小西真奈美似の24歳同僚OLを持ち帰りしてSEX

3年程前の話だが・・・職場の同僚OL(男塾みたいな部署なのでOLは一人だけ)と昼休みに釣りの話題になり週末に他の同僚男も含め4人で釣りに行く事になった。

そのOLは裕美といい24歳、身長は150cm位の小さめ、スタイルは細めだが胸はDカップ 顔は今で言う小西真奈美似で笑うと目が三日月になる。正直かなりかわいい部類と思う。

当然職場では男どもに人気がある。しかも夏はキャミとかで平気で谷間を見せながら仕事をする。職場のなかで裕美に好意を持ってるのは後輩の上野、丸の内。 もちろん既婚組みも下心は見え見えであるが・・・。

釣に行くメンバーはオレ、上野、丸の内の男3人と女は裕美1人だ。気づいたら何故かこのメンバーで行くことになっていた。今思い出すとオレと裕美の会話に横からこいつ等が参加してきて4人で行くことになったような気がする。

オレはその時は裕美のことは可愛いとは思ったが好意は無かったので 、上野、丸の内は邪魔とは思わなかった。それに裕美に彼氏がいることも本人から聞いて知っていたからかもしれない。

上野は24歳独身 地方に彼女がいるが遠距離になり仲がイマイチらしい。一方、丸の内は30歳独身。中途入社、今は彼女がいない。オレは当時26歳。彼女はあり。

いよいよ釣り当日、普段はルアー釣りの俺も初心者3人と同行なので今日はサビキでアジを狙う。オレは釣が趣味だが上野も丸の内も「ガキの頃釣りをした」レベル、もちろん裕美も釣りの経験が無い。

皆で楽しめるようにサビキ釣りで場所は都内から近い海釣り公園を選んだ。もちろん裕美のトイレのことも考えてである。その日は天気も良く海風も心地よい。裕美はローライズのジーンズにTシャツ頭にはキャップという女の子らしい格好だった。

残念ながら釣果の方は10cm程のサッパばかりであるがみんな楽しそうに魚を釣り上げている。特に裕美は普段の笑顔より数倍可愛い笑顔ではしゃいでいる。

オレがコマセをカゴに詰めてやっていると裕美がオレの横に来てでしゃがんだ。何気に裕美を見るとローライズのジーンズから真っ白な腰と薄いピンクのパンツが見えている。

さすがにオレも目のやり場に困った。それを察したのか裕美が「えっちぃ」とオレの耳元で言いやがった。オレは照れ隠しで「見るかアホ!」と返した。

それからのオレはさっき見た「裕美の真っ白な腰」が脳裏に焼きついてしまい。どうしても目線が裕美の腰あたりにいってしまう何か変な気持ちだった。

結局目当てだったアジは一匹も釣れずサッパが飽きない程度に釣れた。日も傾きかけたので釣れたサッパを全てリリースし帰り支度をする。釣り具の後片付けを済ませ4人で駐車場へ向かい歩き出す。

「釣りオモシレー」「楽しかったぁ」とかみんな満足そうだ。ある意味、幹事的な役割だったオレの肩の荷も降りほっとした。今日は土曜日ということもあってか道も混まずに夕方6時には都内に帰り着いた。

オレ、上野、丸の内の3人はマンションが近所のため裕美を先に家まで送ることに。裕美は親と同居で家は服飾関係の自営業である。どことなくお嬢様的な匂いもする。

裕美を先に送ることをつげると「今日、久しぶりに生きている魚を見たらお魚が食べたくなった~」と言いやがった。すかさず上野が「飲み行きますかぁ!?」丸の内も「行きますか!」と相槌を打つ。

なんだかオレも生ビールが飲みたくなってきたので、4人の意見がまとまり急遽居酒屋へ飲みに行く事になった。

マンションの駐車場に車を置き、地下鉄で2駅先の良く行く店へ向かう。この居酒屋は鮮魚卸業社の直営店で新鮮な魚を安く食わせてくれる。もちろん魚貝類の種類も豊富だ。

都心部の飲食店は土日休みの店が多いがここは土曜も営業している珍しい店だ。ただ、酒類は日本酒、焼酎は安い甲類、サワーやカクテルなどは無い。予算は一人2000円もあれば海の幸で腹一杯飲み食いできる。

こんな店に裕美を連れて行くのはどうかと思ったが本人は品書きに興味津々のようだ「ホウボウって何?」「アイナメは?」「イシガキダイってどんな鯛?」と次々質問してくる。

このメンバーで唯一魚にちょっと詳しいオレが相手をする。上野、丸の内は答えられずに残念そうだ。オレはくりーむしちゅーの上田並にウンチクをかましてやった。

その時オレの頭からはすっかり「真っ白い腰」のことは消えていた。釣りの話でも超盛り上がった。もちろん酒もガンガン進み酔いもまわってきた。一人だけ酒が飲めない丸の内を除いて上野と裕美はベロベロに近い状態だ。

裕美は今まで何回か一緒に飲みにいった事があるが飲みすぎる癖がある。今日もそんな感じだ。酔っ払うとベタベタしてくるので男はこれにめっぽう弱い。

大半の男はすぐに「オレに気があるんじゃ・・・」とか妄想し勘違いをする。上野も丸の内もきっとこれで瞬殺されてしまったのだろう。オレは何故かこの手の女は苦手だった。

そろそろ帰ろうかと上野、丸の内に合図を送る。すると裕美が「おトイレ・・・」と言い立ち上がった。しかし酔っているためかちょっとバランスを崩し前のめりになった。

その時オレの目の前に忘れかけていた「真っ白い腰」が再び現れた。今度は至近距離で尻の割れ目までハッキリ見えた。おそらく上野も見えたのだろうニヤニヤしている。

今まで特に裕美を女として意識していなかったが今の一撃で完全にエッチモードのスイッチが入った!

会計を済ませ店を出た後、もうオレはどうやって裕美を持ち帰るか?しか考えていない。上野と丸の内を振り切らねばならない話はそれからだ。

まずは酔っ払っている上野を丸の内に協力してもらい無理やりタクシーに押し込んで自宅に強制送還した。これは以外にも簡単に成功した。

一方、裕美は相当酔いがまわったらしく千鳥足でフラフラしている。問題は素面の丸の内だ オレの中で葛藤が起きる。本心を打ち明けるべきか、巧妙に丸の内を撒いてしまうべきかどうする?

オレは撒く方を選んだ。そこでオレは丸の内に「裕美は相当酔ってるから今晩オレの家に泊めるわ」と伝えた。当時オレは会社が用意した3LDKのマンションに一人住いだった。

一人暮らしには持て余す広さだった。そこへ普段から丸の内や上野も泊まりにきていた。そして、裕美は空き部屋に寝せることを決めて解散した。

丸の内があとで泊まりに行っていいか聞いてきたのは予想外だった。一先ず裕美をマンションに持ち帰る段取りはできた。一応酔っ払っている裕美に「今日オレの家泊まっていくだろ?」と聞いた。

答えは「・・・うん」だった 酔っているからなのかすごく色っぽい。オレは速攻でタクシーを捕まえた。車中は変な緊張感とこれから始まることへの期待で一言も裕美と言葉を交わせなかった。

やがてタクシーは10分ほどでにオレの住んでいるマンションの前に着いた。タクシーを降りると裕美がオレにもたれかかってきた 髪の毛から女の子らしいシャンプーのいい香りがした。

オレはその匂いで激しく勃起した。もし人がいなければ今すぐここで乳をもみ、ジーパンをズリ下げ挿入したい気分だった。マンションのオートロックを解除することすら煩わしい。

しかしナニ事も焦ると失敗する事は百も承知だ 自分自身に「冷静になれ、もう少しの辛抱だ!」と言い聞かせた。エレベーターを降りオレの部屋の玄関の前、カギを開け裕美を先に入れる。

ところが裕美がいきなり・・・「気持ち悪い」と言い出した。飲みすぎたんだろう。オレは慌てて水の入ったコップを裕美に渡した。それを飲むとパタンと寝てしまった。

オレは「時間はたっぷりある」という安心感から布団をひき裕美をそこに寝かせた。そしてオレは酔い覚ますためリビングでしばらくテレビを見ることにした。

テレビの内容はどうでも良かった。若干の冷静さを取り戻したオレは悩んだ。このまま酔っている裕美と関係を持ってしまってもいいのか?今後会社で気まずくないか?などマジメに考えた。

もちろんそのころには勃起も収まっていた。ところが悩んでいるオレに悪魔のささやきが・・・それは何気にみた深夜のテレビ番組である。その番組が素晴らしくエロい内容だったのだ。

内容もOLとの社内Hという今の状況にバチコーンとハマるものだった。これでまた冷静さを欠いたエッチモードのオレに戻った。我慢できなくなり裕美が寝ている部屋へ向かった。

部屋のドアを開けると可愛い顔で眠っている服はそのままだ。部屋の電気をつけそっと裕美に顔を近づける。ちょっとアルコールが混じったいい匂いがするもう興奮がMAXだ。

すると裕美がパッと目をあけた(やべぇ!)と思ったが何と次の瞬間裕美からキスをしてきたオレは驚いた。間髪いれずに今度は舌まで入れてきた。もうメロメロだ。何分キスしたのだろう。それ位舌を絡ませたキスをした。

もうオレは挿入したくてたまらなかったが裕美のDカップの生乳も見たかったのでTシャツを捲り上げた。するとピンクの綺麗なブラジャーが見え美乳だった。

ホックを外す余裕もなくブラを強引に上へズリ上げた。真っ白な乳。そこに想像どおりの小さめで綺麗な乳輪、小指の先ほどの大きさの乳首が目の前にあらわれた。

オレは左の乳にむしゃぶりついた。弾力がありいい匂いだった。舌で乳首を転がすと裕美が「あっ・・・ん~っ」と声を出した。もう片方のおっぱいは右手でもみつづけるとても柔らかい。次第に「はぁ・・あぁ~ん」と裕美の息遣いも荒くなってきた。

なぜかオレは自分のモノを可愛い顔の裕美にしゃぶらせたくなった。でも汚いまましゃぶらせるわけにいかずHを中断し、風呂場へモノを洗いに行った。

できる限り素早く迅速に洗った 部屋に戻ると裕美はまた寝てしまっていた。オレは寝ている裕美の口元へ先っぽを近づけ突付いてみた。裕美はすぐに目を覚ましオレのチンコを優しく触ってきた。すでにギンギンである。

しゃぶってくれないのかな?と思っていたら何と!裕美はフクロから舌で舐めだした。チロチロと下から上へ向かって チンコ本体の方は優しく手でしごき続けている。極上のテクだ。

普段の清純そうな裕美からは全く想像できない姿だった。オレは暴発しそうになるのを必死にこらえた。羊が一匹♪羊が二匹♪など別の事を考えながら・・・・・・。

やがて裕美の舌はチンコ本体へ向かった。本体の方も裏側を下から上へチロチロ。そして竿先をかぷっと咥える。その繰り返しだ。すこぶる気持ちいい。オレは仁王立ちで耐えていた。一日中咥えて欲しいとすら思った。

それ位気持ちいいフェラだった。なぜか仁王立ちで裕美がしゃぶっている姿を見ていると征服欲がでてくるというかSの気が芽生えてくるといか何となくいじめてみたい気持ちになった。

そこで部屋を見渡すと洗濯バサミが目に付いた。オレはそれを手にとり裕美の腕に挟んでみた(さすがに乳首は痛そうなのでやめた)裕美は「っんっ」と咥えながら変な声を一瞬出したが洗濯バサミを取り外そうとはしなかった。

調子に乗ったオレは乳首以外の部分をあちこち挟んで楽しんだ。裕美はそのたびに「んっ」とか「いっ」という変な声を出した。気持ちに余裕ができたオレはいよいよ裕美のマムコが見たくなった。

上半身はブラがずり上がった状態だが下半身はジーパンのままで正座して咥えているのだ。オレの興味はもう乳ではなくマンコ一点に移った。

咥えてもらっているチンコを引き抜いた。マンコを見たい気持ちもあったがそれ以上にこのまま咥えつづけられたらマジで暴発しそうだったからだ。

裕美を布団の上に押し倒しとりあえずジーパンの上からマンコ周辺を手で摩った。ジーパン越しに触れた裕美のその部分は思ったよりも堅く弾力があった。二度三度摩っていると裕美の吐息が徐々に荒くなってきた。

静かな部屋に裕美の はぁ~ん・・・んっ・・はぁはぁ という吐息だけが響く 。ものすごくエロい空気が部屋に充満している。オレは裕美に対して柔道の横四方固めに近い体勢になり左手で裕美の左の乳を揉み、舌で右の乳首を舐めながら右手でマンコ付近を摩り続けた。

裕美の吐息はさらに荒くなった。オレ自身も挿入したい気持ちを抑えられなくなってきた。その時、部屋のベンチチェストの上に置いていたオレの携帯が鳴った。着メロはオレンジレンジの「上海ハニー」だった。

オレはきっと丸の内から電話が来ると予想し携帯を近くに置いていた。すぐに電話に出なければ怪しまれると思ったからだ。右手で裕美の股間を摩り続けながら左手で電話に出た。

ところが電話の主は丸の内ではなく強制送還した上野だった。タクシーで強制送還されたことを覚えていないようで、裕美の事を聞いてくるので、帰った事にして適当に話をごまかし電話を切った。

携帯をチェストの上に戻しオレはふたたび裕美の乳にしゃぶりついた。裕美は電話の事は聞いてこなかったが相手が上野だったことは気づいたはずだ。後は丸の内からの電話だけだがそれを待っている訳にはいかない。
 

あらためて裕美の顔をみてみた。目が潤みかわいい。今思えば本当に小西そっくりだ。オレは裕美のジーパンを脱がせるためジーパンのボタンの部分に指を這わせた。

だが「裕美が「・・やっ」と言った そんなことはお構いなしにボタンを開けようとすると、ふたたび裕美が「ぃやっ」といい内股に力を入れ体をよじった。

オレは裕美が恥ずかしがって明かりを消して欲しいという意味だと捉えた。立ち上がって部屋の明かりを消した。しかし暗闇にしてしまっては「裕美のマンコを見たい」というオレの願望は叶えられない。あえてダウンライトの明かりだけは残した。

ふたたび裕美のジーパンのボタンを外そうとするとまた「・・・いやっ」と言う。ここまできてそりゃ無いだろと思いオレは裕美の手をどけちょっと強引にボタン外し、ファスナーを一気に下げた。

ファスナーの間から釣り場で昼間にチラッとだけ見えた薄ピンクの裕美のパンツがあらわれた。裕美のジーパンを膝の位置までずり下ろした。

おなかも太ももも真っ白だった。数秒オレはその真っ白な肌に見惚れてしまった パンツは広めのレースで縁取りされた女の子らしいものだった。

裕美はじっとオレを見ているので顔を近づけキスをした。右手の中指でパンツの上からマンコ周辺に触れてみた。そこにはオレが知っているマンコの手触りとは違うゴワゴワした感触だった。

唇を離し裕美の目を見た。すると裕美が恥ずかしそうに「・・・いりなの・・」と言った。よく聞き取れなかった。目を見つめるとふたたび裕美が「生理なの・・・」これで裕美がジーパンを脱がせようとした時に嫌がった理由が理解できた。

たしかにゴワゴワした感触の正体はナプキンだった。オレは裕美に「じゃあ一緒に風呂入ろうか?」と聞いた。裕美は小さく頷いた。大きめのバスタオルを渡し、一緒に風呂場へ。

オレも勃起しっぱなしのチンコを隠すためバスタオルを腰に巻いた。お互いによそよそしく自分の体を洗う。何故か会話しにくい空気だ。付き合ってるわけではないので洗いっこはできなかった。

しゃがんでボーディーソープをシャワーで洗い流している裕美の顔の前に無言でチンコを差し出した。またチロチロ~ぱくっとしゃぶってくれた。最高に気持ちいい。思わず声が出た。

調子に乗ったオレは「フクロを吸ってくれ」と頼んだ。バスタブの縁に腰掛て、しゃぶりやすいようにした。裕美は左タマからぱくっと口に含んでくれた。

背筋からゾクゾクとした電気のような快感が脳に伝わる。オレは左タマだけで止めさせた。あと数秒で発射しそうだったからだった。

顔はカワイイ、見た目は清純、スタイル良し、テク最高。この女何者なんだ!?正直そう思った。オレは裕美に気を使い先に風呂から出て部屋で待った。5分位すると裕美が風呂から出てきた。

バスタオルを体に巻いているその姿も妙な色気がある。オレは我慢できず裕美を引き寄せふとんに押し倒した しタオルを剥ぎ取る。顔を股間に近づけた。

すると陰毛はダイヤ型で薄めボディーソープのいい香りがする。太ももに顔をうずめた。その瞬間、裕美の体の力が抜けた。ゆっくり左右の足を開かせる。そこにはオレの願望であった裕美のマンコがあった。

大きさは全体的に小さめで綺麗だった。マンコを触るか触らないかの加減で入り口付近をゆっくり撫で回す。もう既に愛液が溢れて、まるでヨダレをいっぱい垂らしているみたいだった。

裕美は「あっ、あ、あん」と吐息を漏らしている。クリをつんつんとゆっくり指先で触ってみると体に力がビクッビクッと入る。内心挿入したい気持ちを抑えながら更なるアクションを繰り返す。

左指でクリをいじり、右指でマンコをいじる。彼女はそれが物凄い感じるようで、だんだんと声が大きくなってきた。しかしこの日は生理だというのに臭さが無い。いい臭いだ。

次は顔を思いっきり近づけてマンコの入り口を舐めまくった。舌先で転がし大きく立ってしまったクリは裕美の1番のSEXポイントだったんだろう。こんな俺の「イジメ」は30分を過ぎた。

そして中指をゆっくり入れた。「あーん・!」と大きくなった声で更に勃起率120%に到達した。自分の心の「焦り」にムチを打って指を上下左右とピストンを繰り返す。

裕美の中は暖かく気持ちがいい。中指の第2関節を上に曲げてGスポットに狙いを定めた。裕美はベットのシーツをギュッと握り締め可愛い喘ぎ声が部屋中に響きわたる。

そして裕美のマンコから「プチュッ、チャプッ」といやらしい音が出てきた。もうすぐイクようだ。右腕が疲れていたがここで休んではいけないと重い繰り返す。「あ~ダメェ~、イキそう~」と裕美が言って俺の右腕をつかむ。 

俺は「イっていいよ」と」優しく言うと裕美は「う~ん、ん~ん~」と絶頂に到達するようだ。そして裕美はイッた。俺は早く挿入したくてたまらなかったがまず優しく裕美にキスをした。

時計はすでに深夜2時を回っていた。キスをしながら自分の指を見てみると裕美の血で染まった指になっていた。これじゃ、今日はいれられないなと思った俺はせめてフェラをしてもらおうと思った。

優しく再びベットに倒して耳元で「舐めてくれる?」と聞くと「うん」とうなずいた。あおむけになった俺を今度は裕美が「イジメ」にはいった。耳の中に舌を入れられ首筋からゆっくり舐める裕美。

もちろん俺は女性に責められたことはない。初めての経験だった。体中に力が入ってしまい鳥肌がずーと立っていた。自分の乳首も舐められ「はぁはぁ」と俺も自然に声がでる。

裕美は俺の喘ぎ声で更に激しい攻撃になる。おへそからス~と下に下りてきて玉袋を口いっぱいに含んでスッポン、スッポンという動作を繰り返す。これがたまらなく感じて竿裏、竿先を裕美の舌でもて遊ばれた。

裕美が根元までくわえたときに右手で俺の竿を上下に優しくなでる。「あ~いきそう」というと今度は俺のアナル付近に指で攻めてくる。これは人生で1番感じた。って言うか効きました。口で竿をくわえられ裕美の中指はすでに第2関節あたりまで俺のアナルに入っていました。

俺も負けずに3倍返しと、ある意味想像通りだった裕美のマンコ。そっと舌先でクリを舐めてみた。舌先が触れた瞬間、裕美の腰がビクンと上にあがった。舌の動きにあわせ腰が上がる。

なんか舐め難い オレは両手で腰を押さえつけた これでかなり舐めやすくなった。続いてクリに吸いついた結構強めに吸い舌で上下に転がすと裕美の荒い吐息が聞こえる。

裕美は太ももでオレの顔をぎゅ~と挟んできた。左手の人差し指をゆっくり入れてみる「あっ・・・はぁ~っ・・・んっ」と裕美の喘ぎ声が聞こえた。やさしく指を動かしてみたら中はとても温かくぬるぬるだった。

充分濡れている。もう入れたくて堪らないのだが裕美とシックスナインもしたかったオレは舐めるの止め体勢を変えた。裕美の顔の方へ足を向け、ちょうどチンコが顔の横にくる位置に調整した。

裕美はオレのやりたいことが分かっているようだ。すぐにチンコを咥えてきた。そのまま上に乗せシックスナインが完成した。部屋は明るいのでよく見えた。裕美の足の付根には小さなホクロがあった。それを知っているのは彼氏ぐらいだろう。

ホクロを知ったオレは何故か少し嬉しかった。不思議と頭は冷静だった「もう二度と裕美とはこんな事はしないだろうなぁ」とか考えていた。

思いっきり舐め回した。生理は5日目位だろうか?ほとんど血はでてこない。それに引き換え下半身は緊急事態だ。お互い気持ちが高まってるのが伝わってくる。

裕美をふとんの上に下ろすと、オレは裕美の足の間に体を割り込ませ入れる体勢をとった。ゴムは無いそのまま先っぽをマンコに押し付け裕美に「入れるよ」と言った。裕美は黙って頷いたのでゆっくり入れる。

オレのチンコが温かさに包まれた。入り口が狭く気持ちいい裕美はオレの肩にしがみつき「はぁはぁ」と荒く息をしている。オレは強めに腰を振った。裕美はオレの頭にしがみつき、髪をぐしゃぐしゃにした。

チンコを動かしてみて分かったのだが裕美の中は一部ザラザラしたところがあり、そこに先っぽが擦れるとチンコに快感電流が走る。やばい・・・オレはまた羊を数えることにした。

しかしそれも長くは続かなかった 気持ちよさには勝てない・・・いつものオレの癖だが発射しそうになった時は体位を変えることにしている。一旦チンコを引き抜き、今度はオレが下になり裕美を上に乗せた。

裕美はオレのチンコを握り自分のマンコに導き腰を振り出した。オレは驚いた・・・こんなに裕美がHに積極的だとは思わなかったからだ。入れたままの状態でクリトリスを触ることにした。

オレの経験ではチンコを入れたままクリを触ると大概の女は感じてイってしまう。裕美をイカせるためクリを指で触った。案の定裕美も「あ、あ~ん」と言って動きがぎこちなくなった。

オレは触り続けながら下からチンコを何度も突き上げた。本来正常位の方が指を自由に動かせるためクリを触りやすい。裕美が小さな声で「・・・イク・・あっ・・あん」と喘ぐ。

オレは仕上げのため体位をチンコを入れたままの状態で正常位に戻した。そしてクリを左手の中指で擦りつつチンコを抜き差しした。裕美はもうイク寸前だった。

「あっ・・・イク・・ああ~ん」と変な声を出した後腰が2,3回痙攣し可愛らしくイッた。可愛い女は何をしても可愛い。オレはほっと安心した これでオレも発射できる。

ぐったりした裕美をオレは裏返し、腰を両手で抱え四つんばいにさせた。裕美は身長が低いのでチンコの位置に合うようにやや尻を突き上げ気味にさせた。お尻の穴が見える。

よく見るとお尻の穴の周りに産毛が生えている妙にリアルでいやらしい。あの「真っ白な腰」に両手を置きチンコをマンコの入り口に押し付ける。そう、全ては裕美の「真っ白な腰」から始まったことだ。

今度は一気にズボッと根元まで入れた。裕美は「あっ・・」とだけ声を出した。やっぱりバックは最高だ。この征服感が堪らない。もちろん自分のチンコが出入りしているのが丸見えのため視覚的興奮も最高だ。

顔が見えないのが唯一の欠点だがそれは仕方ない。部屋に乾いた「パンッ!パンッ!」と尻と腰がぶつかる音が響く、バックは聴覚的にも興奮する。僅か20回位しか腰を振っていないがオレにもイク時が近づいてきた。
 
もうキンタマの辺りがムズムズする もう我慢できない腰振りを加速させる。心の中で発射へのカウンダウンが始まる。中出しをしたい欲望が沸いてきたが僅かに残っていた理性がそれを止めさせた。

う~出そうだ!勢い良くチンコをマンコから引き抜き、裕美の右側の尻へ先っぽを擦りつけた。チンコからは自分でも驚くほどの量の液が発射された。5、6回はチンコが脈を打っただろうかオレが発射した大量の液が裕美の太ももを伝わりシーツに流れ落ちている。

裕美は枕に顔を埋めたまま動かず「はぁ・・・はぁ・・・」と息をしている。オレも「ハァハァ」と息が荒い。やってしまった最後の一線を越えやってしまった。

オレはまだ興奮が収まらなかった。すぐに正常位で再びチンコを裕美の中へ入れた。今度は単純に激しく腰を振り続けた、もう一度出したかった。ただそれだけ。そして5分もたたずにオレは裕美の真っ白なおなかの上発射した。

終わったあと何故かオレは裕美と一緒に寝ることができなかった。「気まずい気持ち」と「一緒に寝てしまったら裕美のことを好きになりそうだった」からだ。オレは裕美が寝たのを確認したあと部屋を出てリビングで寝た。

結局朝まで眠ることは出来なかった。裕美とのことが夢なのか現実なのか・・・Hをした実感が沸かないのだ。不思議な気持ちだった。

朝9時頃に裕美は部屋から出てきた。オレに「おはようございます」と言ったし服もちゃんと着ている。まるで昨日は何事も無かったかのように・・・普段、会社で交す挨拶と一緒だった。

裕美の歯ブラシや化粧品を買うため一緒にコンビニへ行った。朝ごはんもついでに買い一緒にリビングで食べた。特に会話は無かった。朝ごはんを食べ終えると裕美は「帰らなくちゃ・・・」と言い帰り支度を始めた。

もうこれっきりだと決めていたからオレは引き止めなかった。最後に素面で裕美に膝枕をお願いした。裕美は少しだけ・・」といってお願いを聞いてくれた。

やっぱり裕美のいい香りがした。ちょっとだけ乳もさわらせてもらった。裕美に彼氏がいることは知っていたし、裕美もオレに彼女がいることは知っていた。オレと裕美が今から付き合うことは無いだろう。

裕美は笑顔で部屋から帰っていったが正直寂しかった。裕美が寝ていた部屋を見に行ったらチェストの上にメモが置いてあった「昨日の事は秘密です」とだけ書いてあった。

結局、丸の内は裕美が帰るまで連絡が無かったがその日の夕方オレの部屋へ突然遊びに来た。オレは昨日の事を丸の内に話した。丸の内は「やっぱりなぁ~そうだと思ったんですよ」「今度、女紹介してくださいね」と言った。どうやらオレに気を使って連絡してこなかったらしい。

それから約一年後、裕美は退社しました。今はきっと誰かと幸せになってると思います。一度裕美から手紙がきましたが内容を見れぬ前に今の奥さんに捨てられました・・・。

「○○裕美さんて知ってる?誰?」「・・・。」(血の気が引いた)「誰なの!?」「・・・。前の事務員さん」(何で知ってるんだ???やべぇ)「何ナノ!?」そりゃもう修羅場ですた。

当時彼女=今の嫁な訳で・・・怒ってる嫁の会話の中から手紙来た→嫁読んだ→怒り爆発と想像できた。中身については未だに不明ですが嫁が超怒る内容だったのでしょう。

オレ的には手紙見たかったけど・・・。昨日も書き込んでいる最中にそろ~っと後ろに立たれて・・・怖かったっス内容を見られたらまた冷戦になるところでした。

多分エッチした事が書いてある内容だったとオレも思います。今、偶然逢ったらまたドキドキしそうなので会いたくないですね。

未だに何故「携帯」や「メール」ではなく「手紙」だったのか・・・謎です。普段、オレ宛の手紙はもちろんオレの財布や携帯を見ない嫁なのですがその「手紙?」だけはものすごく”嫌な予感”がして中を見たらしいです。

女の感は恐いですね!