妻の寝取りを頼んだ人がドSの男性だとは知らなくて・・

私の妻,小由里は現在38歳である。子供を二人産んでいるが身体の線はそれほど崩れていない。歳よりだいぶ若く30そこそこに見られる。

身長は160cmで体重は50キロ、芸能人で言えば浜崎あゆみをふっくらとさせた感じである。近所でも評判の美人である。そんな小由里にどうしてもあることをやってみたい…それは小由里とのセックスがマンネリになっていることもあるが、私以外の男とセックスした場合どんな風に変身するか見てみたいという欲求である。

私の知る限りでは浮気などしたことはないはずである。計画はいつも庭の手入れをお願いしている植木屋のご主人に小由里を抱いて欲しいとお願いすることにした。ご主人(Aさんとしておこう)も以前から小由里を気に入っていたので相談すると2つ返事で乗ってきた。

ただ、何しても後で文句言うなよという約束させられた。何するつもりだろうと一抹の不安を覚えたが、普段の付き合いから安心はしている。それがとんでないことになろうとはその時は想像だにしなかった。

そして子供が学校に行っている平日の水曜に決行することにした。私は水曜の朝出勤前に「今日、庭の手入れをAさんにお願いしているから、よろしく」と小由里に言って出掛けた。実のところ会社には有休を取っている。

駅前の本屋や喫茶店で時間を潰し、そろそろ工事も終わる頃だろうと昼過ぎにこっそりと家に戻ることにした。Aさんには、小由里がコーヒーを出すはずだからと、知り合いの医者から貰った睡眠薬を渡しておいた。戻ってみると庭にAさんの姿はない。

庭木もきれいに整えてある。家の前に軽トラがあるから、まだAさんは居るはずである。リビングを覗いてみたが、2人の姿が見えない。

どうやらうまくいったようである。玄関のドアをそっと開け中に入る。二階からかすかな物音が聞こえる。

後でAさんから聞いた話では、小由里は作業を終えたAさんにケーキとコーヒーをすすめた。自分も同じものを口にしていた。そして小由里がキッチンへ立った隙をみて、Aさんは小由里のコーヒーに睡眠薬を入れた。

小由里はそうとも知らず、コーヒーを飲み干す。世間話をしている最中に何回もアクビをする小由里。とうとうテーブルにもたれかかり寝入ってしまった。

Aさんはすかさず小由里を抱きかかえ、2階の寝室へと運んだ。そして衣類を丁寧に一枚づづ剥がし、生まれたままの姿にして両手・両足をベットの四隅に用意していた縄で縛りあげた。ぷっくりと脹らんだ土手。

豊満な肢体の大事な部分が露になった。本人には言ってないが小由里のあそこに生えている毛はクンニで顔が痛くなるほどの剛毛である。小由里が寝入っている間にAさんは全身を嘗め回す様にビデオを撮り、足元から映るようにセットし、小由里の意識が戻るまでしばらく様子を見ることにした。

ここから先は、ドアの隙間から私が見たままである。何も知らない小由里が全裸のままベッドに縛られている。Aさんはビールを飲みながら意識が戻るのを待っている。

それから1時間ぐらいたっただろうか…小由里の意識が戻り始めた。その時はAさんも全裸になっていた。その股間についた肉棒は小由里の肢体に既に反応し、太く、長く、何よりもその肉棒は天にむかってそびえたち、お腹にくっつくほどである。

小由里と同い年のはずであるが、その元気なことに我ながら驚く。Aさんはおもむろにベッドに縛られている小由里に覆いかぶさり、両手で両方の乳房を揉みしだきはじめた。小由里の乳房は寝そべった状態でも隆起がはっきりとわかる。

最初はやさしく揉んでいたが、握りつぶすように、思うがままに小由里の乳房を弄んでいる。右の乳首を丁重に舐めはじめた。乳首を舌で転がしていると寝ているはずの小由里の乳首が勃起してきた。

しつこいくらいにしゃぶりついている。舌は左の乳首へと移っていく。そして舐めていたその舌は下へと移動しはじめた。

ついに小由里の一番大切な部分、おまんこに舌を這わしはじめた。ここからははっきりと見えないが一番敏感な突起物、クリトリスを舐めているのだと思う。Aさんには、小由里はクリトリスでもイクことができるが子宮派である。

奥の奥を肉棒で突かれると何回でもイクと言ってある。小由里のおまんこからクチャクチャと音が出ている。寝ているのに感じているのか、もの凄くいやらしい音が…!その時である。

小由里が目を覚ました。そして「えっ何?いや、やめて…。Aさんやめて…!」と叫んだ。あまりに大きな声にAさんは一瞬動きを止めた。

そしてAさんは小由里のからだに圧し掛かり作業で使った鋏を小由里の首に突き付けた。小由里は「やめて、いや、やめてください!」とからだを起そうと抵抗するが、ベッドの四隅に両手・両足を縛られているために身動きができない。そうちょうどアルファベットのX状態になっている。

そしてAさんは小由里に「大声を出すんじゃない。刺すぞ!」というと小由里は大きな声は上げなくなった。「口を吸わせろ!」と小由里の口元に唇を近づけると「いや!死んでもいや!」と顔を左右に激しく振り拒んだ。「だったらこれをあそこに突っ込んで、使い物にならなくしてやるぞ。それでもいいか!」「…」Aさんの形相に恐ろしくなり、小由里はどうすることもできない。

「口を開けるんだ」。小由里は両目をきつく瞑り、口を少し開く。Aさんは小由里の顔を両手で包み動かぬようにしてから少し開いた口の中に舌を強引に差し入れた。

「舌を動かすんだ」小由里は言われるままに舌を動かした。Aさんはその動きに合わせ、自分の舌を絡ませる。Aさんの舌が小由里の小さな舌にべっとりと絡まっている。

Aさんの煙草くさい臭いに小由里は今にも吐きそうになるのを必死に堪えていた。千切れんばかりに思いっきり小由里の舌を吸い上げる。見るとAさんの唇が小由里の口の中にすっぽりと隠れてしまっている。

小由里の舌を歯で噛みながら根元から吸い上げているためである。小由里はその反動で、これ以上は無理というぐらいに口を大きく開けさせられている。自分では想像できないだろうが、何とも滑稽な、顎がはずれたような顔になっている。

「んんっ」…小由里の苦しそうな呻きが微かに聞こえる。Aさんの唾液が注ぎ込まれているのか小由里の喉が上下に動いている。小由里にとってはすごく長く苦しい時間に感じたことであろう。

Aさんがやっと開放したと思ったら、顔を手で挟んだ状態のまま両方の親指を上唇と歯茎の間に滑り込ませる。普段笑っても見ることのできないピンク色の歯茎がむき出しになった。どんなに綺麗な歯並びでも滑稽に見える。

Aさんはニヤッと笑い、たっぷりと唾液のついた舌を伸ばし、歯茎や白く輝く歯の表面、裏側まで何回もねっとりと舌を這わせている…たっぷり楽しんだあと今度は下の歯茎も同様に…。その間小由里はされるがままじっと耐えている。こんな接吻を今までやったことはない。

いや接吻といえるように代物ではない。「小由里さんのきれいな口元を見るたびに、いつかこうしてやりたいとずっと思ってたんだ。やっと願いがかなったよ」飽きることなく時間を掛けて嘗め回す。口の中を隅から隅まで完全に蹂躙され…初めての経験に小由里の目からは涙が流れている。

しかしAさんはそれだけでは飽き足らず、次にやったことは…もう変態としか…。「きっと俺のことが忘れられなくなる」Aさんは、着ていた上着のポケットから何やら包みを取り出した。よく見るとそれはチョコレートである。

「チョコレートは好きかい?小由里さんに食べさせてあげるよ」そう言うと、チョコレートの包みをはずし、自分の口の中に入れた。くちゃくちゃ…あっという間に口の中でチョコレートが溶ける。Aさんは、小由里の頬を両手で押さえ、自分の口の中にあるドロドロに溶けたチョコレートを舌に載せ小由里の口の中に流し込もうとした。

しかし小由里は口をぎゅっと結び首を左右に振って激しく抵抗した。Aさんは一旦諦めたが、持っていた道具箱から首輪を取り出し、小由里の首に取り付けた。首輪には何やらフックのようなものがついている。

「小由里さん、これが何かわかるかね?」「…」「先に小由里さんの美しい顔をもっと美しくしてあげよう」そう言うと首の後ろから頭のてっぺんをとおして鼻の穴に引っ掛けた。フックにはゴム製の紐がついており、小由里の形のよい鼻がこれ以上は無理なほど上を向いてしまった。「最初だからこんなもんだろう。調教したらもっと上を向くようになるよ」小由里は「やめて、いや、やめてください!」首を左右に激しく振りながら叫んだが、聞く耳持たぬといった態度である。

さらに頭の後ろから両頬をとおして二つのフックを左右の鼻の穴に引っ掛けた。形のよい鼻が上だけでなく左右にも引っ張られ、真正面から見ると顔の真ん中に大きな穴が二つ並んだようである。鼻毛も丸見えである。

横から見ると鼻の頭が潰れ皺が幾重にもできている。何とも醜い豚顔にされてしまった。Aさんにこんな性癖があろうとは…。

しかし興奮する自分がそこに居た…。「小由里さん見てごらん。すごくいい顔になったよ」Aさんは鏡台にあった手鏡を小由里の前に差し出した。「いや、見たくない」小由里は目をつぶり鏡を見ようとしなかったが、「見ないとフックをもっと引き上げるぞ」とAさんに脅され、しかたなく鏡を覗く小由里。

そこには想像だにしなかった醜い豚顔が…鼻がきつく引っ張られているため口を閉じることができない、歯が剥き出しのままの…これが自分の顔だとは…それを赤の他人に見られていると思うと、恥ずかしいやら情けないやらで、思わず涙を流してしまう小由里。「どうだい。めす豚になった気分は?」「…」「ブウブウ言ってみろ。あははは…」さらに、Aさんは、道具箱から、鼻に引っ掛けたものより大きなフックが両側についているものを取り出した。

「これで口は開きっぱなしになる。ふふふ…」すばやく頭の後ろから両頬をとおして唇に引っ掛ける。フックは口の幅より広く、小由里の口は開きっぱなしになった。閉じようとしても閉じられない。

空しく舌が動いているのが見える。Aさんは、食べかけのケーキをリビングから持って上がり、「さっきチョコを食べなかった罰にケーキを食べさせることにしたよ」そう言うとケーキを口の中に入れて、ドロドロになるまで噛み砕き、小由里の顔を両手で押さえ、強引に小由里の口の中に流し込んだ。ドロドロになったケーキは喉の奥に…「よく噛んでから飲み込むんだぞ。吐き出したら鋏を大事なところに突っ込むかな!」と言うとAさんは口のフックを外した。

小由里は、涙を流しながらも口を動かすが、何とも言えない臭いと感触にもどしそうになる。私とでさえこんなことはやったことがない。いやできないだろう。

ましてや赤の他人とは…Aさんの口の中にあったものだと思うとそのおぞましさに中々飲み込むことができない小由里であったが…ごくっと飲み込む音が聞こえた。「よしよし。これでもう小由里さんの唇は俺のものだな」…またさっきと同じように隅から隅まで口の中を…。その様子はビデオがしっかり撮っている。

もう小由里の抵抗は完全に弱まった。こんな変態行為を受け入れ?てしまったことに頭が混乱している。それでもAさんの行為は止まらない。

足を縛っている縄を外したかと思うと大股開きになるように縛りなおした。小由里の大事なところが天井を向いてしまった。お尻の穴も丸見えである。

Aさんはお尻と陰毛を撫でながら「結構毛深いねえ。尻の周りにも生えているじゃないか」小由里は恥ずかしさで顔を真っ赤に染めている。そして、道具箱から鬚そり用のスプレーを取り出すと、大事な部分に向けて搾り出す。白い泡がたっぷりと土手に…Aさんは丁寧に尻の回りにまで塗りたくる。

「毛深いのは小由里さんには似合わないなあ。綺麗にしてあげるよう。おっと動くんじゃないぞ。大事なところが傷つくぞ」とかみそりで剃り始めた。「やめて!お願い!やめてください。主人に何て言えば…」「ふふふ。そんなこと自分で考えるんだな」抵抗しようにもジッとしているしかできない。

ぞりぞり…剃る音だけが静かに響く。Aさんはつるつるになるまで時間を掛け丹念に一本残らずそり落とした。「…綺麗になったよ」「あぁ…どうしたらいいの…」Aさんは、そんに小由里にお構いなしにビデオカメラを手にして、つるつるのオマンコを広げながらアップで撮る。

小由里の狼狽振りを楽しんだ後、Aさんは乳首を舐め始めた。小由里は我慢を決め込んだのかまったく反応がない。乳首を舐める音が聞こえる。

先ほどと同じように勃起していた。Aさんは「小由里さん、乳首が硬くなってきたよ。気持ちがいいんじゃないのか?」と聞くと小由里は「気持ちよくなんかありません。もうやめてください」と言った。

Aさんは「じゃここはどうかなぁ」と言っていきなりつるつるのおまんこを舐めた。すると小由里は「ヒイィ!!いや、そこはやめてぇ…!」といい、舐められた瞬間身体をビクつかせた。さすがに一番敏感なところをいきなり舐められ、からだに電気が流れたようだ。

それでも小由里はシーツの端をつかみ必死に我慢している。さきほどと同じようにクチャクチャと音がした。「小由里さん、いや、いやと言っているわりにはもうここはビショビショですよ。こういうことされるの好きなんじゃないの?」「いや、そんなことない。

いや、ナメないで…!」と小由里はちょっと上ずった声で言った次の瞬間、Aさんは指を膣に入れてきた。「うぅ…、やめて、指を入れないで!」と言い哀願したが、眉間にはシワが…。そう、眉間にシワを作るときはかなり感じている時である。

指を執拗にこねくり回すAさん。その指は小由里のGスポットを確実に捕えている。小由里はイク寸前までなっていた。

突然、Aさんの指が抜かれた。すると小由里はなぜやめるの?という顔をしていた。それを何度も繰り返すAさん。

小由里はもうイキたくて我慢ができなくなっている。小由里の顔に大きく反りかえった肉棒をもってゆき「ナメろ!」と命令した。小由里はそれでも「いやです」と言ったが鼻フックで口は開きっぱなしである。

頭を抱えると無理やり突っ込んだ。ノドまで入れられたのか小由里は苦しそうにしていた。「上手にナメないと鋏が刺さるぞ!」と脅した。

小由里は私の肉棒を舐めるように舌を使い舐めはじめた。「袋も舐めろ!」Aさんは自分で肉棒を持ち上げ袋を小由里の口元に持っていく。小由里は舌を伸ばしゆっくり舐めていく…。

Aさんは道具箱から1本のバイブを取り出した。小由里に舐めさせたまま、そのバイブを小由里の蜜壷の中に埋め込んだ。もちろんバイブは初めての経験である。

入れられた瞬間、小由里は口から肉棒を出し「うぅ、ダメぇ…」と言った。「やめるんじゃない」Aさんは無視してそのバイブを出し入れし始めた。小由里は「うぅ…やめて、いやぁ…」と叫びながらも感じていた。

バイブの音が室内に響く。小由里はその瞬間「うぅ…いやぁ…ダメ!とめてぇ…」と言ったが、構わず出し入れを続ける。Aさんは「気持ちイイだろう?気持ちがよければ素直にイイといいなさい。小由里さんイッてもいいんだよ」小由里は「気持ち…よく…なんか…!」と口では言っているが身体はもう…。

「強情な人だなぁ。じゃこれはどうだ?」と言いバイブの振動を最強にした。その瞬間小由里は「あぁ…あ、ダメ…イイ…、感じるからヤメテ!」と言った。「だからイキなさいよ」「いや、いや、イキたくな…い」Aさんは強情な小由里にバイブを根元まで奥に突っ込んだ。

すると小由里は「あぁ…イク、イク、イッちゃう…ぅ、あぁ…あ」と言って…気を失ってしまった。小由里が私以外でイッたのを見たのは初めてである。私はすごく興奮していた。

いつの間にか右手で自分の肉棒を掴んでいたが、いつにもまして膨張していた。気を失った小由里にAさんがバイブを抜き、自分の肉棒をグチャグチャに濡れた蜜壷にあてがった。「さあお待ちかね。本物を入れるぞ」「やめて…それだけはやめてください」失神から目覚め、気丈にも最後まで抵抗する小由里だったが、そんな願いも空しく少しづつ中に沈めていった。

「いいのかい。だんな以外の男のものが入っていくぞ」小由里は「いやぁ…ぁ、入れないで」と泣き叫んだが、容赦なく肉棒は沈められた。「さあこれで小由里さんと一つになったよ」奥までしっかり入れるとAさんはリズミカルに前後に腰を動かす。小由里はすでにバイブでイカされているため身体が勝手に反応してしまう。

「あぁ…いやぁ…」と言いながらも小由里の腰は動いていた。ピストンにスピードを加えると「いや、動かさないで…ダメ…」と言いながらシーツの端をにぎりしめていた。おかましなしにスピードをあげると「あぁ…いや…ダメ…ダメ…ダメ……」と言い早くもイク寸前であった。

「どうです。小由里さん、ご主人のモノよりいいでしょ?」と聞いた。すると小由里は「いやぁ、抜いてぇ…ぇ」というのがやっとだった。Aさんは両足を自分の肩まで持ち上げ、さらに蜜壷奥深く肉棒を突きたてていた。

膣の奥にAさんの肉棒が当たり小由里はもうイク寸前だった。そしてAさんは「いけよ。素直に!」と言った。小由里が「いやぁ、イカない、イカないょ…ぅ」と言ったその時、Aさんの動きが止まった。

小由里は首を振って催促しているように見えた。「何だ。身体は欲しがっているようだな」「…」「口をあけろ」小由里はAさんの言うままに口を開ける。Aさんはその口の中に唾を流し込む。

ゴクゴクと小由里の喉が鳴っている。「どうだ。美味しいか?」「…」小由里は何も答えない。Aさんは小由里と唇を重ねる。

小由里は、もう嫌がらない。積極的に舌を動かし、Aさんの舌を自ら吸い上げ、絡ませている。お互いの唾液が絡みつく。

唇を離すと唾液が糸を引いている。Aさんの肉棒は小由里の膣に入ったままであったが、動きだした。「あぁ、イっちゃう、あなた、ごめんなさい…ん、イっちゃうょ」と言い、そこでまたAさんの動きが止まった。

「イヤ、イカせて、お願い、もっと突いてぇ…ぇ」という言葉がとうとう小由里から出た。Aさんがここぞとばかりに「またやらしてくれるか?」と聞くと「いい…ぃ」と答えた。「もっとはっきりまた小由里のおまんこに入れてください!と言え!」と言いながらピストンを与えた。

すると小由里は「あぁ…ぁ、イイ…ぃ、また…小由里…のお・ま・ん・こに入れてぇくださいぃ」「うぅ…ぅ、イク・イク・イク・イク・あぁ…ぁイっちゃうう…う」と大きく身体を反らして…とうとうイッてしまった。Aさんは突きまくった。それから先は何回も何回も小由里はイカされた。

Aさんもやっとイク準備ができたのか小由里の蜜壷から抜き取り、小由里の口へそのマン汁で濡れた肉棒を刺し入れた。そして大量の精子を小由里の口の中に吐き出した。そして「こぼすなよ。全部飲むんだ!」と命令すると喉を鳴らして小由里は飲み干した。

それでも肉棒は衰えを知らず天を向いていた。そしてまた密壷の中へと突っ込んだ。今度は先ほどよりもっと激しく突きまくっていた。

もう両手首を縛っていたヒモは解かれていたが小由里はその両手をAさんの背中にまわし、全身を痙攣させて「うぅ…ぅ、あぁ…あダメぇ…死ぬぅ…ぅ、死ぬぅ…ょ。壊れる、壊れる…ぅ、あぁ…あぁ…ぁ」と言って白目をむいて失神した。Aさんは容赦なくそれでも突きまくっていた。小由里は時より目を開け、何回も何回も快感に酔っていた。

そして最後は体位を変え、小由里を四つん這いにしてバックから責める。ちゃくちゃいやらしい音が続く。垂れ下がった二つの乳房を揉みしだく。

小由里の両手を背中に回し、交差させ、腹ばいにする。Aさんの胸が背中に密着しているため縄で縛りあげたように両手は動かせない。この状態でAさんは小由里の顔をまっすぐに起こし、両側から口の中に両手の指を入れ引っ張った。

歯茎がむき出しになる。2人の前に手鏡が立て掛けてあり、小由里の顔が写しだされている。小由里は舌を伸ばし盛んに動かしている。

もう意識は快楽によってどこかにいってしまってるようだ。Aさんは小由里の頭の上から鏡を覗きこむようにしながら無理やり犯している風に興奮しながら「そんなにいいのかい奥さん。だんな以外の男にこんな姿で抱かれて感じているんだよ。お前はドスケベで淫乱な女なんだ」小由里の耳元で囁く。もう小由里はされるがままである。

Aさんが「イクぞ!中に出すぞ!」というと気丈にも「いやぁ…ダメぁ…中はいやぁ…外にしてぇ…」と力のない声でいった。しかしAさんは蜜壷へありったけの精子を子宮めがけ放出した。そのとき「イやぁ…あぁ…イク…う…」といって小由里も果てた。

Aさんが小由里のおまんこから肉棒を抜くと精子がいやらしく流れ出た。しばらく2人ともそのままの状態だったが、Aさんは小由里に「これでもう小由里は俺のものだ。もう俺の言うことを聞くしかない」というと小由里は「もう勘弁してください。もういやです」と答えた。

するとAさんはビデオを再生して見せた。再生されたビデオからは「あぁ…ぁ、イイ…ぃ、また…小由里…のお・ま・ん・こに入れて…ぇください…ぃ」という部分が映し出されていた。小由里は「あぁ、いや、止めて」と言い耳を押さえながら涙を流していた。

「わかっただろう。もう言うことを聞くしかないことが・・でないとこのビデオをご主人にもご近所にも配るからな」小由里はただ黙って泣いていた。「わかったのか!」とAさんが大きな声でいうと小由里はうなずいていた。「きょうはこのくらいにするが、次は尻の穴を調教してやるよ」私はここまで見届けるとそっと外に出た。

何だか頭がボーっとしている。その日の晩、いつもの時間に私が帰宅すると小由里はやはりいつもとは違った雰囲気だった。私は「どうした?具合でも悪いのか?」と聞くと「いいえ、ちょっと疲れただけです」と言い、本当のことは言わなかった。

言えるはずないか。その夜、小由里の身体を求めた。するといつも以上に何かを振り払うかのように小由里は燃えていた。

私も昼間のことを思い出し、いつも以上に興奮し、激しく交わった。昼間見たように歯茎にも舌を伸ばしてみた。小由里は最初ビクッと身体を震わせたが、何も言わない。

それより同じように私の歯茎に舌を伸ばしてきた。何ともいえない感覚であるが悪くはない。あれから3日がたった土曜日、Aさんと会った。

Aさんは「小由里さんのことが気に入った。これからも頼むよ」あんなセックスを見せられては小由里がどうなるかわからない。「いや、もうあれで十分だ」「いや俺はまだ満足していない。もっと楽しませてもらうよ。

それにビデオが俺の手にあることを忘れるなよ。いやなら近所にばら撒くだけだ」Aさんの豹変ぶりに、その時初めて後悔した。だが後の祭りである。

あれから3か月…私が仕事に行っている間、自営のAさんは自由に家に入り浸り、飽きるまで小由里の身体で変態行為を楽しんでいる。小由里は今ではAさんのいうことなら何でも受け入れる奴隷女に成り下がっている。あの清楚な小由里の姿はどこにもない…ほぼ毎日のようなセックスづけのせいか、体つきもいやらしく変わってしまった…。