ロリ可愛い嫁友 続6編

前編は以下のとおり
ロリ可愛い嫁友
ロリ可愛い嫁友 続編
ロリ可愛い嫁友 続続編
ロリ可愛い嫁友 続3編
ロリ可愛い嫁友 続4編
ロリ可愛い嫁友 続5編

俺は固くなったチンポをマナミの腰骨のあたりに押し付けた。
マナミ「・・・なんでこんななってるのぉw」 
俺「マナミを犯せると思ったらこうなった」

頬に2、3度キスしながらそう言うと「やん・・・///」と顔を赤らめた。

「せっかく洗ったんだからもう汚しちゃマズイよな」 そう言って俺はタイツとパンティを膝まで降ろした。白く、ほどよい丸みを帯びた尻が剥き出しになった。

「もぉぉ、ちょっとぉ、やだ・・・ほんとに恥ずかしい・・・///」
マナミは扉に手をついたままだ。

俺「・・・嫌?じゃあ濡れてなかったらやめる、あやまるよ。それでいい?」
マナミ「いいよ。濡れてないもん・・・」唇を尖らせ、怒り口調で言った。 

意外にもマナミが自信ありげだったので、正直やりすぎたと思ったが、それは杞憂に終わった。後ろから割れ目に中指を当てた。

ぐっしょりというほどではないが、確かに濡れていた。

俺「・・・これは何?」 マナミ「あは・・・おしっこ?ww」 
俺「ヌルヌルしてない?」 マナミ「そうかなぁ?w」

指の腹の感触ではマンコは開いていたし、第一関節程度を穴に出し入れすると指に愛液がまとわりついた。

俺「お仕置き続行だな」 
マナミ「ぇ~///」 俺は勝ったと思った。

「マナミも興奮してたんじゃん。ん?どうなの?これって濡れてるよねぇ?」
指で中を掻き回す。

「・・・!はぁっ、はぁっ・・・」とマナミの呼吸がだいぶ荒くなった。
「これじゃもうやめてほしくないよな?続けてほしいだろ?」 

俺は一旦指を抜き、前から股に手を入れ直した。
「まぁやめてって言ってもやめないけどな。お仕置きだから。」

わざと冷たく言い放ち、クリトリスを摘まんだ。
「あぁんっ、はっ・・・あっ」マナミは一瞬油断したのか大きな声で喘いだ。

それに気づいたのかマナミは口をパーカーの袖に押し付けた。「外に聞こえるって・・・それとも聞いてほしいの?エッチだなぁ、マナミは。」俺は容赦なくクリを攻めた。 

「うっ・・・んっ・・・」と声を殺してビクビクと体を震わせた。
「それはズルいなぁ。もうやめよっかな・・・」俺はボソッと言って指を止めた。

「はぁ、はぁ・・・え~w」マナミは紅潮した顔でこっちを見た。

俺「ちゃんとおねだりできたらいかせてあげるよ」 
マナミ「えぇ~、恥ずかしいよぉ。無理だよぉ///」

俺「ほら、言えって」 クリを1回キュッと摘まんだ。
マナミは「あん・・・」と、ため息交じりに喘いだ。

マナミ「・・・いかせて・・・ほしい・・・」
蚊の鳴くような小さな声で言った。

俺「どうするとイクの?」 
マナミ「クリちゃんいっぱい触られると、・・・いっちゃうのぉ///」

俺「これのことかな?」クチュクチュと高速で摘まんだ。

マナミ「うんっ、それ・・・いっぱいしてぇ/// ああぁぁぁ、やばぁい・・・気持ちいぃ・・・!」
俺「上手におねだりできたな。かわいいよ、マナミ・・・」

マナミ「はあっ、もう壊れちゃうよぉぉ!はああぁぁぁ・・・・!」

今まで見たことないほどガクガクと震えた。大きくビクンとした後、マナミは俺の手首を掴んで制した。

「はあっ、はあっ・・・自分が・・どっか行っちゃうかと・・思った・・・」
荒い息でマナミは途切れ途切れに言った。

俺は休憩を入れずにすぐさま自分のパンツを下ろした。
「ほら、ケツ突き出して」ギュッと尻を掴んでマナミを少し手前に引き寄せた。

マナミは前付きなので立ちバックはやりにくかった。ドアのレバーを低い姿勢で掴ませた。「もらしたみたいに濡れてるな・・・いやらしい」そう言ってチンポをねじ込んだ。

「はぁっ・・・んっ・・・」マナミの荒い息は全然治まっていなかった。

パンパンと突くと、時折ガタ、ガタと扉が音を立てた。マナミは襟元あたりに口を沈め、こもった喘ぎ声を出していた。

「もしドアの向こうに人がいたらどう思うかなぁ?な、マナミ。」
俺は腰を振りながら聞いた。

マナミ「やだぁ、恥ずかしい・・・んっ///」 
俺「多分全部聞こえてるよな。時間も時間だし何人か通ったかもな」

マナミ「やぁん・・・」 俺「マナミはクリちゃんが敏感だってバレたね」 
マナミ「やぁだぁ、やぁだぁ・・・///

言葉攻めするとギュウギュウと締め付けてくる。(わざとなのか無意識なのかわからないが)自分は長持ちなほうだが、マナミのマンコには全く歯が立たない。おそらく5分もってないと思う。

「あー!いくっっ!」 マナミの尻の柔らかい所ににこすりつけながら発射した。
昨日したばかりなのに、多めの精液が飛び出した。

マナミのタイツや床を汚してはまずいと、こぼれ落ちそうな塊の精液だけ2本の指ですくい取り、マナミの口に近づけた。

マナミは俺の手を取り、塊を口に運んだ。ちゅっちゅっと音をたて、指をきれいに舐め上げた。

俺「また・・・シャワー浴びなきゃいかんね」 マナミ「ほんとだよっ、もぉ///」
ラブホを出て、喫茶店で軽い食事を取って地元に帰った。

マナミ宅の前に着くと、帰り際に煙草くらいの大きさの包装された箱をくれた。

俺「なにこれ?」 
マナミ「えっ?わかんない?にぶいね、○○。ま、帰ってから開けてね♪」

チョコレートだった。バレンタインだったか・・・
家に着くまで本気でピンクローターだと思った俺は大馬鹿野郎です。orz