1/3)弟がかわいくて誘惑して襲ってしまった近親相姦のエッチ体験談

弟がかわいくて誘惑して襲ってしまった近親相姦のエッチ体験談。全三話。

うちの弟はまだ10歳だけどモノスゴクかわいい!!
ちょっと女の子だか男の子だか解らないくらいの美少年です!
お母さんも私も溺愛状態で、もうホッペとか触りまくってます。
オフロとか一緒に入りたいんだけど、弟が恥ずかしがって
一緒に入ってくれないんですよ、ピカピカの肌がみたいのになぁ。
ちゃっとだけイタズラとかもしたいかな。あはは。
なんか最近ほんとに自分でも「ヤバイかも」と思ってます。

私は19歳で大学行ってます。
弟は今5年生ですよ。もうすぐ11歳になるんだけど
他の子に比べて発育悪いみたい、背も低いし細いし
色が白くてホントに可愛いんだよ。女の子みたい。
でもやっぱりもう勃起とか射精とかしてるんだ?
お風呂にあとから強引に入るってゆうのも何度か
考えたんだけどねー。なんかそこまですると可哀相
な気もするし、嫌われそうな気もするし複雑。

でも私ももう好奇心は抑えられないって感じだし・・・・
トラウマかぁ・・・・なんかそんなの最悪だよねー
でも私もトラウマになりそう、弟のオチンチンみて
もしかして最後まで行っちゃったらとり返しのつかない
ことしたって思うだろうし、弟を傷つけてまで私の
欲求みたいなのを満足させるなんて、そんなの嫌だなぁ。
でも弟が望んでたら・・・・なんて思うと興奮してる
私がいるのも事実なので、なんか混乱しまくってます。

今弟は祖父の家に行っていて家には居ないんだけど
一緒に行って海で泳げば良かったかな・・・水着で
興奮とかするのかな?そしたら明日でも良いから
お爺ちゃんの家に行ってこようかな。悩むなぁ。
家に帰ってきたらちょっと下着とかのままで目の前
通り過ぎたりするのも有効かもしれないね。
こうゆうのは両親居ない時しかできないから、
何とか機会つくりたいなぁ。どんな顔するのかな・・・・
きっとビックリするんだろうな、なんか想像
してたら弟がまた急に可愛くなってきちゃった
もうねます、おやすみなさい。

おはよう。
強引なのはやっぱりいけないよね最後まではしないと
思うけど、触ったりとかするのはしちゃうかもしれない。
でも弟がいやだって言ったら、やっぱりやめます。
一人エッチを弟がしてるの想像するとほんとに
なんだか興奮しちゃう・・・私やっぱり変態かもしれない。
弟は胸とか触りたくないのかな?私の下半身とか見たりとか
したくないのかな?もし「見たい」なんて言われたらすぐ
見せちゃうんだけど、弟はきっと言わないよね。なんか残念。

昨日の夜考えたんだけど、私やっぱりお爺ちゃんの家に行きます
弟になんか凄く会いたくてしょうがないし、そばに居たい。
会ったらホッペにキスしちゃおう。いつも逃げられるけど
今日は絶対離さないぞー!ぎゅーって抱きしめちゃおう。
できたら弟が少し積極的になってくれたらいいんだけど・・・
それじゃ行ってきます、後4日くらいだけど楽しんできます。


こんにちわ。おじいちゃんの家から帰ってきました
あんまり天気が良くない日が続いて海には2回しか
行けなかったけど、けっこう日焼けしました。
月曜日からアルバイトがあるから帰ってきたんだけど
もう一日居れば良かったかな・・・・弟とはちょっと
ドキドキな体験があって、なんだかこれからの事が
少し心配です。でも、なるようにしかならないからって
少し開き直っちゃってる私は危ない人かもしれない。
体験した事は後で書きます、今はちょっと眠くて
晩御飯まで寝ることにします、それじゃまた。


こんにちわ、昨日の夜は何だかすごく疲れちゃっていたから
10時ごろに寝てしまいました。寝過ぎちゃって少し頭が痛いです。
弟との事なんだけど、なんだか書くのには勇気が要ります。
でも最後まではしなかったし、それで良かったと思っています。
おじいちゃんの家は千葉県の鴨川にあって歩いて15分で砂浜のある
海岸までいく事ができます。海から吹く風があって潮のにおいが
すごく良い感じです。私がおじいちゃんの家に着いたら弟は海に
行ってるっておじいちゃんが言うので、私は弟にあいたくて
荷物を部屋においてすぐ水着に着替えてその上からワンピース
着て海に行きました。


海についたらたくさんの人がいて、弟は
なかなか見つからなくて、変なナンパ男が近づいてくるし嫌になった
ので帰る事にしました。その帰り道に私の前を歩く弟の姿が見えたので
何だかすごい嬉しくてわぁって駆けていって後ろから弟に抱き付きました。
弟は海の匂いがして少し日に焼けてて、もうスゴク可愛い!!
ツルツルのほっぺが日焼けで赤くてピカピカしてたからなんだか
胸が熱くなっちゃって、そのホッペにチュウしたかったけど人が見ていた
からできませんでした。だけど後ろから抱き付いた時弟が嫌がらなかった
ので嬉しかったです。ただビックリしてただけなのかもしれないですけどね。

誰かがここで書いていたけど、胸を押しつけるのも少ししました。
でもあんまり私は胸が無いので効果は薄かったかもしれないです。
だって、弟はその後私の方には目もくれないんですよ。おじいちゃんの家に
帰って御飯食べる時も、テレビ見てる時も、学校の夏休みの課題を
やっている時も、私とは一切話もしてくれないし・・・・・。
だからその夜は「嫌われちゃったかな」とか思って夜は眠れなかった。

その次の日のことは長くなっちゃから後で書きます。
明日のバイトの準備しておかないと。

やっぱり意識してたのかなぁ?弟は大人しくて
はっきりといわない子なのでなんだかとまどっちゃいます。
でもそこがまた可愛くてしょうがないんだけど。

それで次の日の事ですけど、朝から雨が降っていて
弟は仕方なく家でテレビでも見る事にしたみたいで
2階には2つ部屋があって弟と私が使っていました
弟の使ってた部屋には小さいテレビがあるんですよ。
私はなんだか昨日の弟の態度が気になっていて一人で
悩んでました。でも悩んでいてもしょうがないって
思ったので弟の部屋に行ってテレビでも見せてもらおうと
思ってそれで私が「テレビ見せてくれる?」って言って
入っていったら体育座りでテレビ見てる弟の背中が
なんだかすごい緊張してるのがわかっちゃった。

返事してくれないから勝手に部屋に入って弟の後ろの方に座って
テレビ見てました。ほんとは私テレビじゃなくて弟の
可愛い横顔とか、細い腕とか、日に焼けてるけどきれいな肌
とか見てた。我慢できなくて「ねぇねぇ」って話し掛けたんだ
けど弟は無視するんですよ、何だか急に憎らしくなって少し
泣きそうになりました。そんで自分でも何してるか分からな
かったけど急に立ち上がって弟を後ろから包むようにぎゅっと
抱きしめて「なんでしゃべんないの?お姉ちゃんキライなの?」
って言いながら揺さぶったりとかしちゃった。

けっこう大きい声だったかもしれない。涙が出たのは私も自分で
ビックリしちゃった。弟はビックリしたみたいでずっと
体を固くしてたから、私はまた急に自分のしてる事に気づいて
「ごめんねごめんね」って言いながら弟の頭を撫でてました。
しばらく撫でてたけど弟は嫌がらなかったのね、いつもなら
頭とか撫でられるのが一番嫌みたいですぐ逃げるのに・・・
10分くらいそうしていたら私も気分が落ち着きました。

「宿題するから」って弟が言うので私が手伝ってあげる事に
しました。そんで課題してるときにまた気持ちが高ぶって
弟のホッペにチュウしちゃった。ほんといつもなら弟は
チュウされるのは嫌がるのに、その時はなんだか恥ずかしそうな
顔して笑うだけで平気そうだったから、私嬉しくてまた
泣きそうになっちゃった。教えてる間も普通に話してくれて
しあわせでした。課題終わるまでに3回もホッペにチュウ
しちゃった。チュウするたびに一応胸も押しつけてみました。

そんで胸を押しつけてみたけど、あんまし弟は反応が
無かったから、やっぱり胸が大きくないからなんとも
おもわないのかなぁなんて思ってたんだけど・・・
下半身みればもしかして反応わかるかなって思って
見ようと思ったけど、机が邪魔で見えなかったんですよね。
覗き込んだりしたら変態とか弟に思われそうだからそこまで
はしなかったです。それで課題が終わったらちょうどお昼
だったから、昼御飯を食べました。

2時くらいになって
空が晴れてきたので風が少し強かったけど弟と2人で海に
行く事にしました。水着に着替えてワンピースを着て弟の
手を引いて海に行ったんですけど、海の波が高いから
海水浴は禁止になってました。しょうがないからまた家に
帰る事にして一個のアイスを2人で食べながら帰りました。
間接キス・・・なんて思いながら帰るとおじいちゃんが買い物
に出かけてたので、ちょっと自分でも驚くくらい大胆になって
弟に「水着で一緒にお風呂に入ろうか?水風呂どう?」って
言っちゃった。弟は何も言わないで目をクリクリさせてるから
手をちょっと強引に引いてお風呂場まで一緒に行きました。

脱衣場で私はさっさとワンピース脱いだけど弟はなんだか
もじもじしてるから、Tシャツを私が脱がしてあげた。
下も脱がしてあげようと思ったけど、弟が自分で脱いじゃった。
おじいちゃんの家のお風呂は大きくて木が張ってあって
温泉の宿に来たみたいな感じです。でもちょっと古い感じ。
オフロの湯船にはもう水が入ってたから、その水を少し
オケですくって弟の足の先にかけてあげた。私も自分の足に
かけて、ちょっとイタズラっぽくイキナリ湯船の水を弟に
バシャッてかけた「つめたい」って言って弟も私にかけて
そんで2人でしばらく水のかけっこしてたのね。そんで私が
もう息が苦しくなって弟に抱き着いてやめさせたの。2人とも
息がはぁはぁしてて、なんだかエッチな感じだった・・・・

私またいきなり「お姉ちゃんとチュウしない?」って弟に
思い切って言ったら弟は小さい声で「え?」って訳が解らない
って感じだった。「お姉ちゃんが口にチュウしても怒らない?」
って抱き着きながら弟に言ったら、弟は少しだけウンって
うなずいてくれたから、口にチュウしちゃった。弟の唇は
すごい柔らかくて甘い味がする。ぎゅーって抱きながらチュウ
してたら弟が苦しそうだったからやめました。それで
私の方が何だか腰がフニャフニャしてきちゃったから
何だか立っていられなくて、水が入った湯船に入って
少し落ち着こうと思いました。私が入ると弟も一緒に
入ってきました。

それで弟も一緒に入ってきたんだけど、弟は何だか目が
キョロキョロしちゃって混乱してるって感じだったから
私はもうこれ以上したら弟のトラウマになっちゃうんじゃ
ないかって思って、もうこれ以上しない方が良いだろうなぁ
って決めました。でも水の中に入ってる私の体は何だか
自分の体じゃないみたいにガタガタして指もブルブルしていて
ものすごく興奮してるっていうのも自分で解ってた。

冷たい水の中なのに、体の中の方はものすごく熱くて
下半身の大事なところからあの水が出てるのも解ってた・・・
私の様子が変だってわかったんでしょうね、弟はだんだん
私の事が心配になたみたいで「大丈夫?へいきなの?」って
言ってくれて、大きい目が私の顔を見つめていて、もう私
その目を見たらダメでした。また抱き着いちゃった。
弟はただ黙って私のすることを受け入れてくれました。
ほんとはただ怖かっただけかもしれないけど・・・。
弟に抱き着きながら顔とか口にたくさんチュウしました。
やっぱり子供だから舌とか入れたりとかしなかったけど
それでもすごい嬉しいチュウでした。私はもう抑えきれなくて
「ね、胸とかみたくない?」って弟に聞きました。

弟の返事はどうだろうってドキドキしながら待ったんだけど
弟は顔を真っ赤にしながら何も言わないんです、その顔が
またすごく可愛くて、もうホントに食べちゃいたい。
「ちょっとだけ見てみる?」って言ってみました、そしたら
少しだけウンって感じでうなずいてくれたから、水着を左肩
から外して左の胸を出しました。弟は目をはずしてこっちを
見てなかったから「どうしたの?見ても良いよ」って言って
こっちを向かせようと思ったけど、見てくれないんですよ。
私またすこし強引にしてみました、弟の右手をとって私の
胸の上にそっと手をのせて弟が嫌がらないかどうか見てました。
「どう?どんな感じ?」弟は目をそらしてて何も言いません

私は湯船の中で膝立ちになって、胸が水の上に出るように
したのね。弟は私が動いたから他の何かされるんだろうと思った
んじゃないかな。私の方見たの、そしたら私の胸を見ちゃって
そのままずっと私の胸見てた。手は私の胸の上に置いたまま
で動かすとかしてなかったのね、私もうなんだか変態に思われ
ても良いやって思って、弟の下半身上から覗いちゃった。
水の中だったけど、弟の海パンが少し盛り上がってるのが
見えちゃった。何だか弟の息遣いも少し荒くなってるような
気がしたし、じーっと胸も見てるから興奮してるのが解りました。
弟が私のからだ見て興奮してる!って思ったらすごく嬉しくて
私も興奮しちゃって水着を右肩から抜いて両方を胸を出しました。

弟の左手をとって両方の胸の上に弟の手をのせてあげました。
弟はどうしたらいいかわかんないんでしょうね、困った顔を
してたから「ちょっとこうゆうふうにしてごらん」って言い
ながら弟の手を両方の胸を軽く揉むように動かしました。
「どんな感じ?」って聞いたら弟は首をひねって「わかんない」
って言ってました「柔らかい?」って聞いたら「うん」って
返事してくれました。弟は段々なれてきたみたいで私が手を
貸さなくても自分で私の胸をグニグニって触ってました。

それで弟はしばらく私の胸を触ってたけど胸の先の方だけは
触らないのね、弟は何だか触っちゃいけないと思って触らな
かったんじゃないかな。「先の方触ってみて」って言って
弟の手をそこにもっていきました。「ここは乳首って言うの」
って言いながら弟の手を動かしてあげました。弟はじーっと
乳首を見てて、私なんだかその顔見てたらまたすごく興奮
しちゃって、それに弟の手が私の胸の感じるところを触って
るって思ったら頭がくらくらってしてきました。弟は乳首が
気に入ったみたいで手を色々と動かして私はもう手を貸さな
かったのね、私はそれまで声とか出さなかったけど弟が乳首
をキュッって感じでつまんだら「あっ」って声を思わず出し
ちゃった。弟はビクッて体をさせて私の顔をみたの、なんか
悪い事したと思ったみたいです。

その目が可愛くてまたチュウ したくなったけど、
なんだかもっとスゴイことしたくなって
「ね、胸チュウチュウする?」って言ったんだけど、でも弟は
いきなり首を横に振ったの「したくない?」って聞いたら
「うん」って言われちゃったからやめました。本当はそこで
胸を弟の顔に押しつけたかったんだけど無理矢理はいけないって
思ってたからやめておいたんです。でも私なんだか
興奮がおさまらなくてもっとすごいこと言っちゃった。

「下の方見たくない?」弟はまた黙っちゃって、じーっと
してます。きっと見たいんだなって勝手に思っちゃって
水着を下の方に下げていきました。弟の目線が私の手の
動きに合わせて下がってるのがわかった。私は胸がドキドキ
しちゃってて心臓発作とか起こしちゃうんじゃないかと
思ったくらいです、弟もきっとそんな感じだったんでしょうね。
水の中で水着を脱ぐのってけっこうたいへんです、水着が
張り付いちゃって腰のところまで下げたけどその下は少し力
を込めてグッて下げないと下がらなかったからそうしました、
そしたらいきなり全部下まで降りちゃった。

「あっ、毛がある」って弟が小さい可愛い声でびっくりした
みたいに言いました。私はそれを聞いて恥ずかしくなって
顔が熱くなりました。「あるよ、大人のひとにはみんなあるの」
って何だか恥ずかしさをごまかすみたいに早口で言いました。
動きにくいから水着は全部脱いじゃった、弟はずっとその
間水の中の私の下半身を見てました。水着脱ぎ終わった
けど私はその先どうするかなんて考えてなかったから弟と
2人でお互いの顔を見つめあってました。

私またチュウが
したくなって「チュウしよう」って言って抱き着いて口に
チュウしました。弟もすこし慣れてきたみたいで苦しそう
じゃなかったから長くチュウしました。ちょっとだけ舌を
出して弟の唇とか舐めたりしてました。そしたら弟がほんの
少しだけ口を開いてくれたから歯とかも舐めました。
舌は出してくれないから舐めるのあきらめちゃった。
弟の肌は柔らかくてすべすべです、大人の男の人とは
違うんですよ女の子みたいな肌なの。

それでチュウしてる間に弟の右手を私の胸に持ってきて
触らせてあげました。弟は私が教えてあげたように
グニグニって感じで揉むように触ってくれました。
私の脚のところに弟の下半身が当たってるのが解りました。
少し弟の腰が動いてるのも気づいちゃった。
何だか2人ですごい息が荒くなっちゃっててお風呂場の
中にその息づかいっていうか、そうゆうのが響いてました。

その音を聞いていたら何だか私はよけいに興奮しちゃって
バカなことしちゃったんです。強引だったけど胸を触ってる
弟の右手を私の大事なところに持っていきました。
そしたら弟はいきなり体をもぎ離すみたいにして私から
離れちゃったの、私必死になって弟の体を離さないように
しようと思って抱き着いたけど、弟の方が力がつよくて
離されちゃった。弟は「はぁはぁ」って息しながら向こう
向いて私の事を見てくれないの。私またやり過ぎちゃった
って気がついて泣きそうになりました。

「ごめんね、もうしないから許してね」
って言って謝りました。私これでもう終わっちゃったな
って思って悲しくてしょうがなかったです。そしたら弟が
「ちがうよびっくりしただけ」って言ってくれたんですよ。
「そう?そうだよね、びっくりしたよね、ほんとにごめんね」
って言って私また後ろから抱き着いちゃった。
「ごめんね、ごめんね」って言いながらチュウの嵐です。
顔とか首筋とか肩とかにもチュウしました。弟はチュウが
くすぐったいらしくて可愛い声でわらってました。
その声がまたすごい可愛いんだもん「もう食べちゃうぞ~」
って言って少し噛み付いちゃった。

でもさっきから弟の
下半身のことが気になってしょうがなかったです、だって
海パンの前の方が大きくなってるの見えるんですよ。
弟のを見たくて見たくてなんか理由つけようと思って
「ね、もう大人になった?毛はもうある?」って
言ってみました。弟はすごい恥ずかしそうに
「短いのならある」ってこたえました、私また頭に血が
カーッて上っちゃって「お姉ちゃんに見せて」って言い
ながら海パンに手をかけて下ろそうとしたけど弟は座ってるし
水の中だから下ろすのはできなかったのね、だから勇気だして
弟に「ちょっと立ってみて」って言って立たせました。

弟が絶対に嫌って言うと思ってたから素直に立ってくれて
ちょっとびっくりしました。それでこっちに向かせて私が
海パンを下ろしていったんだけど、弟の息づかいが
すごかったです、もう息が私の方にかかってくるくらい
「はぁはぁ」っていってました。水で濡れてたせいで脱がし
にくかったから力を入れてグイッて一気に下ろしちゃいました。
びっくりしちゃった。絶対そんなに大きくないと思ってたから
弟のオチンチンみた時はガーンって感じでした。けっこう
大きいんです、10センチくらいあるんじゃないのかな・・・
それが上の方向いてブルブルって感じで揺れてるの。
色は白くて固くなってても皮がまだかぶってるのね、
でも先の方は皮がかぶってなくて頭の部分はピンク色してた。

大きくて少しビックリしたけどすごく可愛いオチンチン
でした。私もう目が危ない目してたと思う・・・だって
すぐに口で舐めたいって思っちゃってたから。目が
ぎらぎらしてたと思います。そいで手で触ろうと思って
手を伸ばしたら弟は水の中に急に座っちゃったの。
そんで向こう向いちゃった、私後ろから抱き付きながら
胸を弟の背中にグニグニって押し付けて「ね、ちょっとだけ
触らせて、すこしだけ」って弟の耳に「はぁはぁ」って荒い
息しながら言いました。弟は何も言わないで黙ってました。
私もう触りたくてしょうがなかったから右手で弟のオチン
チンをそっと触っちゃいました。そんなに固くなかったけど
すごく熱かったです。

弟は私の腕を掴んで動かせないように
力入れてたから私それ以上できなくて、でもなんかそれじゃ
不満でしかたないから「お姉ちゃんのも見せてあげるから
もっと良く見せてくれる?」って弟に言ったら弟はウンって
うなずいてくれました。私は弟と一緒に立って弟を湯船の
はしっこに座らせました、海パンは邪魔だったから脱がし
ちゃった。弟は恥ずかしいから前かがみになって腕で
オチンチン隠してたけど私がゆっくりその手をどけました。
弟の毛は産毛みたいのしかなくて2本くらいだけ長いのが
ありました。さっきよりも先の方は皮がかぶってなくて
ピンク色の頭のところがまた少し多く見えてたの。パクッ
ってそのまま口に入れちゃいたかったけど、弟がショック
受けると思ったから我慢して手で触る事にしました。

私が触るたびにビクビクッて弟は体動かすの可愛いでしょ。
「ここキレイにしないとだめなんだよ」って言いながら
皮を下に動かしました、そしたら「いたい」って言って
私の手を弟が掴みました。「だいじょうぶだいじょうぶ」
って言いながら少しずつ皮をむいていったらピンク色の
すごくきれいな頭の部分が見えました。でもなんだか
白い膜みたいなのが頭の周りにあって、ちょっと臭いが
しました。「白いのついてるよ、洗わないとだめなんだよ」
って言いながら指でその白いカスみたいなのをゆっくり
落としていったの、水掛けながら指でこすってるとオチンチン
の先から透明の液が出てきて私はその液を指ですくって白い
のをドンドン取っていったんです。

弟は目をぎゅってつぶって
オチンチンの刺激に耐えてるみたいでした、その顔見てたら
可愛くてしょうがなくて思わずパクって口にオチンチン
入れちゃったの、そしたら弟は腰をガクガクってさせて
「あ~っ!」って言いながら精液だしちゃったんですよ、
私の口の中に。私はまだでないだろうと思ってたから
油断してました、思わず口を離して顔とかにもかから
ないようによけちゃった。今思えば全部飲んであげれば
良かった。口の中に入った精液は飲んじゃったんですけどね・・。
ぴゅっぴゅって感じで私の胸とかにも精液がかかりました。
弟はまだ腰をガクガクさせて泣きそうな顔をして私の事を
見てます。

私に精液がかかったのを見ると弟が泣き始めちゃ
いました。「いいのいいの、大丈夫だから泣かないで」って
言って頭撫でてあげたけど泣き止んでも口をきいてくれなく
なっちゃって、私は弟を傷つけちゃったんだと思って興奮
とかそうゆうのが消し飛んじゃった。すごく反省しました。
弟は何だか放心状態だったから、湯船から上げて体を拭いて
あげて2階の部屋に連れていって普段着に着替えさせました。
弟はその間ずーっと黙ったままで、私と目を合わせても
くれないの・・・・私、バカなことした・・・自分の部屋に
入って落ち込んでました。その夜も、その次の日も、弟は
口もきいてくれませんでした。

続き 2/3)弟がかわいくて誘惑して襲ってしまった近親相姦のエッチ体験談