セフレと女友達と飲んでいたら・・エッチな体験談

3年くらい前の話だが。
その日はセフレとその女友達と3人でうちの部屋で飲んでた。その女友達はうちらの関係を知ってるみたいだった。
夜、3人とも酔っ払い、俺も眠くなり、座椅子にもたれかかってうつらうつらしてた。
そしたらセフレが隣にやってきて、ズボンの上から股間をサワサワ。
目が覚めて女友達を見てみると呆れた感じでテレビを見つつ時々チラチラ見てくる。
久しぶりだったのと女友達の存在に興奮。完全に勃起。
セフレはズボンを下ろしてくる。パンツの中でギンギンにテント張ってるチンポを引き続きサワサワ。
ここらで女友達「もぉー2人でなにやってるのよー。目のやり場に困るでしょー」と言いながら近くに寄ってきた。


女友達がニヤニヤしながら見てる前でセフレはサワサワ。そのうちパンツの中に手を突っ込んでニギニギ。
やがてパンツに手をかけてズルリ。飛び出た勃起チンポを見つめる2人。
女友達「見られてよくできるよねー」
俺「いや、見られたら余計興奮するって言うか」
セフレ「3人でやる?」
女友達「いい、私見てる」
手コキを始めるセフレ。そのうちよだれをつけてネチャネチャと音がし始める。
「やらしーねw」と女友達。
そのままセフレ、ぱくっとフェラ開始。
俺は女友達の胸に手を伸ばしてみるが強く拒否られる。
しぶとく今度は尻へ。尻はそんなに抵抗されなかったので、尻をスカートの上から触り続ける。
セフレ「口疲れた。交代して」
女友達「いやよ。それより自分でしてるとこ見せてよ」
セフレ「いいねそれw」
ってことでオナニー鑑賞会になった。
途中、乾いてきたのでセフレと女友達に唾を垂らしてもらった。
女友達もまんざらではない様子だった。
尻を撫でながら時折アソコをなぞってみると、感じるのか尻を振ったりする。
パンティーに手を掛けてみると無抵抗。
右手で自分の竿をしごき、左手で女友達の下着の中に手を突っ込み、女友達とセフレが唾を垂らし続けていると射精感が込み上げてきた。
Γイキそうだよ」っていうとセフレがパクリとくわえてきた。
そのまま口の中に出して、セフレはいつものように飲んだ。
女友達は信じられないような目で見ていた。
それ以来、女友達とは急速に疎遠になってしまったが今思うとやっとけば良かったなと思う。