大震災の日に出会ったパイパンのE美

不謹慎だと非難を覚悟で書かしてもらうが、東日本大震災の日の事。
都内勤務のオレは徒歩で埼玉の自宅へ帰る途中だった。
足立区に入りかけた8時頃に小さなバーの灯りが見えて、ハートランドの生ビールの小さな看板に釣られ入店。

客はカウンター左隅に20代半ばのカップル、真ん中に20代後半位の女が座ってた。
オレは右端に座り生ビールをグラスで飲んで一休みしていた。
マスターとカップルが、歩いて来たオレに気を使って色々話しかけてくれた。

少し気分が楽になった頃に隣の20代後半位の女の携帯が鳴り、女は少し話した後、やっと家族と連絡とれたと嬉しそうに言った。
「良かったですね」と話かけると女はほっとしたのか色々話してくれた。

会社は上野で震災後歩いて帰る途中でこのバーは割りと常連らしい。
埼玉よりの足立区で一人暮らしで家族は群馬との事など色々話して、機会が有ればゆっくり飲もうと言って名刺交換して店を出た。
一時間位歩いてると4号線も空いてきて、運良くタクシーが拾えたので11時には帰宅出来た。
幸いなことに大した被害も無かったので風呂に入ってるとメールが着た。
さっきの女が気になってメールしてくれ返信した。

女は未だバーに居るらしく歩き疲れたので朝まで店に居座ると書いてた。
時間は夜中の2時頃でビールも抜けてたから
『車で迎えに行こうか?』とメールしたら女から直ぐに電話が着て、
『嫌じゃなかったらお願い』と言われ車だと30分かからず店に着いた。

女の名前はE美、年は28との事。
店から女のマンションまで空いてたので20分もかからずに着いた。
しかし都内なのに停電中で部屋が7階なので被害が心配なので着いてきて欲しいとの言われ、渋々階段で7階まで上った。
玄関で待ってるとタンスが倒れてるので起こして欲しいと言われ部屋に入って、ヘアバンド式のライトを点けてみると寝室のタンスやテレビなど結構倒れてたタンスを起こそうとした時上の引き出しが少し開いたので押えようとしたが、中にローターとバイブらしき物体がチラッと見えた。
E美が見てない隙に確認するとローター2本、バイブ3本が入っていた。
しかしエッチな状況になりそうもなく、帰ろうとしてると結構強い余震がきた。
7階で揺れも強くE美がしがみついてきた。

それまでハキハキと喋ってたE美だが余震が怖いのか、震えながら
「明るくなるまで一緒に居て欲しい」って言ってきた。
この一言でヤレると確信、しがみついて震える。
E美を抱き締め、
「判ったから安心して」と言うとE美も抱きついてきた。
暗い中着替えたらしくE美は上下スウェットになってた。
意外と巨乳で抱き心地が良くオレも勃起してきた。
それが判ったのか、
「エッチね、ふふふ」と言いながらも逃げようとしない。
「そりゃE美みたいな可愛い女の子を抱き締めたら誰でもこうなるよ」と呟くと、E美は
「お世辞が上手なのね、誰にでもそんな事言うんでしょう?」と言いながらもオレの下半身にグイグイと身体を押し付けてくる。
「E美のせいで硬くなったんだ」と言いながらE美の手のひらに握らせた。
E美は少しビクっとしたけど、ニギニギしながら
「ふふふ、なんかヌルヌルしてきたわよ」
「久しぶりなんでチンチンが喜んで嬉し泣きしてるんだよ」と言いながらE美にキスした。
舌を絡ませながらスウェットごしにE美の股間を弄ると、じっとりと濡れてスウェットまで染みてるのが判った。
スウェットの上から弄ってるとE美はハァハァ喘ぎながら
「お願いだから焦らさないで欲しいの、入れて欲しいのお願い」と言いながらいきなりフェラ。
E美のスウェットを脱がせ、クンニしようとした時、
「ダメ汚いから舐めないで」とE美は喘ぎながら言ってきた。
しかしマンコ大好き変態のオレは容赦なくむしゃぶりついた。

停電でシャワーやウォシュレットも使えずに欲情したマン臭は期待ほど強くなく少しがっかりしたが、クリをペロペロチュパチュパしながら満遍なく舐める。
ん、無い、毛の感触が全くない。
確認したくても真っ暗だし、いきなりLEDライトを点けるのもなぁ、と思ってたがE美の喘ぎながらのフェラでオレも我慢出来なくなり、オレが上になりハメる。
E美の腰使いに暴発寸前に。
ヤバイと思いオレが下になり強く抱き締め密着。
動きが少ない分少しでも時間がかせげる。
しかし10分もするとE美が、騎乗位になり
「い、いきそう、うわぁぁぁ」と言いながらガンガン腰を振りだした。
なんとか必死に耐え先に逝かせて、外に出そうとしたら、
「中でも大丈夫」と言われ一瞬迷ったが、もっと舐めたいから
「外に出す」と言いながら辛うじてE美から離れたら、E美が射精寸前のチンチンを咥える。
あ、と思ったがE美の口に出してしまった。
射精した後にフェラはくすぐったくて、直ぐに萎えてしまった。

E美は小さくなったチンチンを弄りながら、
「Tさん子種少ないなら中で出しても良かったのにぃ」
オレは種無しで離婚したのは事実だし、E美にも言ってたが、自分のが入ったマンコはクンニしたくないからとE美に話した。
E美は笑いながら「ド変態だぁ、でもTさんの舌凄く気持ち良かった」
E美は話しながらも萎えたチンチンを離そうとしない。
「パイパンなのは剃ってんの?」E美に聞くと天然の超薄毛だと恥ずかしそうに言いながら、
「毛がほとんど無いからマンコがグロくてコンプレックスだと思い込んでる、Tさんみたいにモジャモジャが良い」とか言いながらも萎えたチンチンを弄り離そうとしなかった。