隣のマンションの女と知り合い、セックス三昧の大学生活

大学に入って初めて1人暮らしを始めました。築20年のオンボロ2階建てアパート。代々同じ大学の先輩が住んでいるらしく、それなりに充実していました。

住んでいる住人は全員同じ大学ですし。僕が入学する年に、隣のマンションにも入居が始まったらしいです。僕らが住んでるアパートとは違い、オートロックの5階建てマンション。

寮ではないのですが、そこには近所にある女子大の女の子ばかりが住んでいました。中にはOLさんらしき人もいましたが、女性専用っぽい感じでした。マンション側の部屋には、毎晩男たちが来てて、いつも騒いでいました。

別に女の子達が相手してくれるわけでもないのに、いつもいつも大賑わい。僕は反対側だったので、その輪には加わりませんでした。

夏になって地元に帰省した時、地元に残っている友人が合コンを開いてくれました。アバウトな合コンで、男が3人で女の子が5人というパラダイス?途中で知ったのですが、その中に偶然隣のマンションに住む女の子がいました。「俺はその隣のアパートだよ!マジで?」「マジで!凄いねぇ~!こんなとこで会うなんて」名前はマミ。やはり女子大に通う1年生。

大学の話だとかマンションの話をしているうちに、かなり仲良くなりました。それで連絡先を交換して、戻ってからも遊ぼうってなりました。大学の友達に話をすると、当然合コン要請の嵐です。

2日目にして先輩からも要請が出るほどでした。人数が20人以上なので、マミに聞いてみました。男の奢りなら大丈夫ということで、数回に分けて合コンをしてもらいました。

その全てに僕も参加しなきゃなのですが、僕の分は他の男が出してくれました。4回目の合コンの時、事件は起きました。ちょっと風邪気味だったマミが、途中で泥酔しちゃったんです。

マミを心配して女の子達が送っていこうとすると、当然合コンは終了です。それを阻止しようと、男たちが言い出しました。「お前地元が同じなんだから、ちゃんと送り届けろよ!」強引にそんな流れになって、最終的に送る事になりました。

熱はないけど、風邪薬を飲んでたらしく、泥酔したようです。足もとはフラフラですし、いきなりゲラゲラ笑ったりする酔っ払い。バスもないしタクシーなんて通らない田舎でしたから、30分かけて歩きました。

マンションの前についてオートロックを開けさせて、エレベーターに乗せました。そこで僕は帰ろうとしたんですが、部屋まで辿り着けそうにありません。ちょっとドキドキしながら、部屋まで行きました。

部屋は8畳の1Kで、かなり綺麗な作りでした。ロフトで寝ているようだったので、上まで運ぶか考えました。でも怪我したらと思い、布団を運んで下に寝かせたんです。

その間マミは途中で買ったお茶を飲みながら、ハイテンションで笑ってました。ふとみると、マミは洋服を脱ぎ始めていて、ピンクのパンツ・タンクトップ姿に。僕がチラチラ見ているのを知って、からかい始めました。

「なぁ~にチラ見してんのぉ~~」「うるせぇ~なぁ~」「もしかしてぇ~童貞?」「んなわけないだろ。早くパジャマ着ろよ」「はいよぉ~。童貞に怒られちったぁ~」パジャマというかハーフパンツを穿き、上はタンクトップのまま。

トイレから戻ってくると、ブラをグルグル回していました。ノーブラなので、ハッキリと乳首と乳輪が見えます。白いタンクトップなので当然ですよね。

「マミって貧乳だったんだな」「ばっかじゃないの!こんな貧乳いるか!」見た目でもC以上はあります。僕は知っててそう言いました。ノーブラになっても垂れてなくて、けっこう大きい感じです。

柔らかくて潰れてるのを知ってて言いました。「その大きさだといつもパット入れてたのか?」「なにぃ~?アンタ目悪すぎでしょ」「どれどれ」それまで我慢してましたが、僕はマミの胸に手を伸ばしました。マミは嫌がる素振りも無く、逆に胸を張った姿勢で触らせてきました。

鷲掴みする感じでオッパイを掴みました。やはり想像通りプニュプニュの柔らかいオッパイです。「ど~よ!貧乳じゃない美乳でしょ!」「美乳かどうか見てやるよ」マミを押し倒して、タンクトップを捲り上げました。

プルンと出てきたオッパイは、本当に美乳でした。真っ白な肌にピンクに近い乳輪、小指の先ほどの乳首。言うだけあって本当に美乳でした。

その乳首にむしゃぶりつきました。「ちょっと!なにしてんのよっ!ちょっ!!んやっ!!」さすがに初めは驚いたのか抵抗してきました。でもその抵抗が本気ではないというのが、払い除けようとする手の力で分かります。

力の無い抵抗だったので、これはOKのサインなんだと確信しました。確信した俺は遠慮する事無く乳首攻撃を続けました。「んぁ~っ。ちょっとぉ~。だめぇ~」「乳首がすげぇ~硬くなってきてるぞ。左も」「あっ。はぁはぁ」夢中でしゃぶりつきました。なんせ久し振りの女体でしたから。

風俗以外では。乳首を舐めながらパンツの中に手を滑り込ませると、既に濡れまくりです。「イタッ!」「あっ・・ゴメン」久し振りだったんで焦り過ぎて、少し強く触りすぎたようです。

それでもマミは怒りもせず、逆にリードしてくれました。自発的に洋服も全て脱いでくれて、僕は全身を舐め回しました。アソコに辿り着く頃のマミは、白い体が薄いピンクになるぐらい火照ってました。

「ちょっ・・やっ・・・あぁぁっ・・」クリトリスを吸い上げて舌先で舐めると、刺激が強いのか腰を引いてしまいます。それでもがっちりと吸い付き、アソコに指を入れて攻め続けました。アソコの締りがスゴくて、指が痺れるほどです。

「アタシそれダメっ!ダメってばっ!!イッちゃのっ!!!」腰を引くマミに構う事無く、僕は舐め続けました。すると諦めたのか腰を引かなくなり、その代り腰を浮かせ始めました。指が変に曲がって折れるかと思いましたが、それでも頑張りました。

「あぁぁっ・・・ダメッダメッ・・イックッ!イッチャウッ!!」ぐわっと腰が上がり、僕の唇に腰を押し付けるようにしてマミはイキました。このイキっぷりが凄かったです。ぐわっと腰が上がり、その後ビクビクッと腰が震えて、数秒してまたビクビクッと震えるんです。

これを何回か繰り返して、ようやく腰を浮かせなくなりました。その間舐め続ければ良いのかダメなのか分からず、ただひたすら舐めていました。「ちょっとぉ~~アタシ舐められてイッたの初めてなんですけどぉ~~」イッた余韻に浸ってるマミに添い寝すると、抱き付いてきて言いました。

この時気が付いたんですが、まだ僕は全身洋服を着ています。マミだけが全裸だったんです。「舐められるの好きなんだ?もっと舐めてやろうか?」「ちょっとしばらくは無理。体力がもたない」

「激しくイキ過ぎだろ」「なんだとぉ~?じゃ今度はアタシがイカせてやる!」全裸にされて布団の上に仰向けで寝せられて、今度はマミからの全身リップです。風俗とは違ってぎこちない舌の動きでしたが、それがまた興奮しました。ポコチンもビンビンで、カウパー垂れ流しです。

「ねぇ~ねぇ~何こんなに出してんのぉ?」舌先で尿道をツンツンしながら言ってきました。「マミの舐め方がエロ過ぎだったからな」フェラは上手いわけではありませんでしたが、丁寧に舐めて一生懸命しゃぶるタイプです。これがまた素人丸出しで良いわけで。

太ももにプニプニと当たる巨乳の感触もよく、MAX状態になっていました。そして体を入れ替えて正常位で挿入。しかも生で。

ゴムは・・と一瞬考えましたが、マミがポコチンを握り自ら入れようとしてきたんです。ここで「ゴムは?」などと言えず、そのまま入れちゃいました。初めはゆっくり動いていましたが、やっぱり我慢できませんでした。

次第に激しく出し入れし出すと、マミの声も大きくなります。上にいる僕に抱き付いてきて、舌を絡めてくるんです。今までそんな女の子とした事がなかったので無我夢中でした。

騎乗位ではあまり腰を動かせないと言いつつ、かなり激しく前後に振っていました。僕は目の前で揺れる巨乳を下から揉み上げ、硬くなった乳首をコリコリしたりしていました。マミが変貌したのはバックの時です。

初めは今まで通りだったんですが、クリをいじり出したら一気に変わりました。マミの上に覆いかぶさるようになってしまい、そのままマミはうつ伏せになりました。でもケツはクイッと上げているので、クリも触りやすいんです。

もうガンガン腰を振りました。枕に顔を埋めて、マミはほとんど叫んでる感じで喘いでいました。アソコの締りも初めより良くなってきていて、僕にも限界が近づいてきました。

このままじゃヤバイかもと思っていると、先にマミの方が限界に達しました。もう何を言っているのか分かりませんでしたが、さっきイッたように腰をビクビクッとさせていました。そのビクビクッとしている時、アソコの中も変な感じでした。

小刻みに締め付けてくるみたいな。それを味わってすぐに僕も限界になり、マミのケツというか腰に出しました。イッた後にふとポコチンを見ると、握った手も根元にも白い汁が付着してました。

よくみてみると金玉の方にまで流れていました。一緒にシャワーを浴びて寝て、朝、目が覚めてからも1発ヤリました。マミとは大学を卒業するまでの4年間、ずっとセフレでした。

お互いに彼氏彼女ができても、隣に住んでいるからなのか、なぁ~んとなく続いていました。というか、途中でマミが不倫し始めて、相手と会えなくて寂しい時期があったんです。だから余計会ってヤリまくってたのかもしれません。

4年もヤリまくったんですが、卒業してからは会ってません。地元が同じなので、いつかまた会うかもしれませんけど。