2/2)ペットにして可愛がってやろうと思っていたセフレの子に逆に開発されちゃったエッチ体験談

1/2)ペットにして可愛がってやろうと思っていたセフレの子に逆に開発されちゃったエッチ体験談 続き

その時、突然便器からモーターの音がして、アナル周辺に暖かいお湯の感触が。
彼女がシャワートイレを作動させたのです。あまりにも突然の事だったので
俺は情けない声を出してしまいました。

その後は手コキとパフパフとシャワートイレの波状攻撃が続きます。
彼女は相変わらずクスクス笑いながら「お尻も感じるの?かわいいー」とか「女の子みたいな声だよ」なんて言いながら手コキのスピードを上げていきます。

でも持続させずにシャワー攻撃に移ったりするのでイキたくなってもイク事が出来ない。
彼女はそんな俺の心中を見透かすかのように「イキたいの?ね、イキたいの?」と聞いてくる。

俺は必死で頷いたけど「ダメだよー。イキたいならちゃんとお願いしなさい」と言われて「イかせて」と言ってしまいました。

イキたいんだー。手でイかされてもいいのー?私の中じゃなくていいの?
いやらしいなー。出すところ見られて恥ずかしいねー。
大人なのにそんなに腰振って‥‥いいよ、出しても。
その代わり、もっといい声聞かせてね。
イク時はちゃんと言うのよ。

そんな事を言いながら彼女は手のスピードを早めていき、反対側の手の指先でアナルをヌルヌルと撫で回します。そんな事をされた俺は彼女に言われるまでもなく、声を出し続けてました。

そして「イキそう」と言った瞬間に彼女の指が遠慮なしにアナルにズボっと‥‥。
体の中で指が動いている初めての感触に、俺の口はあごが外れそうなくらい大きく開いて大きな声を出していました‥‥。
その先はよく憶えてません。「すごーい。いっぱい出てるよー」という彼女の声だけです。

便器の上でイかされてしまった後の俺は放心状態でした。
息がゼイゼイいってうまく喋れないし、チンコもローションと精液でドロドロ。
射精は終わったはずなのにチンコが時々ビクっとなっています。

彼女は俺の鞄の中から鍵を探しだして手錠を外してくれました。
夢中で暴れてしまったせいか、手首は少し赤くなっていた。
そんな俺を彼女は腕で抱き寄せて、顔を胸に埋めさせてくれました。

「たくさん出たねー。気持ち良かった?」
俺は素直に「うん」と言うしかありませんでした。

「じゃあこれからベッドで遊ぼ?その前にお風呂で洗ってあげるね」と彼女は言って俺はバスルームに連れていかれました。

風呂場での俺は完全に子供扱いされてました。
椅子に座らされて「はい、キレイキレイしようねー」みたいな感じで、胸に触ろうとすると「メッ」と言われて手を叩かれて、それに従ってしまう俺。情けないなー。

言われるがままに体勢を変えて、彼女に体中を洗ってもらいました。
ただしチンコ以外の場所だけです。頭も洗ってもらいました。

やはり本職の美容師だけあって、洗うのがとても上手い。
そしてシャンプーされてる俺が動けないのを良いことに、背中にバストを押し付けたりしてイタズラして来ます。

そんな事をされて俺のチンコはまた硬くなってしまいました。

シャワーで体を流していた彼女が突然、非難するような口ぶりで「あー、もうおっきくしてるー」と言いました。勃たない方が無理なのに‥‥。

もうエッチな気分になっちゃったの?
どうしてお風呂の間だけ我慢できないの?
××××クン、いけないんだー。大人なのにすぐエッチなこと考えてー。
そんなおっきくしてたら洗ってあげないよ?洗って欲しいの?

そう言われて俺は「うん」と言ってしまいました。
彼女はクスクス笑って「じゃあ洗ってあげるから立って」と言い、俺は立ち上がりました。
彼女は俺の手を取ってバスタブの縁に手を付かせ、俺は立ったままお尻を突きだす格好をさせられてしまいました。

彼女は自分の体と手にボディーソープをたくさん塗ると、後ろから覆いかぶさるように体を密着させてきて、その体をクネクネさせながら、抱きつくように両手を回して俺のチンコを洗い始めました。
時々両足の間から片腕を突っ込んで、下からチンコを握ったり、キンタマを洗ったり、アナルを刺激したりします。

そして俺が我慢できなくて腰を動かしてしまうと「動いたら洗いづらいでしょー?じっとしてなさい」と叱ります。
とても気持ちがいいけどイク程の刺激をされていない俺は、また射精したいのを我慢してじっとしているしかない。

そうやって我慢しているのに彼女の手は俺の乳首やわき腹を不意打ちのように撫でるので俺は思わず声を出してしまう。
そうするとまた叱られてしまうので俺はまた我慢する。

そんな地獄か天国かわからないような長い時間が過ぎたあと、やっと彼女は体を流して俺をベッドに連れていってくれました。

ベッドに付くと俺はすぐ押し倒されてしまいました。
俺より背の小さい女の子の小さな手の平なのに、なんであんなに強制力があるんですかねー。

「ほら、押し倒しちゃうよー」と言いながら俺の胸を押す彼女の手に、俺はまったく抵抗する気も起こりませんでした。

あお向けになった俺に覆いかぶさってきた彼女は胸を押し付けながら、柔らかい唇を重ねて舌を差し込んできました。
そしてふんふん言いながら俺の歯の裏を舐めたり舌を絡ませてきたりしながらどんどん唾液を送り込んでくる。

そして片手の指の先で俺のチンコを、まるで猫ののどを撫でるように、下から撫で上げてきて気持ちが良いけどもどかしい。

俺が彼女の背中に腕を回そうとすると、その手で腕をほどかれて押さえつけられてしまうので、俺は目を閉じてシーツを握りしめながら、じっと彼女の唾液を飲み込み続けていました。

それから彼女は密着させていた体を離して俺の上に四つんばいになり、彼女の乳首の先で俺の乳首を刺激し始めました。大きなバストの先の小さな乳首が俺の乳首とこすれ合って見ているととてもエロい。

そんな光景を夢中で見ている俺を彼女はじっと見おろしています。
そして彼女は舌先で俺の乳首をチロチロと‥‥。
同時に手でわき腹を撫で上げたりチンポを手コキしたりするので、俺は身悶えして声を出し続けてしまいました。

突然彼女が俺の手を握り、自分の股間を触らせました。物すごく濡れています。
「××××クンがいやらしい声を出すからこんなになっちゃった。どうすればいいの?」
俺はもうたまらず「挿れさせて」と言いました。

そうすると彼女は俺にまたがって両手を自分の後ろに付くと、腰を浮かせてあお向けの姿勢になりました。
足を開いているので濡れたマンコがよく見えます。
彼女はそのマンコをあお向けで寝ている俺のチンコに擦り付け始めました。

挿れたいの?挿れたいの?私の中に入りたいの?
私も挿れたい。××××クンのおちんちん、挿れたいよ。
ほら見て。こんなになってる。

彼女は腰を振りながら自分のクリトリスを俺のチンコで刺激しているみたいでした。
今まで責めていた時の余裕の表情から変わって、快感のせいか頬が紅くなり目も切なそうに潤んでいる。

濡れているマンコのサラサラ感がヌルヌルに変わっていて、時々離れるマンコから太い糸が引いています。すごくエロい光景でした。
「犯してもいい?ね、××××クンを犯していい?」
俺は耐えきれずに「犯して」と言いました。多分、物凄く甘えた口調だったと思います。
彼女はクスっと笑ってコンドームの袋を切り「じゃあ着けて」と言って渡してくれました。

俺がコンドームを付け終わると、彼女はすぐ俺にまたがって、マンコをチンコの先に当てました。そして亀頭の先だけをマンコに入れたりだしたり‥‥。

それを何度も繰り返した後に深く腰を落とし「ああ」と声を上げました。

もちろん、俺も声を出してしまいました。
そのまま彼女は上体を倒すようにして俺に抱きつき、ゆっくりと腰を動かし始めました。

俺の首筋や耳に舌先を這わたりしながら耳元でささやきます。

どうして今日はあんなもの(手錠)持ってきたの?
他にもいろいろ持ってきてたね。あれで私を好きにするつもりだったの?
逆になってるじゃん。××××クンが私のおもちゃにされてるよ。
おもちゃにされて、またイかされちゃうんだよ。
今度は私の中で出しちゃうんだよ。出したいんでしょ?いいよ。
犯されながら出しちゃって。

そんな事をあえぎ声やハァハァの合間に途切れ途切れに‥‥。
じっと見つめられながら「出したいんでしょ?」と言われて、俺は返事も出来ずに何度もコクコクと頷いていました。

そうしたら彼女は上体を起こして自分の胸を握らせて、激しく腰を前後に動かし始めました。

俺は夢中で彼女の胸を揉む。
多分、手加減とか考えないで、物凄く強い力で揉んでいたんだと思います。
「ね?出して。出して。ね? ね?出して。 ね? ね? ね?」
そう言われながら俺の足は痛いくらいに突っ張っている。
そしてとうとう大声を出しながら射精してしまいました。

俺が射精した時に彼女は「あっ」と言って俺を見ましたが、それでも腰の動きを止めず、さらに激しく振り続ける。

そして「あ!イク」と言ったあと、俺にしがみついて来ました。