某SNSで出会った人妻に精子を根こそぎ吸い取られた…

20才の頃、ふと思い立って、出会い系をやってみたことがある。
その時、偶然に出会ったのが27才の人妻。小学生と保育園の子供が二人居て現在旦那とは別居中って言ってた。

年上好きだった俺的には年齢は守備範囲だったんだけど、それでもやっぱり年齢も離れてるし、何より子供も二人居るって言ってたのがネック。
だから逢う気なかったんだけど、数週間やり取りしてるうちに向こうから『子供と遊んでやってよ。』て言われた。

確かに話合わせるつもりで子供好きとかは言っちゃったけど、やっぱ逢うなら二人きりがいいじゃん。
だから断ろうかと思ったんだけど、本当に逢えるのかどうか気になってOKしたら、次の休みの日に本当に逢うことになった。

当日、近くの運動公園の駐車場で待ち合わせしてたら、マジで子供二人を連れて来てた。
見た目はお姉系で俺的に好みだったけどエッチな気分には不思議とならなくて。
って子供二人連れじゃそうならないよね。
普通に皆でバドミントンしてた。

空が暗くなってきた頃に彼女が俺に『なんか君って良いね☆』って言ってきた。
あまり意味は解らなかったけど、まあね。とだけ返事してその場は流した。

すると彼女が僕の方に寄って来て、俺の斜め前辺りに立ち、クルッと子供達の方を向いて『ママと、このお兄ちゃんが結婚したらどうする~?』って冗談っぽく聞いてた。その瞬間、後ろに組んでいた彼女の手が僕の手を引いて自分のお尻に…。

もう片方の余った手で僕の股間をジーンズ越しに擦り出した。無論子供達には見えない位置から。
彼女のスカートは後ろにスリットが入ってて、手を入れればすぐにパンツが触れる位な感じ。

運動して軽く汗ばんだ股の間が妙にムラムラして自分も直ぐに勃起してしまった。
子供とはこの間も普通の会話を続けてる。子供がこっちに近づこうとすると彼女が『ダメ!ゲーム買ってあげないよ(笑』って言って、子供をストップさせてた。

この後5分くらいこの状況が続いた後に彼女は俺に耳打ちしてきて『今日は、本当にありがと♪こんなオバさんだけどまた会って…くれるかな?』って笑顔で言われた。もちろん即答でした。結局、その日はそれ以上することはなくお互い別れた。

何となく自分達の中で一線引いてたのが、今回の事で一気に崩れてそれからは旦那とのSEXの話や、俺の初体験の話をして凄く盛り上がった。3~4回電話した頃に向こうが『家には入れられないけど…ちょっと逢いたい…。来てほしいな…』と。時間は20時…勿論、即行でした。

車に乗り、電話で道を教わりながら30分くらいで到着したんだけど、中々外に出てこないから電話したら子供を寝かしてるんだけど、僕と話してたの知ってるから、お兄ちゃんが来るって言ってなかなか寝てくれないみたい。

それから、一時間くらい経過した頃、パジャマ姿の彼女が疲れた感じでやっと出てきた。

僕の車に乗りこみ、ヒトコト…『逢いたかったぁ!』って運転席にダイブ。
イキナリだったからビックリしたけど、それ以上に展開の早さに驚いた。

僕のベルトに手がかかったと思うと次の瞬間にはトランクスの上からゴソゴソが始まってた。
『あの時、私の中に指入れようとしたでしょう~?んもう…子供いたのにぃ…だから今日は君はダ~メ!私がお仕置きね♪』
シートを倒され、シートベルトで軽く拘束。正直持参したウェットティシューも使用することを許してもらえずに、そのままパクッと…。

今までのフェラは何だったんだろうと思う位にネットリとした舐め方で、しかも上目使いで俺のことじっと見てる。
目を離そうとすると、『ダメだよぉ~私が舐めてるとこ見てないとぉ…お仕置きの意味ないジャン(笑』って言われて、ジュポジュポと音をわざと出して舐めてくる。

時には舌が玉の方に流れて竿は人差し指と親指をベロリと舐め、唾液を付けてシゴいてきたりと、本当にヤバイくらいイヤラシイ…。
『ねぇ~?気持ちいい~?』ってよくAVとかでエロい女が目がトロンとなって言うところがあるけど、完全にAVそのままで、他にも凄い数の言葉責めにあって、頭の中は既に昇天してた。

竿を口にくわえ込み、玉をニギニギとされた時、僕の限界が来てしまい、ヤバイ!と彼女に伝えるとニコッとして、待ってました!と言わんばかりに顔を上下に動かし、玉も上下に激しく擦って来た。その動きに負け、僕は発射の合図も言えずに精子を彼女の口の中に勢いよく出してしまい、後はグッタリ…。

そんな僕とは対象的に、彼女はまだ口でくわえたままで、手で搾り出してる感じ。
良いよ、無理しなくて…早く吐き出して。って僕が声をかけると、彼女は『若いから濃いなぁ(笑 飲めるから平気だよ☆というかキレイに吸い出して舐めればフキフキしなくて済むでしょ(笑』って言ってキレイに吸い出してた。

この日は気力、体力ネコソギ吸い取られ、それ以上のことはせずこのまま帰宅しました