温泉で彼女が男4人に・・エッチな体験談

彼女と旅行に行きました。
ここで興奮した出来事です。
とある古い旅館に泊まりました。
食事の後、2人で風呂に行きました。あいにく家族風呂もなかったのですが、露天風呂があるとのことで、2人別々に男湯と女湯に入りました。
30分後に部屋でと約束をして。
俺が露天風呂に入ると、大学生らしい数人の若造が既に風呂に入っていました。
若いな~などののんきな目で見ながら風呂に入っていたのですが、そのうちの1人が塀によじ登っていました。
こいつ何やってんだ~と思っていたのですが、そいつが他の仲間に言ったのです。
「おい女風呂見えるぞ!」
このやろ~と思いましたが、まさかそんなに鮮明に見えるわけもないだろう、とたかをくくって、風呂につかっていました。
そいつの言葉を聴くやいなや、他の若造どももかわるがわる塀によじ登りました。
真理が視姦されているかもと思い興奮する気持ちで見ていました。
数分後、1人が塀から飛びおりて仲間にささやいたのです。
「おい、すげえ身体の女が入ってきた」


全員が塀によじ登りました。
中には自分のチ○ポをしごきながら覗いているやつもいる始末。
そのうち1人が「オ○ンコ見えた!」と報告すると、他のやつらが
「ああ、あんなダイナマイトないい女とやりて~」
と口々に言い合っていました。
俺は興奮し、一刻も早く真理を抱きたいという気持ちで一杯になり、
風呂を出ました。
部屋でたばこをふかしながら、待つこと20分。
さっきの若造らの獣じみた視線を見ていたこともあり、俺は急に不安になって露天風呂へと戻りました。
男湯を覗きましたが、既にさっきのやつらはいませんでした。
女湯を覗くわけにもいかず、待つこと10分。
あわてて女中さんをつかまえました。
「俺の彼女が風呂から出てこないのですが見てもらえますか?」
しかし女中さんは、
「今はどなたも入っていらっしゃいませんでした」と。
俺は狂ったように露天風呂まで戻り、その近くをうろうろしていました。
その時、露天風呂の脇にある布団部屋のようなところから、真理の声が聞こえたのです。
俺は狂ったように扉をたたきました。
すると扉が以外にさっとあき、次の瞬間首を強力にねじ上げられてしまったのです。
組み伏せられて俺は、全裸で布団に組みしかれ、4人がかりで襲われてる真理の姿でした。
1人は真理の両腕を抑え、2人が真理の豊満な巨乳をひとつずつなめしゃぶり、
1人が真理のおしりをかかえあげるように、オ○ンコに顔を埋めていたのです。
真理は小刻みを身体をふるわせながら喘いでいます。
若造らは狂ったように、真理の身体を舐めていました。
俺はあまりのことに、先ほどまでの心配が吹き飛び、喘ぐ真理の姿に興奮して声も出ませんでした。
4人は代わるがわる巧みにポジションをチェンジして、顔をなめまくり、右と左の乳首をほおばり、オ○ンコに顔を埋めてベロンベロンに真理のきれいなアソコを舐めまくっていました。
俺を組み敷いているやつは何も言わずにじっとそれを見ていました。
そのうち、一番最初に真理の右のパイオツをなめまくっていた若造(A男)が、「じゃ俺からね」と言いながら、真理の両足をかかえあげました。
他のやつは「オス先輩」と言って真理をおさえつけました。
A男「真理ちゃん、彼氏さんも来たみたいだし、入れていいですか~?」
なんでこいつが真理の名前を知っているのかと思う余裕もありませんでした。
真理「ああっ、だめやめてください」
A男「だって真理ちゃん、風呂でオナニーするから悪いんですよ~。
だから俺たちガマンできなくなっちゃって。やったことないヤツもいるからたっぷり経験させてあげてね」
真理「ああ、だめ」
A男「いくよ真理ちゃん、そ~れ」
言うやいなや、A男は真理のおしりをしっかりと抱えこみながら、砲身をズブズブと埋めていきました。
A男「こんないい女一生抱けないかも!超ラッキー!」
と叫びながら、リズミカルに腰を振りぬきます。
真理が「あん、あん」と可愛い声で反応しているのを、俺は興奮して見てました。
A男「おお、もう出ちった。おいお前、はじめてだろ。たっぷりかわいがってもらいな」
すると真理のオ○ンコに顔を埋めていたB男がポジションにつきました。
B男「それじゃ、頂きますっ!」
B男の細身ながらそりかえったイチモツが、ゆっくりと真理の中に入りました。
B男「ああ、きもちいい~」
B男は狂ったように、腰をバズーカ砲のように打ち付けています。
真理「あん、あん、だめだめだめ、あああああん」
真理の柔らかいおっぱいはブルンブルン揺れまくり、それを両側のやつらがチン○をしごきつつ頬擦りしながら舐めていました。
初めてのくせに、B男のストロークは強力でかつリズミカルでした。
B男「ああっ最高、とろける~、真理さんぶっかけていいですか?」
真理「あん、あん、彼が見てるからいやぁん」
B男の生チンが抜かれると、真理のおなかにどっぷりと放出されました。
C男も続きましたが、あっという間に出ちゃいました。
A男「なんだ、早いな。でもまあこれだけいい女なら、無理ねえな。初めてにしちゃ頑張ったよ。じゃ次D男な!。真理ちゃん、たくさんたぎりいったチンポがあっていいね~。絶叫しちゃっていいんだよ!」
今度はD男がいちもつを握り締めながら、真理に近づきます。
D男のいちもつは、俺が今まで見た中で最大級でした。
特に太さが際立っていました。
真理「ああ、そんなの壊れちゃうよ、やめてお願いだからやめてっ」
D男「入ります。やったやったオマンコ決めた~、それ~っ」
真理「はああああああん、だっだめ~っ」
ずぶといチンポをはめられたせいか、真理の顔がトロンと紅潮し、いやらしい喘ぎ声と、D男のものすごいストロークで、パンパンパンという音が響きます。
真里「いいっあああいいっ、オマンコ気持ちいいよぉ」
ついに真理の口から、悦びの声がもれました。
俺も完全に興奮してチン○を握りしめていました。
D男「ああっ、いくよっ、真里さ~んっ」
真理「ああっ、いくいくやだやだ、いっちゃういっちゃう」
D男「はははっ、こんなかわいいお姉さんと初体験させてもらうだけじゃなく、いかせてやった、やったぞ~っ」
真理「あああ、だめだめ、いっいく~うん」
真理の身体が弓なりになり、同時にD男は生チンを抜いて真里の顔にたっぷりと放出したのです。
A男「じゃ次お前な」と俺を抑えていたE男が呼ばれました。
E男のチンポも巨大でした。
E男「ああっ。待ちくたびれた。たっぷり出すよ~」
真里「ああん」
マッスルなE男は真里を軽々と抱え上げて、駅弁スタイルで決めました。
E男「近くで見ると余計かわいいじゃん。さいこ~」
真理「ああん、だめっえええ~」
E男はたっぷりと駅弁を楽しんだ後、真理を四つんばいにさせました。
E男は真里のヒップを抱え上げると、両手でもみしだきながら、巨大なチンポをはめて行きました。
真理「いくっ、いくっ、気持ちいいっ」
最後に再びA男が真理にのしかかりました。
A男「フルラインアップどうだった?真理ちゃん。よかったでしょ?」
A男のチンポが真理の中にズブズブと入っていきます。
真理「彼が見てるっ。あたしの犯されてるとこ、ああっ、もうだめ、またいきそう~っ」
A男「いいっ。いくよ、真里ちゃんのために、中でいくよっ!」
真理「あああああ、だめだめ、中出しはやめて~っ」
A男「それ、それ、それ、ううう気持ちいいっ、ああああ」
真理「ああっ、いっちゃういっちゃう、あん、あん、あんいくいく」
A男「いくぞ~っ」
真里「いっく~うん」
A男は真里に身体をこすりつけるように味わいながら、真里の中で果てました。
みていた俺もチン○をしごいて何回も出ました。
あれ以来俺も真理も、真理が誰かに犯されながらじゃないと興奮できなくなりました。