彼女がバスケ部の後輩と…

彼女がバスケ部の後輩と…

僕は高校3年のかずやといいます。ショックです!
二日前にとんでもない光景を見てしまいました。
僕の彼女(同じクラスでバレー部)みゆきが僕の一つ下の後輩でバスケ部の三沢と校舎の屋上に通じる階段の上りきった場所で部活の後、セックスしていました!
僕は陸上部でいつものように練習が終わった後、忘れ物に気付き教室に戻りました。夕方5時過ぎの校舎は閑散としていて、東階段を一気に昇ると二階上の場所から微かに人の声がしました。
僕は何気に更に階段を昇り、覗いてみると、そこにはみゆきと三沢がぴったりくっついてヒソヒソ談笑していました!
僕はびっくりしながらも暫く見ている事にしました。話しの内容は全く解らないけど次第にみゆきは三沢に頭をもたれ掛け、頻繁に二人で見つめ合いだしました。
そして次の瞬間みゆきは目を閉じ二人はキスをしました!
えっえーって感じで僕は呆然と固まってしまいました!暫く二人はキスをしていたかと思うと、よく見ると舌を絡めていました。
三沢は練習用ユニフォームの上からみゆきの胸をまさぐり出したのです!
僕は悔しくて階段を掛け上がろうとしました!
しかしその時僕のちんぽは何故かギンギンに勃起してジャージがはっきりとモッコリ状態でした。
僕はやむなく立ち止まってしまいました。二人は激しく舌を絡めながらいつの間にか三沢の手はみゆきのユニフォームの上着の中で激しく暴れてました。
みゆきはブラを外され上着を捲られると僕もまだ見たことの無い胸が露になり三沢は激しく乳首を舐め始めました。
僕は悔しいけどちんぽから先走りが出てました。次第に三沢はみゆきのふとももを撫で始め、短パンの上から割れ目を指でなぞり出しました!みゆきは顔を赤く熱らせながら必死に三沢にしがみつき、声をカキ消しながら感じていました。
三沢の指はみゆきの短パンの中に入ると激しく動き出しました。みゆきは微かにアエギ声を洩らし始めました。
僕はたまらずオナニーを始めてしまいました!暫くするとみゆきは自ら短パンを脱ぎました。すると三沢は階段を少し降りてみゆきを寝かせクンニをし出しました。

みゆきはタオルで口を覆い声を抑え、三沢は舌や唇で割れ目に顔を埋め舐めていました。クチュクチュって音が聞こえてきました。そしてついに三沢は反り返ったちんぽを出すとゴムを着け一気にみゆきのアソコに刺し込みセックスが始まりました!
みゆきと三沢のセックスは激しく、合体した結合部分が丸見えでした。三沢の硬く反り返ったちんぽは高速でみゆきの割れ目を出たり入ったりしていました。
二人共相当感じているらしく、結合部分は白濁の泡になり二人の吐息だけはっきり聞こえてきました。その内三沢はみゆきのオシリの穴をイジリ、出しました!みゆきの肛門は激しく収縮していて遂には指を挿入してきました。
僕はジャージの中のヌルヌルになった自分のちんぽを激しくシコりました!みゆきは必死に声を抑えながらも微かに「三沢君凄い!マジ凄い!ダメぇ~イッちゃうじゃん!いやぁいやぁ~どうしよぉ~」マジ声を上げてました。
時折みゆきはカラダをのけ反らせ口を開けたまま声にならない声を上げイッていました。
次第に三沢のピストンが高速になり、「みゆたんイク出ちゃう!我慢できねぇ~」と言い始めると、みゆきも「みゆきもダメぇ~イコ!いっしょだよ!いっしょ!」そして激しく二人共果てました。僕はパンツの中で大量の射精を二度してしまいました。
みゆきは半裸のまま暫く三沢とキスしながらセックスの余韻に浸ってました。三沢とみゆきが着衣を直し始めると僕は慌ててその場を立ち去りました。
ショックで僕は部活を早退して帰宅しました。途中みゆきからメールが来ました。
内容は「帰ったの?大丈夫?」って!僕は「さっき体育館にいなかった?」と返すとみゆきは「気分が悪くて更衣室にいた」との返事でした。次の日も僕は体育館にみゆきと三沢がいないのを確認して同じ場所を覗きに行きました。
するとその日はいませんでした。僕は昨日みゆきと三沢がセックスしていた場所に立つと近くにあった机のわきからエロいティッシュを見付けました。
中には三沢の精液が入ったゴムがありました。僕は悔しくてゴムを投げ捨てながら何気に屋上のドアに手をかけると、扉が開きました。
まさかと思い屋上にソッと出てみると、エロ声がしました!貯水槽の裏でみゆきと三沢がセックスしていたのです。
みゆきは全裸にされてました。長くなりましたがこれは本当に事実です。
僕は自分の彼女である米坂みゆきと後輩の三沢のセックスを覗きながらオナニーしました!
悔しいのに異常に興奮している僕です。おかしいですか?ハァ~今日も部活抜けて覗きながらオナニーしていまいそうです。狂いそうです。