女子高生に中出しエッチ体験談

ひと目見て下半身が硬直し始めた。心の中でガッツポーズ!
まずは遊園地で少し遊び緊張をほぐした。
周りからはきっと親子にしか見えなかっただろう。

プールで水着になり座った時に見える股間のデルタ地帯に僕の股間はもう爆発し
そうだった。 たわいもない学校の話しとかを聞いて緊張がほぐれたところでホテル
へまっしぐら!

この間C学生に中出しした後は一日しか射精しておらず、またまた一週間程度の
溜め込みで濃い精子が満タンとなっていた。

ホテルに着くと今日もシャワーも浴びずに彼女を押し倒した。相手は処女なのだが、
抑えが効かなくなっている。 いきなりディープキス!

抱き合い、服の上から股間を押し付ける。もうビンビンではちきれそうだ。
ワンピースをまくり上げ、純白のパンティにしゃぶりつく。
今はまだ処女なんだなあ! と頭をよぎる・・

ブラのホックをはずしてちっちゃな乳頭を吸う。
顔を覗き込む。目が大きくて吹石って子に似てるなと思った。
カワイイ!!
「本当に良いんだね?」 と聞くと、コクリとうなづいた。

白いパンティを剥ぎ取り、汚れを知らぬ、ま○こにむしゃぶりつく。
クリトリスを指で刺激しながら、舌を差し入れる。
ま○こはとっても鮮やかな綺麗な薄ピンク。 ほとんど無味無臭だがちょっと香水の
香り。 おそらくちょっとふり掛けてきたんだろう。

さて、いよいよだ!
既に中出ししようと決めている・・・
ワンピースをまくり上げ、細い脚を開かせる。
亀頭に唾液を付けて先を二、三度ま○こに合わせてスライドさせる。

さっきの水着の股間をもう一度思い浮かべた。浅く入ったのを確かめて、
腰を一気にグイッと入れると、彼女はカワイイ顔を歪ませのけぞった。
が、声は出さない。

処女貫通!! やったー!!
あとは思う存分膣内に出すだけだ。
腰を動かすたびに、ナニから全身に快感が突き抜ける。

今日もまた、すぐにいきそうだ。
ま○こに深々と刺さったいきり立ったペニスを確認し、幼い彼女の顔を見ながら
腰をがんがん振る。
「あッ!」
初めて彼女が声を漏らした。

更に興奮! 射精の波が押し寄せる。
我慢したが、もう限界だ!!
「中に出すよー!」
「ウソ!やめて!」
「出る!」
「イヤ!」
「ウ!!」
腰を掴んで更に動きを早め、一番奥に突き刺したところで動きを止める。
「うう~!!」
射精開始!! 気持ちいいーーー!!!!!
ドクッ!ドクッ!ドクッ!ドクドクドク・・・
硬直した彼女の表情を見ながら、流し込んでいく・・・
ゆっくりと腰をピストンさせて更に射精を促す。 大量すぎて、既にタマから一滴、
精子がつたってきている。

まだムスコは衰えない。 一回目の射精を心ゆくまで済ませてから、又ピストンを
始め、そのまま二回戦に突入!
彼女はもう処女ではなく、膣内に僕の精子を受け入れている。

容赦無く腰を振り続け、泣き顔の彼女にキスをしながら、 二回目の膣内射精を
膣奥でおこなった。 一週間分の精子は今度も大量に膣内に放出された。

ゆっくりとナニを抜く。 出血はしていない。 濃い白い精子が溢れ出て来る。
まくり上げたワンピースの裾が精子で汚れた。
再び挿入。
ま○こはヌルヌルだが、良い締めつけの元処女ま○こだ。
目をつむったままのカワイイ顔を見ながら、 あまり時間が掛からずに、
彼女への三回目の膣内射精が開始された。

ドク、ドク、ドク、ドクドクドク・・・
「お願い、もうだめ!」
「ゴメン!でもあと一回だけさせて!今度は外で出すよ」
しかし、最後もかわいらしい蕾の奥深くに思いっきり射精を終え、子宮内に
たっぷり精子を流し込んでから、ペニスを抜き、外に出すフリをしてごまかした。