男友達に寝取られている彼女に乱入して3P

俺がつい最近まで付き合ってた彼女の話。仮名美紀。美紀は俺のいっこ上で23歳、服のブランドとかはそんなに詳しくなかったけど、中の上くらいには可愛かった。

性格は落ち着いてて、かつ常時平熱35度の天然ボケ。言われなくても勝手に部屋の掃除してくれたり、女はご飯作れて当然!みたいな考えがあって、文では伝わり辛いけど今時少なくなった「純和風」の女のコだった。いつも妙に騒がしい俺と、おっとり静かなタイプの美紀は妙にウマがあって、今まで会ったどの女の子より魅力的だと思った。

彼女の方もそう思ってるに違いない。俺達はお互いべた惚れのラブカップルだ!少なくとも俺はそう思って「いた」。付き合い始めて2年。

「最近どうも美紀の様子がおかしいな」って思う事が多くなった。電話しても話にあんまり乗ってこない。要領を得ない外出理由。

メールの返信も遅い…。ある日、彼女に急に素っ気無くなった理由を問い詰めてみると、「他に気になる人が出来た」との事。その人は、美紀とバイト先が一緒の「内海」君だとの事。

内海なら俺も知ってる。彼女を通じてできた男友達だ。後日、内海と俺、そして美紀とで一緒に飲む機会が訪れた。

安い居酒屋でしこたま飲んだ後、内海の家になだれ込もう!ということになって、酒を持ち込んで賑々しく楽しんでた。その日、そんなに酒に強くない俺は午前2時頃、もーれつに眠くなって、隣にある内海の寝室で横になった。「ヤバイかな?」と思ったけど、その時はまだ俺と美紀は(便宜上は)付き合っていたし、なにより「どーでもいいや」と思ってた。

嫉妬と諦念のが生んだ感情だった。俺は他の男に気が移られたらどうでも良くなるタイプなんです。きっと。

目が覚めた。床に就いてから30分くらい経ってた。目覚めた理由は音が聞こえたから。

何の音?ぬめった音がしてる。くぐもった声。荒い息遣い。

ああ、そういえば美紀は声が抑えられないコだったなーとか呑気に思いながら確信。手マンされてる。すぐさま色んな感情が渦巻いた。

酒のせいか、吐き気がした。それと同時に俺の中に物凄い興奮が生まれた。飛び起きて、息を殺して壁に耳貼り付けた。

内海「美紀はクリ回されるのが感じるの?」内海「それでここいじられると最高なんでしょ?」美紀「ううう、(俺に)聞こえる、聞こえちゃう」内海「聞こえねーよ、酒入ったまま寝たし」内海「ほら、(たぶん皮)むいてあげたよ?ほら、ほら!」美紀「ん、あ、あ、ああ、あ、イイ!」

内海「クリいじってって言って?言ってって、ほら!」美紀「クリいじって、は、クリいじって、ぅあ、っあ!」こんなのが聞こえてきた。あの美紀が?おしとやかな美紀が?俺の、美紀が?こんなやらしい声出してんの?その時、俺は、何かが「キレた」。耳を壁から引っぺがして、履いてたジーンズとボクサーパンツを下ろした。

迷いはなかったです。扉を勢いよく開ける。美紀の半開きのまぶたが見開く瞬間。自分で自分の太ももを持ちながら、呆けた美紀の顔が一瞬で凍りつく瞬間。なぜか妙に落ち着いてる内海。それを目の当たりにした。

俺がその時言った言葉。「聞こえてたよ」「すげーやらしいね、俺もこんなになっちゃったよ」内海の胸に背中からしなりかかってた美紀は、足を閉じてこっちを見てた。何にも言わない。

何か言いたかったのかもしれない。俺は美紀にゆっくり近づいて、そのままディープキスした。美紀のクリから手を離した内海の代わりに、右手でクリを手でなぶった。

左手は、内海の手をつかんで美紀の胸にあてがった。内海が上半身、俺が下半身。内海が舌と手でねぶる。

俺は美紀の陰核を指で剥いてねぶる。始めは訳がわからずに困惑してた美紀も、数分後には「ん、ひ、い!」「おお、おぅ、ぉ、お!」なんて、今までに聞いた事がなかったような声をあげてた。美紀の手と口、舌は、凄い速さで内海のものを猛らせてる。

美紀は快感が高まると白目を剥く癖があって、喘ぎきってる時に白目を剥いた時は、内海と目配せして笑った。三人とも限界まで近づいてた。俺は内海に美紀の両手首を押さえつけるように言った。

美紀が履いてた薄ピンクのミニスカートに付いてたベルトを掴んで、美紀に入れた。美紀の内ももは色んな液で濡れそぼってて、すごい艶かしかった。激しく腰を打ち付ける。

肉と肉がぶつかり合う音が部屋に響く。84センチの胸が弧を描く。脳髄がショートしそうな快感。

美紀の喘ぎに混じって、ップ、ップ、と聞こえる。見れば、内海は美紀に咥えさせながらクリを回してる。あぁ、内海はすぐいかせるつもりか。

手を抑えてろって言ったのに、と思いつつも、もう関係なかった。兎に角、女も男も獣だった。5分位でいきそうだった俺は、美紀の顔に向けてぶちまけた。

前髪と瞼と鼻の頭に粘りついた精液を見たら、動物敵欲情が脳を襲った。何で今まで顔射しなかったんだろう?すぐさま内海がバックで美紀に入れた。凄かった。

美紀は絨毯のはじを掴んで喘ぎ狂ってる。たぶん、あれがほんとの「性交」っていうんだなーなんて間抜けな事を考えてた記憶がある。なぜか俺は自分のトートバックの中から美紀の大嫌いだったハイスタンダードのCDを取り出してデッキに入れた後、内海に混じって美紀の口にモノを突っ込んだ。

後は、AV観ながら3Pしたり、内海がライカとかいうカメラで美紀をハメ撮りしたりとランチキし放題だったが、結局美紀が「あそこが痛い」と言い出して破廉恥三昧は幕を閉じた。その後は美紀をベッドに寝かし、俺と内海とでプレステを朝までやるという、なんとも間抜けな時間を過ごしたりもした。その後、俺と別れた美紀は内海と付き合い始めたが、僅か二週間で別れてる事になる。

俺は内海の番号を携帯から消し、美紀の番号はちゃっかり残して、今でもたまに美紀と遊んでいる。あの日、悪魔が俺に宿ったあの日。秋はまだ始まったばかりだった。