軟膏とか使っていたのかもしれないが、そんなのは見あたらない。(こんなにちっちゃい穴なんだから、濡らさなきゃ入らないよなあ)セックスからの連想で、隆史はそう考えた。

口の中に唾液を溜め、指に垂らす。そうして、佑香のアヌスに触れる。くちゅ……「ふあっ!」ぴくっと震えて佑香がうめいた。きゅっとおしりに力が入る。

「楽にして、もう少しの辛抱だから」隆史は、佑香のアヌスとその回りに自分の唾液を塗り付けていった。おしりの穴を広げながら、まるで愛撫するかのように、濡らしていく。つぷっ、くちゅくちゅ……、つぷっ……「はあ、はあ……ふぁ……んんっ」

おしりをいじる度に、妹の身体がふるえ、息が荒くなる。かわいらしいアヌスが、てらてらと濡れてひくついている。異物の挿入を待ち望んでいるように見えて、何とも淫靡な感じがする。隆史はティッシュで手を拭いて、座薬を持った。

「今から挿れるからな」ぐっ……とがった方を押し当てて、一気に中に押し込む。「ふあっ……」

ちゅるんっ……入れてすぐに手を離したら座薬が外へ飛び出てしまった。佑香の方も力が入ってしまったようだ。「ごめん、もう一回するから、力抜いて」「んっ……」

ぐっ……もう一度挿れ直して、ぐぐっ、と奥まで押し込む。今度は手を離さずにアヌスをそっと押さえる。「んああっ……」「ようし、おしりに力入れて、もうしばらくの辛抱だから」

「ん……ふうっ」佑香がきゅっとおしりを締めるのが指にも伝わった。「座薬は直接、腸から吸収するから、飲み薬より早く効くという話だよ。実際、小さい頃俺が熱出したときに母さんが入れてくれたこともあるんだ。ほんとによく効いたよ」

「……」「これで、一眠りすれば治るから、安心していいからな」黙っていると、気まずいので、隆史はいろいろと話をした。いや、黙っているとつい妹のその部分–自分が押さえているより上の部分–に目がいってしまうのだ。

妹の愛らしい割れ目、幼い性器。意識すまいとしてもかえって意識してしまい、興奮が高まって来る。「も、もう、いいかな?」今度は、ゆっくりと指を離しても、座薬は飛び出して来なかった。

足を下ろさせてから、ショーツとパジャマをずり上げた。そして布団を直す。「隣にいるから、何かあったら、すぐ呼べよ。しばらく眠ってればいいから」同じ部屋にいると、何をしでかすかわからない。ペニスがびんびんに固くなって爆発しそうなのだ。隆史は逃げるようにドアを開けた。

「……うん」寂しそうに、佑香がうなずいた。しばらくしてから、隆史は、妹の様子をうかがいに部屋に入った。自室に戻って落ち着いてから戻ってきたのだ。

佑香はぐっすり眠っているようだった。ゆっくりと部屋を見回す、ファンシーな小物、大きなぬいぐるみ。本棚にはマンガ、参考書、まさに女の子の部屋という感じ。机には、隆史と撮った写真が飾ってある。「おにいちゃん……」

佑香の声がした。「あ、起こしちゃったか、気分はどうだ」「うん、すごく良くなった……アレ、効いたのかなぁ?」

二人の間に思わず沈黙が流れる。「……でも、良かったな。何かして欲しいことあるか。おかゆもできてるぞ」「ごはんはあとでいいけど……パジャマ、汗でぐしょぐしょなの、おにいちゃん……着替えさせてくれる?」

「わかった」隆史は、タンスから、きちんとたたまれたパジャマと下着を取り出した。そっと布団の脇に置くと、部屋を出ようとする。「おにいちゃん、どこ行くの?」

「どこって、着替える間、外に出てるよ」「おにいちゃん、着替えさせてよ。まだ頭くらくらしてるから、一人じゃ着替えられないの。それに汗かいちゃってるし」「でも……」

「おにいちゃんになら見られても平気だから、お願い。身体だるくって、しんどいんだもん」確かに熱があるときは関節も痛くなるし身体もだるい、頭もふらつく。しかし、さっき見た妹の股間がまだ頭に焼き付いているのに……「お願い……」「わ、わかったよ」

隆史はタオルを絞るためのお湯を取りに行った。プチッ、プチッ……ひとつひとつ、パジャマのホックを外して、さっと両側に開く。妹のじとっと濡れた肌、ふわっとしたふたつの胸のふくらみ。すっぽりと手で包み込めそうで、かわいらしい大きさだ。

上半身を起きあがらせて、腕から湿ったパジャマを抜き取る。くたっとして、力の入らない佑香が自分に寄り掛かってくる。柔らかくて、暖かい、女の子の香りがふわっと匂ってくる。隆史は優しくおでこに手を当てた。「うん、熱下がったな。よかったな」

黙って目を閉じてうなずく佑香。隆史は妹を左手で抱きかかえながら、右手のタオルで汗を拭いていった。腕からわきの下、背中、そしておなか、胸。

ふにっとして柔らかいが、みずみずしくて張りがある。ふくらみかけ発育真っ最中の佑香のおっぱい。「こうしてもらってると、なんか気持ちいい……」うっとりと佑香がつぶやく。

「そ、そうか……」隆史の頭の中は、欲望と理性が渦巻いて、ぐちゃぐちゃになっていた。部屋に戻ったとき抜いたはずのに、自分のモノは、もう固く勃起している。

ふと見ると、おっぱいの先っぽがつんととがっている。まだ小さく薄い色の乳頭だが、それだけに愛らしい。そっと口づけてみたい、直接触れてみたい、それをじっと我慢して、替えのパジャマを着せる。「あ……」佑香が何か言いかけて、目を閉じた。

今度は下の方だ。パジャマを脱がしてから、すねからひざ、ふとももと拭いていく。新しいパジャマをはかそうとすると、今度は佑香が止めた。

「ショーツも替えて……」「で、でも、これは……まずいよ」「汗で気持ち悪いの。おにいちゃんになら見られても平気だから……さっきもう見られちゃったんだし……お願い」

「う、うん……」隆史は知らず、唾を飲み込んでいた。汗で張り付いた白いショーツ。さっきよりだいぶ濡れていて、割れ目の形がくっきりと透けて見える。引っかかりながら、そっとはがすようにして脱がす。

すっと、縦に切れ込んだスリット。サーモンピンクの秘肉が隠れている禁断の部分。「ちゃんと、ふいて……」手が止まっていると佑香が催促した。

少しだけ足を開かせて、股のつけねから、割れ目、おしりの間。すごく緊張しながら、隆史は手を動かした。全力でブレーキを踏んでいる状態。気を抜いたら、すぐに暴走してしまう。「あ……んんっ」佑香がうめく。

「もっと……もっとふいて、汗で濡れちゃってるでしょ?」「あ、ああ……」濡れている。でも、これは汗だけじゃない。見つめれば見つめるほど、拭けば拭くほどあふれてくる幼い妹の愛液。

「はあ、はあ……もっと……」佑香の声も熱にうなされる声ではなく、快感にもだえる声に変わっていた。「も、もういいだろう」

隆史は妹の身体を拭く手を必死の思いで止めた。これ以上やると理性が負けてしまう。いっぱいまで水を満たしたダムに、ひびが入ってきた、そんな気分。「おにいちゃんの鈍感……」

隆史にもたれかかりながら、佑香が何かつぶやいた。「な、なんだ?き、聞こえなかった」「……おにいちゃん、なんで、わたしが風邪ひいちゃったか、知ってる?」

「えっ?き、昨日の長風呂で湯冷めしたんじゃないのか?」「うん、わたし、昨日お風呂で……」佑香は、そっとささやいた。

「おにいちゃんのこと想いながら、ひとりでしてたから……」心の中に亀裂が広がって、理性が壊れていく。「おにいちゃん……好き……」

「佑香っ!」「あんっ!」決壊してあふれだした欲望の流れは、もう止まらなかった。

隆史は佑香にのしかかると、むしゃぶりつくように、妹の股間に顔を埋めた。「佑香、佑香っ!お前が、お前が悪いんだからな。一生懸命我慢してたのに、おにいちゃんを誘惑したりして」「いい、いいよ……おにいちゃん、もっと……」

うっとりとした声で、佑香は兄の頭をそっと押さえた。隆史の唇が佑香の性器にさらに押しつけられる。それに応えて隆史も、子犬がなめるように激しく舌を動かす。「あっ、ああんっ」

佑香の性器の隅々まで、なめ尽くす。クリトリスを吸い、割れ目にそって舌をはわせていく。「おにいちゃあん……きもちいい……」甘えるような妹の声。

ぴちゅ……膣口の中にまで舌を差し込み、とろりとした幼蜜を味わう。小陰唇をついばむように、そっとくわえる。ちゅぷっ、ちゅぱっ、ちゅぱっ。ひとしきりなめた後、隆史は顔を上げた。

「はあ……はあ……」まるで、かけっこの後のような妹の息づかい。「佑香……」

「おにいちゃん……」二人が唇を重ねる。愛液の味のえっちなキス。「ん……んんっ」

兄妹が激しく舌をからめあう、妹の甘い唾液が兄の中に流れ込む。ぷは……つーっと、糸をひいて二人の唇が離れた。隆史が着せたばかりのパジャマをもう一度脱がす。髪をなでて、耳たぶに口づけする。首筋をゆっくり降りて、わきの下までなめる。

「きゃふっ!」「くすぐったい?」「ううん、ちょっとびっくりしただけ」

まだ未成熟な妹の身体。堅いつぼみを開かせるように、もう一度じっくりと上から下へと愛撫を繰り返していく。「あっ……ふあっ……」小さなおっぱいを手でゆっくりと揉みほぐしながら、ちゅっ、ちゅっと吸う。

舌でころころと転がすと、小さな乳首がむくむくっと固くなってくる。「あふっ……いい、いいよぉ」妹の切ないあえぎ声が聞こえる。まだ子どもの声なのにぞくっとするほど色っぽい。

おなか、おへそ、と下へ降りていきながら、なでまわし、頬摺りし、なめていく。発毛のないまだすべすべの丘、内股の白く柔らかい部分。幼い性器をキスマークで飾るように強く吸う。大事なところをわざと後にする。「あっ、ああん……お、おにいちゃあん」

懇願するような妹の声。「じゃあ、もっと足開いて、おにいちゃんに佑香のすべてを見せて」佑香は黙ってうなずくと、もう開かないくらいいっぱいに足を広げた。それからおずおずと手を添え、くにゅっと自分の陰唇を割り開く。恥ずかしい桃色の粘膜の奥まで兄の目にさらす。

「佑香、そこまで……」予想以上の妹のえっちな反応に、隆史は股間が熱くなった。佑香が待ち望んでいる部分に再度口づけてやる。「はああん……んふっう」

ちゅばっ、ちゅぱっ。「かわいいよ、佑香」性器は、もう充分に濡れて潤っている。幼い花弁が、とろとろと蜜を分泌して、ペニスの侵入を待っている、そんな感じ。

くぷっ……指を入れてみると、きゅっと締めつけられる。「痛い?」「ううん、大丈夫」

体勢を変え、隆史は妹の上にかぶさった。佑香も足を開いたまま、兄を受け入れるようにして、そっと手を伸ばす。「佑香っ!好きだよ」「おにいちゃん……」

「……いくよ」隆史が身体をこすりつけると、佑香の愛液が二人を結ぶようにからみつく。ちゅるっ、ぴちゅっ……自分のモノがぬるぬるになったところで、隆史はペニスをぐっと押し当てた。

小さい妹の粘膜を押し広げて、大きな兄の固いモノが入っていく。ずにゅぅ……「んああっ!」ぴったりと吸い付くように佑香の肉壁が隆史の先端を包み込んだ。

そのまま、ずずずっと、奥まで挿入していく。暖かく、柔らかく、優しく、それでいて、きつく、狭い、そんな妹の体内。「あ……うっ……い、いたっ……いたいぃ……」

「大丈夫か?」「う、うん……なんとか……我慢する……あっ!動かさないで!」「わかった……」

つながったままで、兄妹がじっと見つめ合った。「やっと……やっと、おにいちゃんと……ひとつに……」涙をこぼしながら、小さく佑香がつぶやく。

「ずっと……ずっと好きだったのに……おにいちゃんったら……大学、行ったっきり……帰って……こないから……」痛みをこらえながら、とぎれとぎれの妹の告白。「本当にごめんよ、佑香」

隆史は謝った。今までのこと、今日のこと、今のこと、全てを含めて。「俺だって、お前のことが好きだった。だから、こわかった。いつかこうして兄妹で愛し合ってしまうんじゃないかって、それで……」「わたし……いつでも……待ってたのに」

「佑香……」隆史は、こうして抱き合っているだけで、心が満たされていくのを感じた。動かさなくても、充分に心地よかった。「なんか……あそこがじんじんする。おにいちゃんが、わたしの中に入ってるんだね……」

ぽつんと佑香が言った。「まだ痛いか?」「ううん、もう大丈夫……いいよ」

佑香も、まだつらそうな顔をしているが、最初よりはだいぶ楽になってきたようだ。「動くよ……」「あっ!ふぁ……」

隆史が腰を引いて、静かに動き始める。ずるずるっと引き出して、時間をかけて、ぐぐぐっと突き入れる。結合部分に目をやると、血がにじんでいるのがわかった。愛液で薄められているが、佑香のはじめてのしるしだ。

くちゅっ……ぬりゅっ……隆史は、気を使ってゆっくりと抽送した。男にとってはじれったいようなセックスだったが、自分の快感よりも愛しい佑香が痛がらないようにという思いが強かった。「お、おにいちゃん……おにいちゃんっ……」佑香がうわごとのように呼びかけてくる。

妹からあふれる愛液は、水飴のようにねっとりとからみつき、自らの痛みをも和らげるように隆史のペニスを濡らす。狭い入り口はきゅっきゅっと根元を締めつけ、中は柔らかい微妙なヒダが、動かさなくとも、敏感な部分を刺激する。相手が佑香だと言うだけで、もう爆発しそうなのに、その中の感触も恐ろしく気持ちよかった。

「ああん……、あふっ……」ぐちゅ……、ぐちゅ……こすれる愛液がえっちな音を奏でる。切ないあえぎ声と合わさって、隆史をフィニッシュへと導くメロディ。「す、すごいよ……佑香、さ、最高だよ」

「あん……う、うれしい……」やがて隆史の動きが速くなる。あまりの気持ちよさに自然に腰が動いてしまうのだ。急速に絶頂が近づいてくる。「あっ……お、おにいちゃん、ゆっくり……いっ、いたあいっ、くふっ!」

ひとすじ、ふたすじと新しい涙がこぼれていく。妹のしがみつく手に力が入る。「ご、ごめん、佑香、もう少しだから」くちゅ、くちゅ、くちゅ、くちゅ。

「んっ……くふっ……んんっ!」隆史の中で、ほとばしりそうな感覚が腰から上ってくる。止まらない!「……ゆ、佑香っ!くうっ!」どひゅっ、どひゅっ、どひゅ……濃厚な液が身体の中をほとばしって、放出されていく。

中で出したらやばい。一瞬そう思ったものの、佑香のもたらす快感はあまりにも強烈だった。隆史は止める間もなく、ありったけの精液を妹の中に注ぎ込んでいた。「……はあ、はあ、佑香ごめん……」「……んっ」

つながったままで、二人はもう一度、唇を重ね合った。翌日。「じゃあ、隆史、おとなしく寝てなさい」

「ああ……」「まったく、妹の看病して、移されるなんて、お兄ちゃんのくせに情けない、大学始まるから、今日帰らないといけなかったんでしょ?」「……仕方ないよ、最初の講義は休むよ」

「じゃあ、行ってくるから」説教だけして母親が出ていくと、入れ違いに佑香が入ってきた。パジャマのままの姿で心配そうな顔をしている。「大丈夫?おにいちゃん。わたしの風邪が移っちゃったんだね?」

「コホッ、コホッ……気にするなよ、俺は大丈夫さ。昨日の今日だから佑香の方が心配だよ」「うん、大事をとって休むけど、元気だよ……あそこも、もう痛くないし……」照れながら、妹が付け加えた。

「そうか……」「おにいちゃん風邪ひいてるのに、こんなこと言っちゃ悪いんだけど……」佑香はちょっとうつむいてから言った。

「おにいちゃんがもう一日いてくれるの、すごくうれしいの」「……佑香」隆史は胸がいっぱいになった。

「俺、すぐまた帰ってくるよ。風邪治ったら、二人でどっか遊びに行こうな」「うんっ」佑香は嬉しそうにうなずくと、めいっぱい甘えた声で言った。

「ねえ、おにいちゃん……こっちの部屋で寝ててもいい?」「いいけど、そばに来るとお前の風邪、またぶり返しちゃうぞ」隆史が苦笑しながら答える。

「大丈夫だよ、おにいちゃんが治してくれるもん、じゃあお布団持ってくるね」妹がにっこり笑って飛び出していく。ケホッ……風邪のせいで、頭も喉も痛かったけれど、それを吹き飛ばすくらいに隆史は幸せな気分だった。

(おしまい)