モテない俺が派遣の女と不倫エッチした思い出

この前、会社の派遣の女の子とやっちまったのでその話を。俺はとある家電メーカーのエンジニア33歳(妻子アリ)なんだが、その子は年齢が25歳で彼氏アリ。N美としておく。

俺は間違ってももてるタイプではなく、メガネ&ガリでオタク系。それなのに、N美が俺に気があるらしいという話を会社の友人より聞き、半分信じてなかったんだが、会社の新人歓迎会の帰り道で、たまたま電車の方向が同じで二人になった。会社の人間の噂話などしつつ、N美が降りる駅が近づき、駅に到着。

しかしN美は降りる気配を見せない。「○○さん(←N美の苗字)降りなくて大丈夫なんですか?」俺が聞くと、N美はうつむいたまま「降りたくないです」と小さな声で言う。会社の友人のN美が俺に気があるらしいという話がちらつく。

しかし、同時に妻子の顔もちらついた俺は、「次で降りて、折り返し電車を待ちましょう。僕も一緒に待ちますので」と言い、半ば強引に次の駅で降りる。駅のホームで電車を待っているとN美が、「もっと主任と一緒にいたいです」と核心をつく台詞をはく。俺が困ってN美を見ていると、N美は、「困らないでください。だってこんなチャンスきっともうない..」と俺の顔をじっと見つめてくる。

ヤバイ、特別美人なわけでもないN美がめちゃくちゃいじらしくて、かわいく見えてしまう。妻子の顔がまたちらつく。「私、主任が、好きです」と途切れ途切れだが、はっきりしたN美の言葉。

俺の頭の中から妻子が消えた。N美が俺の手を握ってきたので俺も強く握り返す。二人何も言わず、改札を抜け、用意されていたかのようなホテル街へ。

部屋に入ると、N美が俺にしがみついてきた。「好きなんです。主任のことが、大好きなんです」涙をボロボロと流すN美を黙って抱きしめキスする。N美の唇は震えていた。

N美がかわいくて唇の間から舌を差し入れた。N美は泣きながら、「ハァ..」とため息を漏らす。抱き合いながらベッドに腰掛けると、今度はN美の方から舌を絡ませてくる。

俺はその時、既に勃起していたと思う。今までにないくらい興奮していた。N美が着ていたツインニットのカーディガンを脱がすと、半そでのニットセーターの上からオッパイを揉む。

かなりでかい。カミサンのBカップのオッパイより全然でかい。オッパイを揉みながら首筋を吸い、耳を噛んだ。

N美は「あぁ、あぁん..」と控えめにかわいい声を出す。セーターも脱がすとピンク色のブラジャーも取る。やっぱりでかい。

たぶんD~Eカップくらい。雑誌かビデオでしか見たことない感じだ。ベージュ色の乳首を口に含むと、舌でチロチロと転がしながら、もう片方の乳首を親指と人差し指でつまむ。

N美は感じやすいのか「いやっ、あんっ、主任…」と、切なげな声をずっと出し続けている。その声にますます興奮する。我慢しきれずスカートの中に手を入れる。

パンツの上から触ってもそこはもう湿っているようだ。N美が「あぁ、んんっ」と声をあげたので、思い切ってパンツの中に手を入れてみる。思ったとおりN美のそこはヌルヌルしていた。

指でクリトリスをつついてみると「あっ!いやぁ..」とビクンと体を反らせる。カミサンが淡白な方なので、こんな反応が返ってくると興奮に拍車がかかり、33歳なのに童貞男のようにもうイキそうなくらいだ。クリトリスをしばらく指で弄んでいると、愛液が溢れてきて、ビチャビチャという淫らな音が部屋中に響く。

思い切って中指をマンコにゆっくり入れてみる。N美が悲鳴に似たあえぎ声をあげる。N美のマンコの中は温かくてぬるぬるしていて、俺の指をキュゥっとしめつけてくる。

指を出し入れしてみると、N美は、「あぁ、主任、ダメです、イッちゃいそう…」と俺の顔を潤んだ目で見つめる。「主任、好きです。N美って呼んで」と俺にしがみついてN美は喘ぐ。指を激しく動かすと、「あっ、ダメっ!」と言いながらN美はイッたようで、体がビクンビクンと波打ち、マンコの中もビクビクと痙攣している。

「もう、入れてください、お願い…」とN美が俺の背中に爪をたてる。大丈夫だとN美が言うので、ナマ正上位でゆっくりN美の中に入った。奥まで入った瞬間、N美が、「ハァ…」とため息を漏らす。

「N美..」と思わず名前を呼んでしまう。「N美、動くよ?」N美がうなずく。俺はゆっくり動いた。

すごい。ペニスにからみついてくるようで、気を抜くとすぐにでもイッしまいそうだ。やばい。

「主任、主任…」N美がうわごとのようにつぶやいている。大きなオッパイが揺れている。エロい眺めだ。

「N美、かわいいよ…」心から言う。「どうしてほしい?」と聞くと、N美は、「主任の好きなようにしてください..」とかわいいことを言う。「じゃぁ、上に乗って欲しい」と俺が言うと、N美は素直に仰向けになった俺に跨った。

俺のペニスを握り自分で入れる。下から見るとさらにでかいオッパイがエロい。そのオッパイを揺らしながら、N美が前後に腰を動かす。

ベチャベチャといういやらしい音と、N美の「あん、あんっ、あん..」という喘ぎ声が響く。俺はN美をもっと感じさせたくて、クリトリスに親指をあてがい、擦れるように腰を動かしてもらう。N美は「あぁん、あぁ、はぁん..」と自分の指を噛みながら、クリトリスの摩擦と、マンコの中で擦れるペニスの快感に我を忘れている。

俺はそのエロい眺めに限界が来て、N美の腰をつかむと下から激しく腰を動かした。ペニスがN美のマンコの奥にあたっている感覚がある。N美は「あぁ、ダメっ、そんなにされたらまた、イッちゃう…」と俺の目を見つめて言う。

「N美、イッて..俺ももうイキそう」俺は情けない声を出す。「嬉しい、主任、N美の中にいっぱい、出してください..あぁ、いくぅ..」というN美の言葉で頭が真っ白になり「うっ」とうめき、N美のマンコの奥深くに精液をぶちまけた。暫くするとN美が腰を上げる。

内腿に俺の出した白い液とN美の愛液がヌルヌルと光っていた。N美は俺に抱きついて、「主任、ありがとうございます…これからもきっと主任のことが好きです」と言った。俺はその言葉に返すことができなかったけど、その瞬間はN美のことがかわいいと思い、いじらしかった。

「N美、ゴメン、俺…」N美は「謝らないで下さい。好きだけど、もう追いませんから..主任を困らせたくない」と潤んだ目で笑った。俺は何も言わずにN美を抱きしめた。

それから会社ではN美は何事もなかったかのようにふるまっている。たまに会社でN美を見ていると、あの夜のことを思い出して、机の下で勃起してしまう俺だが、当のN美は彼氏との仲も順調なようだ。あれはなんだったんだろうと思うが、もてない俺がたぶん人生で一番輝いた瞬間だったと思う。