娘の家庭教師の大学生男子の裸を見てしまい不倫してしまいました。

2015/03/21

中学3年生になった一人娘の高校進学のために、主人がひとりの大学生を家庭教師として連れてきました。有名私立大学2年のA君は、長身で、細身、整った顔立ち、第一印象は、少し控えめな感じのまじめそうな青年でした。主人の故郷の親友の息子さんで、私達の家から、私鉄で2駅先の街のアパートで一人暮らしをしているということでした。

娘の学校での成績は良く、高校進学の予備校にも通わせていましたので、娘はあまり乗り気ではありませんでしたが、父親らしいことをしたいのと、親友に良い顔をしたいという主人が、自己満足から強引に決めてしまいました。娘には既に、片思いの同級生がいましたので、A君に対して、表向きには親戚のお兄さんといった感じで接していましたし、内心では1年間ガマンすれば良いことと割り切っているようでした。私は、若い男性が増えたことで内心少しウキウキしていたのかもしれません。

最初は大人しかったA君も、初夏の頃には、我が家に馴染んでくれました。主人から、当初半ば強引に「何も用事が無くても、食事をしに来なさい。」と勧めがあったので、週2日の娘の家庭教師の日以外にも、A君は大学の帰りに寄って夕食をして帰るような日もありました。主人は、最初は喜んでいましたが、年齢差もあり、会話が段々続かなくなり、かえって居心地が悪いのでしょうか、A君への対応は私に押しつけ、7月を迎える頃には、帰りが以前にもまして遅くなり、深夜や早朝酔って帰宅するようになっていました。

大学が夏休みを迎えても、お盆に数日戻れば良いからと、娘の家庭教師のためにA君は真面目に我が家に足を運んでくれました。そうした7月末。その日から数日間、娘と主人は親戚のいる田舎に出かけていきました。私は、日中から夕方だけ友人のお店のお手伝いをしており、その関係で休めず、我が家にひとり留守番状態でした。夕方帰宅後、小雨が降り出し、午後5時ごろから土砂降りになりました。

不意に玄関のチャイムが鳴り、その雨の中で、ずぶ濡れのA君が立っていました。娘が、電話で旅行に行くことを伝えてくれておらず、彼はいつものように来てくれたのです。お詫びをし、お風呂と食事だけはしていってくださいと勧めました。食事は何度も出していましたが、A君に浴室を使わすのは娘の手前これまではしていませんでした。

浴室に行ってもらい、頃合いを見て、主人の服を着替えとして用意し、脱衣室のドアを開けました。そこに、既に浴室に入っているものと思っていたA君が全裸で、両手で布のようなものを持って立っていました。「気に入らないかもしれないけれど、着替えはココに……!」お互いが驚きの表情で、数十秒は固まってしまいました。

「きゃーぁー!ゴメンナサイ。」私は逃げるように扉を閉め、ドア越しに「ごめんなさい。」を連呼していました。直に、背中でお湯をかぶる音がしだしたので、そこを離れようとしたときに、はっと気付いたのです。A君が顔の前に両手で持っていたのは、私が30分ほど前に帰宅した際に脱いだショーツでした。

恥ずかしさが一気に湧きました、しかし贅肉の無いスリムな身体の下で、主人のモノよりも明らかに逞しく、そり立つように勃起していた赤黒い肉幹もしっかり脳裏に残りました。その後は、食事を済ませると、降り止まない雨の中を、車でA君をアパートまで送りました。終始、よそよそしい雰囲気の中で会話も殆どありませんでした。沈黙とは裏腹に、私は内心では、運転席に座りながら、左半分が異常に緊張していました。帰宅して、ひとりになると恥ずかしい想いとともに、緊張でひどく汗ばんでいることに気がつきました。

じっとりと全身が火照りシャワーを浴びましたが、治まりません。いけない……。何度も、そう思いました。頭では自分を抑えようとするのですが、私の手は下腹へ伸び、そっと恥丘のあたりを探っていました。中指が、太腿の間を潜るようにして動き、もっとも敏感な部分の先端に達しました。あっ……。

触ることで、恥丘の内部に抱えているモノが、抑えられなくなっていました。脚を開き、中指が小陰唇の谷間をかきわけ、クリトリスに。主人と最後にしたのはいつだろう、もう年数で答えられるくらいしていない。

これほど私は、乾いていました。自らの裸体を穢している……。しかも、主人の愛撫を思いだして自分を慰めているのではありません。

38歳の私が、自らの脳裏で、今抱かれようとしているのは娘の家庭教師A君なのです。いつのまにか私は、力ずくで犯される自分の姿を思い浮かべていました。猛々しく襲いかかり、蹂躙しようとしているのは、まぎれもなく、A君です。その行為を抑えられず、寝入ったのは明け方でした。翌日は、寝不足もあってか、仕事に出ても低いテンションのままでした。

友人は、体調が優れないと察したのでしょう、気を使ってくれて、お昼までで早退をしました。後ろめたさはありましたが、迷惑もかけられず、その日は言葉に甘えました。家に帰り、シャワーを浴び、身体に触れていると、また昨日の夜と同じように、内から湧き上がるものがあり、2階の寝室に上がりました。バスローブを脱ぎ、自分の手で乳房を撫で回し、もう片手で無防備な内股を撫でる。割れ目の上から指を這わせ、熱く、湿っている花びらの奥に指を伸ばしゆっくり動かし続ける。

(ああ……いい)身体中が熱くとろけて来るような快感に身をゆだねました。花びらの奥の柔らかい襞が指先にまといついて来るようでした。汁がとめどなく湧きあふれ、尻の下のバスローブの上に滴り落ちるほどになっていました。敏感な蕾を指先で刺激しながら、次第に昂まって来る快感に喘ぎ、A君のたくましい吃立を脳裏に浮かべながらエクスタシーに達してしまいました。

行為の後、何時間か寝てしまっていたようで、目が醒めると夕方でした。ふと、1階で人の気配を感じ、起きました。Tシャツとショート丈のスカートだけを身につけ、寝室を出ようとすると、ドアがしっかり閉まっておらず、少し開いていました。恐る恐る1階に下りると、リビングにA君がいました。昨日借りた服を返しに来たということで、教えていた合鍵で勝手口から入ったようでした。バスローブをはだけ、ほぼ全裸に近い状況の寝姿を、彼に見られたかもしれない…。彼はどう思ったのだろうか?何を期待しているのだろ私は…。

いつものように、夕食をいっしょにしました。やはり会話は少なくて静かでした。車で送るからといって、彼を待たせている間、気まずさもあって、私は台所で洗い物をしていました。最後の食器を洗い終わると、いきなり後ろからA君に抱きすくめられました。いつのまにかA君が後ろに来ていたのですが、気付きませんでした。

「なに?」不意に、A君の唇が私の唇をふさぎました。「乱暴なことしないで……」

最初は抵抗し、それだけを言うのが精一杯でした。抱えられ、寝室まで運ばれる間、何かA君に対して話をしましたが、なにも言葉は返してくれませんでした。上半身はノーブラの上にTシャツだけ、ゴムとひもでウエストを締めるスカートとショーツは直に剥ぎ取られていました。

慣れているとは言えませんし、かなり強引ではありました。抵抗はしましたが、全裸にされると、力が抜けていきました。私が抵抗をしなくなると、A君も力をゆるめてくれました。

「すいません……。」「抑えようとしたのに、どうしても出来なくて。好きになってしまって。したくて。」謝って沈黙するA君に、「こんなのダメよ。」

私が一言言って、無言でいると、口づけをされ、彼にまたスイッチが入りました。身体中にキスをされました。両膝をつかまれ、股間はMの字にひろげられました。「見ないでっ……お願いだから、」

濡れた唇が股間に近づき、荒い息が茂みに掛かりました。割れ目に唇がふれ、熱い舌先で、敏感な部分を上下に舐めあげられました。けっして巧みではなく荒い愛撫ですが、枯渇していた私の身体には十分すぎました。

まもなく股間からは、ピチャピチャと液体を舐める恥ずかしい音がたちはじめていました。股間で受けた衝撃は、脳天まで鋭く響き、手足の先まで痺れていました。膣奥からは花蜜が漏れ、狂おしいほどの欲情が、私の身体の内側で渦巻いていました。花びらを何度も何度も吸われました。舌先がクリトリスを探り先端で突かれるたびに、電気が身体をはしりました。

「はっ、はぁあーっ!」快感に一瞬ぼんやりしていた私は、愛撫が途切れたので、A君を見ました。Mの字の股間に彼の身体が割り込むのがわかりました。

ついに剥きだしにされた花園にペニスをあてがってきたのです。私は、挿入の衝撃に備えます。A君は肉棒を滑りこませ、亀頭が私の中に沈みました。

股間に火柱を突きこまれたような衝撃が走っりました。「はっ、はぁあうーっ!」A君は、M字に開いた股間をさらにひろげ、力強く腰を押しつけてきました。

覚悟はしていたものの、主人のモノでは感じたことのない存在感でした。長大な逸物をすべて沈み込まれると、瞼の裏で火花が散りました。股間から脳天までが痺れきって、息ができなくなるほどです。

(……もう後戻りはできない)挿入の衝撃に悶絶する私の脳裏の遠くの方で微かにそんな声がしました。腰抱えられ、密着させ、私達はひとつになりました。私は、狂おしい快感に耐えていました。

A君の腰使いは稚拙ではありましたが、激しくいつまでも続くような力強さは有りました。時折、ぐいっと腰がまわされ、私は呻いていました。突き上げられる旋律は徐々に強まり、一気に奥まで挿入さると、目から火花が散るほどの快感に襲われていました。(届いている……あっ、当たる……奧に、奥に当たるぅ……)(違うの……あの人とは全然違う……)いつの間にか、私は夫と比較していました。

主人では味わったことの無い感じを、初めて身体をあわせる20歳の青年から受けていました。子宮を突きあげられると、内臓にまで響きました。最初の稚拙な腰遣いが、いくらかなめらかな律動を繰りかえすようになっていました。ビクンビクンと私の身体は跳ねてのけぞり、弓なりになる。強引で連続的な突きあげを受けながら、A君が私の名を呼ぶのを聞いていました。

もう罪悪感はなく、こみあげる愉悦に翻弄されるだけでした。「はっ、はぁ!はぁ!」A君は、私を突きあげながら、言葉とも息づぎともつかない声を漏らしていました。

A君の直線的に打ちこむ肉棒を、私の腰はグラインドで受けとめていました。「ああ、最高だ。○○さん最高だよ」(もうっ……もう我慢できないっ……)私も、頂点を迎えようとしていました。

こみあげる歓喜が身体中を走りました。「もう駄目っ……駄目になるっ……」「ああ、ぼくも……ぼくもです……。」

「もう出るっ……出そうっ……」「ああっ、きてっ……なかで出してっ……一緒にいって……」「うううっ……で、出るっ……おおおううううっ!」

「イッ、イクッ!イッちゃううううううううううーっ!」獣じみた雄叫びをあげ、A君は最後のくさびを打ちこんできました。背筋が折れるような衝撃が五体に走り、つづいて煮えたぎる熱い証を私の中に吐きだしました。A君の体の下で、私は悲鳴をあげ、意識が遠のいていきました。

羞じらいも羞恥心も飛ばされ、私は18歳も若い男の前で一匹の牝になっていました。「イッちゃったの。気持ちよくって、こんなの初めてなの……」まだ意識が朦朧としている私は、こんなことを言ったのだそうです。

それからどれくらいの時間がすぎたのか。二人で目を覚ました時は、午前零時を過ぎていました。軽い夜食を2人で食べた後、2人でシャワーを浴び、また、明け方まで愛し合いました。