結婚相談所で紹介された女性 悦子さん

つまり分不相応な高いお方が見合いしてくれるのだからこちらが丁重に頭を下げてお願いしろということか??
「それならもうけっこうです! 無理なものは無理です! お断りしてください」 とつい短気な性格がもろに出てしまった。
「あっ、ちょっと待ってください。 つとむさんのほうから申し込まれたんですから、よほどの理由がない限りこちらから断ることはできません。そうですね・・困りましたね・・」 と本当に困った様子のセンター女性職員さん
「分かりました。日曜の夜でもかまわなければ、なんとか時間の都合をつけましょう」 と妥協案を示すと
「夜といってもセンターでのカウンセラー立会いのお見合いですから・・あまり遅くなられても・・センターの営業は6時までですし、相手の方もお子さんの食事の支度やら家事やらがおありでしょうし・・」 とまたまた困った様子

結局、次の日曜日の夕方5時にセンターの一室でカウンセラー立会いのお見合いに行くことになった。相手女性のプロフィールをパソコン画面で再確認すると、5歳年上・離婚歴有り・会社員で、出身大学は関西では「4私大」と呼ばれる有名大学。社会人の長男と大学生の長女、次男がいて、大阪市内で両親、長女と同居とのこと。パソコン画面の本人画像は鮮明ではないけれど、知性的で上品なタイプの女性だ。
でも日曜の夕方の5時に体が空くかなあ・・

日曜日の午後からは結婚相談所での初めてのお見合いに行ってきた。
「まだ相手の方が来られていないので、こちらでしばらくお待ちください。それと今日はお見合いだけなので、互いに気が合っても電話番号やメールアドレスの交換などはしないでくださいね」とセンターの職員の方
窓から外の景色をボーっと眺めているうちに
「お待たせしました。今日のお見合いのお相手の悦子さんです」と紹介された。
長身で細身、知性的な雰囲気を持った上品なタイプの女性だった。僕より5歳年上のはずだったがそれを全く感じさせない若々しい張りのある顔のステキな人だ。
「はじめましてつとむです」
「あっ・・はじめまして悦子です」 互いに緊張気味に初対面の挨拶を交わす。
「日曜日が悦子さん、お休みなんですね」 と話を向けてみる
「はい、隔週第2・4土曜日と日曜祭日がお休みです。つとむさんは平日がお休みなんですね。プロフィールに書かれていましたが、今日はお忙しいんじゃないんですか?」 と彼女
「いえ、たまには・・今日は大事な悦子さんとのお見合いですから」 と僕
少し顔を赤らめて悦子さんが
「あっ、どうもありがとうございます」
そんな会話で10分ほど経ったところでセンターの方がドアをノックして
「まことに申し訳ございませんが、センターの面談室が混雑してまいりましたので、外の喫茶店とかへ移動してお見合いを続けていただけないでしょうか?」と申し訳なさそうに伝えに来た。

100mほど離れた喫茶店で再び悦子さんとお話を続けることになった。
「つとむさんはいつ離婚されたんですか?」 と彼女
「3年半になります」 と簡単に答えると
「そうですか・・私は7年前になります。それで、つとむさん、お子さんとは?」 とさらに離婚に触れる彼女
「離婚してから一度だけ逢いました。大きくなっていました」
「そうですか・・」

「また逢っていただけますか?」 と僕
「ええ、喜んで」 彼女の反応にかなり良い感触を得た
「気をつけて帰ってくださいね」
「はい、つとむさんも」
こうして今日のお見合いは終わり、早速センターへ電話して
「今日のお見合い相手の悦子さんですが、交際を続けたいので話を進めてください」 と一報を入れておいた。
すると翌日センターから電話があって
「先日お見合いされた悦子さんですが、彼女のほうもつとむさんとの交際を希望されておられるとのことです。よかったですね。がんばってね」 との返事。
僕はお見合いではフラれたことがないけれど、この年齢になったらやっぱり不安だった。なので少なからずホッとした。この先どうなるかやっぱり不安だった。
先日結婚相談所で紹介されてお見合いした悦子さんとは意気投合したかどうかはまだなんとも言えないけれど、その後頻繁にメール交換するようになり、1日2回こちらからお昼休みと夜の10時に電話するようになった。
なんだか20代の男女のようにぎこちない感じで、それがまたお互い新鮮で楽しくもある。で、2人だけでの初めてのデートの約束をする。次の月曜日の夕方、彼女の勤務先の近くのファミリーレストランで逢うことになった。

僕ははっきり言って無口なほうだけれど相手もそれほど饒舌なほうではない。どちらかというと僕に増して無口な人だ。互いに沈黙が続きかけると彼女のほうから助け舟が出てまた少し会話が続くといった感じ。

この間お見合いした悦子さんと初めてデートしてきた。早朝出勤の仕事を午前中に終え、一旦帰宅して着替えてから待ち合わせ場所、大阪市内の地下鉄の駅前にあるファミリーレストランへ車で向かう。
道も空いていて予想通りかなり早く到着してしまったので、駐車場に車を停めて途中のコンビニで買ってきた新聞を広げて時間を潰すことにした。約束時刻の6時近くになったのでお店に入り、テーブルに着いて10分ほど経ったところでメールが入った。
「下の駐車場に来ているのですが・・」と彼女からだ
「もう中に入っています。上がってきてください」と返す
しばらくすると長い黒髪・長身ですらっとした上品な中年の女性・・デートのお相手の悦子さんが入ってきた。
「待ちました?」と彼女
「いえ、さっき来たばかりです」と空ぶる僕

「ご注文はお決まりですか」 と店員
「私はシーフードドリアを」とメニューを見ながら彼女
「んじゃあ、僕は・・あんかけ海老ラーメンを」
二人とも小食
「悦子さん、まだお時間はだいじょうぶですか?」と尋ねてみた
「ええ、家族の食事のしたくは母がやってくれていますので」と彼女
「そうですか・・今夜あたりは生駒からの大阪の夜景がきれいだと思うんですが、よかったら見に行きませんか?」 断られるだろうと半ば当てにはしていなかったけれど意外にも
「あっ、いいですよ」 と快い返事
彼女を助手席に乗せて信貴山スカイラインの中腹にある展望台までのルートをナビ設定してファミレスを出た。
運転しながら彼女の家族のことや学生時代の思い出などに耳を傾け、そしてお互いかなり親密に打ち解けていくのを感じていた。

「このあたりは金曜や土曜日の夜ともなればアベックで一杯になるんですよ。駐車するところがなくて延々と路上駐車の列が続いて走るのも怖くなりますよ」 と僕
「そうでしょうね・・景観のいい場所ですから。でもよくご存知ですね。何度も来られたみたい・・うふっ」 うっとり夜景に見とれる彼女
「きれいですね」 と僕
「えっ? あっ、ああ・・きれいな夜景ですね」
「でも、いちばんきれいなのは悦子さんですけれどね」
「まあ! お世辞がお上手ですね」
その肩をそっと抱き寄せ、彼女と唇を重ね合わせていた。
(ええんかあ?? まだお見合いしたばかりやのに・・)

いきなりあんなことして嫌われていないかなって思っていたけれど、その後何度か電話で彼女の声を聴くうちに安心してきた。
「つとむさんって、真面目そうに見えてけっこう大胆なんですね。いきなりあんな関係になっちゃって・・・アタシ・・」 と彼女
「ごめんなさい、嫌われちゃったかなって思っていました」 と僕
「ううん、あのね・・アタシほんとうはうれしかったの、つとむさんがキスしてくれて。なんだか20代の頃に戻ったみたいでドキドキしちゃった。うふっ」 意外とあっけらかんとした彼女。さらに付け加えて
「あのね、つとむさん。私たちまだ知り合ったばかりで、もっと2人の関係を大切にしないといけないと思うの。アタシも子供じゃないから男女の関係は分かるわ。それに今さら結婚を焦っているわけでもないし・・そういう関係も含めてお付き合いしていくつもりです。だからこれ以上の関係を持つのはもう少し待ってね。近いうちに必ず・・でも、えっと・・キスはしてくださいね うふっ」 と明るく言う彼女

悦子さんは府立高校の中でも一二の進学校から国立大学を受験して失敗したけれど、それでも関西でも最難関の名門私立大学を卒業して大手都市銀行に就職し、友達の紹介で7歳年上の男性と結婚。3人の子供をもうけて40代半ばで離婚した、という経歴の持ち主。上流階級のお嬢様育ちで、上品を絵に描いたようなタイプの女性だ。

「一週間ぶりですね」 今日の待ち合わせ場所は前回とは違って彼女の勤務先の近くのファミリーレストランにした。

「すみません、カメラのシャッターを押してもらえませんか?」二人が写っている写真を撮りたいという彼女のかねてからの要望もあって今日はコンビに買ったインスタントカメラを持ってきた。
「プリントできたら送るね」
「うん、ぜひお願いね」
最近の写真が少ない僕はこの機会に彼女とできるだけ沢山撮っておこうと思った。

「好きにしていい?」
「おまかせします」
ナビを予めセットしてあったラブホテルに向かった。
お見合いをして3週間、3回目のデートで男と女になった二人。
でも二人とも最初から将来の伴侶を見定めるというよりは“いいお友達”を見つけたいという雰囲気だったのでここまでの展開は特に驚きではなかった。
川沿いのホテル「エーゲ海」に車を入れ、室内の写真を見比べながら二人で部屋を選ぶ。
「この部屋、雰囲気よさそうやん」と僕
「こっちもシンプルでいいみたいよ」と彼女
結局彼女の希望で最上階から川面を見下ろす円形ベッドの部屋に入った。
彼女が欲しくて堪らなかった僕は部屋へ入るなりベッドに彼女を押し倒して服を脱がせ始めた。
「ちょ、ちょっと・・待って・・もう~飢えてたのね、うふっ・・明かり消して」と彼女
あっという間に彼女を下着姿にして抱きしめる。最後の一枚、ブルーのパンティーを脱がせようとすると、恥ずかしそうに身をよじる彼女。
僕も生れたままの姿になって彼女に覆いかぶさり、唇を重ね、指先は太ももから股間の茂みをまさぐり、花弁を優しく愛撫した後、クリトリスを刺激する。
「あはぁ~ん・・あはぁ~ん・・」女性が性的快感を感じる時にむせび泣くということを聞いたことがあったけれど、僕はこの時に初めて耳元でたしかにそれを確かめた。指でイカせた後、きれいな脚を広げさせ
「入れるよ、ゴムはええやろ?なあ、生でしたい」と我が儘な子供みたいに甘える僕
「もお・・できちゃっても知らないから」と彼女
膨張して硬くなった僕のペニスが彼女の膣の奥深く挿入されて子宮に達した。
「いやぁ!あぁ~~ん!」甲高い声を響かせて彼女が身もだえ、その様子を間近に観察しながら僕も興奮の絶頂を迎えた。
「ハァハァ・・うっ、うぅ・・アァ~~」彼女の膣の壁に挟まれたまま僕の男根は小刻みに波打ち、その中へ生暖かい男の白い粘液を放出しながら果てた。
「気持ちよかった?」と尋ねると
こっくりうなずきながら
「うん、気持ちよかった」けだるそうな声で答える彼女。

月曜の午後8時、大阪南港の岸壁に車を停めて窓のカーテンを閉じた。彼女が自ら服を脱ぎ始める。そのしぐさがセクシーだった。

一晩経った休日のお昼時、会社でお昼休みだろう彼女にメールを送ってみた。
「昨夜は悦子とのH、感じて燃えちゃった。スッゴク気持ち良くて思わず声出しちゃいました。とっても美味しかったよ、悦子のカラダ。いっぱい出しちゃった。悦子の膣とお口の中に僕の精液が入っていった・・・と思うと幸せ!
でも悦子を妊娠させちゃうかも・・・だいじょうぶかな?!」
それに対して彼女からの返信は
「まだ私自身のその部分が湿っている感覚がある。感じているのとも違う。昨夜のつとむの命の液体がまだ私の中に存在している証拠だ。こうしてゆっくりと時間をかけて愛する男の液体が私の中から出ていく。その事に信じられないほどの愉悦におののいてしまう。愛する男が呉れた情け!むせび泣くほどの喜びです。
つとむ、愛してる」
↑は名文やあ!だから引用しました。下手な三流官能作家の表現より実感がこもっていて威力があります。
でも一つだけ興冷めすることがありました。Hの最中彼女が
「あ・・あぁ~~ん・・あつし・・」
ん?!?あつし・・ってだれや??
「あっ・・ごめん、旦那の名前なの」7年前離婚して一昨年に亡くなった7歳年上の旦那の名前を呼ぶか・・まあしかたないな・・別れても好きな人やったんや・・・

仕事のほうも忙しくなってきて、ほんとうはテレビなど観ていられないし、デートなどしている暇はないんだけれど、堪らなくなって昨日は研修の帰路突然メールで呼び出して悦子さんに逢ってきた。彼女の自宅近くの小学校の脇に車を停めて待っていると傘を差した彼女がやってきた。長い時間抱擁とキスが続き、
「ごめん、突然呼び出しちゃって。もう時間がないから帰るよ」
「まだ、もう少し・・・キスして!」と彼女。
僕の上に覆いかぶさるように抱きついてきて、僕のズボンのベルトを外し、ファスナーを下ろし始めた。
「悦子さん・・・」
さらにブリーフも膝まで下ろされ、僕の男根は彼女の手に握られた。車のシートを倒し、再び抱擁とキス。
「ハァハァ・・うっ、うぅ・・」彼女の手に握られたまま僕の男根は脈打ち、絶頂に達してしまった。

「またしばらく会えないけど、だいじょうぶ?」と僕
「だいじょうぶじゃないけど・・次会える日を楽しみにしてるわ。つとむさん、がんばってね」ティッシュで僕の放出してしまった精液を拭き取りながら彼女が微笑む。

悦子さんは大学一年の時、同じサークルの三年生の先輩と初体験して女にされたと話してくれた。中年になった今でも顔立ちに清純さを保ち、とてもそんな年齢で大胆な行為を経験しているようには見えない。前回のデートで大学生時代のアルバムを見せてもらった。それはそれは清純で可愛い顔立ちの彼女が写っている。
「この写真の頃はもう・・つまり・・体験済みだったの?」と、ためらいながら尋ねてみた
「これは大学1年の終わりの頃だから・・あれは年の暮れのことだから、うんそうなるね」
グッ・・女って解らないものだな・・
彼女曰く、「大学生の子は一年生でだいたい初体験するんじゃないかな・・わかんないけど」
そっか・・なんだか複雑な心境

お見合い相手の悦子さんが励ましてくれる。
「わたし、世間一般の価値観でつとむさんを見ていないわよ。つとむさんはつとむさんの人生があるもの。がんばってね!」
「ありがとう」短い言葉しか返せなかったけれど、うれしかった。彼女が大学生の頃よく歩いたという神戸異人館・元町を次の休日に案内してもらうことになった。真面目で健全なデート。
「よく行ったの?神戸の街」と尋ねたら
「学生時代、同じ大学の2年上の彼が神戸に住んでたから」と彼女。興味が湧いてきていろいろ尋ねてみるけれど、肝心のところで上手くすり抜けてかわされてしまう。
「付き合っていたのは何年生の頃?」と僕
「入学してすぐ、私が入ったサークルの3年生だったの、彼」
「健全なお付き合いだったの?」
「う~ん・・ないしょ!」
「おしえてよ! その彼、初体験の相手?」
で、とうとう白状させてしまった。
「大学に入学した年、19歳のクリスマスの夜、彼の部屋で・・・その日はただただ痛いだけだった」と彼女
「そう・・その彼とはその後どうなったの?」とさらに追求すると
「う~ん・・1年も付き合わなかったな」
「別れはどっちから?」
「アタシから。『もう終わりにしたい』って言った後、友達に電話して『今彼と別れた』って泣いてた。『なんで?』って彼に訊かれたけどはっきり答えられなかった。その後『旅行に行こう』って言われたけれど断った」 とのこと。

結婚相談所でお見合いした悦子さんと2ヶ月あまりが経ちましたが、毎回 お見合いした・・” と書くのももう不自然だから”彼女”にします。
今日は彼女と神戸の街を歩いてきました。
梅田紀伊国屋書店の前で待ち合わせて阪急神戸線の特急に乗り、20分ほどで三ノ宮に着く。
駅のホームでも信号待ちでも自然に僕の腕に手を回して寄り添ってくる彼女。
うん??・・慣れているな・・
ミドルになってもステキな彼女は若い頃から相当モテただろうな・・って思っていたから、普通のデートの時はどんな風に振舞うんだろう・・って関心を持っていた。
うん??・・できるな、おぬし・・
「悦子さん、大学はこの線で通っていたんでしょ?」
「うん、でも○十年前だからもう景色もだいぶ変わってしまっているわ。阪神大震災もあったしね」 窓の景色を感慨深げに見つめる彼女

今日のコースのポイントは中山手教会→ユダヤ教シナゴーグ→移民資料館→ジャイナ教寺院→元町中華街・・・と、なんだかデートコースにはふさわしくないものだけれど、これはいつか1人で訪れたいと思っていた場所で、都合よく今日は神戸を訪れたついでに彼女にお願いして付き合ってもらいました。
結局都合よく入館できたのは移民資料館だけで、あとは閉まっていたり遠かったりで、暑かったこともあって異人館通りを半ばまで歩いたところで少し休憩しようということになり、少し先にあるラブホテルの看板を目にしたところで互いに顔を見合わせた。
「悦子さん・・あの・・」と口ごもる僕に
「入りたいんでしょ? アハハ」と明るく笑う彼女

日曜日のお昼時だというのにもう部屋はほぼ満室状態でわずかに空いている2室を二人で選ぶ。
「どっちも大して変わらんなあ・・」
部屋に入るなり彼女は
「アタシ、お腹すいたあ~」
「ルームサービスが何かあるかもしれないからフロントに電話してみる」
ルームサービスのラーメンが届くまでの間シャワーを浴びることにする。
「一緒にどう?」と僕
「いやよ! はずかしい・・」そう言いながら僕の前で平気で全裸になって浴室に入ってゆく彼女

「逢いたかった・・つとむ・・」ベッドの上で僕の首に腕を回す彼女
唇を重ね既にじっとり濡れた彼女の股間の花弁からクリへかけて僕の指先が徘徊する
「あ、ああ~ん・・」
今日は彼女は相当感じていたようで、5時間ほどの間に何回試みたか忘れてしまうほどいっぱいしてしまいました。
正上位・・騎乗位・・座位と今まで試みなかった体位もやってみた。僕は正上位で1回、彼女のフェラで1回イッてしまいましたが、
「悦子、何回イッた?」 と彼女に訊いてみた
「わかんない・・だいぶ感じたわ、今日は。たぶん4~5回くらい」
ゲッ・・そんなイカせたの、初めてやん・・

帰路梅田で
「ナビオの30階の展望台で夜景が見れるよ。寄らない?」と彼女。
「うん、いいね!ついでに夕食も済ませて帰ろうか?」 と僕
隣のアベックにカメラのシャッターをお願いする。
続いて入ったインド料理のお店では中辛のマトン入りカレーを注文したけれど、すっげえ辛かった。
そこでもボーイさんにカメラのシャッターを押してもらった。
楽しい一日でした。”