ゴムがなくても女友達とカーセックス

大学のころ、女友達と後輩(男)と飲みに行ったその帰りの車の中でありました。後輩は自力で帰るということで、友達はおいらが送ることになりました。当時は飲酒運転の罰則がきつくなかったので、結構飲んだ状態で運転してました。友達は泥酔して寝てたんだけど、いつからか起きだして。突然「星が見たい」と言い出しました。ちょうど通りかかった近くの駐車場に停めて見てました。

周りは暗く、星はよく見えました。寒かったから車の中で見てたんだけど、オイラは眠くなってしまって寝てました。気がつくと、彼女(友達)がオイラの耳や首を指でなぞって遊んでました。目が覚めたオイラは「もしやこれは誘われてるのか?」と思い、酔ってたせいもあって、なんの考えもなしにキスしてみました。そしたら彼女から舌を入れてきました。「コレハモウ、イッテイインデスヨネ」ということで服の上からおっぱいを揉んでみました。彼女は貧乳だったのですが、感じやすいらしく声を上げてくれました。

そこでオイラは、ブラウスのボタンをはずし、ブラを捲し上げてなめなめ。空いた右手は下へと出動です。そこそこ濡れてきたので、「いざ、本体出動!」と思ったのですが、ゴムがないことに気づきショボーヌ(´・ω・`)・・・しかし彼女が切なげに「やめちゃうの?」・・・・・本来なら、紳士的で有名なオイラなのですが、理性がぶっ飛びました。狭い車中(しかもクーペ)で密着挿入です。人が見てるかも、もう気になりません。見たいならミロぐらいの勢いでした。エロ水蒸気のおかげでガラスは曇ってましたけど。体位の変換なんて不可能です。ひたすら密着正常位です。

気持ちいいし、気持ちちよさそうにしてくれるのですが、小市民で紳士的なオイラは「中出しイクナイ!!」の気持ちで、いくことを躊躇してしまいます。さっき理性飛んだはずなのに。もう入れちゃってから心配しても仕方ないのに。そこで彼女「わたし、絶対にでけへん自信あるし、いいよ。」もう、全然意味わかんない一言でした。オイラの深層心理の理性がプチッと切れた音した気がしました。その瞬間突き刺した息子は巨大化。ミコスリハンでもういっぱいいっぱい。

紳士的(小市民)なオイラは理性がとんだあとも中だけは!と、お外に放出です。車の中はエッチ臭でいっぱいでした。紳士的なオイラは彼女のをきれいに拭き取ってあげました。その後何事もなかったかのようにコンビにより、家に送りました。彼女はとても可愛く綺麗系、うれしハズカシなわけで、できればお付き合いしたいわけで、でもそんな子は当然彼氏がいたわけで・・・。紳士で小市民のオイラは自分のしたことを恐れました。家に着いたらソッコウ、ネットで赤ちゃんができてしまったらどうするか情報を集めました。

後日、その子から「女の子の日が来ました」メールが入り、胸を撫で下ろす小市民なのでした。