友人たちのセックスを一緒に目撃してしまった女と…

昔の話ですが、ある年の7月、会社の後輩Nと後輩の彼女S(同じ会社の部署違い)と同僚A(男)と会社のアルバイトY美(女)と俺の5人で福岡市の郊外の海に行った時のこと。
そこは田舎であまり人に知られてもいなくて(砂地もあるが岩場もあり海水浴にはあまり適してない)静かなところでプライベートを満喫するのには最高の場所だった。

みんなで朝、会社で待ち合わせをして俺の運転で小一時間かけて現地に着いた。
 いつもは会社で業務中という事もありY 美と他の三人はあまり話をしなかったが、車の中では他愛もない話で話が弾み現地に着く頃には仲良くなっていた。
駐車場から今夜テントを張るとこまではけっこう歩くので皆で分担して荷物を持つ事になったが、女が二人だったこともありテント二つにバーベキューセットやビーチバレーの網等とかなり多くてかなり大変だった。

Y美は短大生で体も華奢だったから途中でY美のバックを持ってやる等、俺はY美の事を気遣った。
自慢ではないが社内でも他人への気遣いで上司からも周りからも信頼されているから、俺が誘った時にY美は一緒に行く事を承諾したのだと思う。
現地に着くと俺の指示のもとN とSが仲良くビーチバレーのネットを張る作業をし、少し離れたところにある浜辺でAとY美はテントを張る作業を始めたが不器用なAはなかなか組み立てられないので、ほとんど俺が組み立て、その横でY美が一生懸命手伝ってくれた。

Y美はアルバイトに来始めて5ケ月になるが社内ではデスクも正面同士なので俺とだけはよく会話をしていた。たぶん俺の事を気にしていると思っていた。

ようやく全ての作業が終わり水着に着替える為にSとY美が大きい方のテントを使い、俺達男は少し離れた外でGパンを脱いで最初から履いていた海パンになった。
なかなか二人が出て来ないので声を掛けるとY美が恥ずかしいから先に行っていてほしいというので男三人で海に入った。
後からSから聞いたとこによるとY美は今まで男の人と海に行ったことがなく、女友達だけでしか行った事がなく人目を気にしなくて良かったからビキニしか持っていなかったらしく、かなり恥ずかしがっていたらしい。

三人で海で泳いでいるとNがサザエを潜って採ろうと言い出したが俺とAは素潜りが出来ないのでNに任せているとNは調子に乗って必死になって潜ってはサザエを採っているので最初は付き合って手伝っていたが飽きてきたのでAと陸に上がって日光浴をしていた。
するとSとY美がようやくやってきた。二人を見た俺はビックリした。いつも社内で見ているSとは違いメチャイケだった。
残念ながらセパレートの水着だったがそれでも胸が大きいのは人目でわかる。ウエストもくびれていた。

俺は何気なく股間を見ると結構恥骨が盛り上がっていて興奮を覚えた。
Sは俺の一期後輩で26だがこんなに魅力的な女だと一度も思った事は無かった。
いつもは仕事をテキパキとこなし男性にもハッキリ物を言うタイプのキャリアウーマンのような存在だった。顔も普通といったとこだった。
NからSとの事で相談を受けた時、気も強くSはNより4つ年上ということもあり正直止めとけと助言したくらいだった。

その後ろに隠れるように立っていたY美はまだまだ20ということもあり初々しかった。
Y美は蒼井優に顔が似ていて可愛らしいと思っていたが緑のビキニが映えていた。
外見どおり華奢な身体つきで胸も小さかった。
しかも下はヒモパンだった。
はにかむ笑顔が眩しく見えた。
俺とAが見とれてるとSが「スケベな目で見てるぅ」と可愛く言った。
こんな彼女を見るのは初めてだった。

その後、海で泳いでいる時Y美に「Hさんエッチな目で見てましたョ」と笑顔でからかわれた。
陸に上がるとNがいつの間にか採ってきたサザエをバーベキューの網で焼いて皆で食べた。
その後ビーチバレーをすることになった。
最初は男3人対女二人の対戦で話がまとまった。
後から聞いたがY美は高校の途中までバレー部だったらしいが、当然男3人に敵う訳もなくあっという間に勝負が着いた。
次は俺の提案でペア戦をすることになりNとSが組み俺とY美のペアと対戦することとなりAは審判に回った。

Sのミスにも助けられ俺たちが勝った。
するとSが少しムキになって「今度はAとY美のペアと勝負しよう」と言い出した。
Aが運動音痴なのはけっこう社内で知られていたので勝てると思ったのだろう。
途中まではN・Sペアが勝っていた。その時、難とも嬉しいハプニングが起きた。
Y美が来たボールを拾おうとして飛び込んで起き上がった時Y美のヒモパンのヒモがはずれて砂浜に落ちてしまったのだがラリーが続いていて必死になっていて当のY美も他の3人も全く気づいていなかった。
俺も最初は気づいてなかったがY美の下半身が何かおかしいと思って凝視すると薄い陰毛がかすかに恥部をうっすらと覆っているだけだった。

ようやくラリーが終わり気づいたSが「Y美、Y美」と指を指しながら言うので皆がY美を見た。
Y美は慌てて落ちていた水着を拾い「こっちを見ないで」と言いながら、そのままの姿でテントの方に駆けていった。しかし俺は下半身丸出しで掛けていくY美をしっかり見ていた。

しばらくすると顔を真っ赤にしながら戻ってきて「ごめんなさい。あー恥ずかしかった。」と言い、皆も何と声を掛けていいのかわからず黙っていると、この事から話題を変えたかったんだろう。「バレー続けましょ」と言った。それに促されてバレーを続けた。結局、逆転でA・Y美のペアが勝った。

夕方になってきたのでバーベキューを始めた。
が、当然さっきのハプニングの話題になったのでY美は落ち込んでしまった。
そこで俺達男3人は一生懸命、「全然見えてなかったョ」「バレーがうまい」とか
「若い」とかとか言っておだてあげた。
飲めないというY美に3人で交互にお酌をし続け持ってきていたビールもかなり飲んで皆かなり酔っ払っていた。

あんまり俺達がY美にチヤホヤするのでSの顔が段々変わってくるのが俺にはわかったがNはY美のそばに座り、さらに続けておだてていたのでとうとうSがキレはじめてNと喧嘩を始めてしまった。
しばらく口論していたが収まりがつかずNはSの腕を掴み小さい方のテントの方に連れて行った。
「二人で話をしているのだろうからそのままにしといた方がいいヨ」と言って三人で他愛もない話をしていた。

Y美の恋愛経験とかエッチな話も聞いた。
現代っ子なのかアルコールのせいなのかかなり際どい話を投げかけても答えてくる。
「初体験は高校の時の先輩だった。」とか「経験は4人」とか「一度だけナンパされホテルについていった事がある。」とか・・・
それ以外にも色々とAと交互に質問したがよく覚えていない。
かなり時間がたったがNとSが帰ってこないのでAがY美に「一緒に様子を見に行こう」と言い二人でテントの方に歩いて行った。
しばらくして俺は後片付けを済ませ気になったがバーベキューをしている浜辺からテントがある高台の岩場まではそんなに遠くはないが崖が張り出ているので見えないので確認できない。俺もテントに向かった。

小さなテント(SとY 美が寝る予定)の前でAとY美が中腰で中を覗いているのが少し離れたとこから見えたので「どうしたん?」と言いながら近寄るとAが人差し指を口の前に出しながら「あいつらヤってるヨ」と言うので透明のビニールシートで出来た三角の小窓から覗くと二人とも全裸の状態で正上位で事に及んでいた。

時折、中から漏れ聞こえてくるSの押し殺した切なそうな喘ぎ声。
会社では決して見せない「女」を見てしまった。
しばらく見ているとSと目が合ってしまった。SはNに「皆に見られてるよ」と小声で言いましたが「途中で止められん。」と言って続けました。俺達三人はすぐ横に設置した大きいほうのテントに入ってからさっき見えたことについてまたビールを飲みながら話した。

「他人のセックスを見たのは初めて」
「Sの体は見かけによらずセクシーだった。」
「思ったより胸がデカかった。」とか・・・
そのうち、ふとAが「Sはかなり感じてたね。Y美はセックスでイッたことあるの?」と聞きました。
「オイオイそんな話いきなりするかヨ」と俺は思いましたがさっきの光景が脳裏に残っていて興奮して変な状態になっていたのか
Y美は「気持ち良くなった事はあるけどよくわからない。」と言う。
それからはエロエロトーク全開になりY美を挟んで座りながら「こんな風に耳に息をかけたら感じる?」と言いながらやってみたりしましたが笑って多少抵抗するだけで嫌がっていないように感じたので俺はY美の後ろに回り両太ももの内側でY美の腰を挟み後ろから手を回しY美の脇の間から右手を入れTシャツの上から胸を軽くタッチしてみました。

Y美は「あっ触ってる。それってセクハラですよ。」
「Aさん見てるし・・・」とか言ってはいるものの
俺の手を上から押さえてるだけで力はほとんど入れていない。
「もう俺達 Y美のアソコ見たしいいじゃない。オッパイも見せてよ。」
「あー。やっぱり見たんだ・・・もう・・・」
そんな会話をしてるうちに着ていたTシャツの背中から手を入れ緑の水着のヒモを解いた。

そのまま手を前に回すと指先が乳首を捕らえた。
Y美は「あっ」と声を出したが両脇を締め付けるだけで手は自由に動かせるので指先でコロコロと転がして弄んだ。Y美はAに触られているのを悟られないように思ったのかじっとしていたので、そのまま後ろに寝かせ体を入れ替えサイドから直接乳首を口に含んで舌で転がした。

時々「気持ちいい?イキたいでしょ?」と問いかけたけど目を瞑って返事をしない。軽く唇にキスしてみる。
最初は口を尖らせて舌の侵入を塞ごうとしていたが同時に乳首を摘むと「あっ」と喘ぐ。
舌をさっと入れかき回す。動きはぎこちないが応じようとしている。
十分に堪能した後、「じゃあ、さっき見えたアソコを今度は見せて」と言いながら腰のサイドのヒモを解いた。
するとさっきの抵抗とは明らかに違う力で俺の手を掴んできた。
俺は右手でY美の両手を押さえながら右足を両足の間に入れながら左手でパンツを取り上げた。
さっき見えた薄い陰毛が可愛い。

指先で土手を軽くなぞるようにしながらビラビラの横を少しづつ移動させる。
手のひらで太腿の内側を押し足を広げながら指先の腹で円を描きながらクリトリス触ったとき、意を決したように上半身を起こし
「お願い。最後までは絶対にしないで。約束してくれないならもう止めて下さい。」としっかりと目を見ながら強い口調で言われた。
すかさず「わかったヨ。Y美が嫌がることはしないから・・・Y美をイカせてあげたいだけだから・・・ネっ」そう言うとY美は何故か素直に納得し上半身を元に戻しました。

俺は両手と口を使ってY美をイカせようとしました。
なかなかイッてくれなかったけどマンコに指を二本入れ高速ピストンさせながらクリトリスの皮を剥き直接なめ回すとクリトリスが大きく赤く充血してきた。もうアソコの中からはたっぷりと愛液が溢れ出していた。
Aも身を乗り出してアソコをしっかり凝視していた。その時Y美がピクンピクンと体を痙攣させ「ぁー・・・あー・・・」と、ひときわ大きな声を上げた。
Y美がイッたのがAにもわかったようだった。

俺が手招きをするとAが近寄ってきてY美の両膝の裏を手で押さえM字開脚をしながらアソコにいきなり舌を入れてレロレロし始めたので俺はオッパイを攻めた。
Y美は「恥ずかしいよー」と言いながらも二人に完全に身を任せていたので好きなようにした。
俺はY美の顔を間近で見ていると体を起こしてきたので唇を重ね舌を入れた。
喘ぎ声が時々漏れていたがY美はAの激しい舌使いで再び絶頂を迎えた。
ぐったりとしたままのY美だったがAが突然、立ち上がり海パンを脱ぎだすとビックリして起き上がろうとした。

Aのイチモツは完全に勃起していた。
しかも俺のより確実にデカかった。
Y美が「セックスはイヤ」と言うのでA は「じゃあフェラして」と言いながらY美の顔の前に腰を突き出した。
Y美が俺の目を見てきたので顎で促すと黙って手を伸ばしシゴキだした。
Aは手でY美の頭を抑えイチモツに近付けさせた。
Y美は両膝をついて正対し、それを口に含み大きさを確認したのかゆっくりと前後に動かした。
俺も海パンを脱ぎ捨てY美の後ろに回って小さな丸だしの胸を揉みながら右手でクリトリスをいじった。
もう濡れ濡れ状態ですごかった。
しばらくするとAが「出すよ」と言ったと同時にY 美の口の中に思い切り流し込んだ。
時折、腰をプルプルと震わせながら全てをY美の口に出した。
Y美はあっという間もなかったので少し咽ながらも受け止めた後ゴクンと飲み込んだ。

俺はY美の手を取り俺の方を向かせ「今度は俺にもして」と言うと「顎が疲れてもう出来ない」と言うので手をひっぱり座っている俺の方に引き寄せると丁度だっこちゃんスタイルのようにまたがりながら座り込んだ。
俺は目の前のオッパイを口に含み舌でまた転がした。
俺はY美の手を掴みイチモツに導くとY美は俺のを握って上下に動かし始めた。
「もう我慢できないよ。入れたらダメ?」と言うとY美はAの方を見ながら「恥ずかしいよ」と言う。

その時テントの外から「何してるの?大丈夫?」とSの声がした。
するとAが「大丈夫。何でもないヨ」と言いながらタオルを腰に巻いてテントから出て行った。
テントの外で小声で会話しているのが聞こえていた。
俺は構わずさらに「入れたらダメ?」と言うと、
今度は腰を浮かしイチモツを握ったまま自分の中に導きながら腰を沈めてくれた。

生暖かい感触とともにイチモツがY美の中で締め付けられる感触。
Y美はキスをしてきたので応じた。
しばらくその状態でじっとしているので俺は我慢が出来ず
腰を抑え持ち上げるようにして下から腰を突き出しながら亀頭をY美の膣壁を擦る様にゆっくりと動かした。
Y美は「あーあー」と喘いでいた。
その時Aが Sの腕を掴みながら入ってきて時々こっちを見ながらコソコソ話を始めた。
ビックリしたY美は恥ずかしそうに俺の胸に顔を埋めていた。
俺もしょうがないので、じっとしていたが我慢できず再び腰を振り始めた。
時折声を押し殺したようにY美が喘ぐ。

ふと目をやるとSがAの股間に頭を埋めている。
どうやら俺達の行為を見て興奮し始まったのだろう。
俺はビックリしてY美に目配せをするとY美もビックリしていたが安心したのか腰を自ら前後に動かしクリトリスを擦りつけるようにして
大胆になってきた。
しばらくして絶頂を迎えそうになったので「イキそう」と告げたがY美は腰を浮かそうとしない。
再び「イキそう」と言ったがじっと目を見てウットリしている。
いいのかなぁと思いながら「出すよ」と言うとコクッと頷いたので思い切り腰を突き上げながらY美の中に放出してしまった。
Y美は俺に抱きつきじっとして動かない。

俺のが萎んできてY美の中から汁が垂れて来るのがわかり処理しようとしたのでようやくY美が立ち上がった。
離れ際にY美が「あーあ、こんなことになっちゃうなんて・・・」
か細い声で呟いたのが印象的だった。
今度は二人でSがフェラチオをしているのを抱き合いながら見ているとAが「イクっ」と言ってSの口の中に出した。
Sは口の中にザーメンを含んだままテントから出て吐き出していた。
Y美が「飲み込まなくてもいいの?」と聞いてきたので「普通付き合ってない奴のは吐き出すョ」と俺が言うと「私さっき飲んじゃった。私ってバカ?」と言うので「しかも俺に中出しさせてくれたし・・・大丈夫?」と言った。
「不安になってきちゃった・・・」と落ち込んだ顔をし「もしも出来てたら責任取ってくれる?」と言うので「うん。勿論。だったら付き合うか?」と言うと嬉しそうな顔をして「うん。良かった。私、前からHさんの事好きでした。
でも、こんな風になっちゃったから・・・私でいいの?」俺は黙ってキスをした。

それから戻ってきたSと4人でトランプをして夜をふかした。
トランプの途中、俺が「Sはエッチだなぁ・・・」と言ってチャかすと「会社で絶対に言わないでね。Aにしてあげた事もね。」と念を押された。
いつの間にかそのまま雑魚寝になり朝起きるとY美が俺の胸の中で小さく丸まってすやすやと寝ていた。
とても愛おしく思えたので軽くキスすると目を覚ました。
二人でテントを抜け出し岩場に並んで海を見ながら語り合った。
Y美が「昨日の返事聞いてないョ・・・私でいいの?
私Hさんの前でAさんに裸見られたし・・・・」と真顔で言うので
「Aの飲んじゃったからか?」
「もう、イジワル。」
「それは付き合う前だから。俺のせいだしナ。でももう他の奴と変なことするなョ」
「はーい。」
俺達はラブラブだった。

テントに戻ると丁度Nが起きてきたので皆でテントを片付け昼まで5人で釣りを楽しみ再び俺の車で皆を会社まで送り届けて解散となったがY美が「もう少し一緒に居たい。」というので二人でラブホに行った。

部屋に入ってすぐに二人で洗いっこをした。
Y美はそこで初めて俺のを口に含んでくれフェラしてくれた。
俺が「そろそろイキそう」と言うと一旦、口を離し「付き合ってるんだもんネ。いつでも出していいよ。飲んであげるからネ」
と言って咥えた。
俺は思い切り放出して全部Y美に飲んでもらった。

その後、ベットに移動しY美は
「正上位とバックぐらいしかしたことが無い。」
というので夜まで色々な体位でセックスしまくった。
11歳も離れている娘とこんな事から付き合っていいのか?うまくいくのか?
俺は悩んだが結局、Y美と本気で付き合うことにした。

この日あった事は会社で誰も話さなかったので誰にも漏れる事も無くかった。
その後、9月にY美は就職活動の為ということでアルバイトを辞めた。
10月にはNが一身上の都合という事で会社を辞めた。
翌年の春、AとSは出来ちゃった婚でゴールインすることとなった。
そうSはNではなくAと結婚することとなった。
Sによるとあのキャンプの後もAと会社の後、会うようになりNにそれがバレて喧嘩別れ。Aとくっついたそうだ。
俺がからかって「キャンプの日の続き、隠れてヤってたんだ。」と言うと「HさんこそY美に捨てられないようにネ」と言われた。
残念ながらそんな心配は必要なく、Y美はその年の春に短大を無事に卒業し秋にゴールインし今では二児の母となり今日も台所に立っている。
勿論、我が家の。