泥酔した女子高生の後をつけて誘い込んで野外で突きまくったエッチ体験談

泥酔した女子高生の後をつけて誘い込んで野外で突きまくったエッチ体験談。

これは、いわゆる電車内の痴漢とは違うのですが、
数年前の9月か10月の話しです。
多分、連休か土曜日だった思います。

夜中になってちょっと腹が減ったので近くのコンビニに何か買いに行った所、そうとう酔っぱらった女子高生らしい2人組がゲラゲラと笑いながらアイスを選んでました。

これは面白いと思い、俺は買物を中断。
マンガの立ち読みをするふりをして2人が店を出るのを待ちました。

ようやくアイス選びが終わった2人は1つづつアイスを手にして会計後店を出ました。

俺は何気なく2人の後を付けてみるともう2人の内、1人は比較的しっかり歩いてますが、、
もう1人はまっすぐに歩けないくらいベロベロに酔ってます。

自宅の近くなので、道は熟知しています。
100mくらい行くと大きなマンションがあり
そこが割としっかり歩いてる娘の家のようで別れようとしてますが
もう1人の友達があまりに酔っているのでしきりに「送っていこうか?」と聞いてます。

しきりに「大丈夫、大丈夫」と言ってるベロベロに酔ってる娘をよく見ると榎本加奈子を少しポッチャリとしたようななかなかカワイイ娘です。

結局、その榎本加奈子風の娘は左右にヨタヨタと歩きながら1人で帰り始めました。

5mくらい後ろを歩いて後をつけてみると、
うまい具合にこの辺でも1番人通りがなくて、暗い道に入っていくので
そのまま後をつけて50mほど行き、さらに細い道に入った所で追い抜き逆に10mほど先に行きました。
(1本道なので、必ずこちらに向かってあるいてきます。)

俺はそこで、この後の展開を期待してギンギンになったチン*を取り出し立ち小便をするふりをしました。

ヨタヨタと歩いてきたその娘はその俺の姿を見ると、
さっきコンビニで買って歩きながら食べていたアイスを俺の方に差し出しました。
(酔っぱらっているのでこの行動の意味はよく分からない)

そこで、俺はそのアイスを受取るとすぐに捨てて
「大丈夫?」と聞きながら左手で肩を抱くとコクリと小さくうなずき別段いやがる様子はありません。

歩きながら、その娘の大きめな胸を揉みまくり、
公園のへ入り一番暗い茂みへ連れて行き、
スカートの中へ手を入れ、一気にパンツを降ろしてみると、もう、アソコはヌルヌル状態でした。

シャツを脱がせ、ブラジャーを外して、乳首を舐めると
「あっん、あっん」と反応するので思い切って、全部脱がせます。

酔っぱらっているので途中でよろけてしまったので、
その娘の服を全部もって10mくらい先のもっと暗い茂みの方へ歩いて「こっちにおいで」と俺が歩きはじめると、フラフラしながらもついてきます。

途中に街灯が1つだけあるのですが、その下を通る時は全裸の女子高生がものすごく、エロチックに写りました。

そこの茂みの中に入り、大きな木があったのでそこに手をつかせると、いわゆる立ちバックというスタイルで思いっきり、つきまくりました。

すぐに、いきそうになったのであわてて抜いて彼女をしゃがませ、口の中に全部、放出して「飲んで」と言うと首を横に振るので、仕方なく彼女のパンツのオマ*コにあたる部分に全部吐き出させてそのパンツをはかせました。

フラフラの彼女に服を着させて、「バイバイ」と言うとニコッと笑って手をふってくれて、ヨタヨタと歩きはじめます。

「 家分かる?」と聞いてら、
「うん」とうなずいたのでもう1度抱きしめて
服装を直してあげるふりをしながら、スカートのウエストの所を折り込んでパンツが丸見えになるくらい、ミニスカートにして別れました。

振り返って見ると、スカートの裾からは、白いパンツが完全に丸見えでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。