普段は女として見ていなかった先輩と休日出勤したオフィスでセックスしちゃった!

もう何年も前の話しだが、仕事が終わらず休日勤していた。

昼近くに5歳年上の先輩から携帯にランチの誘いが来た。

どうやら買い物で近くに来ていたらしい。

仕事の切れが悪く出られない事を伝え、一人だった職場に先輩を呼んだ。

近くのコンビニで買ってきたのか、差し入れをしてくれた。

面倒見のよい人で、今までも色々と助けてもらっている自分にとっては姉さんのような存在。

しばらくして仕事の区切りが良くなり、差し入れてくれた食事を取ることになった。

差し入れのお礼に仕事が終わったら飲みに行く事に。

来たついでに先輩も机に向かう事になった。

いつもであれば女性を感じる事はなかったが、何故か先輩の後ろ姿を見て反応した自分がいた。

6時を過ぎた頃に声をかけてきた。

「まだ終わらない?」メガネの奥の大きな瞳にドキっ思わず真顔で瞳を覗き込んで「瞳が綺麗ですね」そのまま視線を唇に下ろし目を細めた。

「えっ!?」一瞬沈黙。流れで自然に唇を重ねる。

「ちょっとぉ(怒)なんで?」後ろにのけぞり驚いた顔で責められる。

「すみません・・」

「なんとなく急に・・」

言葉が出ない自分に先輩が「そういうことしちゃダメだよね」微笑でさとされる。

仕事が手につかなくなり気づいたら先輩と話しをした。

何を喋ったか忘れてしまったが、自分の感じた思いを伝えなりふりかまわずアプローチしていた。

「こうなるとは思ってなかった」職場での立場の違い俺に対しての思いを語られた。

「まずいでしょ?」納得させられた自分に罪悪感だけが残り真っ白になる。

「もう仕事しないでしょ」

「お腹すいたよ」言われるがままに机を片付け身支度をした。

自分から離れるかのように足早に戸締まりをし、一つ一つ電気を消していく。

「さっ 行こう!」神妙な顔から普段の先輩にもどる。

鞄を持ち出口へと歩く。先に歩く先輩の後ろを追いかけ扉まで進んだ。

ドアに手をかけようとした腕を引き寄せ振り向かせた。

そのまま抱き寄せた。

「ダメだってば・・」唇を重ねた。つかんだ腕の力がスッと抜けた気がした。

しゃがみこもうとするする体をドアに押しつけしばらく抱いた。

ドアから離れ席まで戻る。

「本当に怒るよ」腰に手を滑らせ、唇、額、目、とキス。

机によりかかりされるがままの先輩。先輩の手は自分の腕をつかんでいた。

胸元に顔をうずめ服の上から胸にキス。腕にあった手がいつのまにか頭を包んでいた。

怖かったのかもしれない。

机に座らせ開いた太股が小刻みに震え自分の足に伝わる。

もう何も言わなかった。

太股に手を滑らしスカートをすりあげた。

暖かく柔らかい素足の手触り肌をなでまわす。

スカートの中に顔をうずめ太股を愛撫する。

ゆっくりと右、左と唇を滑らせ下着の上で止め息を吐いた。

両手で足を持ち上げ開脚。

鼻を上から下に滑らす。

もりあがる下着を鼻で押し湿った部分を舌で舐めた。

舌で下着をずらし舌を滑らす。

愛液があふれ出ていた。

足の付け根に強くキスした。

「痛い!ダメ!」

「跡だけは付けないで!」押し殺していた声が突然聞こえた。

「ごめん」「痛いよね(笑)」当時先輩にパートナーがいたか分からなかったがその一言で分かった気がした。

「もうおしまいにして・・」スカートから顔を出し上を向いた自分にささやいた。

「もう!」机から降りた先輩がはにかみながら一言。

優しく唇にキスした。

何も言わずほほえんだ。

「お腹すいちゃった」

驚いた先輩の顔に触れ

「飲みに行こう!」

「うん」可愛い笑顔で返事をした。

数年後先輩は寿退社した。