彼が喜ぶコスプレエッチ

はじめてコスプレしながらエッチしたのは17歳の時でした* もともとビジュアル系バンドが好きで、ゴスロリしていたあたし。 ライブのときはコスプレが当たり前。 そんなあたしにとって”コスプレ”は日常みたいなものでした。 

彼もそんなゴスロリなあたしをものすごくかわいがってくれて。 そんな彼とゴロゴロしていた日曜日、急にささやいてきました。 「セーラー服を着た瀬玲菜が見たいな」 ドキッとしちゃいました。でも、大好きな彼のため。 

あたしも久々にセーラー服を着てみたかったので、 中学生のときのものを引っ張り出してきて着てみました。 もちろん、スカート持ってぶりっこお姫様ポーズ* と、突然、彼が後ろからぎゅーってしてきました。 

「瀬玲菜、かわいい」 そして首筋にキス。 首から耳にかけて弱いあたしは思わず感じちゃいました。 「やめて、セーラー服が汚れちゃうよ・・・」 「瀬玲菜、我慢できないよ」 そういって彼はあたしの胸をさわさわしてきます。 

コスプレしているこんなあたしに興奮している彼を思うと、 ちょっと嬉しくて愛おしくなっちゃって、拒めません。 「ベッドじゃなきゃやだよ・・・」 あたしが言えるのはこれが精一杯でした。 ベッドにあたしを連れて行った彼は、 ブラとパンティだけうまく脱がして、セーラー服は脱がしてくれません。

 「ちゃんと全部脱がしてよ」 「これがいい。中学生の瀬玲菜としたいんだ」 なんて言う彼。あは、あたしもちょっと興奮しちゃいました。 彼はあたしのおっぱいをちゅうちゅう吸って、まるで子供のよう。 でもあたしはそんな彼に感じさせられちゃいます。 

「あ・・あ。気持ちいいよ・・・」 あそこが濡れ濡れになっちゃって、 大事なセーラーが汚れないかちょっと心配になっちゃいました。 なので、挿入後は騎乗位。 彼がいっぱい興奮してくれたので、 あたしもいっぱい上で動いてあげました。 

あたしが動くと彼から吐息が漏れて、うふ、彼が本当にお馬さんみたい。 彼はいつもより早く出しちゃいました。しかもいっぱい。 でもとっても満足。時間よりも中身のあるエッチ。幸せでした。 ここからあたしのコスプレご奉仕が始まっていきます。次は何着ようかな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。