超ラブラブの彼氏持ちの女を口説いて寝取ったった

先日も、某都銀OLと3VS3でコンパしたんだけど、本上ま○み似の超綺麗な女がいた。当然その子は彼氏もちで、超ラブラブ。俺は萌えた。

俺は彼女の真横をぴったりとガードし、彼氏の話を聞いてる振りして、徐々に彼女のガードを甘くさせて行った。お酒をべろべろに飲ませ(その時は、他の4人のことはどうでも良い)、腰に手を廻した。ヤダッ、とか言われたけど、甘い言葉を一気にかけた。

鬼のように口説いた。2次会に流れ込むとき、彼女を何だかんだいって、俺と2人きりにしてバーへ行った。彼氏と使えるんじゃない?とか言いつつ、そこでも彼女を誉めまくった。

なぜなら彼女の彼氏に対する唯一の不満は綺麗だと言ってくれないことだという。そこで、彼女のことを誉めまくりおだてまくった。彼女の綺麗な体をこの後なめ回すことだけを想像して。

案の定、彼女は俺を言い人だと思い込んだらしい。その後は、二人で今夜限りの秘密を作ろうと言って彼女をホテルに連れ込んだ。最後の最後まで、抵抗をしていた。

ゆう君(彼氏)に悪いよー、とかいいながらも目がトローンとしていた。ホテルに入り、俺は野獣の様に、そしてオヤジのようにしつこく彼女の体をもてあそんだ。ディープなキスをして、彼女の甘くそしてお酒くさい口の中をなめまくると、彼女もエロエロな声を出してきた。

キスをしながら、彼女の体を触りつつ、服を脱がし全裸にして、上から彼女に舌をはわせた。もちろん、手の指から足のブーツで蒸れた指の間まで、堪能した。彼氏が見たら泣くだろうな・・・と思ったら更に興奮した。

四つんばいにして、彼女の肛門を指でほじくりながらあそこを思いっきりしゃぶった。カオからは想像できないほど、凄くくさかったが、逆にそれが興奮した。彼女のあそこに二本の指を挿入すると、なんとも言えないかわいい声をあげた。

四つんばいのまま、指を動かし、彼女の足を無理に持ち上げ、指をなめて刺激すると、彼女のあそこから、エロい液がべたべたと落ちた。すかさず俺は、彼女に「自分で腰を振ってごらん」と言うと、恥ずかしがりながらも前後に思いっきりグラインドさせはじめた。そんな彼女に興奮し、俺は、超びんびんになった、欲望の塊を彼女に突き刺した。

彼女は、「すごい、ウウ、、すごいよー」と言いながら、罪悪感たっぷりのセックスに興奮していた。俺は、彼女のあそこが壊れるほど、腰をふった。騎乗位⇒座位⇒正上位で彼女に俺の欲望の全てをぶつけた。

もちろん、途中で、俺のとゆう君のとどっちが大きい?などと聞いたり、もうむちゃくちゃ興奮。彼女の体を一晩思いっきり堪能した。一体どのくらいの時間、俺は腰を振っていたのだろうか。

俺も彼女も日常の世界を忘れ、無我夢中で粘膜と粘膜の擦れあいに没頭していた。そしてふと我にかえったとき、俺は彼女の中に大量のザーメンを放出していた。