彼氏がいたのに童貞な友人に強引にお願いされて…

当時私には彼氏がいたのですが、私の事が好きだと言う男がいて、私もその人の事嫌いではありませんでした。
ある時その彼が「私とヤレタラ・・・する」といってきたので、何気なく「本当に~それだったら良いよ」と答えました。
すると次回に会った時に本当に用意してました。私は迷いながらも「まあっいいか」と思い半ば強引に連れ込まれる形でホテルに入りました。

中に入ってもしばらくは2人で話しをしていました。
落ち着かない雰囲気に耐えられなくなり私は彼に「シャワー先に浴びなよ」と勧め彼は入って行きました。
彼は10分ぐらいでトランクス1枚で出てきて、今度私がシャワーへ
私は念入りに体の隅々まで洗いました正直彼氏との時よりも丁寧に細かくしました。

シャワーからでてくると彼は落ち着かないようすで、ソワソワしていました。
彼は「いい?」と何度も聞いてきましたが私は中々決心がつかず戸惑ってました。
すると彼が「じゃあ、そっちからやってよ」とベッドに横たわりました。
私も遂に覚悟を決め彼に覆い被さりました。 彼は小柄で155ぐらいかな?私は160で失礼かもしれないけど幼く可愛いと言う感じでした。

それに経験も少なそうだし、私がリードしなくてはと言う使命感が出てきました。ちなみに後から聞いた所童貞でした。
まずは優しく唇にキスをし、その後ソフトに顔中にキスをしました。
目を瞑っている彼がとても可愛く、つい私は微笑んだりもしてました。 舌を口の中にいれディ-プキスをすると彼も舌を絡めてきました。
結構上手かったので少し不思議に思えましたが、やはり私がリードしなくてはとは思ってました。

私はキスを顔から首筋へそしてまた顔へと繰り返しました。彼の表情が至福になっていくのがわかりますその状態で
攻撃を胸に移しました。まずはやさしくタッチそして舌を伸ばしゆっくりと舐めました。彼の乳毛?が私の唾液で張り付いていくのが何ともいえませんでした。
強く音を立てて吸うと彼は「うっ」と小さく声を漏らしました。

その時に案外彼は感じやすいんだなと思い私のS心に火がつきました。 まあSといってもどちらかと言えばの話ですけど。。。
彼は小さな声で私の「胸を触りたい」といってきましたが私は「駄目」とちょっと意地悪してみたりもしました。
私は85のCでさらにその時はホテルにあった浴衣を着ていたので彼にはたまらなかったのかもしれませんね ちなみにワザと胸元はだけさせてましたし
その後トランクス越しに彼のおちんちんを触りました。もうすでにビンビンでした。

だがあえて焦らすようにさわり、トランクスをずらしたりはしましたが脱がしはしませんでした。
彼は我慢できなくなったのか自分で脱ぎました。そ
私はニッコリ微笑み「もうビンビンじゃん」と彼の羞恥心を煽りました。すると彼は恥ずかしそうにこう言いました。
「僕、皮かむってるんだ」みると本当におちんちんが皮で覆われてました。 でも不思議に思ったのは今ままでみたおちんちんは皮があっても上の方はたしか露出してたような

そう彼は真性包茎だったようです。当時私は包茎のことは知ってましたがそんな事まではしりませんでした。
私は気にならなかったので微笑み何も言いませんでした。
ビンビンになったおちんちんを右手で擦りました。すでに先からはネバネバした液がでていましたのでそこを親指で優しく
コネクリまわしました。すると液が指につきそれをおちんちん全体にのばし滑りがよくしました。
あまりに焦らしていると彼が「口でやって欲しい」と言ってきました。

私は口でやル事にしましたがすぐにおちんちんにいかず、たまちゃんを舐めたり吸ったりしました。
そして竿の裏や先のワレメなど、そうしているとまたしても胸を触りたいと言ってきたので
今度はOKしました。私の方も濡れてきてましたし、男性を襲うと言う日頃ないシユッエ-ション
のせいか日頃よりも濡れてました。
彼は一度起き上がり私のブラを外しました。外すのに案外苦戦するかなとも思いましたが意外にあっさりハズレ
私の胸を触ったり揉んだりしてました。

もう私も濡れてショーツが汚れていたと思います
このままで彼に主導権がいってしまうので彼をおしたおし私が彼の体を舐めました。
でも私も我慢できなくなり自分のアソコの彼の右手を導きました。彼の指が私の中に入ってきました
そして彼はゆっくりと動かしましただんだんと気持ちよくなっていき力が抜けてきました気がつくと
私が寝ていて彼が上から指でいじくっていると言う姿勢でした。
「ああっ…気持ちいい..でもやばい」慌てて彼の手を止めました。

彼は申し訳なさそうに「ごめん、痛かった?」
私は「いきそうだから」とは言えなかったので「そんな事ないよ」とだけ言いました。
彼の指をみると指と指のあいだが私の愛液で糸を引いてました。かなりやばかったです
今度はまたしても私が上になり攻めることにしました。私は結構本気で攻めたので彼はすぐに
息があらくなり「もう..でそう」
私はまたしても意地悪く「出したら」と微笑みました。

すると彼は私の中でイキタイとの事、私は生では困るので「ゴム」と笑いながら言いました。
彼はベッドの上のゴムを取り私に渡しました。先をつまみ手際よく装着させると彼は「えっ簡単につけられるの?」驚きの表情でした
彼はゴムの使い方もあまり知らないようでした。
何故かちょっぴり嬉しい私は彼の上にのり挿入しました。「えっ、はいったの?」と聞く彼
「うん」微笑む私
そして私はゆっくりと動きはじめました。ギシギシと揺れるベッドに恍惚の表情の彼なんともいえない光景でした。

私自身、騎上位はあまりした事がなかったのでとても新鮮な気持ちでした。
彼が気持ち良くなっていくのがわかりましたが、緊張のせいかなかなか逝きませんでした。
しばらくすると私の方が疲れてきたので「休憩」と言って繋がったまま休みました。そしてピストン再開、彼は気持ちは良くなってはいましたがやはり逝けません
すると彼が申すわけなさそうな顔で、「ごめんトイレ行きたい」とトイレに行きました。

トイレから戻るとおちんちんはしぼんでいたので手とお口でやってあげると直ぐに復活しました。
オシッコ行ったあとなので少し匂いがするかなと思っていたのですが、彼は気を使い洗ってくれたようです
私は別に平気ですが、その心遣いは嬉しかったです。
復活したおちんちんにゴムを付け、再度ピストン今度はさっきよりも激しく動きましたベッドのキシム音も激しく
隣に聞こえるのではと言うぐらいでした。

今までと同じように気持ち良くなってイク彼でもあきらかに先ほどとは表情が違います、これはイケルと思っていたら
案の定「もう…だめ…いく」と射精まじか
「いいよ..いって」私も荒い息で答えました。そして「あっ」という小さい声の後彼は逝ってしまいました。
彼の荒い息が収まり目を瞑りぐったりしていました。「へへっ やっといけたね」私は優しく彼の頬にキスをしました。
彼も嬉しそうに私の頬にキスをしました。
私には彼氏がいましたが2人でHして上手くいけたと言う達成感が嬉しかったです。

しばらく2人でおしゃべりをしていましたが彼が回復したのかもう「やろっ」と私に覆い被さり
キスをしてきました。 私は「もうっ」と言いながらも気持ちは乗っていたので舌を絡めキスをしかえしました。
今度は彼が攻める番でした。
唇から顎、首筋へキスの嵐でした、私はキスが好きなので嬉しかったのですがキスマークをつけられそうななったので
それは辞めさせました。 さすがに彼氏にばれそうなので
彼のキスは私の胸まで来ました、彼は胸が好きなのか結構長い時間触ったらりキスしたりしました。

オッパイ星人なのかな?と思いましたが聞けませんでした。
彼は舌を伸ばし乳首を舐めたり吸ったりでとても楽しそうでした。そうしている内に私も感じてきて乳首が立って来ました。
その乳首を指で摘まんだり舌で転がしたりする彼をみると子供みたいでとても可愛く思えました。でも体は正直でアソコからはジュースが溢れでていました。
彼は胸を攻めながらも私の脇を舐めようとしてきました、汗をかいて恥ずかしいので「駄目」と断るととても寂しそうな表情でした。
でも普通は腋て好きではないのではと私は思いましたが、まあ人それぞれかなとも思いました。

でも恥ずかしいので駄目だけど
彼の手がだんだんと下半身の方へ胸からお腹そしてアソコへ
クリちゃんを触りながら指を挿入され、出し入れ気持ち良くなり愛液が出て行く感じが自分でもわかりました。
彼がクンニしようとしたので恥ずかしくなり足を閉じました。彼が不思議そうに「どうしたの?」
私は「それしなくっていい」と答えました。
それでも強引にしようとするので思わず「やったら殺す」と言うと止め、諦めてくれました。

その後みたら指についた愛液をひそかに舐めていました。そこまでして舐めたいものなのかしら??
このままではバツ悪いので今度は私がやってあげる事にしました。 全身にキスをした後かれのアソコへ
まずは口に含み全体を唾液だらけにし、竿の裏スジに舌をはわせ先に割れ目に舌を入れました。
気持ちいいのかどんどんカウパー液がでてきます。「気持ちいい?」と聞くと虚ろな目で「うん」とうなずきました。

その後舌を彼のアナルへ、まずは近辺を舌でチョロチョロし唾液まみれにしてほぐした後
穴の方へ舌を這わせました。 舐めた瞬間ピクッと体を動かし「あっ」と漏らしました。
ココが弱点だなと思い嬉しくなり重点的に攻める事にしました。アナルをふやけるぐらいまで舐め
手で少し広げ舌を入れました。 体をクネクネさせ小さい声で「お尻が…」と言うのが聞こえます
意地悪く「気持ちいい?」と聞くと恥ずかしそうに「うん」と答える彼
気持ちよくなって体を動かす彼を「ダーメ」と押させつけアナルの中に舌を入れ動かしまくりました。

「んんんっ んんっ」と声を打ち消しながらも感じる彼の姿がなんとも印象的でした。
舐めた後の彼の表情をみると目がトローンとしていてもう好きにしてという感じに見えました。
「いきたい?」と微笑みながら私が言うと彼ははずかしそうに「うん」
私は口を開けておちんちんを咥え手を使いながらバキュームしました。
私はフェラには少し自信があり、彼の反応はどうかなと見ていたら口を開け本当に気持ち良さそうでした。
「ジュポジュポ」とやらしい音が部屋に響きます、その音がまた私には嬉しくたまりませんでした。

1分もしない内に「ああっ…いきそう」と彼
構わず「ジュポジュポ」とフェラを続けると彼は昇天し、口の中に生臭い感じが広がりました。
あまりの量の多さ不味さに顔をしかめていると彼が気を使いティッシュを持ってきてくれ「出していいよ」との事なので
遠慮なくだし、洗面所に行きました。
しかし2回めなのにすごい量でした。
洗面所から戻ってくるとさすがに疲れたので下着をつけ2人で横になり、お話をしました。
それでも数分するとまた元気なった彼がせがんできます。
もう私は疲れていたのでマグロ状態でした勝手にキスをされブラを外され胸を触ったり吸ったりする彼
下半身の方もショーツをずらしアソコに指を出し入れしたりしました。

疲れているはずなのにアソコから液は溢れてきます、それを舐めようとするので膝を閉じ阻止「だーめ」
すると彼は「抜いて」と言うので口はもう疲れて手でやってあげる事にしました。
手に唾液を吐き滑りをよくし摩擦運動を始めました。さすがに2度いってるのかなかなかいきません
それでも彼の表情を見ていると気持ち良くなっていくのがわかりました。
やっとの事で「いきそう…」そして2,3こすりするといきました、しかも私のふとももにショーツにも少しかかってしまった。

文句言おうかなとも思ったけど、なんかなと思いいいませんでした。
さすがに彼も疲れたのかグッタリで時間まで2人で横になりました。
そして最後にキスをして2人でホテルをでました。
今でも彼とはいいお友達で互いに恋人はいますが時々あったりもしています。それでも全然関係はありません
本当に親友です、男と女の友情はあると思います