エビちゃん似巨乳の後輩の彼女はとってもエロかった

友里の家はタクシーで帰れる範囲だと知っていた。友里は「え~明日昼から彼氏くるんですよ。
なんか寝過ごしたりしたら大変ですよ!?」と言いつつ、俺が大丈夫大丈夫、始発が出るくらいには
起きて勝手に帰るから、と言うとあっさりOKだった。タクシーで友里の家へ。

家に着くと部屋のかなりの部分をベッドが占めてて、明らかに気まずい感じ。
まあなんとなくテレビみたりコーヒー飲んだりしてて、そのうち友里は風呂に入って、
「じゃあ私下で寝るんで、ベッド使ってくださいね」と寝る感じになった。
俺はいいよいいよ、友里ちゃんがベッドで寝なよ、なんて言って、しばらく遠慮しあい。
そのうちやっぱりお互い酔ってるし、「ベッド使いなって」とかいいつつボディタッチ。

俺が友里を持ち上げて、強引にベッドに寝かすとそのままディープキス。
かなり男慣れしてんのか、いままでで最高にうまいキスだった。舌の絡め方がエロい。
それまでに気付いてたんだけどロンTの下はノーブラで、乳もむと「ああ、」って
意外に低い声で喘ぐのがまたエロかった。
それだけで俺はもう勃起してんのに、乳もんでると友里はジーパンの上からチンコに
手添えてきた。さするでもしごくでもなく、ただ俺の動きにあわせて添えるだけ。

ガマンできなくて自分からジーパン脱ぐと、友里は起き上がって食いつくみたいにフェラ。
それがまたうまい。喉の奥にチンコの先を押し当てて、唇の内側でズリズリしごいてくる。
前戯もろくにしないで、友里のスカートを脱がせて挿入。ズルズルに濡れてた。

正常位でやったんだが友里は下になっていながら腰をぐりぐり動かすし、俺の目を見て
俺の肩とか胸をなでながら喘ぐ。超エロ女だと思った。
で、腹の上に出した。普段の2倍ぐらいでたような気がした。あんまり出過ぎたので、
友里の腹からぼたぼたってこぼれて、シーツに微妙にしみこんだ。濃かったから。

うお、ありがとうございます。

そのあとはあっさり寝てしまって、起きると朝の9時ぐらい。
なんか恥ずかしいような気分だったけど、また友里のデカい乳いじってたら勃起。
友里は「またたってんじゃん~」と笑ってチンコしごいてきた。「友里ちゃんマジで
フェラうまいよな。昨日はフェラだけでいきそうだった」と言うと、
「ほんと~嬉しい!!」みたいなこと言ってまたフェラ。
唇でちょっと物足りない感じにしごいたかと思うと、指二本だけ使ってぐりぐりこいたり、
もう最初っからチンコが射精したがってむずがゆい。

最後は頭全体を前後させてフェラされ、あっけなく口内射精。
友里が精液出さないので「出さないの?」と言うと「飲んじゃったよ」と涼しい顔。
かわいい顔してこいつはほんとにエロ女だな、と。
こいつ他の男の精液絞り出して飲んだ口で、午後から彼氏とあってキスするのかと思うと興奮。
後輩に対する優越感もあってめちゃくちゃ気分よかった。

友里とはその後も月1回ペースぐらいでお泊まりセックスしてる。
会う日は朝から楽しみで仕方がない。俺も彼女いるんだけど、完全に友里にはまってる。