狙っていた同僚女が泥酔したので、襲ってエッチ。中出しまで

当時の同僚の女(Tとしておく)と初めて二人で晩飯を食いに行くことになった。Tとは他の同僚も交えて飲んだこともあり、社内でもそれなりに話をする間柄だった。水野美紀似のルックス、胸は大きくないが、スタイルは悪くは無い。

前から密かに、いつかは!と狙っていたので、脳内は妄想でパンパンになりながら行ったわけだ。食事も終わり、「軽く飲まない?」と聞くと「うん」と答えるT。暗めの照明で並んでソファーに座るバーに連れて行った。

俺はそんなに酒は強くないのと、その後のことを考えていたので、アルコールは飲まず、彼女には強めだけど口当たりの良いカクテルを飲ませた。エロ話はしなかったけど、ウケルところになると「キャハハハ」と笑いながら俺の腕にしなだれかかってくるT。そんなに大きくはない胸のふくらみが俺の腕に…。

Tは気分が良いらしく、自分からカクテルのおかわりを何度か注文した。バーを出ると、足元はおぼつかないT。「大丈夫?」と聞く俺。

大丈夫じゃないようにしているのは俺なんだが(w。バーで飲まなかったのは、食事の時に聞き出した彼女の家の場所。飲んだバー>>>>俺の家>>>>>>彼女の家という位置関係。おまけに一人暮しということだったので、車で家まで送る作戦を考えた。とはいっても俺の家まではバーの近くからタクシーに乗った。

Tはタクシーに乗ると寝てしまったようだった。起きているかどうか分からなかったので、軽く手を触ってみると反応が無い。しばらくしたあと俺は寝たふりをして、車が揺れたときに手をTの太ももに置いた。ストッキングを通してもわかる、むっちりとした太ももの感触…。Tが起きたとしても、寝たふり&車の揺れでごまかすつもりだったがそれ以上には及べなかったへたれな俺でもある。Tは起きないまま、タクシーは俺の家についた。「T、起きなさ〜い」「ふえぇぇぇ」とTは寝ぼけ顔で答える。目は潤んで唇も濡れて光っている。そのまま家に連れ込もうとも一瞬考えたが、あいにく俺は両親との実家住まい。まだ足元がおぼつかないTを車に乗せた。Tはまだ寝ぼけたままのようだった。

しばらく車を走らせていると、「なんれわたひ、車に乗ってるの?」「いや、Tの家まで送ろうと思ってさ」「う〜ん、ろうせならこのままロライブひようよ〜、ひゃひゃひゃ」意識は取り戻したが酔いは覚めていないようだった。このままホテルに乗りつけようか?とも考えたが土壇場で拒否されるかとも考えた。そのうち高速に入って人気のないPAで休憩することにした。もう、俺の腹は決まっていた。このまま行くしかない。自販機で買ったコーヒーを飲みつつ、ちょっと酔いが覚めつつあるTと世間話をはじめた。

エロ話に持っていくことも考えたが、無難に仕事の話に振っていき、俺が肩こりで悩んでいることを話すと、Tは「私も!」と言ってきた。チャーンス!「じゃあ俺がマッサージしてあげる」と向こうを向かせTの背中を見ながら肩を揉み始めた。「気持ちいい〜」とT。「じゃあ今度はこっち向いて」といい、親指で鎖骨の上のほうをマッサージ。「あぁ〜、気持ちいいぃ〜」とうっとりした表情のT。もう我慢できない!俺はTを抱きすくめた。

「え?なに?やめて!」とTは言い抵抗するが、ここまで来てやめたら男ではありません。「ずっと前からこうしたかったんだ」と俺。「え、でも、そんな。ずるいよ」とT。Tはしばらく抵抗していたが、俺はTの腕ごと抱きしめているから、逃げることはできない。Tの首筋に舌を這わせた。「あっあぁ」Tはあえぐ。Tの耳に息を吹きかける。「ああぁ〜ん」もう抵抗する様子も無い。Tの胸をブラウスの上から愛撫し乳首のあたりを指で突いてみる。

「はあぁぁぁん」と切ない吐息。胸の愛撫をしばらく続けていると、Tはぐったりして息はだんだんと荒くなってきた。「ねぇ、直接さわってぇ」ついにきました!ブラウスの裾から手を入れ、まずはブラの上からTの胸を揉む。さらに大きな声であえぐT。そしてブラを押し上げてTの胸を直接触る。小ぶりだがやわらかくて手に貼りつくような感触。やさしく揉んで強く揉んで、そして乳首をつまんでみる。「はああああああああん」せつないTのあえぎ声に俺も興奮する。半開きで濡れて光るTの唇に俺はキスした。

Tの舌と俺の舌が絡み合う。俺の右手はTの胸を揉み乳首を転がす。キスしたまま「んんんんん」とあえぐT。いったんキスを止めるとTは言った。「お願い。乳首なめて」ブラウスのボタンを外すと、すでに押し上げていたブラを引き抜く。初めて俺はTの胸を見た。ピンク色の乳首が俺に舐められるのを待っている。俺はTの胸に顔をうずめた。

まずは胸の下側からつーっと舐めていく。そして乳首の周囲を舐める。あくまで乳首には触れない。次に舌が乳首に触れるか触れないかというところでつんつんする。「お願い、じらさないで」とTが懇願してきたところで、舌でTの乳首を転がした。「あああああああああ」今までにいちばん大きなあえぎ声。Tは俺の頭を抱きしめて「吸ってぇ吸ってぇ」とうわ言のように言う。もうTは止まらない。俺はTの乳首を吸った。そして右手はTの太ももを愛撫する。そして少しづつスカートの中へ。

Tのそこはストッキングの上からでも分かるくらいに濡れている。だが車の中なのでこれ以上さきに進むには態勢が苦しい。いったん乳首を吸うのをやめ、俺はTに聞いた。「T、もっと気持ち良くなりたくない?」こくんとうなづくT。「車の中じゃ狭いから、ホテル…。ね?」と俺。うなづくT。いったんそこでTへの愛撫をやめて、ホテルへ向かうことになった。一番近いインターで降り、インターからすぐに見えたホテルに入った。部屋に入るとむさぼり合うようなキスをする俺とT。キスが終わると一緒に風呂に入ることにした。

俺が湯船に入り、Tは背中を向けて湯船に入ってくる。後ろから抱きしめて胸を揉む。「湯当たりしちゃうからベッドまで待って…」タオルで身体を拭くのももどかしくベッドに向かう俺とT。全裸で横たわるT。小ぶりな胸、ピンク色の乳首、くびれたウエスト、たまらない曲線の腰、薄めのヘアー、むっちりとした太もも。じっくり観察しているとTは「はずかしいよぉ」と言う。そんなTに興奮する俺。こんどは優しくキス。俺の唇はTの唇から耳、首筋、鎖骨を通り乳首へ。

あらためて乳首を口にふくみ、吸い、転がす。俺の右手はTの中心へ。濡れているというようなものではない。愛液が湧いているというのが正解だろう。Tはすがるような目をして俺に言う。「わたしの中をかきまぜて」中指をとろとろになったTの中に入れる。ちょっと指を動かすだけでTはあえぎ、Tのそこはクチュクチュと音を立てる。「お願い、Gスポットをせめて」とTはさらに懇願してくる。中指を曲げてGスポットをせめるとTはもう半狂乱だ。

「あーーーーーーっっっっ、突いて突いて突いてーーーーーっっっ」今度は指を伸ばして出し入れする。膣の奥のほうが広がるようになり、愛液がさらに湧いて出てきた。Tの身体は弓なりになり、白い肌がピンク色にそまっていく。俺の右手はTの愛液でびしょびしょになったが、Gスポットと奥をせめるのはやめない。Tは息も絶え絶えに俺に言った。「来て、来て、来て、わたしのオマンコがないているの」態勢を変えTの足を広げその間に俺が入る。正常位で挿入した。

俺のチンコにからみつくようなTのオマンコ。ゴムを着けててもすごい快感だ。ひとこすりするだけでいきそうだった。動けないでいる俺にTは「突いてぇ、突いてぇ、奥まで突いてぇ。早くぅ、早くぅ」とせがむ。俺はゆっくりと動き出した。クチョクチョと音をたてるTのそこ。その音と俺の動きに合わせてあえぐT。「あ、あ、あ、あ、あ、あ」だんだんとペースが早くなる。俺もTも行くのはもうすぐだ。

「いく、いく、いく、いくぅぅぅぅ、あぁぁぁぁぁぁぁ」Tが行く顔を見ながら俺も果ててしまった。ふたりでいった後、いつの間にか寝てしまったようだった。気がつくと部屋の電話が鳴っている。受付からである。電話の音でTも目を覚ましたようだ。チェックアウトの時間だと言っていた。「このままいようよ〜」と言うT。受付にこのまま延長することを告げた。いたずらっ子のような目つきをしてTは俺に言う。

「夕べはとっても気持ち良かったよ。今度はわたしが気持ち良くさせてあげる番だよ」Tが俺を押し倒してきた。Tは俺の腹の上に馬乗りになって、まずはキスから。最初はやさしく。だんだんと激しくなり唾液を吸い合うようなキスに。そしてTは俺の乳首を吸い、そして舐める。「わたし、乳首が性感帯だから、どうすれば気持ちいいか、わかるんだよ」今度は俺があえぎ声をあげる番だった。Tに組み敷かれながらも、おれはTの中心に手を伸ばす。前夜と同じように愛液が湧き出している。

「あ〜〜〜」俺の乳首を舐めながらそこを指でせめられ愛液を湧き出させてあえいでいるT。会社で働く姿からは想像できない淫乱なT。そのうち、Tの舌の動きが止まった。俺の指のほうが勝ったようだ。「今度はバックで突いてぇ…」Tを四つんばいにする。Tのそこは愛液にまみれ、湯気をたてているようだった。しばらく俺はTのそこを見ほれていた。そして顔を近づけ、Tの女の匂いを堪能した後、舌で涌き出る愛液を味わった。

「はああああああ、舐めてぇ、舐めてぇぇぇぇ」俺の顔はTの愛液にまみれたがそんなことに構わず、Tのクリトリスを舐めあげる。ペチャペチャペチャ。Tの愛液をじゅうぶんに味わったあと、ゴムを着けて、Tのそこに挿入した。前夜以上に絡み付いてくるTのオマンコ。Tの腰を両手に抱き、今度は最初からフルスパートで突きまくる。「突いて、突いて、奥まで。もっと、もっと、もっとぉぉぉぉ」俺はTの量感あふれる腰を両手に抱きながら果てた。愛液と汗にまみれたTと俺は風呂に入った。

今度は湯船に入ってもじゃれあうことはせず、身体を洗うとさっと上がった。「どうする?帰る?」と俺が聞くと「わたしの身体に火をつけたのよ。責任とって」と答えるT。おたがいのバスローブを剥ぎ取り、全裸で立ったままむさぼり合うようなキスを交わす。「ねぇ、ベッドへ行こうよぉ」Tは性本能だけの女になってしまったようだった。胸を揉み、乳首を転がし吸う。前夜以上にTの反応はすごかった。湧いても湧いても止めど無く湧いてくるTの愛液。「来てぇ、来てぇ、突いてぇ、突いてぇぇぇぇ」Tのオマンコは俺のチンコを求めている。しかし、ホテルの部屋に備え付けのゴムが無くなったことに気がついた。

「ゴムを使い果たしちゃったよ」と言うとTは「大丈夫だからそのまま入れてぇ。わたしの中に出してぇ」俺は何も着けずにTの中心へ挿入した。「あああ、いいぃぃぃぃぃぃ」ゴムを着けない生の感触は俺にもTにもそれまで以上の快感だった。愛液にまみれる俺のチンコとTのオマンコ。俺の腰の動きに合わせてグチュグチュと音を立て、Tがあえぐ。俺はチンコをTのオマンコにこすりつけるように腰を動かし乳首をもてあそび、唇をむさぼる。Tのオマンコは別の生き物のように俺のチンコに絡み付いてくる。とろけそうな感触で俺はもう限界になった。「T、もういきそうだよ」「出してぇ、出してぇ、思いっきり出してぇぇぇ」Tの中は愛液と俺の精子が混ぜ合わさった。その交わりを最後に俺とTはホテルを後にした。Tとの関係は1年ほど続き、二人で会うたびに激しく求め合い交わった。関係が終わった後のことは詳しく書けないが、今、Tがどこで何をしているのか、俺には興味の無いことである。