妹といっても義妹だが

家に入った最初の頃、俺は空気みたいな扱いを受けた。
後から聞くと、自分がどういう態度を取ればよかったのか分からなかったようだ。
嫁と一緒にいると、俺も嫁と同じように扱う。

そのうち嫁との間に子供もできた。
義妹は可愛いものがスキで、いっぱい遊んでくれた。
義妹は男子と話するのは苦手らしい。
田舎の方に住んでいたが、義父は遠くの女子高まで通わせてた。
学校から帰ってくるのも早く、特に彼氏がいる様子もない。

義妹の名前はサキちゃんとしておこう。
雰囲気は完全に子供。
小学生の高学年にいる女の子の中でも、成長期に入り妙に手足だけ延びた細い子みたいな感じ。
腰にくびれのない小尻。
折れそうなくらい手足は細く、背も高め。
でも、制服着てたら分からないが、アンバランスなほど胸は大きい。
一言でいうと、スレンダー巨乳。
顔も化粧してないので、全くの子供。

義妹は外出する時、基本的に胸元はほとんど開いてない服を着る。
反面、脚の露出は多い。
夏はミニスカかショートパンツ。

義妹が高校2年の時、嫁が家を出て行った。
説明が面倒なので省くが、金銭トラブル。
もちろん、揉めに揉めた。
この辺りの話や葛藤は、全然萌えないので割愛。

すっかり、元気をなくした義妹。
俺への態度も、もとに戻ったかのように少しトゲが出てきた。
夕食の前の「ご飯だよ~」が、「兄さん、ご飯…」と、ぶっきらぼうになる。
洗濯などもいつも文句言わずにしていたのに、改めて義母から言われると「なんで私が…」と嫌味をいうようになった。
学校帰りに駅まで迎えに行っても、無言で乗り込んでくる。
「一人で帰れます。頼んでないです」
「暗い道は危ないよ」
「…(窓の外見て無視)」
俺と義妹と間にいた姉がいなくなって、敬語の頻度が急上昇。
家に着いて車を停めると「ありがとう」の一言だけ。
そんな義妹も家に入ると、一転する。
「タケちゃん、元気だった~(ノ≧▽≦)ノ」
デレデレになって息子と接するのに、俺には非常に冷たい。
会話は一言で終わらせてくるようになった。

家族全体の雰囲気も悪くなり、婿養子の俺は微妙な立場になる。
嫁両親は、養子にした以上、俺はずっといていいという。
それに息子もいる。
俺が再婚したらどうするかなど、心配された。

義妹は以前から、「ずっと、この家にいれればいいかな」と話ていた。
何かなりたいものがある訳ではなさそう。

嫁が出て行って半年ほど経った夜。
深夜0時回って、向いの部屋にいる俺に義妹からメールがきた。

「起きてます?」
「起きてるよ」

すぐに足音が聞こえて、俺の部屋に入ってくる義妹。
風呂から上がってそんなに経ってない様子で、
少し湿った長い髪と淡い色のタンクトップに黒のスパッツ姿。
相変わらず、全く色気はない。

「あの…、私じゃダメですか?」

「…、」に1分くらいの間があったと思う。
顔は真っ赤。
すぐに意味は分かった。
「ダメじゃないけど、サキちゃんの人生は、それでいいの?」
「いいですよ。この家好きだし、俺さんのこともよく知ってるし…」

軽く考えているようにしか思えないが、ここで「うん」というのはあまりにも安易だ。
しかし、義妹を嫁にしていいのか…なんて葛藤していると、サキちゃんはいいにくそうに喋り出す。
「姉さんにしてたこと、…私にもしていいですよ」
おいおい…なんてこと言ってくれるだ。

でも、口ではそういってるが、本心ではしたくなさそうだ。
なんだか諦めて投げやりな感じに聞こえた。

「それは…」

俺の方が喋れなくなった。
俺も即決はできない。義妹の人生をあっさりと決めるのと、ここで押し倒すのは別。
抱くかどうかは適当に話を逸らして、今後のことを聞いてみた。
どうも両親から勧められたらしい。
さらに、嫁とは密かに連絡を取っていて、俺のことを頼むとも言われたようだ。
サキちゃん自身も、俺のことは気に入ってるらしい。
男だったら、誰かの後というのは少しは気になるものだけど、
サキちゃんにとって、知らない人と付き合って、結婚するのは大変だと思っているようだ。
結婚した後の態度や生活を知っている人の方が、安心できるらしい。

セックスしたいと部屋に来たものの、いつのものように会話すると雰囲気が変わってきた。
サキちゃんの話からは、俺を引き止める為の既成事実を作りたくて焦っているのと、
セックスは怖くてしたくない気持ちが混ざっているように聞こえる。

とりあえず、家を出て行かない約束と結婚を前提で付き合うということにした。
サキちゃんも最初の勢いはなくなり、俺から距離を取り出した。

別れ際にサキちゃんが動くタイミングに併せて、手を自然に胸に当るようにした。
ブラの固い感触。
ビックリした顔になって固まった。
「キャッ!……ダ…メ」
突然で、言葉が詰って出なかったようだ。

「ゴメン…胸を触っちゃった」
「うん…、びっくりした」

そのまま部屋を出て行こうする。

「偶然触れて、儲けたって感じかな?」
「うん、偶然。ゴメンね」

偶然だと思うなんて、全く男がどういうものか理解してない。
やっぱり処女確定だろう。

サキちゃんと俺が付き合うと公開した日の夜、義母は俺が風呂に入ろうとするとサキちゃんに声を掛けた。

「サキちゃん、俺クンの背中を流してあげなさい」
「え…、いやだよ。俺さんはタケちゃんと違って一人で入れるよ」

笑いながら勧める義母に、真っ赤なサキちゃんがかわいい。
俺は、義母の話を適当に流して風呂に入った。
しばらくすると脱衣室に人影が見える。
そのまま義妹が入ってきた。
なんと高校の体操服姿。

「背中流すだけだから…」
「別に、無理しなくてもいいよ」
「無理しません。前向いて」

曇る鏡で義妹を見ながら、洗ってもらった。
いきなりモッキした俺だが。

「はい、終わり」

サキはホントに背中だけ流して帰っていった。
風呂から上がると義母に笑われていた。

夜も部屋に来て、ベッドに腰掛けながら話す。
「兄さんって、もう止めたほうがいい?」
「好きなように呼んでいいよ。戸籍上はまだ、兄さんのままだし」
「そうだよね。でも、俺さんって呼ぶようにします」
「息子みたいにパパでも、呼び捨てでもいいよ。兄さんでもいいよ」
「やっぱり『俺さん』と呼びますよ」

楽しそうに笑ってくれるけど、ついこの間までは義兄だった俺と結婚を決めた17歳の女子の気持ちはわからない。
諦めてるとしたら、かわいそうだ。
俺は雑談しつつ遠回しに聞いてみることにした。

「サキちゃんは自分でいつ頃、彼氏できると思っていた?」
「うーん、ハタチすぎてからかな。彼氏を作る気なかったたし、男の人と喋ることが苦手なので」

うんうん、いい子だ。

「それに、友達で彼氏いた子は一人しかいなくて、この子の付き合った話やした話を聞いて私にはまだまだ先の話に感じたよ」

とにかく入るまでが大変でしばらく痛かったとのこと。
そして、Hなことばかり要求されて別れたこと。
俺の方から質問を何回かしていると、質問を返された。

「俺さん、大丈夫なのですか?男子って出さないといけないんですよね?」
「そうだけど、一人でできるし大丈夫だよ」

友達のように俺から無理に要求されると思ったのか。

「大丈夫なんだ。安心したよ。浮気しないで下さいね」

浮気の心配だったか。

「それなら大丈夫」
「よかったぁ」

とまあ、ひとまず安心したようだった。

風呂で背中を流してくれるようになってから三日くらい経って、いたずらしたくなった俺は後ろにいる義妹にお湯掛けた。

「キャっ…ちょっとやめて下さい」

ブラが透ける体操服姿。
前から気付いていたが、サキは普通のレースの生地で後ろにホックのあるブラをすることはまずない。
小中学生がするようなスポーツブラではないけど、オシャレなスポーツブラのようなモノが大半。
普通のブラで持っているのは、ベージュか白のオシャレさは全くないものしかなかった。

濡れた姿に、またまた完全にモッキする俺。

「サキちゃん、ヤバイよ」

サキの手を取り、俺のモノに導いた。
うめくような声を上げるサキちゃん。
しばらく固まった後につぶやく。

「…一人でできるんですよね。なんで私が…」

ブツブツ言い出すサキだが、俺はもう止まらない。
それに、俺達は口約束とはいえ、婚約しているし躊躇うことは何も無い。

「…もしかしたら、サキちゃんを夜に襲ってしまうかもよ」
「そんなの…いやです」

怖れるように俺から逃げようとするが、俺はサキちゃんの手首を握る力を強めた。

「もし、ここで手でしてくれたら、今夜は大丈夫」

困って泣き出しそうな顔を見せる。
虐めたくなるような表情に俺は強気に出た。

「いいじゃない。サキちゃんはさするだけだよ」
「ホントに?絶対襲わない?」
「絶対、約束するよ」

性欲の前に男の約束なんて軽いものだけど、サキはそんなこと知らない。
俺はボディソープを泡立てて、両手で握らせて上下にさするよう手を取り教えた。

「うん」しか言わないサキちゃん。
しばらくして、小声でつぶやく。

「俺さんの性欲処理を…」

手は止めない。

「なんで私がしないといけないの…」

ここで、MAXガチガチになった。
義妹がかわいそうなのと、不幸を嘆く姿に俺のS心は満たされた。
サキの目の前で白濁液が飛び散る。
小声で悲鳴を上げるサキちゃんに掛からないように、横へ向けた。
唖然と、している。

「なんか、すごい…」

そのまま風呂場を出て行った。
その夜に部屋で話すと、またブツブツ言われた。

翌日も同じようにヌイてもらう。
ぎこちない手の動きも、処女の女子高生にされていると思うと、逆に気持ちいい。
そのうち、サキちゃんは慣れてきた。
機嫌のいい日は、立った棒を飛行機の操縦桿だと言って楽しそうに握ってくれた。
機嫌の悪い日には、逝く直前で棒を放り投げるようにして、風呂場から出て行った。

そんな日々が一ヶ月くらい続いたが、サキちゃんの体のガードは固い。
特に胸を揉むようなことはさせてくれなかった。

寒くなってくる時期の夜、辛そうな表情を見せるサキちゃん。
部屋入って並んで座って声を掛けると、面倒そうに答えた。

「今、生理中なんです」
「大丈夫?」
「お腹痛い…。体重いし、だるい、寒い」

黙って体をくっつけてお腹を撫でると、楽になってきたようだ。

「暖かい…。ありがとう。かなり良くなったよ」

数日後、生理中が終わると少し態度が軟化した。
自分からくっついてくるし、俺に優しくなってきた。
何かと希望は聞いてくれるようになった。
脱いではくれなかったが、ノーブラにTシャツやブラウスで風呂に来るように言ったら着てくれる。
そのまま服に石鹸つけて、巨乳で俺の背中を洗うまでになった。

でも、俺が触ろうとすると、胸や下は絶対ダメ。
自分からするのはいいけど、俺が何かするのはダメだった。
試しに、頭を掴んでフェラさせようとしたら、力いっぱい抵抗する。
サキちゃんの顔見ると涙目になっていて、かわいそうになってやめた。
胸で体を洗ってくれる時に、すでに「ハァハァ」いってるので、気持ちいいのは間違えない。
キスしようとしたら拒まれるし、進展はそこで止まっていたが、別に焦りはしなかった。

しばらくして、温泉旅館に二人で行くことになった。
息子は親に預けての旅行。
買い物を二人で行くことはあっても、本格的なデート(?)は初めてだった。
途中で立ち寄った場所では楽しそうだったけど、夕方になるにつれて口数が減ってくる。
緊張してる。
薄暗くなって旅館に入る時、なぜか躊躇してる。
車を出てから動作が遅い。
手を繋ごうとすると、払おうしてきた。
部屋に入ると、顔が真っ赤。
座らせてお茶飲ませると、ようやく落ち着いてきた。

「今日は、疲れた?」
「ドキドキしてきたよ」
「何で?」
「泊まるんだなぁ~、と思うとね。あと、全部がエロい」

お茶がなくなったので、浴衣に着替えて風呂の準備を始めた。
着替えをチラみすると、下着はボクサーパンツに柄の入ったスポーツブラ。
聞くと、友達はこれが多いらしい。
短いスカートの中がこれかと、思ってしまうけどかわいいデザインだとは思う。

しかし、着替えを用意するサキちゃんに、俺は渡すものがあった。
ネットで買った派手な色のブラと紐パン。
「こんなの着れないよ」といいつつも、強引に渡して二人で別々の風呂に向う。

上がっても、入り口でかなり待たされた。
サキちゃんは、のぼせてるか恥ずかしいのか、これまた真っ赤な顔で出てきた。
寒いけど、誰もいない外を散歩。
手を繋いでいるうちに、サキちゃんの方から腕にしがみつくように腕を組んできた。
でも、いまいち掴み方がわからないようで、裾から入った手が俺の肩にまで届く。
そのうち、完全に俺にべったりしてきた。
ベンチがあったので座って、サキちゃんの方をみるともう目がウルウル。
キスするとあっさりと、唇が触れる。
軽くチュッとして離すと、目を開けてギュっと抱きしめられた。

「もう…」

何を言おうとしたか分らないけど、今でも耳に残っている。
初めてのキスに照れる顔がかわいい。

食事の時間も近いので、旅館に戻る。
腰や背中に手を回すようにして下着チェックすると、きちんと俺の用意した下着を着けているようだった。
Tシャツを着込んで、胸元をしっかり隠しているのは、もう諦めた。
サキちゃんは食事がおいしいことに喜んでいたけど、部屋に戻って敷いてあるフトンを見て固まってしまった。
固まってるサキちゃんを抱きしめてキス。
抱きしめた時に、ビクッと反応するのがかわいい。
舌を入れると、またビックリしたように目を開けた。
逃げようとするけど離さない。
激しいキスではなく、ゆっくりと息継ぎする暇も与えたつもりだったけど、苦しそうになってきたので唇を離す。

「…恥ずかしい」
「電気消す?」

電気消してフトンの上に二人で座る。

「うん…、って、…するの?」

無言でキスを再開。
最初から舌いれて、もう口の中を蹂躙する感じ。
二回目で余裕が出てきたのか、ずっとキスしていても、苦しそうではなかった。
唇を離すときに、サキちゃんの唇を舐めたら、ビックリして顔を離した。

「最後のエロい」

怒ったような顔になって俺を見つめてきた。
子供が怒っても全然怖くない。
今度は普通に抱きしめて、耳元で「大好き」とか囁きながら舐め始めると、完全に力が抜ける。
一瞬で息遣いが変わった。
息が止まった次の瞬間に、小声の喘ぎ声が混ざると、口を塞いでしまう。
もう、可愛すぎて俺が死にそう。
耳から首まで舐めながら、浴衣の上半身を脱がしてTシャツに手をかける。
Tシャツを脱がす時に、少し抵抗された。
キスすると陥落。
高2の巨乳をゆっくりと見たいけど、キスが途切れると恥ずかしがってすぐに胸を隠そうとする。

そのうち、ブラも外して生乳を揉んでいた。
なんだこんなの揉んだ事ない、というくらいの感覚。
柔らか過ぎないし、硬くもない。そして重い。
耳や首を舐めるだけでは、抵抗を抑えきれなくなってきた。
露骨に乳首にさわると暴れそうなので、ゆっくりと揉む。
掌にある乳首を、回すように触れると声を出してしまった。
ここで、サキちゃんは我に帰り、フトンの中に潜り込んだ。
中でゴソゴソと浴衣を調えてる。
逆に俺はフトンの中で浴衣を脱いで、サキちゃんのフトンに侵入していった。

「きゃー、何で裸なの!!」

俺に触れた手がお腹の辺りに当って、サキちゃんはうめくように抗議してきた。

「捕まえた」

無視して俺は抱きしめる。

「嫌だ、いやだ。変態、離れろ!」

暴れるサキちゃんの浴衣を脱がす。
ついでに紐パンの結び目も解いておいた。
でも、脱がしてはいない。
フトンの中だから恥ずかしくないのか、脱がすことに抵抗はなくなった。
いつのまにか、裸で抱きしめあう。
ゆっくりとバレないように、下に手を伸ばすと、もうヌルヌル。

「あっ!!」

下着は形だけ履いていたので、そのまま一気に取り去る。
必死に足を閉じて逃げようとするけど、ガッチリと抱きしめてクリを触り続けた。
「ダメ、ダメ…っ、はぁ」
声をガマンしているうちに、激しい息遣いだけに変わる。
息苦しそうになってきたので、やめた。
しばらく、落ち着かせる。

「…いやだよ、もう」
「気持ち良かった?」
「…うん。でも苦しかった」

まだ慣れてないのか、どうやって息をすればいいのか分らないらしい。
この子の育って行く様子が、全部見れるんだなあ、と思うと嬉しくて仕方なかった。
この後、0時を回ってから、露天の家族風呂へ。
廊下でイチャつきながら、途中でブラを外す。
ホックを外した瞬間に、重みで浴衣がグッと下がる感じ。
露天風呂は少し明るいので、脱ぐことに躊躇していたけど、上手くタオルで隠して一緒に湯船に浸かった。
俺を手でイカせるのは慣れていたけど、今回はフェラさせようとした。
でもやっぱりダメ。
形だけパイズリしてもらった。
これが完全に埋まるくらい。
サキちゃんは裸にも慣れてきたけど、俺が見ると胸はサッと隠す。

部屋に戻って手コキしてもらおうとした。
ここでも、フェラしてもらおうと交渉。
ジャンケンで俺が勝ったらということになり、天が味方したのか俺の勝ち。

「ホントにするの?」
「絶対?」
「え~。イヤだ」

このセリフを何回も言って、10分くらい迷っていた。
最後に

「絶対に見ないで!」

といって、俺の上半身にフトンを乗せて重ねてきた。
顔まで覆って、息苦しい。
浴衣を捲くって、俺の棒を口に含む生暖かい感触。
見えないだけに、感覚が集中する。
手コキは上手くなっていたけど、フェラはまだまだ。
咥えているだけのような感じ。
絶対みない約束だったので、好きなようにさせていた。
そのうち、手コキだけになっていつものように逝った。
ちょっと拗ねていたので、イイコイイコみたいに頭撫でて寝た。

この旅行以降は、かなり進展があった。
指も一本、二本と入るようになって、クンニで逝くようになる。
生理の時以外は、夜に2回以上は逝かせた。
ただし、セックスは結婚するまでしなかった。
代わりに素股をさせた。

2年後に結婚式を挙げるのだが、初夜に初めての挿入。
まあ、処女という感じではなかったけどね。
お互い万感の想いだったのはいうまでもない。