彼女の母親の不倫現場を目撃→母親ともエッチできた

俺は高校2年。サッカー部に所属し1つ先輩のマネージャーである香奈先輩と付き合っています。香奈先輩は美人で明るく、ほとんどの先輩が狙っていて人気の的でした。

そんな香奈先輩から付き合って欲しいと言われ、俺は優越感でいっぱいでした。付き合っている事は皆には内緒にして欲しいと香奈先輩に言われたので、俺達はこっそり会っていて、それがまたドキドキしてなんとも言えない気分でした。付き合って3ヶ月くらいして、SEXをしました。

お互い初めてでしたが、その感動は今でも忘れられません。やりたい盛りの頃でしたので、その後は会うたびにやりまくってました。半年くらい付き合った頃、はじめて香奈先輩の家に行きました。

香奈先輩の家はかなり立派で、賃貸住まいの俺にはうらやましいかぎりの家でした。家族はおばあちゃん、父母、妹(当時、小6)、それと犬が3匹いました。はじめておじゃました時は、おばあちゃんがいてお茶やお菓子をだしてくれました。

何度か家にいっている内に、香奈先輩の部屋でエッチするようになりました。香奈先輩の部屋は2階で鍵も付いていたので最初はドキドキしましたが、そのうち平気で何度もやりまくりました。両親はいつも留守で、父親には一度もあいませんでした。

そんなある日、休日デートをした後、香奈先輩の家にいつものようにいきました。その時、初めて香奈先輩の母親がいて、あまりにいい女なので緊張してうまく話せませんでした。母親は美香さんといい、歳は40才前半だったと思います。

髪は長く、ちょっと茶色に染めていて、かと言ってケバくはなく、背は165センチくらいで、細身の高橋恵子に似ている人でした。仕事は空港で働いているらしく、以前はスチュワーデスだったそうです。おばさんは俺に興味深々で色々と質問してきました。

あまりに色々と聞くので香奈先輩が「も~う!ママいい加減にしてよ!」とちょっと怒り気味に。「だって、香奈がはじめて連れてきた彼氏でしょ~ママ色々と聞きたいもん~」「タケ!部屋に行こう!」部屋に行ってしばらくすると、「香奈~ママ仕事行くからねぇ~」その後、俺はおばさんの事が頭から離れず、香奈先輩を相手におばさんの事を想像しながら、その日のエッチは4回くらいやりました。年が明けて、香奈先輩の卒業まであと少しという頃、俺は友達と横浜に遊びにいきました。

暇つぶしに入った喫茶店に、香奈先輩の母親が30才くらいの男性とお茶をしてました。おばさんは俺に気付いてないらしく、楽しそうに時にはその男性の手を握ったりして、どう見てもただならぬ関係のようでした。香奈先輩から父親は太っていて55才と聞いていたので旦那じゃない事は確かです。

俺は友達に、用事があるから先に帰ると言い、喫茶店を出て二人を尾行しました。喫茶店から出るとおばさんは、男に肩を抱かれ歩き出したので、少し離れて後をつけました。二人は横浜駅の裏にあるラブホテルに入っていきました。

「おばさん浮気してるんだ~」「どんなSEXしてるんだろ」そんな光景を目にしてしまった俺の頭は妄想で爆発しそうでした。しばらくして香奈先輩が卒業旅行に10日間海外に行くことになりました。俺は、おばさんの浮気現場が頭から離れず、香奈先輩が海外へ出発して日の夜、香奈先輩の家に電話をし、忘れ物を取りに行くという口実で訪ねました。

運よくおばさんは在宅で、インターホーンを押し、家に上げてもらい用意してきたCDをさも忘れ物をしたように香奈先輩の部屋から持ち出しました。「たけし君、ご飯食べていきなよ」俺は遠慮したが、「カレーがあるから、遠慮しないでぇ」カレーを食べながら、おばさんの質問に答えていた俺は、意を決して「おばさん浮気した事ありますか?」いきなりのするどい突っ込みにおばさんは「え~なんでそんな事聞くの?」

「いや、、、おばさん綺麗だし、、男の人がほっとかないかなぁ~なんて思って!」「そんな事ないわょ~もう若くないし。おばさんでしょ!」「全然!おばさんって感じじゃないしぃ~いつもパリッとしてて綺麗ですよ~」「カレーのお礼ね。ありがとう!」「実はおばさん、見ちゃった!」「えっなにおぉ?」「俺見ちゃったんだ、横浜でおばさんがラブホに入るとこ・・・」「えぇぇぇぇ人違いよ」「おばさん!お願いっっ!俺もおばさんとエッチしたいです」「えぇぇダメ!ダメ!そんなのっ。香奈の彼氏でしょ」「おばさんだって浮気してるじゃん。俺だって」「してないって!見間違いよ!」「見間違いでも、俺、おばさんの事が頭から離れなくて」しばらく俺は必至におばさんに頼みこんだ。

言っちゃったからには後にはひけない。「香奈にわかったらどうするのよ~そんな事できないわよ~たけし君には香奈がいるしぃぃ~歳だってあなたのお母さんと変わらないでしょ~」「おばさんお願い!」おばさんはしばらく考えていた。たぶん自分の浮気現場を見られた事がひっかかっているんだろう。

しはらく考えた後「じゃあ~明日、私休みだからデートしてあげる。もちろん二人だけの秘密よ。絶対だからね」「本当ですか!」次の日、おばさんと待ち合わせデートをした。おばさんは、サングラスを掛け、大人の女という格好で現れた。デートは夕方からだったので食事をし、その後、みなとみらいの観覧車に乗った。

その日は寒く、おばさんが手をこすっていたので俺はおばさんの手を握り温めた。はじめは対面に座っていたが、手を握る時、おばさんの横に移動し強引にキスをした。はじめは唇をギュッと閉じていたが舌をねじ込むとおばさんもそれに応え、舌を絡ませてきた。

もう止まらない。俺はおばさんの服の上からオッパイを揉みくだき、スカートの中へ手を入れた。おばさんは足を固く閉じていたが乳首を舐めはじめると観念したのか腰を少し浮かせ、俺の手をパンティーの中に入れやすくした。

ビショビショだった。「いやっ、あっあっあっ、ダメっ、あっ、たけし君、あっ、ダメっ、はぁはぁ、あっいっ、いい~」おばさんは激しく悶え、むしゃぶりつくように俺に舌を絡ませてくる。俺の股間ははち切れそうで、我慢汁で気持ちが悪かった。

観覧車は最上部を通過し下りになったので、俺もおばさんも手を止めた。「もうっおばさん我慢できなくなっちゃったぞ」「俺も!下に着くまでに治まるかなぁ~」観覧車を降りた後、俺達は即効でホテルに行ってやりまくった。ホテルに入るなり俺は服のままおばさんを押し倒し、おばさんもはぁはぁ興奮しながら俺のジッパーを下ろした。

夢中でおばさんの服を脱がし、観覧車ではきずかなかったがおばさんは、黒でお尻の所がシースルーになっているエロいパンティーを履き、ガーターベルトをしていた。お互い服の事など気にせずむしゃぶりつくようにお互いの体を舐めまわした。「あぁぁぁ~いいぃぃぃ、あっそこ!あっ」69でお互い舐めまくった。

こんなに興奮するセックスは初めてだった。おばさんはさすがに経験が豊富らしくフェラチオは香奈先輩とは比べ物にならないくらい凄かった。娘の彼氏、彼女の母親というお互いの境遇が興奮させたのだろう、その日は5回もセックスし、おばさんは何回昇天したかわからないくらいだった。

終わった後、ベットでおばさんは「こんなに興奮したのは初めてよ。これからはおばさんって呼ばないでね」「香奈先輩の前でも~」「それはダメよ~」おばさんは女だった。「またしてもいいの?」「たけしはしたい?」

「うん。美香すごくよかったもん。美香は?」「わたしぃ~私はねぇ~もちろんしたいわよ」「淫乱だね~」「いやだぁ~そんな風に言わないの」「俺、香奈先輩しかしらないから教えてね」「何ぉぉぉ~セックス?教えてほしいのぉ~たけしは大丈夫だよ」「香奈先輩とはできないようなこと色々したい」「美香が教えてあげるね」おばさんはかなり淫乱だ。それからしというもの俺は交互に親子丼を楽しんでいる。