写真が趣味の男友達に撮って貰っている間に興奮してセックスしちゃったエッチ体験談

写真が趣味の男友達に撮って貰っている間に興奮してセックスしちゃったエッチ体験談。

仲の良かった男友達との事を書きたいと思います。
男友達のKとは高校の時に知り合ってからご飯を食べに行ったり
映画を見に行ったり普通の友達の付き合いをしていました。
1年程前からKは趣味で写真を撮るようになり、写真を撮るために一緒に山に行ったり海に行ったりたまにモデルを頼まれて写真を撮ってもらう事もありました。
ある日、写真を撮りに行った帰りに雨に降られてびしょ濡れになってしまったので
Kの家で服を乾かす事になり初めてKの家に行きました。

下着は濡れてなかったのでKのトレーナーとジャージを借りて着替えました。
服が乾くまでの間Kが今まで撮った写真を見たりKの自慢のカメラを見せてもらったりしてたらKが私にカメラを向けてきたので、私も調子にのってポーズをとって写真を撮ってもらってんだけどKは「ちょっとだけ胸の谷間を撮らせて」ってお願いしてきて恥ずかしかったけど谷間くらいならいいかな・・・と思い撮ってもらいました。

撮ってもらってるうちに変な気分になって自分から胸を寄せてみたり。
そしたらKはトレーナーをまくり上げてきて「恥ずかしいよ・・」って言ったら
「綺麗な写真を撮ってあげるよ」って言ってトレーナーとジャージも脱がされ下着だけになりました。
恥ずかしがってる私を見てKはディープキスをしてきて「綺麗に撮ってあげるからね」って私に色んなポーズをさせて何枚も色んな角度で写真を撮りました。
何枚か撮った後にブラをはずされパンティーだけにされて「リラックスしてね」と言って私の胸を軽く揉みました。
何枚か撮った後に「乳首が立ってた方がいいな」と言って私の敏感な乳首を舌で転がしてきました。

私はHな声が出そうだったけど恥ずかしかったのでこらえてるとKは乳首を指で転がしながら首筋や胸の周りを舐めてきて、「Hな表情になってきたね」と言い又写真を撮り始めました。
今までより過激なポーズを要求してきて写真を撮ってるうちに私も興奮してきてすごく濡れてきてるのがわかりました。

するとKは「パンティーにシミが出来てるよ」と言いながらパンティーを脱がしてきました。
Kはカメラを置いて又私の乳首を吸ってきて、私は我慢できずにHな声が出てしまい
Kも興奮して乳首を吸いながら私の濡れ濡れのアソコを優しく触って来ました。
「もうビショビショだね」と言いながら指に私の愛液を付けて私のクリをゆっくり回すように撫でながら乳首を吸ってきました。すごく感じて自分でも恥ずかしいくらい濡れてるのがわかりました。

すごく濡れてるのですごく滑りが良くてHな声もすごく出ちゃった。
Kはピストンしながらクリを触り乳首を舌で舐めて、もう気持ち良すぎて何回もイッちゃいました。

Kも興奮して結構早くイッちゃったけどKのHはすごく気持ち良かったです。

それ以来Kとは写真を撮りに山に行った時に山でHしたりもしてます。
Kとはこれからもいい友達関係でいられそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。