年下の幼馴染の女の子にリードされて初体験

彼女(アユミ)とは幼馴染ってやつ。だから俺は「お兄ちゃん」て呼ばれてた。アユミは一人っ子で、俺は3人兄弟の一番下。

年も一番近かったから、昔から仲良く遊んでたんだと思う。当たり前だけど、お風呂にも一緒に入ってたよ。隣のおばさんが遅い時とか、うちで夕飯食べてお風呂入ってっていう。

俺が小学校4年の時、初めてアユミの体を触った。凄い罪悪感もあったけど、友達に見せられたエロ漫画に影響されたんだよな。まだギュッと閉まったアソコを見たりね。

やっぱり4年ぐらいになってくると、親も一緒にお風呂へ入れなくなるんだよ。俺も恥ずかしいって思いもあったし。だから多分4年の夏休みが最後だったと思う。

俺が中2の時、アユミは母方の田舎に引っ越して行った。高一になった時の正月、アユミ家族が遊びに来た。隣の家を売ったわけじゃないらしく、掃除も兼ねてきていたらしい。

久し振りって事で、すげぇ~呑んでたみたい。うちに泊まるって事になって、安心したのかガンガン飲んでたな。うちの兄貴も姉貴もいなかった。

だから俺はアユミと喋ったりしてテレビを見てた。まだ子供だったから酒とか呑めなかったしw 0時過ぎに俺は友達と初詣に行く予定だった。それにアユミも行きたいって話になって、連れていく事に。

友達は大喜びだったよ。実はアユミはかなりモテてたらしく、小学校の頃好きだったヤツがたくさんいたんだって。確かに可愛いからね。

初詣に行って帰り道、二人になってアユミが聞いてきた。「お兄ちゃんて今彼女いないの?」「ん?いない。お前見慣れてたからかもなぁ~」「なになに?どういうこと?」「お前以上に可愛いのってそういないって話w」「なにいってんのぉ~~~w」「お前はまだ彼氏とかいないよな?」

「まぁ~ね。なんか子供っぽくてさ」「それは俺と一緒にいたからだろ?w」「そうかもwじゃお兄ちゃんもしかして童貞?」「お前も処女のくせにw」「ど~でしょ~。処女じゃないかもよ?」「マジで?マジで処女じゃないの?」「うふふ。お兄ちゃん童貞なんだぁ~~w」

「うるせぇ~なぁ~。相手は誰?同級生?」聞いてみると、海に行ってナンパされた相手とやってしまったらしい。見た目は大人しい感じなのに、女って変わるもんだなぁ~と思った。その時も見た感じだと清楚ってイメージだったしね。

「ねえ~お兄ちゃん、ちょっとウチに来てみる?」「鍵持ってんのか?」「うん。さっき使ってた灯油ストーブもあるから大丈夫」「じゃ、お菓子とか買っていこうか・・・」コンビニでちょこっと買い物して、コッソリ隣の家に入った。掃除しただけあって、部屋は綺麗になっていた。

家具は昔とさほど変わってないし、ソファーとかもちゃんとある。電気は通ってなかったから、ストーブの明かりだけ。初めはナンパされた男の話とか、そんな話ばっかりだったよ。

痛かったとかそんな話ね。「ねぇ~お兄ちゃんしたい?」「えっ?いや・・何言ってんだよ」「お兄ちゃんだったらイイよ?アタシは」「馬鹿・・そんな事言うなよ・・恥ずかしいだろ」「だってさっきから立ってるの見えてるもん、ほら・・」いきなりアユミがギュッとチンコを握ってきた。確かにさっきからずっと勃起しっぱなしだった。

「すご~い!お兄ちゃんの大きくない?見せて~見せて~!」「大きいか分からないけど・・・」内心ドキドキだったけど、ベルトを外してトランクスの前からチンコを出した。ジーパンとか全部脱ぐのは恥ずかしかったからねw「すご~い!大きいよ!初めての人より全然大きい!」アユミはチンコを握ってきて、マジマジと見始めた。そしていきなりパクッと口に咥えてきた。

ナンパされた男に教えられたのか、アユミはホホをへこましながらしゃぶり続けた。恐る恐る俺はアユミの胸に手を伸ばした。昔はペッタンコだった胸が、今ではCカップぐらいになっていた。

無我夢中で揉んだ。「アタシの胸見たい?」「うん・・」なんか立場が逆になっていて、年下のアユミにリードしてもらってる。アユミはブラを外して、Tシャツをめくってオッパイを見せてくれた。

乳首が立っていて、綺麗なお椀形のオッパイだった。俺は舐め方も知らないまま、乳首に吸いついた。「あっ・・・んっ・・・・」授乳する体勢で俺は乳首を舐めまくった。

アユミも興奮しているのか、抑え気味に喘ぎ声を出していた。「アソコも見せてよ・・」「うん・・・イイよ・・・」アユミはパンツとパンストをいっしょに脱いだ。そして座ったまま足を広げた。

「それじゃ見えないからソファーに座れよ」「もう・・恥ずかしいなぁ・・・」ソファーに座らせて、足をM字にさせて広げた。ストーブの赤い光で色はよく分からなかったが、ほぼパイパンのアソコが丸見えになった。もう濡れていた。

両手で広げてみると、クリトリスも見えた。どうしてイイのか分からなくて、とりあえずいきなり舐めてみた。「ちょっと!汚いってば!・・いあっ・・・あんっ・・」数分舐めたのかな。

もう無我夢中だった。「入れてイイ?」「うん・・・ゆっくり入れてね?お兄ちゃんの大きいから」どこに入れてイイのか分からなかったが、アユミが手でサポートしてくれた。亀頭がニュルリと入った時の興奮は、今でも覚えている。

キツキツだったし、それ以上にアユミが可愛かったから。そのまま奥まで入れて、じょじょに腰を動かした。ぎこちない腰の動きだったと思う。

それでもアユミは感じてくれた。「凄い・・お兄ちゃん・・すごい・・・あっ・・・」凄い興奮しながら激しく腰を動かしてた。アユミは苦しいような顔をして、口に手を当ててた。

猛烈な気持ち良さでイキそうになってきた。ゴムをつけてなかった事を思い出し、このままじゃヤバいと思った。だから寸前とかじゃなくて、もっと全然前にチンコを抜いた。

そして自分でシゴいた。アユミの太ももに、大量に精子を出した。「お兄ちゃん凄い気持ち良かったよ。いつもは痛いだけなのに」「俺なんて腰がガクガクするぐらい気持ち良かったよ」アユミとはそれ以来内緒で付き合うようになった。

まだお互いに子供だったし離れていたから、頻繁には会えなかったけど。しかもそれ以来エッチも全然しなかった。エッチできる場所がなかったんだけどねw人気のない公園とか畑とかで、何度かフェラはしてもらってた。

俺が都内の大学に進学してからは、アユミは1ヶ月に1回ぐらい泊まりにきてた。電車で2時間だったからさ。もうその頃は、部屋でエッチ三昧だったよ。

夕方過ぎに来てから、次の日の夕方過ぎまで、寝る時間も惜しんでやってたwアユミが大学生になって引っ越してきて、そのまま半同棲してた。実はアユミは、高校生の時も大学生の時も、学校のミスコンで優勝してたぐらい。俺にはマジで勿体ないぐらい可愛いんだわwなのに凄い淫乱で変態なんだけどね。

アユミが大学を卒業する正月。俺は両親に結婚すると言って、アユミを実家に連れて行った。両親はビックリwその日のうちにアユミの実家にも挨拶に行った。

こっちでもビックリしまくりだった。今でも家に帰ると、こんな可愛い奥さんがいて幸せだなって思うよ。幼馴染じゃなかったら、オレには縁が無いと思うし。

あの正月に遊びに来なかったら、もしかしたら結婚どころかエッチもしてなかったかもね。