4/4)ジムで顔見知りの女性に誘われて家に行ったらレズ・アナル・変態開発されまくったエッチ体験談

3/4)ジムで顔見知りの女性に誘われて家に行ったらレズ・アナル・変態開発されまくったエッチ体験談。続き

店内はかなり明るく私の蛍光ピンクの下着は完全に透けているし、
動けばショーツがチラチラ覗いていたと思います。

膝が笑ってしまい、脚がガクガクしてしまう私を
Yさんは引っ張るように店の中に導くので余計ショーツが見えてしまったと思います。

少し離れた女性雑誌のコーナーにいた2人の女性が指差して私の方を見ています。

店内をグルグル引きずられました。
あけみさんは少し離れて他人の振りをしています。

店内は女性客を含めて結構な人数がいました。
全然私に関心を示さない人、立ち読みしながらチラチラ見ている人、
ギョッとした顔をしてマジマジと見つめる人、様々でした。

最初は心臓が口から飛び出す程ドキドキし、
じっとりと汗をかいていたのですが、少し慣れてきました。

私はその状況がすごく気持ち良くなってきたのです。
「もっと見て欲しい!」そう思いました。
きちんとした姿勢で真っ直ぐ前を見て店内を歩きました。

Yさんはレンタルビデオの方へ連れて行きました。
普通のビデオコーナーを一周してから、アダルトビデオのコーナーに行きました。

5,6名の男性がいました。
私はそこでシャツを脱がされ、
蛍光ピンクのブラジャーと横紐ショーツだけの姿になりました。

「あぁ、恥ずかしい!でも見て欲しい!」そう思いました。
他のお客さんはビデオを見ながらも
私達の方をチラチラ見ますが近づいてはきませんでした。

『全部脱いじゃえ!』Yさんは囁きます。
私は緊張で固くなりながらも小さく頷きました。

ブラジャーを取るとYさんはポケットにしまいました。
お客さん達は、もう私達の方をしっかりと見つめ始めました。

緊張で鳥肌が立ち、肌が張った感じがします。
敏感になっているおっぱいに軽く触れられると
ゾクゾクッと感じてしまい「はぁ~」とため息が出てしまいます。

乳首を軽く摘まれると、瞬く間に硬く尖ります。
おっぱいが熱く膨れ上がる感じがし、
ジュンとおまんこからエッチなお汁が溢れます。

「はぁぁ~~」すごい快感です。
『さぁ!』とYさんに促され、私はショーツを取りました。
Yさんは私のショーツを手にとり、股間の部分を調べます。

何が言いたいか、わかっています。
自分でもスゴク濡れているのはわかっていたからです。
が、Yさんは何も言わずにポケットにしまいました。

脚が小刻みに震えます。
それは恥ずかしさや緊張でもあるのですが、
それ以上に快感を感じていたのです。

そこで押し倒されてみんなに犯して欲しいと思いました。

「グチョグチョに熱くなったおまんこに一杯おちんちんを挿入して欲しい!」
「一杯奥まで突いて欲しい!」
「硬く大きくなったクリトリスをグリグリ弄って欲しい!」

そう思いながらYさんを熱く見つめました。
Yさんもジッと私を見つめましたが、何も言いません。

他のお客さんもジッと私達を見つめていました。
Yさんに促されてアダルトコーナーを歩きました。

みんなは黙って、でもあからさまに私を見ています。
みんなの視線が私の性感を刺激し、乳首はピンッと硬く尖りあがり、
エッチなジュースが湧き出して、ふとももまで濡らしている感じでした

「はぁ~」吐息が何回も出てしまいます。
息苦しくなるほど、感じています。

深夜の本屋のアダルトビデオで全裸になり他のお客さんに見られている。
そんな状況が別世界にいるような感じがしてきました。

自分の目には当然周りの様子、沢山並べれたエッチなビデオ、
私を見る他のお客さん達が映ってはいるのですが、とても現実感が無いのです。

私にとっての、その時の現実は、自分が凄く感じまくっているということだけでした。

Yさんがシャツだけを着せました。
そして、そのままの姿で普通のビデオコーナーに行き、本売り場に行きました。

本売り場を少しウロウロして、たくさんの方にシャツから突き出た感じになった、
硬く尖った私の乳首とチラチラとシャツの裾から覗く陰毛とおしりを見ていただきました。

あけみさんも見ていました。
アダルトコーナーとは違った緊張感と快感があり、
脚が震え、少し躓きそうにもなりました。

あけみさんが先に店を出て、しばらくしてから私達も出ました。

店を出ると少し肌寒いのですが、私の火照った身体には気持ち良かったです。

店を出て少し歩いて振り返ると
出口の所で何人かが私を見ていましたが附いて来る人はいませんでした。

「これで終わりだ。」少し残念だったけど、ホッとしました。
Yさんはあけみさんに合図して車を先に行かせました。

『車がばれない様に少し歩くよ。』
「はい。」車がたまに通りますが、さすがに見えないみたいでした。

Yさんは『少しつまらないかな?』と
シャツを脱がせ、道路沿いを素っ裸で歩きました。

一台の車がクラクションを鳴らし、笑い声を響かせながら通り過ぎました。

『見られてるよ!』
「はぁ~」

少し横道に入ったところであけみさんは待っていました。
Yさんと私は後部座席に座りました。
隣に座ったYさんは私の股間を触りました。

『スゴイッ!裕美のあそこビチョビチョのヌルヌルだぞ!
やっぱ素質だね。あんな恥知らずの事をして濡れてしまうなんて・・・』
と二人で笑います。Yさんはクリトリスを弄ってきました。

「はぁ~ん~」私の待っていたことです。
情けない声が漏れてしまいました。

はしたないけど「ふんっ・・・、ふんっ・・・」と鼻を鳴ってしまいます。
なのにYさんとあけみさんは「凄かったねぇ~…」とか
おしゃべりに夢中になってしまいます。

私は我慢できなくなって、自分でおまんこを弄り始めました。

Yさんがすぐ気づいて
『とんでもない変態だな、裕美は?でもかわいいよ!』と言ってくれました。

「クチュクチュ」といやらしい音が響き、淫らな匂いが広がります。
『もう私も運転できないっ!』とあけみさんは言い、
少し横道に入った何件か家を新築している場所に車を停めました。
私は階段のところに座り、脚を広げました。

車のライトが私のおまんこに向けられ、照らし出されます。
二人は並んでジッと見つめています。

私はもうイクことしか考えることができません。
「ふんっ・・・、ふんっ・・・」と鼻を鳴らしながらおまんこを弄りました。

「あぁ~、気持ちいい~、気持ちいいのっ!裕美、一杯感じてるのっ!」

Yさんがあけみさんのスカートを捲り上げ、ショーツの中に手を入れました。
あけみさんもトロンとした顔をして感じながら私に言います。

『もっと、声を出して!』
「あぁ~ん、いやっ、裕美気持ちいい~、良すぎるぅ~」

あけみさんは『うっ』と言ってあっけなくイってしまいました。
「あぁ~、裕美もイッちゃう、イク、イッちゃうぅ~~」
脚がピーンと一瞬緊張し、「はァ~ん」と緩んでいきます。

汗を一杯かいてグッタリしている私にYさんは股間を近づけました。
チラッとあけみさんを見ると頷いていました。

私は人の旦那様のズボンのベルトを外し、
チャックを開け、ズボンとブリーフを膝まで下げました。。

Yさんのそこは、既にビンビンに硬くなっていました。
先っぽから透明な汁が一杯出ていました。

仁王立ちのYさんの前で跪き、Yさんのおちんちんを先っぽを咥えました。
先っぽのお汁を味わいながら右手で袋の部分を触りました。

袋は少し汗ばんでいました。
袋を撫ぜていると少し硬くなり、何とも言えない男性の匂いがしてきます。

私はその匂いをたっぷり吸い込んでから根元まで咥えました。
左手で根元をしごきながら、右手で袋を撫ぜ撫ぜし、唇でピストンしました。

『んん~ん』とYさんは感じてくれました。
「チュバチュバ」と先っぽを強く吸ったり、舌で尿道口をつつくと
『あんっ』と女性のような声を出して感じてくれます。

『で、出そうっ!』私は大きく早くピストンしました。
『んっ、んっ』と言いながらYさんは私の頭を持ちます。

その腕に力が入り始め、イクのが近いのがわかります。
『あっ、で、出るっ!』
口の中で一層大きく膨れ上がったおちんちんから
「ドクッ、ドクッ・・・」とYさんの熱いカルピスが私の喉奥を直撃します。

「あぁん…」私もその瞬間、少しイッちゃいました。
Yさんは脚をブルッと震わせます。

私は「ゴクリっ」と飲み込むと、まだ少しトロリと流れ出てきます。

それも吸い取りました。先っぽを咥えながら少ししごくとまだ少し出てきました。
奥までくわえ込んで全部飲み込みました。

私はおまんこをグショグショに濡らしながら、
何かとんでもない世界に踏み込んでしまったと感じていました。

でも「もうきっと引き返せない!」とも思うと身体が震えてきました。

帰りの車で胸を締め付けられるような不安感が増大し
「今日は帰っていいですか?」と聞くとあけみさんは
『え~っ、帰っちゃうの~?』と残念そうでしたが、

Yさんは『無理言っちゃいけないよ、あけみ!』と言ってくれました。

一度あけみさんの家により、私の家まで送ってもらいました。
自分の部屋に戻ると布団の上にグッタリと寝転がってしまい、
部屋の蛍光灯を見つめていると、何故か涙が出てきました。
そしてそのまま寝てしまいました。