知り合いの妊娠中の奥さんとカラオケでセックス

一昨年の夏、知り合いの奥さんが妊娠しました。もともとその奥さんとは、独身時代からの知り合い。結婚してから旦那を紹介されて、何度か旦那を交えて飲んだりした関係です。旦那は美容師をやっていたので、何度か切りに行ったぐらい。奥さん(ミサト)から久し振りの連絡がありました。

「相談した事があるから飲みに行かない?」当然旦那も一緒だと思っていました。ですが待ち合わせの駅に行くと、そこにはミサトしかいません。「あれ?旦那は?」「今日は来ないよ。来るって言ったっけ?」拍子抜けしたが、その瞬間思いました。相談て旦那との事なんだなって。寂れた田舎町ですから、駅前に1店舗だけある居酒屋に行きました。歩いている時も店に入ってからも、ミサトには特に変わった事はありません。

まずビールを飲んでしばらくは世間話。相談があるようには見えなかったので、ちょっと飲んでから切り出しました。「そんで今日は何の相談なの?」「実はね・・妊娠しちゃってさ~」「ほぉ~!良かったじゃん!前から子供欲しいって言ってたんだし」「う~ん・・そう~なんだけどさぁ~・・」「ん?まさか旦那以外の?」「それはないけど!うちの人の子なんだけどさぁ~」「じゃ~イイじゃんかよ。どうした?」

「ほら、アタシ最近ネイルの仕事してるじゃん?」「あぁ~言ってたね」「検定とか色々あるから、今仕事休むと復帰できそうにないんだよね」「でもギリギリまでやったら?」「それとうちの人が独立しようかとかあってさ~」要するに、今子供ができたら、旦那の独立&ミサトの仕事に影響があると。だったら子供作らないように努力したら良かったのに。自分勝手にもほどがあるでしょ。正直そう思いながら聞いてました。

「でもさぁ~避妊とかしてなかったんだろ?」「いつもはしてるけど、1回だけ旦那が酔っ払ってた時ね・・」「そうは言ってもさぁ~。旦那には言ったの?」「まだ言ってない。どうしようかと思って」「もしかして中出しっすか?」「違うけど多分酔ってたから少し出たのかも」「お前は酔ってなかったんだろ?」「アタシも酔ってた。だからあんまり記憶にないの」「旦那に言ったら拒否られると?」

「ど~だろ。分かんない」こうした方が良いよなんて言えないから、飲みながら愚痴を聞くはめに。「仕事で忙しいからエッチもしたくなかったのに・・」「3か月ぐらいセックス禁止にしてたら、酔わせてヤラれた・・」「アタシだってしたかったけど我慢してたのに・・」酔いが回るにつれ、ウダウダ系の愚痴。聞いてるのもダルかったけど仕方がない。ちょっと付き合って頃合いを見て帰ろうと考えてました。すると何だか話が変な方向へ。

「妊娠すると性欲増すのかなぁ?」「俺は男だから知らんよ。生理とかが関係してるとか?」「そっかなぁ~。妊娠してから何か変な感じなんだよね」「へぇ~そなんだ。とりあえずオナれば?」「何言ってんのよぉ~。旦那がいるのにできるわけないじゃん」「いやいや、お風呂でコッソリとかね」「だっていつもお風呂いっしょだし。待ってるんだよ~旦那」「仲がヨロシイですねぇ。じゃ、車の中とか?」「それイイかもねぇ~怖いけど。後広いからできそうかな」

「ま~見られたら完全に変態だと思われるけどね」「その見られそうで見られないのがイイ~んじゃん」「お前ってそんな変態だったっけ?知らなかったけど」ミサトは身長が150センチぐらいしかないけど、スタイルはヤバい。この時も酔ってくると、おっぱいを机の上に乗せてる感じ。自分でも言ってたが、おっぱいは垂れてなくて自慢なんだとか。おっぱい以外は華奢だから、よけい大きく見えるのかも。「お前喋りながら机に胸乗せるなよ」「だって重いんだよ~。今日はヌーブラだから肩は楽だけどさ」

「ヌーブラってどうなの?見た事ないけど」「慣れてくるとイイ感じ。ノーブラっぽいかも。揺れは激しいかな」そう言って体をブルブル左右に揺らした。そしたらやっぱりブルンブルンおっぱいが揺れてる。「分かったよ、揺らせ過ぎだって」「でしょ~見たいでしょ~実は」「そりゃ~男ですから?」「見たいなら、見せてって言いなさい!」「お前アホか・・見せて下さい」

「ウケる~マジで言ってんの!」「お前・・いい加減にしろよ・・恥ずかしいなぁ」「はいはい。じゃ~少しだけ見せてあげる。見える?」こんな感じの配置だったから、隣に人がいなかったからミサトは遠慮なく見せてきた。前屈みになって首元のTシャツをグイッと引っ張った。軽く胸元がV字に空いたシャツだったから、それだけでヌーブラの張り付いたおっぱいが丸見えに。薄いピンクのヌーブラが、巨乳を寄せて貼り付いてた。「丸見えだって!しかもしっかり寄せてるし」「見えた~?興奮するでしょ~?」

「しませんけどね、そのレベルだと」「ウソ付け!もう勃ってるくせに!」「いやいや全然フニャチンですが、なにか?」そう言ったらいきなり足で俺の股間を触ってきた。触ってと言うか踏む感じで。しかも届かないみたいで、半分体が机の下に入り込んでる状態。「あっ!ホントだ!ムカつくぅ~」「お前何してんだよ。体が埋もれてますよ?」「アタシの胸みて勃たないなんてムカつく!」

「だからそんなんじゃ勃たないんだよ」「へぇ~じゃ手貸して!」「おう・・何だよ」手を出すと、手のひらを上に向けた感じで机の上に押さえられた。そこにミサトの巨乳の片方をボイ~ンと乗せてきた。「重いでしょ?どう?これなら勃つでしょ~~」「いやいや、そうでもないな。余裕ですけど」言いながら手のひらを動かして、おっぱいを少し上下に揺らしてみた。「なっ!ちょっとぉ!動かさないでよ!まったく・・」

「へっへっへっ・余裕ですから。感じるなよ?」「感じるわけないでしょ。もうヤメた!」「お前・・何がしたいんだよ」実は指先に柔らかいおっぱいを感じて、少し勃起し始めていた。バレたくなかったから余裕を装ってた。今までおんぶしたり抱き付かれたりした事があったから、巨乳の感触は知ってた。でも初めて手で触ったから、ちょっとヤバかった。その後はそんな変な事もせず、昔話とかしながら楽しく呑んでた。隣にカップルが来ちゃったから、そんな事もできなかっただけ。

「じゃ~次はカラオケに行こう!」酔っ払ってノリノリになってきたミサト。前から飲むと朝までカラオケとかあったし。「旦那は大丈夫なのか?」「今日は呑んでくるって言ったから平気!」「呼んであげたら?」「だってマミ達と飲むって言っちゃったもん」俺と飲むのを秘密にしてんのかよって思いました。さすがに知ってるとはいえ、俺と二人で飲むのは許さないか。

1~2時間歌って帰ろうって事で、隣にあるカラオケへ。案内されたのは和室風のボックス。こんな感じ。立ち上がってノリノリで歌うから、ミサトはクツ脱ぎ場の近く。俺は壁に寄り掛かるように奥に座った。別に俺は歌う気分でもないので、ほとんどミサトのメドレー。ピョンピョン跳ねたり手振りを加えてノリノリ。アツいアツいって間奏中にサワーをゴクゴク。それで歌ってるから当然酔いも回る。

俺は普通にウーロンハイをチビチビ。「ちょっと~!歌いなさいよ~!」ポカーンとテレビ見ながら煙草吸ってると、ミサトが噛み付いてきた。どう見ても酔っ払いの顔。「ミサトが上手いから聞いてるんだよ。もっと歌いなさい」「もう~疲れちゃったぁ~交代交代」そりゃそーだろ。一時間近く1人で歌いっぱなしだし、既にウーロンハイとレモンサワーを5杯も呑んでる。「久し振りにアレ歌ってよ~。ぶびゅりほ~で~ってヤツ」

「あ~あれね。イイよ、歌ってやる!」歌い始めたが俺は座ったまま。それにムカついたのか、ミサトが立て立てウルサイ。酔ってるからダメだって拒否ってると、ミサトはいきなり俺の上に座ってきた。思いっ切り座位状態。「お前~どけよ。何座ってんだよ」「立たないからでしょ!ここで跳ねてやる!」「マジで邪魔だからヤメろって、吐くぞ!」「吐け吐け~!」

曲に合わせて上下に動くミサト。吐くとか言ったけど、実はそんな事より勃起しそうだった。ミニスカートだからアソコ付近が、普通に俺のチンコ付近に当たるし。しかも巨乳が目の前でボインボイン揺れてるし。体を反らそうとしても、後は壁で反らせない。ヤメろと言いながら、普通に勃起し始めた。間奏に入った時、ミサトにバレた。「あぁ~れぇ~~?この硬くなってるのは何かいな?あれぇ~?」「硬くない硬くない。気のせいだな」

「へぇ~気のせいかぁ~へぇ~~~~」完全にバレらしく、今度は擦るように動いてくる。左曲がりのチンコは、思いっ切り左モモの上で勃起していた。「ちょっと~、下向きに棒があるんですけど~」「つ~か痛いからヤメろって」「下向きだから痛いんでしょ?こ・れ・がっ!」本気で痛かったので、俺はパンツに手を突っ込んでヘソ方向へ戻した。「何してんの~!手入れないでしょ、普通は」「マジで痛かったんだって」

じゃ~もう痛くないの?」言いながらミサトは上で跳ねたり擦ったりしてきた。もう歌える状態じゃなかったが、やっと歌が終わった。「おまえ・・いい加減にしなさい!」俺はミサトの腰を持って、激しく前後に揺らした。もちろん勃起したチンコが当たるように、密着させて。そしたらヤメるだろうと思ったのに、ミサトは逆に抱き付いてきた。巨乳が胸に押し付けられる。「ちょっ・・お前感じてんじゃね~!」

「激しくヤルからでしょ!アタシがこれ弱いの知ってんでしょ!」「知らねーよ、そんな事。早く降りろって」ミサトは渋々降りて、隣に座った。顔を見てみると、かなり酔っ払っているっぽい。大丈夫か?と尋ねると、全然余裕とか言うが、完全に酔っ払い。ミサトは酔っ払うとちょっと激しい行動によく出ていた。以前に友達数人で飲んでた時も、男にオッパイ揉ませたりしてたし。次の日には覚えてなかったとか何とか言ってた。とりあえず休憩するから歌ってくれと言われ、俺は福山を歌ってた。

そしたら途中でミサトがモモの上に倒れ込んできた。「おいおい、大丈夫か?」「だいじょうぶ~。ちょっとヒザ枕」ヒザ枕だけなら良いかという事で、しばし福山を熱唱。するといきなりミサトはベルトに手を掛けてきた。歌いながらヤメろと拒絶したが、笑いながらベルトを外すミサト。酔っ払ってて外せないと分かったのか、今度はジッパーを降ろしてきた。そして中に手を突っ込んできた。さっきの余韻があったから、チンコは半勃起中。

それをガシッとトランクスの上から握られた。「やっぱり勃ってんじゃ~ん!」「まだ治まってないだけ、さっきのな」「ちゃんと歌いなさいよぉ~~」とか言いながら、ミサトはチンコを上下にシゴき出した。これはヤバいなと。いくらなんでも、ミサトは結婚しているし、旦那も知ってる。しかも妊娠してるって言うし。ヤメろと手を抜こうとしても、ガッチリとチンコを握っているミサト。

しかも上下にシゴくもんだから、チンコも完全に勃起。「ちょっとぉ~!大きくない?これ」「デカくないだろ。普通じゃね?」「うちの旦那はもっと細いよ・・しかも硬いし。カチカチじゃん!」「お前がシゴくからだろ。もうヤメなさい」「じゃ~イッたらヤメてあげる!」「イカないって。俺が遅漏なの知ってんだろ?」「そっかぁ~言ってたもんねぇ~。どれどれ・・」遅漏なのを思い出したのか、いきなり激しくシゴき出した。

イク予感はしないけど、カウパーは出るからトランクスにシミができる。「マジでヤメなさい。出たらトランクスの中に出てヤバいことになるだろ」「じゃ~外に出せばイイじゃんかぁ~」トランクスの前にあるボタンを外し、強引にチンコをそこから出した。「わぁ~~!マジでデカッ!」「おまえ・・何してんだよ・・」慌てて腰を引こうとしたら、ミサトがパクッと咥えてきた。前からいつも言ったんだけど、ミサトはかなりのフェラ上手らしい。旦那も歴代の彼氏も、フェラだけでいつもイカせられてたらしい。

そのミサトがいきなりのフェラ。上手いっていうだけあって、相当うまかった。まるで風俗にでも行ってるようなフェラだった。初めはいきなり咥えたが、その後は舌を使って舐めたり吸ったりのフェラ。拒否るのも忘れて、俺はフェラを堪能してた。「気持ちイイ~んでしょ~?口に出ちゃう?」チンコから口を離し、ニヤニヤしながら聞いてきた。「俺は今までフェラでイッたことないからな。まず無理だな」そうは言ったものの、かなり上手い。

イクとかイカないとかじゃなくて、性欲が我慢できなそうだった。フェラしながらモモには巨乳が押し当てられているし。「お前もしかして・・カラオケだし興奮してんだろ?」ミニスカートの上からケツヲパシッと引っ叩いた。そしたら咥えたまま「あんっ」て喘いだ。「何喘いでんだよ・・ドМかぁ?」調子に乗って何度もペシペシ引っ叩いてみた。軽いギャグのつもりだったけど、そうでもないらしい。ミサトは叩かれるとチンコを口に含みながら喘ぐ。

俺も興奮してきちゃって、押し付けられている巨乳を鷲掴みにしてみた。手のひらをガバッと開かないと持てないぐらいの巨乳。それをガシッと強めに掴んでみた。そしたら咥えたチンコを口から出し、裏筋を舐めながらこっちをニラミつけてきた。でもその目は怒りではなく、興奮した目をしてた。「お前こういうの好きなんだ?」「うん・・」「もしかしてもう濡れ濡れか?」アソコを下着の上から触ってみると、ジットリした感触。

もしかしてと思い横から指を滑り込ませると、アソコはグッチョグチョになっていた。そのグチョグチョになったアソコに指先が触れた途端、喘ぎ声を我慢するかのようにチンコを咥えてきた。足を開かせてそのまま濡れたアソコを2本の指で触りまくった。それだけでヤバいらしく、腰まで連動して動く始末。「あぁ・・もうダメ・・入れて?」「こんなとこで?ヤバいだろ」「大丈夫だよ・・上に座るから・・」「じゃ~下着脱いでこの上に座れよ」ミサトは下着を脱ぎ、俺はベルトを外してパンツを膝まで下ろした。

そしてアグラをかいて、その上にミサトが座ってきた。ミサトはチンコを握って、亀頭をアソコにグリグリ擦りつける。亀頭が濡れた頃、そのまま下に腰を落としてきた。アツくなったアソコにチンコがゆっくりと入っていった。入る感触を楽しんでいるのか、ミサトは下唇を噛みしめていた。「すごい・・硬い・・・はぁはぁ・・大きいかも・・」まだ半分ぐらいしか入っていないのに、ミサトは腰を上げ始めた。俺は下唇を噛みしめたミサトを見ながら、妙に興奮してしまった。酔っ払ってるとはいえ、性欲丸出しになってチンコを出し入れする人妻。

妊娠したと相談してきて、数時間後には俺のチンコをしゃぶり中に入れてるんだし。そんな事を考えてたら、我慢ができなくなって、ミサトの腰を掴んで腰をガツッと振った。一気にチンコが奥まで入り、その瞬間ミサトは後ろに倒れそうになるぐらい仰け反った。それからはミサトは俺に抱き付いてきて、必死に声を押し殺していた。俺は俺で我慢できないから、激しく下から突き上げるように腰を振り続けた。ミサトのアソコは体に比例しているのか、奥までキツい具合だった。情けない話、興奮しすぎて腰を振りまくってて、ミサトがイッてたのも気が付かなかった。ミサトが言うには、2回イッたらしく、それでも動きが止まらなかったから失神しそうになってたらしい。チンコを抜いてから横にグッタリ倒れて、ミサトはしばらくゼーゼーしてた。

俺のチンコには白濁した液体がベッタリついていて、倒れたミサトのアソコも太ももにまで液体が滴ってた。ティッシュでチンコ周りを掃除してたら、いきなりミサトの電話が鳴った。「あっ!旦那だ!黙っててね!・・・もしもしー?」しばらくミサトは電話してた。まだ帰ってこないのかと怒られてるっぽい。神妙な顔つきをしてたくせに、俺が掃除してるのを見て笑ってた。「もぉ~ヤメてよ~!笑い堪えるの大変だったでしょ!」「しょ~がねぇ~だろ。お前のシルがすげぇ~ついてるんだし」「ほんとだぁ~。まだここにもついてるよ・・」

ミサトはティッシュで根元あたりを拭きながら、亀頭をチロチロ舐め始めた。「もう帰らなきゃだろ?怒ってたみたいじゃん」「うん・・でも中途半端だから可哀想じゃん」「まぁ~イイよ、慣れてるから」「んじゃまた今度してあげるね」軽くチュポチュポとフェラをして、ミサトは笑顔で言ってきた。こんなことされたら我慢なんて無理。俺はミサトの手を引っ張って抱き寄せた。そのままキスをすると、ミサトも舌を絡ませてくる。

そのまま押し倒して正常位でチンコを押し当てた。俺のは掃除したけど、ミサトのはまだ掃除してないから、亀頭を押し当てるとスグに入った。「だ、ダメでしょ、帰らないと・・あう、あう、あうっ・・・ねぇ・・・もう・・んぅぅ」ダメとか言いながらキスをしると激しく舌を捻じ込んでくる。俺は外から見えないような角度で、思いっ切り正常位で腰を振った。Tシャツを捲り上げると、ヌーブラが張り付いた巨乳が出てきた。腰を振りながら横からメリメリっと剥がしていった。乳首が離れる時、ミサトは顔をしかめながら手で口を覆っていた。ヌーブラをはがし終えてからは、巨乳を激しく揉んで、乳首に吸いついた。

俺の頭を押さえながら、ミサトは手で口をふさいだまま喘いでいた。「あっ、あっ、あーっ!!イキそうっ!いっちゃうっ!イッちゃうぅ~っ!!」我慢できなくなったのか、手を外してミサトは大声で喘いだ。そしてそのまま俺の口に舌を捻じ込みながらイッた。相当俺も興奮してたみたいで、ちょうどイキそうになってた。「俺もイキそうだよ・・ヤバい・・」「イイよ・・イッて・・中で・・大丈夫だから・・」妊娠してるのをすっかり忘れてた。思い出してからは遠慮なく腰を振って、そのまま中に出した。

「あー、やだっ、あっ、イクっ、私もっ、またイクっ、やっ、出てる、凄い出てるぅ~、あぁぁっ・・」生まれて初めての中出しだった。最近ヤッてなかったから、多分そうとう出たと思う。ドクドク出してる途中、ミサトも腰がヒクヒク動いてた。その後、急いで終電に乗って帰った。駅に向かう途中にも旦那から電話があったし。また会おうとかそんな話もしないで、その日は帰った。次の日になってミサトからメールがあって、やっぱりあんな事はヤメようって言ってきた。俺も罪悪感があったから、その方がイイねって。

結局ミサトは子供を産んだ。旦那も大喜びで、なんだかんだ言って祝福されたみたい。実は「もうヤメよう」と決めてから、何度かミサトとエッチしている。毎回ミサトが欲求不満で耐えきれなくなった時にだけ。子供を産んでからはしてないけど。少しお腹が大きくなってからは、やっぱり罪悪感があってできなくなった。1回車の中でもヤッたけど、中出ししたせいでシートが汚れたし。それ以来はラブホで。