アソコの見せ合いをしていた中学生時代の思い出と初体験

2015/03/08

俺はサッカー、美和は軟式テニス部。美和が「約束覚えてる?」と言うので俺の家行き見せた。

当時、俺のちんこは皮を半分被ってた。少しずつ痛さと格闘しながらムキムキしてた。だからカスも良く出てくる。

簡単に言うと臭い。そんなちんこを美和に見せた。初めは勃起とかしてなかったけど少し興奮してきて半立ち。

それを見て美和は驚きながら喜んだ。「今ね、この皮を一生懸命剥いて包茎じゃ無くするんだ」「ちゃんとむけたらまた見る?」

美和は「いいの?」と聞く。「うん、ただ、絶対誰にも言わない約束だよ。」美和「うん。」

それから1ヶ月。完全にむけたちんこを見せた。美和「この前と全然違うね」「うん、でもねぇ大変なんだよ」

美和「何が?」「むけた所がさ、気持ち良くて、すぐに立つんだよ」美和「え?エッチなの見なくても?」

「うん」美和は断ることなくゆっくりと俺の亀頭を触る。すぐにむくむくと大きくなり完全勃起。「美和、気持ちいいから、止めてよ」

美和「凄い、こんなになるの?」「最近、前よりおっきくなってきた。」「ところで、美和?美和のもみたいな」

美和「え?どこを?」「あそこ。無理ならおっぱい」美和「・・・、下はちょっと・・・でも」と言い、上の服を脱ぎ、ブラ姿を見せてくれた。

「ブラジャーは俺に取らせて」って手を出すと逃げる様子は無い。背中に手回す。ホックが無い。俺は??美和「フロントホックだよ~」って笑いながら美和がブラをとってくれた。まだ小さいおっぱい。でも確実に女のおっぱいの形してる。俺も断りもなく触って見た。

美和は何も言わない。調子に乗り乳首を舐める。エロビだとここでアンアン喘ぐのに美和は無反応。「気持ち良くないの?」

美和「少し気持ちいい、てか、健司(俺の事)って私の事好きなの?話だと洋子の事好きって聞いたけど」「良くわかんない、洋子の事好きだったけど美和にちんこ見せて以来美和の事ばかり考えてる」美和「私も」

「もう一つ告白すると美和の事考えならが1人でした。」美和「え?何を?」「シコシコ・・・美和の事考えながら精子だした。」

美和「うん。それってどうやるの?今も出来る?」「今は恥ずかしくて出来ないよ、でも美和が見たいならいつか見せてあげるよ?」美和「見たい見たい」

「うん、今度ね。ただ、絶対に誰にも言わないでね」美和「私も胸見せたんだよ、誰にも言えないよ」「うん、でね、美和の前でシコシコする時はね、出来れば美和のあそこも見たいんだ」

美和「うん、だよね、健司ばかりじゃ嫌だよね。わかった。」また1ヶ月位たった日、ついにその日が来た。いつも通り俺が脱いだ。

美和はちんこを優しく触りながら勃起して行く姿を喜んで見ている。「美和、約束覚えてる?」美和は自分を見て、無言でズボンとパンツを脱ぐ。

「ありがとう」美和が顔を赤くしながら「ありがとうってなんか変」って突っ込んだ。美和「健司は、女の人の見るの初めて?」「うん、初めて」

美和「絶対笑わないでね、あと絶対に誰にも言わないで、健司だから見せるんだからね」「うん、絶対に誰にも言わないし言えない」下半身裸で上半身には学校のジャージを着ている美和。

「立ったままだと良くわかんない、美和、色々教えて」美和は「絶対言ったらダメだよ」と言いながら絨毯の上に横になり足を開いた。結構毛が生えてて凄いイラヤシイ感じがした。

「美和、美和はどこからおしっこだすの?」美和は俺から目線をずらしながら右人差し指でおしっこ穴を指さした。毛で良くわからなかったが、俺の興味は違う所にあった。

「じゃあさ、セックスする時の穴って?」美和は少しだけ指を動かし「多分・・・ここ」と小さい声で言った。しかし、俺には穴が良く見えない。

「え?穴が良く見えない、触って探していい?」美和「・・・」「ダメ?」

美和「やだ・・・」ポツリと小さな声で答える。俺、ガックリ。美和「だって、私、健司の恋人じゃないもん、ごめん」

俺は何も答えられなかった。話題を変えようと「美和、じゃあ、次は俺のシコシコ見て?いつもみたいにしていい?」美和「いつも?うん」

すでにギンギンちんこ。俺は美和の下半身を見ながら、美和に注目されながら、初めゆっくりしごいたり、亀頭を撫でたり。でも射精感が出てくるとティッシュを準備し、横になりハァハァ言いながら「美和、美和、美和、美和」と連呼しながら射精した。

この時、美和がどんな表情で見てたのか?俺も夢中すぎて全くわからないのだが射精してティッシュでハァハァ言いながら拭いてたら、美和がこっちを見てるんだけど、ボーゼンとしてた。美和に言葉が無い。俺、滅茶苦茶気まずい。

しばらく沈黙が流れる。我慢なんなくて「どうだった?」って聞くと美和は「凄い・・・」って。そこから美和の質問攻め。

「息荒いけど気持ちいいから?」とか1日何回も出来るの?とか最後に「最後、私の名前を沢山呼んでた・・・」って。「うん、今日は特に。これから毎日、美和の事、美和のあそこ思い浮かべるかも」美和「私も・・・今日の健司の事思いだしてするかも・・・・」

「え!美和も1人でするの?女だからオナニー?した時あるの?今度見せて、ねぇ見せてよ!」美和「そりゃするよ。でも見せるのだけは絶対やだ、死んでもイヤ」それからしばらく、観察行為がなかった。

中1から中2になる春休み。仲のいい男女で街に出掛けた。その中に美和も洋子も居た。

帰り際、美和に「明日、暇なら1人でうち来て」とコソッと言われた。美和の部屋は初めてだった。美和の親は留守、これは間違い無くエッチな事だなと思った。

だが違った。「昨日ね洋子にね、健司どう?って聞いたんだ」「洋子、健司の事嫌いじゃないって」

「告白すれば付き合えるよ」こんな話だった。今更洋子?と思った。が美和は更に「私は昨日、カズ(同級生でヤンキー予備軍で美和の事が好きだったらしい)に告白された」美和と付き合ってる訳じゃないから戸惑った。

そもそも中1や中2で付き合うって何すりゃいいのかもわからない。でも美和含め女は男以上にそーゆう話に敏感なんだなと思った。しかも美和「私、元々、カズの事好きだったから、カズと付き合う」とか言うし「健司は洋子と付き合って、ね」とか言うし何がなんだかわかんないままボーゼンとしてたら、「だから今日は最後にお互い、全部服脱いで見せあお」って俺に抱きついて来た。

良くわからんまま二人とも全裸になった。美和が「健司・・・ごめんね」と立ったまま抱き付いてくる。凄い気持ちいい感じがする。

「良く考えて見れば、こうやって抱きあったのも初めてだし、キスもしてないね」美和「私とキスしたいの?」「うん」美和「健司、キスした時ある?」「無いよ、美和は?」

美和「私も無いよ。初めては洋子じゃなくていいの?」「うん、美和としたい。美和は?俺じゃ嫌?」美和「ううん。健司としたい。」初めてのキスは触れただけ。

でもしばらく口つけだけしてるとお互い興奮して、自然と舌を絡めだした。「美和のおっぱい、大きくなってきたね」美和「触っていいよ」

俺はゆっくりもんだり乳首を舐めたりした。相変わらず、アンアン言う事は無いけど。「なんか少し気持ちいいよ」って美和が教えてくれる。

またキスして前回見れなかった美和のあそこを。詳しく見たいと頼んだら「うん、今日が最後だから、私もそのつもり」との事。

普段より積極的な美和。また美和が寝て、足を開く。「触るよ?」と言うと美和は「うん、沢山触っていいよ」と言い顔を手で隠す。

前回、穴を指差した所をさわり広げてみる。「ゆっくりして、強くやると痛いから」と言われたのでゆっくり開く。穴発見そして濡れてる。臭いも独特。

「おぉ~」と思わず叫んだら「恥ずかしいから辞めてよ!」って少し怒られた。「美和は1人でする時、この穴になんか入れながらやるの?ってか処女膜ってどれ?」そこで初めて膜など無い事、クリトリスの存在を知らされた俺。

本能だろうか。クリトリスを舐めた美和「えっ!な、何!今の何?」「ん?舐めて見た」美和「イヤ、汚いって」

また美和の前に顔を持って行き「大丈夫、美和のだから汚いなんて思わないよ、だから舐めさせて」と言いキス。「俺、美和の事好きだし」美和はピクンと反応し「洋子より?」「うん。美和の事好き」

で、クリトリスを舐めた。ひたすら舐めた。アンアン喘がないが乳首の反応より全然違う反応。「ンッ・・・アッ…」ピクンピクン「イヤっ、ハァハァ」息遣いも荒い。

何より「美和、気持ちいいの?」って聞くと顔を真っ赤にしながら俺に目線を向け、声にならない泣き声で「うん」って。そのうちに入れたい欲望も出てきた「美和、美和とセックスして見たい」美和「私もしてみたい・・・でもダメだよぉ。コンドーム無いもん、赤ちゃん出来ちゃう」

俺もコンドームは持って無い。生で外だしなんて知識も無ければ出来る経験も無いから諦める。「健司の凄い大きくなってる、私どうしたらいい?」

「舐めて欲しい」美和「え?健司の・・・」美和は俺の大きくなったちんこを指さした。「うん」

美和は「私、どうしたらいいか良くわかんないけど・・・大丈夫?」「うん」美和「じゃあしてあげる」ってニコッとしてアイス舐める見たいにペロペロしだした。

亀頭が気持ちいい。俺も声が出る。美和「あとどうすればいいの?」「加えて上下に動かしてみて」

あまり気持ち良くない。でも美和は一生懸命に舐めたりくわえて上下に動いてくれた。段々出そうになったから、最後は美和に手コキさせ射精。

布団で全裸のままイチャイチャしながら色々な話をして、美和とサヨナラした。二年になり、美和とカズは付き合っていた。「美和とカズ付き合ってるんだって~」

キャーキャーと女子がカズをはやし立てる。男もカズに、キスとかした?とかもうやった?とか聞く奴が増えて来る。カズはカズでコンドームを持って来て「準備してっから」と男達の前で見せびらかす。

俺はと言うと、洋子に「健司と付き合ってあげてもいいよ」って言われたけど、すでに洋子は眼中に無く、サッカーに明け暮れる日を過ごした。ちなみに高3の冬まで彼女無し童貞。童貞を奪ったのは、既に二人の相手をした美和でした。

まぁ今となっちゃ全てのいい思い出。その後の話。高校時代(卒業付近)に童貞喪失した話。

ちなみに童貞を奪ったのは中1時代にちんぽ観察し俺はま○こ観察しお互いファーストキスやクンニやフェラが初めの相手となった美和と言う中学の同級生。きっかけは久々再会したクラス会で二次会から。ちなみに、俺はこの時、一週間前に彼女が出来た。

同じバイト先で知り合った同じ年のリカコ。童貞はこの子で捨てると思ってた。リカコも処女ぽかったし(実際に処女だった)。

美和「久しぶり」と瓶ビールを持って俺のとこ来た美和。飲みながら卒業後の事など取り留めの無い話に花を咲かせる。で、状況が変わったのがトイレにたった時トイレを出たら美和が待ってて、皆が盛り上がる席と違う所に誘導された。

美和「健司、彼女出来た?」「ん?最近、やっとね」美和「え~、おめでとう、な~んだ」「な~んだってなんだよ。」美和「だって、まだ私の事好きかなぁってちょっと期待してたのに」

「イヤイヤ、そりゃちょっと難しいでしょ。何年たったと思ってさ」美和「ん~そうだけどさ、私は健司との事、忘れた事無いよ」俺もだった。

部活は適当、バイト、パチンコ、麻雀、酒、原付バイクに見事にどっぷりはまってた女っ気無い生活してたから、たまに思い出すのは美和との事。で、二次会が終わり二人で抜け出した。ソッコーにタクシーに乗り郊外のラブホへ。

タクシーの中では昔を思い出しながらキスをずっとしながら手を絡めながらだったラブホにつく。部屋に入ると美和が「なんかお互い大人になったね」ってニコッとする。笑顔が昔と同じ気がして「そうか?美和は美和のままの気するぞ?」

って言ったら「え~?なんかショック」って笑ってた。で、俺は「美和は変わったかもしれないけど俺は変わんないよ。童貞だよ」って告白。

美和はこっち見て「やったー」ってはしゃぎだした。あまりのはしゃぎぷりに少しイラッとした俺。美和はその表情を掴んだようで「ごめんね」ってそっと俺にもたれかかってきた。

「健司が彼女作れなかったの、私のせいだよね、本当にごめんね」「でも、今日彼女出来たって聞いて嬉しいの半分、焼き餅半分なんだぁ」「本当はずっと謝りたかったけど、あの時、なんで私、カズと付き合うとか言ったのか後悔ばかりしてた」

美和が泣きながら謝る。正直、謝る理由もわかるし、今更何を言ってるの?と言う気持ちもあった。しかし、美和からしてくるほんのり香水や化粧品の臭いが俺のちんぽを勃起させはじめた。

「美和、あの時の続き、いいか?」あの時とは美和と最後に観察しあった日、美和は「健司の彼女に悪くない?」と聞いてきたが俺の首に両手を回しキスを求めながら、「私も、健司としたいの」って言って来た。そこからはお互いの服を乱暴に脱がせ、脱ぎ合い一瞬で全裸となった。

ベッド下に乱雑に服がちらかるがお構いなし。美和をベッドに少し乱暴に倒し俺も襲いかかる。過去に見たオマ○コと違い毛はかなり生え揃い、何より穴がクパァと開き見えている。

わかりづらかったクリトリスも少し大きくなり、集中的に舐める。少しオシッコの臭いも混ざっているだろうか?美和のオマ○コもかなり濡れてテカテカ光ってる。何よりクリトリスを舐めると、「アッアッアッアッ、イィ、そこ気持ちイィよ、健司激しいよアッアッ」と喘ぎ声、よがり声が全く違うのだ。

エロビ並の声を出す美和の耳を舐めたり甘噛みしたりしながら「随分とイヤらしくなったな」と言うとピクンと身体全体で反応する。エロ本で見た知識を全開発動。耳元でもっといやらしい言葉を投げかける。

「美和のクリトリスも大きくなったな、いやらしいよ」「オ○ンコの穴も沢山濡れてる、早くちんこ下さいって言ってる」「健司のちんこ欲しいって言ってごらん」

「いやらしいま○こにいっぱい入れて欲しいって言いなさい」美和はそれを恥ずかしながら忠実に言った。身体をピクンピクン反応させながら。

美和「健司の欲しい、もう入れて、ダメ我慢出来ない」テマンしてるとクチュクチュ音がする。美和「健司、恥ずかしいよぉ、音させないで」

「だーめ、美和がいやらしい女って証拠だからね」乳首の反応もいい。美和「お願い、もう入れて欲しい」

俺は、エロ本知識全開。このパターンはフェラさせながらオナニーさせるシーンだ。で俺は立ち上がり「その前にフェラしてよ」

「あとクリトリス触りながらだよ」と言うと美和はしてくれた。オナニーだけは死んでも見せないと言った美和がである。

美和はセックスの経験をつんだ女になった。俺は童貞。甘かった。

どう考えても甘かった。立ちフェラをして貰った俺。初フェラの時と気持ち良さが全然違う。

ましてや手と口で技を使ってくる美和。・・・ドクッドクッ「あっ」「あぁ~」口の中で思わず射精・・・。

気まづい・・・さっきまで偽物S男を演じてたのに。美和はM気ありと喜んだのに。さぁこれからって時に出してしまった俺・・・。

何も言葉に出せず固まり続けた俺。しばらくすると「うわぁ。こりゃ無理」って美和が言ってる。(あぁ、童貞はやっぱり無理なんだなぁ、嫌われたなぁ)と思った。

だが違った。美和「苦いしネバネバが凄い!無理!」一人で怒ってる。「なんの話?」美和「ん~精子の話、友達がさ、好きな人の精子は飲むのが当たり前とか言うからさぁ」

「俺の飲んだの?」美和「飲んでみた、けどごめん、もう無理、私には無理」「無理しなくていいよ」

美和「健司、相変わらず優しいね。その友達は吐き出したら彼氏に叩かれるんだってよ」「なんだそりゃ?」美和「男ってそーゆうの多いって聞くけど、健司は大丈夫だね」

「ん~多分大丈夫だろ」美和「健司の彼女うらやましいなぁ、なんで私を待てなかったのよ~」「なんだよ、それ?」

美和「でも今夜は私の彼氏だも~ん。ねぇ一緒にお風呂入ろ」後から聞いた話だがこの会話は俺の落ち込み防止の為らしい。あと、自分だけ彼氏作り俺が彼女作れなかったと言う。

事実への罪悪感が少し有り、俺への気遣いなんだそうだ。一緒に風呂に入る。さっきは興奮して良く見てなかったが、胸は大きくなり、腹にもくびれが出来ている。

お尻はぷりっとしてかわいい感じがした。お互い、身体の変わりについて話た。おっぱいはDカップになった事。

俺の背もちんぽも大きくなった事。太ももを太くしないためマッサージしてる事。乳首が感じる場所になり耳やウナジや首筋、とにかく感じる場所を教えてもらったり。

やっぱりマ○コを舐めてクリトリス吸って感じさせたり。風呂でゆたっとした俺と美和。ベッドに行きまた美和の身体を良く見る。

「綺麗な身体だよなぁ」美和「ありがとう、ねぇ、健司、ちょっと寝て」寝る俺。

美和は俺の上に多い被さり、「気持ち良くなってね」と言い、キスをしながら細い指で俺の胸や乳首を撫で回して来た。「ウッウッアウッ」次第に声が出てしまう。ちんこはギンギンになる。

美和は乳首を舐めながら固くなったちんこを優しく触っている。「アァ美和、それ気持ちいい」美和「うん、健司、大好き、いっぱい気持ち良くなって」

「ハァハァ。う…うん、ハウッ」さっき美和が教えてくれた美和の感じる場所を、美和自身が俺の身体で責める。乳首だけじゃなく、首筋や股の所、そして耳をゆっくり舐めたり噛んでみたり。

俺はいつしか女の子のような声で「アンアン」と悶えていた。美和「健司だから・・・私の初めての経験させてあげる」「え?ハァハァどういう事ハァハァ」

美和「私の中に何もつけないでいれよ。私もコンドーム無いの初めてだから」美和「いい、入れるね」

って言って美和は騎乗位の態勢でゆっくりゆっくり挿入した。「美和の中、暖かくて気持ちいい」美和「うん、健司のも熱くなってて気持ちいいよ」

美和はまたキスしてきて「健司、私の事好き?」「美和の事は好きだよ」美和「彼女より?」

「彼女は彼女、美和は俺にしたら特別な存在だよ」美和「嬉しい、私もずっと健司が好き、特別な人だと思う」って会話してから美和がゆっくりゆっくり動いた。

しかし、いきなりの生はヤバい。はっきり言って気持ち良すぎた。なんでこんな気持ちいい事を今までしらなかったんだろう。

騎乗位から正常位に移行し細い美和を抱きしめながら、沢山キスした。美和「アァアン健司、好き、好きアン健司の凄い」「美和の中も気持ちいい、美和ヤバい出そう、どこ?どこ出せばいい?」

と、言いつつ、もう我慢ならなくてマ○コから抜き腹に射精。二回目とは思えない量にびっくりしつつすぐティッシュで拭く。またすぐキス。

今度は美和が気持ちいいと教えてくれた場所を色々使い集中的に責める。美和も沢山感じてくれてる。特にクリトリスを15分位舐め続けながらマ○コに中指いれてこすり続けていたら身体がピクンピクン動きだし「健司ダメ、もういい、ヤバいからヤバいから」

クチャグチャ。オマ○コも物凄い濡れ初めてきて。「ダメ、変になる、アンハウッウッ…アァアァアンも…もう…」

ビク「アアッ~」ガクッとした。しばらく肩で息をしながらこっちを見る美和。「ハァハァもぅハァハァ健司~ハァハァダメだってぇ」

俺はその反応が良くわからなかった「気持ち良かった?」美和「ヤバいくらい。こんなになったの初めてかも」「なんか嬉しいねぇ」

このあと、また一発、生でいれた。で、最後、備え付けコンドームで装着要領を美和から教えてもらい寝たんだよね。朝起きて、また欲情して一発かるく済ませホテルを出た。

美和「じゃあ、またしばらくお別れだね」「だね」美和「彼女さんを大切にね」

「うん」美和「またね」「うん。俺、またいつか美和とセックスしたいな」

美和「私も。したい。」「いつかしようね」美和「うん。」

「大好きだよ」美和「私も」こうして美和とサヨナラした。

女の身体について教えてくれた美和には今も物凄い感謝してる。美和は、当時のエロビに出てたメガネかけた(確かのさかなつみ)に似た感じがあった。まぁ高校生になってメガネかけたって特徴あるだろうから。

下着は・・・ごめん猛烈に脱がせたから全く記憶無いんだ。ちなみにリカコとのセックスは美和とのおかげでスムーズに行った。

リカコには初めてって嘘ついたけど。じゃあ終わるね。