ずっと焦らされていたので・・・エッチな体験談

ずっと焦らされていたので我慢できなくなっちゃったエッチな体験談。
私が高校2年の時
高校と言っても定時制だったんだけど
学校は夕方6時から夜9時までの3時間で4年間だった
定時制だからクラスには歳が何個かはなれてる人もいた
不良っぽいのとかヒキとかいじめられてた子とか
高校受験失敗した子とか家庭の事情とかいろんなのがいたかな
痴漢と学校はあんま関係ないんだけど
学校が終わって帰り道のことです
学校が終わって帰るんだけどいつも私は仲のいい女の子と学校から歩いて15分くらいの駅まで 
自転車ひきながら歩いて話したりジュース飲んだりしながら
その子の乗る電車が来るのを待って帰ってた
当時は自販機でお酒とかも買えて
たまに一緒に飲みながら電車まってたりしてた
タバコもタスポなしで買えたしね
定時制だから本当は普段は私服なんだけど、数人の仲いい子達の間でどこからか調達してきた高校の制服を着るのが流行ってて
私も先輩からもらった近くの制服きて通ったりしてた
そんなある日、制服着ていつものように、友達を駅まで送って電車くるまで待ってたんだけど、その日はどっちかのバイトの給料日で自販機でビール買って飲んじゃおっか?ってなって二人で1本づつ買って飲んで
電車がきたからバイバイってなって電車を見送って私も帰ろうとしたら知らない男の人に、高校生がお酒飲んでいいと思ってるの?って声かけられました


あ、駅は無人駅
男の人は20代後半くらいでスーツでメガネ、あとで年齢も名前もわかるんだけどね
○○高の子だよね?(そこの高校の制服きてたけど関係ない)こんな時間に外出してお酒のんでいいとおもってるの?高校生なのにみたいなこと言われた
今ならうまくごまかして逃げれただろうけど当時は知恵の回らない17歳で、頭の中はひたすらどうしよう、ばれたらやばいってひたすらあせってた
そこからなんか言われてたけど、ずっとどうしようとか親とか学校に連絡されたらって考えてて、ひたすらはい、とかしか言えてなかった
で、とりあえず歩きながら話そうって言われて歩いて近くの小学校へ行ったかな。道中で馬鹿正直に本当は○の定時制に通ってて昼間はバイトしてるんですとか、うち父子家庭でバレたりしたら本当にヤバいんですみたいなこと話しちゃってた
そして小学校に到着。途中で逃げればいいのに。非常階段みたいなとこで座ってなんか話してたと思う。
学校に言われたら困るんだよね?黙っててあげるから・・・みたいな流れになった
なぜか靴と靴下を脱がされて階段に座らされて太ももを撫で回された。なんか色々話してたと思う。はっきりと内容覚えてないけど私はずっと下むいて耐えてた。
そうしてるうちに、その男の人(Tさんとします)が私の下の方に移動して私の足の指を舐め始めた。
気持ち悪いような、くすぐったいような感じで耐えてた。Tさんはずっと私の足を舐めながら太ももをさすってて、どうしようとか怖いとか考えてた。
だんだん下が膝のほうまで来て本当にジワジワとゆっくり足を舐めて、確実に上に上がってきた
気持ちいいわけじゃなかったと思うけどだんだん濡れてきてたかな。
太ももまで顔が来て、もうだめだ・・・って思ってたら「ちょっと壁に手つけて立ってみて」って言われて、壁に上半身をつけるような感じで立つことに
そうしたら今度は立ってる私の後ろにまわって膝の裏とか太ももの後ろとか手で撫でながらじわじわと舐めてきた
けど、肝心なとこには一切触れずにひたすら足とか舐めてたんだけど、ついにお尻に手が来てゆっくりと撫でながら私のパンツをTバックみたいな感じにキュってしておしりを舐めてきた
そのくらいから私もだんだん気持ちよくなって声がすこしづつでてた。お尻だけじゃなくってもっと触ってほしいとか思ってたら「もう一回座って?」って言われて今度は階段に足開いて座らされた。
私はもう信じられないくらい濡れてた。パンツに染みちゃうくらいに。
座って広げた足の間に顔が近づいてきて、私はやっとあそこを触ってもらえると思ったんだけど違って、クロッチの部分(2重になってるとこ)の脇とかを撫でたり舐められたりでいつまでたっても脱がしたりさわってこない。
時々「気持ちいいの?」って聞かれたけど私は恥ずかしいのもあってずっと、わかんないって答えてた。
本当はすごく気持ちよかったです、このまま最後までしたいって思うくらいw
でも、私の携帯が鳴って・・・。お父さんからでした、その時は出なかったけど
そこで時間みたら11時で、帰らないと怒られるみたいな事言ったら、携帯教えてって言われて、よくわかんないうちに番号とアドレス交換させられてた
お父さんの電話で一気に現実に戻ったって言うか正気になったと言うか急にあわてだした私に「とりあえず水道にいこう」言って水道まで言ってささっと太ももあたりまで水で洗ってくれた
濡れた足のまま靴下はいて靴はいてたら「パンツ脱いで」って言われてよくわかんないままパンツぬいだらパンツ取られて「すごい濡れてるね」って
「メール送るから返事ちょうだいね、急がないと」って言われてそこで解散
パンツとられたまま!
仕方がないから私はノーパンで、でも急いでたから途中立ち漕ぎしてなんとか家にかえりました
思い出すとなんかノーパンで自転車とかww
スペック書くね
私当時17歳 定時制行ってて朝8時から夕方4時までファミレスでバイトしてたw今は26歳
Tさん25歳 慎重180くらいだったかな 仕事はなんだったんだろ?だいたい2年間隔で転勤?移動してたみたいな事いってた
家に帰って友達とゴハン食べてたって言って普通に怒られる事なくお父さんは寝た
風呂に入ったんだけど、あそこがすっごく濡れてたし、なんか興奮してたって言うか物足りなくて自分ですこししちゃいました。
部屋にいって当時リリーのアトリエにはまっててひたすらゲームをしてたらTさんからメールがきた
内容は今日はごめんみたいな事とか本当は通報とかするつもりもないみたいなことが書いてあった
内容に安心してそこでアドレス変えて着信拒否しようとか考えたんだけど
よく考えたら学校も知られてるし、もしかしたら学校まできちゃうかもと思って本当に言わないでくださいとか明日もバイトだったし時間もおそかったからもう寝ますってその日はメール終了
朝バイトに行って終わって、学校まで時間あるから家に帰っていつもはそこで制服に着替えて学校に行くんだけど昨日のこともあって私服で学校に
授業も終わって、いつものように友達と駅に向かってたらメールが「パンツ返したいから会えない?昨日のトコでまってる」って
正直パンツとかどうでもよかったんだけど断ってやっぱり学校とかに連絡ってなったらイヤだからOKの返事を
で、友達が電車に乗って帰ってから、きのうの小学校の階段にむかった
約束の場所につくと前の日と同じようなスーツ来たTさんがいた
「昨日はごめん、怖かったよね」とたたんだパンツとコンビニの袋渡しててきた、中身はチョコのお菓子とジュースだった
パンツ返してあげなきゃって思って昨日帰ってから急いで洗ってドライヤーでかわかしたんだとか今日は制服じゃないんだねみたいなこと言われて私ははぁ、とかはいとか答えてた
「とりあえず話しでもしない?」って言われて階段に座って適当に話してたんだけど
Tさんは前から私を知っていたってのを知った。友達と電車待ってる間にくる反対方向からの電車からいつも降りてたらしい、だから初めて会った気がしなかったのかと
昨日は怒られなかった?とかバイトのこととか聞かれて正直に全部答えていく私。
だんだん打ち解けて?きて普通に会話してたら別に悪い人でもないような気がしてきた
そして10時半くらいになったくらいに「そろそろ帰らないと怒られるよね」って言われ、私も「じゃ、そろそろ帰ります」って事に
内心、あ、なにもなかったって思った。そうしたら「もしよかったらまた話とかしよう、いつも家に帰ってヒマしてるだけだから、本当によかったらだけど」っていわれた
私はお菓子とジュースくれたし、この人は悪い人じゃないと思って「いいですよ、またメールください」と
その日はそのまま解散
私は食べ物くれる人は何故かいい人だと思ってしまうw
そんな感じでたまにメールしたり学校帰りに会ったり何回かしてた
学校で友達に、最近制服着てこんね?みたいな事言われたのもあって久しぶりに制服着て学校に。
で、たまたま制服の日にまた会う事になった。いつもの場所にいくと私の分のジュース用意してくれてたTさんが。
「今日は制服なんだね」って。最近着てなかったからねーみたいな会話してて
初めて会った日も制服だったよねって会話に、そんな会話してるうちに、あの日あんな事しちゃってごめんね、私は別にもう気にしてないですってあの日の事について話しだした
「あの日すごく気持ちよさそうだったけど本当はどうだったの?」って
私は恥ずかしかって覚えてません、わかんないですって答えた。本当はすごく気持ちよかったくせに
しばらく無言が続いてたかな。そうしたら頭撫でられて肩抱かれてTさんの胸に寄せられた。
私は黙って頭撫でられてた。そうしたらくっくりと胸の方まで手がきてゆっくりキスされた。
そうして、太ももを撫でまわされて、だんだん私もリラックス?して感じてきたと思う。
「どうしよう?」って言われて黙ってたらTさんは階段の下にいって太ももを舐めはじめた。恥ずかしいけど気持ちいい、もっとしてほしいって思って抵抗もせずされるがままになってた。
「パンツいい?」って言われてそれでも黙ってした向いてたらパンツ脱がされた。
「あの日も思ったけどすごい濡れてるね」って
もどかしいくらいTさんは肝心なところにいかず、その周囲とか太もも舐めてた。
ギリギリのとこ舐めてるのに絶対にあそこにはいかず、でも私は気持ちよくって、もっとしてほしいってあそこもしてほしいって。でも恥ずかしいからそんなこと言えなくて。
声も出てたかな、すこしだけど。はぁはぁしてた。そしたら「気持ちいいの?」って私はわかんないって、ずっとわからないって答えてた。
しばらくそんな感じでずっと舐められてた。もう本当に気持ちよくてずっとガマンしてたらTさんが「気持ちいいって言って?」って。
ついに私も「気持ちいい」って言ったらTさんが私のアソコをさわった、恥ずかしいんだけど、やっときたってかんじでいたら私のアソコひろげてゆっくりとクリとか触ったりしてきた。
もうそこから私も我慢できなくて、Tさんの頭をさわったりして、もっと舐めてもらおうとしてた。
ゆっくりと、丁寧にTさんは私のクリを舐め始めた、私は気持ちよくて、もっと、そこがいいとか言ってた。
太ももを撫でたりしながらクリをしつこくしつこく吸ったり舐めたりしてた。
「どうしたい?」って聞かれて、もっとしてほしいって私は言った。
そして、Tさんの指がついに私のアソコの中にはいってきた。中で指を動かしながらクリを舐めたりを長いこと続けられた
私は、もう、ただただ喘いでた。もっとしてとか、Tんが舐めやすいように自分でアソコを広げてた。
長い間クリ舐めながら中でも指動かされてた。とにかく気持ちよくてずっと私はとりあえずTさんの頭を掴んでた。舐めていじりながらTさんは「すっごく濡れてるね」とか「ここがいいの?」とか話かけてきてた。
恥ずかしいのと気持ちいいのでわけわかんなくなってたんだけど、ついに生まれて初めていってしまった。Tさんが「いっちゃった?かわいいね、でも今日は遅いから帰った方がいいね」って
私は正直なんで?もっとしてほしいのにとか最後までしたかったって思った。でも帰りが遅くなるのも嫌だったから帰る事に。そしたらTさんが「またいい?会える?」って、私はまたしてほしい思ったけど言わずに、大丈夫ですって返した。
その日も帰ってから自分でしちゃいました。それから会う3回に1回くらいの間隔で同じように舐めていじられたりしてた
でもなぜかいつも最後までしないで終わってて私はだんだんTさんとHしたいって思いはじめた
もしかして色気が足りないのかって思って下着に気を使うように、赤とか黒とか紐パンをはいたりしてたんだけど、それでも舐めたりだけで最後までいかなくて悶々としてた。
そんなある日雨が降った、私は雨の日は一時間近くかけて歩いて学校に行き帰りしてた。
Tさんはそれを知って帰り送るって言ってくれた。
その頃いつも駅まで送ってた友達は上の学年の先輩と付き合い始めて車で送ってもらうようになってたから、その言葉に甘える事に。
学校から少し離れた所でTさんは車の中で待っててくれた。
ドキドキしながら車に乗って、お願いしますって言ったら「お腹すいてない?よかったらご飯いこう」と。
学校ではいつもパン1個と牛乳が配られてて休み時間にそれ食べてたんだけど当然足りないわけで、お腹すいてたから食べにいく事に。
ファミレス行ったんだけど明るい所でTさんの顔をしっかりみたのは初めてだった。
かっこいいとは思ってたけど明るい所でみると更にかっこよかったw
Tさんも「明るい所で見るとやっぱりかわいい」って言ってくれて嬉しかった。普通にご飯食べながら会話して帰る事に。ドライブがてら遠回りして送ってもらってたんだけど私はちょっと期待してた。
車でブラブラしながらしてるうちに誰も通らないような場所へ。
雨すごいねーとか話しながらいたけど、また頭撫でられはじめて、そのころは頭撫でられたら合図みないな感じになってたからドキドキしながら黙ってたら
後ろの座席にいくことに。後ろはシートを前に倒すと2人くらい余裕で寝られるようになってるタイプ。
そこでくつろいでたら、スカートに手が。抵抗しないで黙って手の動きみてたらスカートめくられてパンツごしにアソコをなでてきた。
だんだん気持ちよくなってきて声我慢しててんだけど「ここは誰もこないし車で雨もすごいから声だしても大丈夫だよ?」みたいなこと言った。でもやっぱ恥ずかしいから我慢してたんだけど「大丈夫だから」って優しく言われてるうちに私も少しずつ声が。
Tさんの舐め方は本当に気持ちよくて時々、周囲舐めたりして焦らされてた。
そして私はついにいつも思ってたことを聞くことに。
「どうしていつも最後までしないんですか?」って
Tさんは困ったように「したいけど、いいのかなって、もし嫌がられてもこっちもいやだし」言ったって
私は別に嫌じゃないですみたいに答えてた。そうしたらTさんは黙ってまた私の下半身を舐め始めたんだけど、しばらくして「こっちにもしてくれる?」ってズボン脱いだ。
ゆっくりと私の頭をTさんのそこに持っていって「口でしてくれる?」て
すこしずつ私が舐め始めると「上手だよ」とか「気持ちいい」って言って私の頭撫でてた。
私もなんか嬉しくなって一生懸命咥えたり舐めたりしてた。
しばらく続けてたら体をはなされて私が寝る形に。
キスされたりしながら待ってたらついにTさんのが私のあそこに。もうずっとお預け状態だったからいれるだけで気持ちよかった。
少しずつ動かれて私は気持ちよくて、その間もTさんはかわいいねとか気持ちいい?って
私はTさんの背中に腕をまわして自分でも腰を動かしてたと思う。
どれくらい動いてたかな、Tさんが手をごそごそし始めてティッシュの箱を取った。
そこで、そういえばゴムしてない事を思い出して、中には出さないでって言ったら「わかってるよ、大丈夫」って
しばらくして私がいった後、TさんもいってTさんはティッシュにだしてたんだけど、起き上がる時Tさんが車の天井に頭ぶつけてて笑ったw
お互い服着てぼーっとしてたら「今度、うちこない?」って言った
初めて会ってからいれるまで2ヶ月くらいだった。
どうやらTさん駅から歩いて10分くらいのアパートに一人暮らししてたみたい。
どんなとこなのか気になったのと、仲良くなってたのもあって、行ってみたいって答えた。
じゃ、ビデオとか借りて一緒にみようって土曜学校終わってから泊まることに。
私は日曜はバイトいれてなかったしTさんも仕事休みだから丁度よかった。
土曜日に学校が終わってTさんが言ってたバス停まで歩いていった。学校から10分くらいだったかな?
そしたらTさんが待ってていつもはスーツだけど、その日は私服だった。
スーツ意外初めて見たって言ったら「そういえばそうだね」って笑ってた。で、歩いてスグのアパートに。
一人暮らしの男の人の部屋にはいったのは初めてだったから緊張したんだけど
入ってビックリしたw本当に生活に必要なものしかなくて、床に置かれたパソコンとテレビ、隅のほうにはたくさんの専門書?みたいな山積みになった本。
でも、汚いってこともなくてきちんと掃除されてたと思う。
なにもないねって言ったら笑ってたw
とりあえずゴハン食べようてことになって車でゴハン食べて帰ってきた、それから二人で布団に座ってディープインパクトとキューブを見た。
その間にお風呂ためてて、2本見終わってから一緒にお風呂にはいることに。
今まで、外とか車だったから明るいとこって言うのは照れてしまったw
先にTさんがが髪とからだを洗って湯船に交代で私が洗って湯船にはいったんだけど、あまり広くなかったからTさんの足の間に私がはいる形になった。
後ろから肩とかにお湯かけてくれながら話をしてたんだけど、だんだん私の首とか肩にキスしはじめてきた。
手がだんだん私のあそこに伸びてきて「お湯の中なのにヌルヌルしてる」って言われた。
私はお風呂のせいもあってのぼせてきて、もう出ることに、借りたTシャツとパンツで部屋いって座って携帯いじってると着替えてきたTさんが。
お風呂上りの男の人はだめだね、かっこいいw
冷蔵庫からTさんがビール2本だして1本を私にくれた。
1本飲み終わらないうちに私は赤くなってきてからかわれてたんだけど、全部は飲めなくて残りはTさんが飲んでくれた。
そうしてるうちに寝ようかって話になって、電気を消す。腕枕なんかしてもらっちゃって気分よくしてたらキスされた。
いつもはただ唇つけるだけのキスなんだけど、その時はディープキスに。
なんか気持ちいいかもとか、眠いとか思ってたんだけど、Tシャツ脱がされ始めた。
いつも服きてたから胸とかあまり触られたことなかったんだけど、胸をもんだりしてきて、でも気持ちよくて声が出始めたと思う。そうしたら「あまり大きな声ださないでねw隣も人住んでるしw」って言われてなるべく我慢してた。
だんだん、胸とか乳首とか舐められてきて我慢できなくなってたんだけど、今度は私をバンザイみたいな感じにして私の両手首をもった。
当然、手は動かせないでいてされるがままになってたんだけど、脇とか舐めながらあそこに手がきて手でいじくりまわされてた。
もう本当に気持ちよくてでも足りなくて、いつもみたいにしてって、お願いしたら「もっとどうしてほしいか言って」って。
酔ってたのもあっていつもより大胆になってたから、もっと気持ちよくしてってお願い。
そしたら上からゆっくりわき腹とか色んなところを舐めながら舌に移動してきた。その時点でわたしのあそこはもうグチャグチャで、あそこ舐められてたんだけど「四つん這いになってって」いわれて言われるままに。
中に指をいれてかき回しながら私のお尻の穴まで舐めてきた。
初めての経験で恥ずかしいのもあって、汚いからダメ、って言ったら「大丈夫、かわいい」って。
そのくらいから私も我慢できなくても、もうして、って。お願い。
そうしたら「まだだめ、俺も気持ちよくして?」って。
そう言われて私はTさんを気持ちよくするために舐めたりしごいたりと。
いつもTさんがしてくれてるみたいに、ゆっくり丁寧に。Tさんがに気持ちよくなって欲しくて頑張った。
そうしたら「もうだめ、やめて」って、私はまた四つん這いにさせられて後ろからいれられた
最初はゆっくり動いてたんだけど、だんだん激しくなってきて私が前のほうにいったりしてたら後ろから両腕もたれてもっと激しくされた。
私はその時点でもうすごく気持ちよかったんだけど、「酒のんだからなかなかいけないかもしれない」って言って体位を変えた正常位になって抱きしめられながらされていて、私もTさんの背中に手を回して気持ちいいっていったら「俺も気持ちいい」ってキスされた。
そのまま足もたれてずっとされ続けてたら、なんか気持ちよすぎて涙でてきちゃって、「痛い?嫌?」って聞かれた
私は気持ちよすぎてもうわけわかんないって答えたら「本当にかわいい」ってまた抱きしめられた。
それから何回か体位を変えて騎乗位になって「自分で動いてみて?」って言われて私はひたすら腰を上下に動かしてた、その動きにTさんも合わせて下から腰を突き上げてた。
それもすごく気持ちいいんだけど、だんだん足が疲れてきて太もも痛くなってきたかもって私が言ったら、笑いながら「じゃ、最初みたいになって?」って。
また四つん這いになってたらどんどんTさんの動きが早くなってきて「やばい、いきそう」って。
最後はものすごくはげしくて中で出して終了。ちゃんとゴムつけてたよw
かなり長いHだったと思う。終わって二人でごろごろして、腕枕してもらって寝て、その日は終了。
それから季節的に寒くなってきたのもあってTさんの部屋で会うように。
テスト前に勉強みてもらったり、ビデオみたり、Hしたり。
Tさんが引っ越すまで半年くらいそんな関係を続けてましたw
あとのHは書いてもきりがないのでここまででw
引っ越す前に一回二人でラブホ行ったのと2年くらいし会った時のとかあるんですけど、それはまた別の機会があったら書こうかなと思います。